2018年6月21日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8186mhw800t 今朝は、雨が少し降っていたが、その後は曇りとなり、予報では午後から晴れる予報となっていたが、午後3時を過ぎてから晴れ間が西空からやってきた。しかし、夏至だと言うのに、太陽の光は弱く残念であった。速攻で自宅に戻り、太陽を望遠鏡に入れたが、薄雲がかかって、なかなか青空の中での太陽を見ることができなかった。午後6時前になって、やっと撮影できたが、透明度、シーイング共に良くない状態であった。太陽面には、新たな黒点群が北半球に出現したようで、東西方向が6度ちょっとの双極群であった。また、西縁に近づいた黒点群は、3日前よりも少し発達したようである。さらに、北半球の東縁にも黒点群があるように見える。Hα光では、西縁の南北にはプロミネンスが見える。ダークフィラメントは、西縁に近づいた黒点群の北方に小さいが濃いものが見える。プラージュは、黒点群の周りが明るく輝いていて、新たに発生した黒点群の周りが一番明るい。最後になったが、今週初めの18日に発生した大阪北部地震では、マグニチュードは6.1ではあったが、直下型地震のため、被害は大きかった。亡くなった方のご冥福をお祈りする。S20180621800t
2018062109h800tImg_8186mhwc800


2018062109hc800


2018062112e800
2018062110w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8184mhw800t_2 天気予報とは違って、少し晴れ間が出て、お昼まではなんとか太陽の光が地上に届いた。午後からは、さすがに曇りとなり、夕方には雷も鳴って、大粒の雨が降った。会社の帰りは、雨が揚がっていたので、雨具を付けず、走ったが途中で雨に降られてしまった。おかげで、服はびっしょりと濡れてしまった。太陽面は、新たな黒点群が昨日から見えていた黒点群の前方に発生したようである。白色光では、目を凝らさないと判らないが、Hα光で見ると、明るいプラージュが黒点群の周りに見えた。生憎、Hα光の全体画像が撮れなかったので、プロミネンスの状況はコメントできない。明日からは、ほとんど雨や曇りの予報で、大雨になるかもしれない。S20180618800t
Img_8184mhwc8002018061801e800


2018061803w800


01031200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

昨晩の月と金星の接近

昨晩の月と金星の接近
Img_8974rs 昨晩、月と金星が仲良く並んでいるのが見られた。月の月齢は2.6、金星はマイナス4等の明るさであり、西空に金星の方が、高度が少し高く、その左下に月が見えていた。金星は、月の月齢で言うと、半月よりも少し太った月齢9辺りの形に見える。さすがに、望遠鏡でなければ、金星の形は判らないが、金星の明るい様は、月と比べても引けをとらない。梅雨の時期に、このような月と金星が見られるのも珍しい。次回見られるのは、7月16日であるが、梅雨明けされていれば、今度は、月の右下に金星が見えるはずである。しかも、もう少し接近しているはずである。なお、月の左上には、小惑星(17617)Takimotoikuoがあると思うが、暗くて、とても見えないと思う。Img_8973rs
Img_8979rsImg_8983rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8174mhw800t 昨朝は曇りであったが、今朝は、観測を始める頃には晴れてきた。台風6号は、温帯低気圧となったようである。当地では、午前中から午後にかけて概ね晴れの状況となった。シーイングはあまり良くなく、観測途中でも、太陽の縁がギザギザに乱れた。太陽面には、北半球に黒点群は見えるが、非常に淡い。Hα光ではプラージュが見えるので、黒点群の場所は判るが、白色光では、目を凝らさないと判らない。ダークフィラメントもプロミネンスも、今日は殆ど目立たない。明日から1週間程度は、雲りや雨の天気が続くようで、梅雨空になりそうである。S20180617800t
2018061706h800tImg_8174mhwc800


2018061706hc800


2018061710e800
2018061708w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8166mhw800t 朝から曇りの天気となった。今日は、休日にも拘わらず仕事だったので、仕方なく出かけた。幸いにもお昼過ぎには作業が終了し、帰宅することが出来た。太陽面は、太陽高度が高い所での撮影となったので、期待したが、透明度は良かったものの、シーイングは悪かった。黒点群は、北半球の黒点群が弱まってしまい、注意しないと判らない。他の場所には黒点群は見えない。Hα光では、黒点群の周りのプラージュが見えるが、輝きが鈍い。ダークフィラメントは、目立たず、プロミネンスは、縁に見えるが、大きなものは見られない。明日も、晴れる予報となっているが、夕方には曇るようである。明後日は、台風6号が温帯低気圧となって梅雨前線を北に押し上げるので、雨の予報である。沖縄県では、この台風6号による雨で、少なかったダムの水量が増えたのではないかと思う。災害も発生していないようで良かった。S20180616800t
2018061609h800tImg_8166mhwc800


2018061609hc800


2018061604e800
2018061603w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8155mhw800t 出勤時には、雨が降っていた。しかし、雨は揚がって、お昼前には空が明るくなり、夕方には雲が多いものの晴れ間が少し出た。急いで帰宅して、太陽に望遠鏡を向けたが、薄曇の状態で、透明度、シーイングとも悪く、黒点群は淡くしか写っていない。それでも、北半球の黒点群は、双極性がある黒点群として見えている。残念ながら、Hα光での撮影は出来なかった。ところで、今朝発生した台風6号は、台湾付近をゆっくりと東進しており、先島諸島、沖縄を通過するようで、週明けには当地にも接近するかもしれない。しかし、明日、明後日はなんとか太陽観測ができそうになってきた。なお、太陽を撮影するために、カメラのシャッターボタンを握っていたら、航空機が太陽の前を通過したので撮影できた。S20180615800t_2
Img_8155mhwc800_2Img_8153c800_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8146mhw800 今朝も、なんとか晴れてくれた。天気予報は、一日中晴れであったが、お昼前には完全に雲ってしまった。南からの雨雲らしい梅雨前線が北上して来るのが判った。夕方になっても雨にはならなかったが、明日は、朝から雨が降るかもしれない。太陽面は、北半球の黒点群が少し発達したように感じた。しかし、Hα光で見ると、黒点群の周りのプラージュの輝きが鈍ったように思う。ダークフィラメントは目立たないが、小さなものが見える。中でも、黒点群の場所から前方の北に小さいが濃いダークフィラメントが見える。プロミネンスは、昨日見えていた南半球の西縁のプロミネンスは、淡くなったものの、大きくなっていた。明日からまたまた雨や曇りが続く予報なので、ネットで太陽を見ることになりそうである。S20180614800t
2018061407h800tImg_8146mhwc800


2018061407hc800


2018061412e800
2018061411w800


2018061410ws800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8141mhw800t 起床時には、空全体が雲に覆われていたが、午前7時を過ぎて北の空から青空が広がり、太陽を見ることができた。気温は少し低く、快適であった。日中の気温は上昇して28度近くまで達したが、そんなに暑くは感じなかった。日中には少し雲があったが、夕方近くになって再び青空となった。太陽面には北半球の東縁に黒点群が現れた。しかし、小さな黒点群で、発達しそうにない。Hα光では、黒点群の周りにプラージュが輝いている。ダークフィラメントは目立たない。プロミネンスは、南半球の西縁に尖ったのが出ている。昨日、米朝の首脳会議がシンガポールで開催され、トランプ、金が非核に向けた合意、北の体制の確保等の双方合意がなされたようであるが、非核については具体的な期限などが明確化されていないようで、今後の日本の拉致問題がどうなるかも気になる所ではある。明日も、晴れる予報となっており、太陽観測もできそうである。S20180613800t
2018061307h800tImg_8141mhwc800


2018061307hc800


2018061304e800
2018061303w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8129mhw800t 曇りの朝となり、太陽が薄雲から出たり入ったりしていたが、青空での太陽は望めず、薄曇の中で無理やり白色光だけは撮影した。太陽面には黒点群が見えない。今年に入って無黒点日は、85日となり、53パーセントも無黒点である。今日は、午前中に風が吹いたものの、雨が降らなかったが、夕方近くになって風が弱くなって雨が降り出した。どうやら、台風5号は、日本列島の南海上を北東に進むようで、当地では雨もあまり降らず、風も弱いようであるが、関東の南岸では、梅雨前線が刺激されて大雨が降る予報が出ている。S20180610800t

Img_8129mhwc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8123mhw800t 5日振りに晴れて太陽を見ることができた。早朝は、雲が多く濃霧もあって、なかなか晴れなかった。午前10時を過ぎて太陽が顔を出した時には、随分と高度があって太陽は安定して見えるかと思ったが、シーイングが良くなかった。透明度も、濃霧の影響もあって良くなかった。太陽面には、黒点群が見られずほんとうに静かなピンポン玉のような太陽であった。Hα光でもほとんどプロミネンスは目立たず、プラージュ、ダークフィラメントも目立たない。明日から、台風5号の影響で梅雨前線も活発化するようで、雨の予報である。台風5号の進路が気になるが、災害が発生しないように祈るだけである。S20180609800t
2018060904h800tImg_8123mhwc800


2018060904hc800


2018060906e800
2018060907w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«本日の太陽面