2019年8月19日 (月)

望遠鏡の模型

望遠鏡の模型
P8190252rs  望遠鏡の模型を作り始めて1か月ちょっとで完成した。実寸を計測し、図面を起こし、旋盤、ボール盤、糸のこ、等を使い、アクリルを削り出して、なんとか10分の1の模型が完成した。細かな部品は、削り出すのが大変であるため、10mm以下の部品は既製品のネジや丸棒を使った。赤道儀の架台部分は、バルサ材を張り合わせたり、丸めたりした後、ヤスリとカッターで整形した。鏡筒部分は、厚さが1mmのバルサ材を丸めて、アクリルの配水管に巻きつけた。主鏡のセル、筒先は、旋盤を使いアクリルを削った。赤道儀のバランスウエイトは、同じように旋盤で加工後、タップでネジを切った。ファインダー、斜鏡セル、スパイダーは、あり合わせの筆、うちわの骨を使用した。バルサ材は、加工は簡単であるが木目が残ってしまうため、サーフェーサーを吹いて、その後塗装を行った。図面は起こせても、どのような加工方法が簡単で、模型を組み立てるか悩んだ。赤道儀も、面と面も張り合わせだけで作ろうと思ったが、バルサ材の柔らかさから台座部分は、重ね合わせて削り出した。赤経の回転は、小さなバネを挟んで止めてが、赤緯回転は、バネの組み込みができなかったことから、遊びが随分と出た。10分の1の模型制作は、小さな部分は、作り辛いと感じた。簡略をどの程度まで抑えるかである。接眼部は、旋盤で3つの径を削り出したが、微動のつまみは直径が5mmで厚さが1mmの円盤を作ったまでは良かったが、円盤の中心に0.5mmの穴を開け、少し穴を広げて、5mm角の厚さが2mmのバルサ材に1mmの穴を開け、ゼムクリップを短く切断したシャフトを通すのは至難の技で、何度も作り直した。とにかく、筒の長さが20cm、直径が37mm、赤道儀の台座が8cm×7.2cmの望遠鏡模型が完成した。P1010169rs P1010170rs P7280107rs P8070150rs P8190175rs P8190223rs P8190212rs P8190224rs P8190236rs

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0539mhw800t  今日もなんとか晴れた。少し透明度は悪いが雲は少なかった。午後からは雲が多くなって太陽も疲れ気味のような感じであった。最高気温は35度には届かず、猛暑日は免れた。太陽面は、黒点群が見られず無黒点が続いている。Hα光でも、昨日と同様に模様らしきものは見えない。プロミネンスも小さく淡いものばかりでほとんど目立たない。ダークフィラメントは、昨日も見えていたものがそのまま見えている。明日は曇り、明後日は雨の予報がでている。S20190818800t 2019081810h800t Img_0539mhwc800 2019081810hc800 2019081804e800 2019081803w800

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0533mhw800t  今朝も、朝から気温が高く、午前8時には30度を超えた。日の出も遅くなってきたが、日の出の方向もだいぶ東に近づいた。夏至の頃と比べると10度以上も東に動いている。秋分の日まで後1か月ほどであるが、気温が早く下がって欲しい。太陽面は、今日も無黒点であり、黒点群を見たいものである。Hα光でも、静かな太陽面であり、小さなダークフィラメントは見えるが、プロミネンスでさえ淡く小さいのが見えるだけである。明日も、晴れの予報であるが、雲が出易くなっているとのことである。しかし、連日のように熱帯夜に悩まされる。S20190817800t 2019081705h800t Img_0533mhwc800 2019081705hc800 2019081709e800 2019081708w800

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0527mhw800t  台風10号が通り過ぎ、甚大な被害は起こらなかったようであるが、数人の方が亡くなった。また、数十人の方が怪我をしたようである。幸い、当地では雨も風も思ったよりも弱く、厳重な体制で警戒していたことが功を奏した。県内のJR、私鉄各線は終日運休したことで、お盆の帰省客は困ったのではないだろうか。さて、今日の太陽面は、雲が多くて台風一過を期待したものの、薄雲が多くて白色光は、午後になってしまった。太陽面には黒点群も無く、寂しい限りである。Hα光では、少し期待したがプロミネンス、プラージュ、ダークフィラメントはほとんど見えない。明日も、すっきりとしない天候となりそうで、黒点群の発生も期待薄である。S20190816800t 2019081607h800t Img_0527mhwc800 2019081607hc800 2019081604e800 2019081603w800

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0512mhw800t  今朝の太陽は、高層の雲と下層の雲が入り乱れ、東の空だけが雲に覆われ、太陽の撮影は途切れ途切れとなってしまい、なんとか台風の外側の雲に完全に覆われる前に撮影できた。太陽面には、黒点群が今日も見えない。Hα光でもプロミネンスは見えるが、淡く小さなものばかりである。ダークフィラメントやプラージュは見えない。太陽の撮影をなんとか終えた時点から太陽のある場所は完全に雲に覆われてしまった。お昼前には雨も降り出し、午後2時過ぎからは、強い風と雨が降った。台風10号は、明日の昼頃に当地に最接近する予報が出ており、台風の風対策を行った。当地では、JRの各線、私鉄、島を結ぶフェリーが欠航するとのこと。また、瀬戸大橋も通行止めとのニュースが流れていた。とにかく、災害さけは起きて欲しくない。S20190814800t 2019081406h800t Img_0512mhwc800 2019081406hc800 2019081409e800 2019081408w800

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0506mhw800t  今朝は、台風の影響で東から南西に向けて雲が流れ、太陽の前を次々と雲が通過するため、太陽がある方向は、なかなか晴れなかった。他の方向は、比較的青空となり、特に北から西にかけては青空であった。やっと太陽の撮影が出来たのは、午前10時近くになってしまった。しかし、晴れ間が長続きしない。何度も、撮影途中で雲がかかりくたびれた。太陽面には黒点群が見えない。Hα光でも、静かな太陽面で、プロミネンスや、プラージュ、ダークフィラメントはほとんど見られなかった。台風10号は、まだまだ南にあって当地への接近は明後日になりそうであるが、台風10号の影響か東からの風が強く吹いた。夜になっては、風は収まった。S20190813800t 2019081310h800t Img_0506mhwc800 2019081310hc800 2019081303e800 2019081304w800

| | コメント (0)

2019年8月12日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0500mhw800t  今朝も晴れた。北東からの風が少し強く吹く1日となった。風はあるものの、日中の気温は上昇し、最高気温も35度を超えて猛暑日となった。少し風があったせいで湿度は少し低く感じた。太陽面は、今日も黒点群が見られなかった。黒点群が無いと、Hα光で見ても、賑やかな太陽面とはならない。目立つプロミネンスも無く、プラージュ、ダークフィラメントも見えない。いよいよ台風10号の影響が明日から出そうで、14日から15日にかけて台風が当地に接近する可能性が出て来た。S20190812800t 2019081206h800t Img_0500mhwc800 2019081206hc800 2019081208e800 2019081207w800

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0494mhw800t  今朝は晴れて7時台での太陽を見ることが出来た。昨日のように薄雲が太陽面に纏わり付くこともなく、多少の透明度不良ではあったが、太陽面を撮影することができた。日中は、薄雲もあったが、気温は上昇し、35度以上の猛暑日となった。観測ドーム内の気温は40度にはならなかったが、とても暑い日となった。太陽面には、今日も黒点群が見られなかった。Hα光では、北半球の東縁に少しプロミネンスが見える。また、南半球の東縁にも小さいが明るいプロミネンスが見える。ダークフィラメント、プラージュは見えない。明日も、なんとか晴れる予報となっているが、台風10号の影響が出てくるかもしれない。S20190811800t 2019081110h800t Img_0494mhwc800 2019081110hc800 2019081104e800 2019081103w800

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0488mhw800t  今朝も。昨朝と同様に東から雲が湧いてきて、太陽の前を絶えず覆っていた。10時前になってようやく太陽が顔を出してきたものの、薄雲がかかり透明度は悪かった。その後も、薄雲がかかって視界が悪かった。太陽面には黒点群が見えず、昨日にも増して太陽活動が弱い。Hα光でも、昨日見えていたプラージュはほとんど目立たなくなってしまった。プロミネンスも淡い。ダークフィラメントは見えない。明日も、同じような気象状況になると予想されるが、薄雲が長時間に亘って出ると、太陽観測も嫌になってしまう。さて、気象予報によると、来週前半に台風10号が西日本に直撃しそうで心配である。S20190810800t 2019081006h800t Img_0488mhwc800 2019081006hc800 2019081010e800 2019081009w800

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0482mhw800t  今朝は雲が東から湧いてきて、太陽の前をずっと覆っていた。しかし、太陽の無いところは時々晴れ間が出ていた。10時過ぎになってようやく太陽が顔を出して太陽を撮影できた。太陽面には西縁に黒点群が見えるような気がするが、画像では確証を持てない。Hα光では、この黒点群の場所辺りにプラージュが見える。プロミネンスは、淡く小さい。ダークフィラメントは北半球の高緯度に小さなものが見える。その他、プラージュが2か所見えるが、黒点群は見られない。S20190809800t 2019080914h800t Img_0482mhwc800 2019080914hc800 2019080906e800 2019080905w800

| | コメント (0)

«本日の太陽面