2018年10月22日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8820mhw800t 今朝は、昨日よりも透明度が落ちてしまった。日中には雲が広がり夕方には少し晴れ間も出たが雲の多い日となった。夜になって月は輝いているが、少し靄がかかっているようである。太陽面は、黒点群があるようにも見えるが、判別できなかった。Hα光では、太陽の縁に小さなプロミネンスが見えているが、大きなものは見えない。プラージュは、黒点群のあった場所で少し判るが、あまり目立たなかった。ダークフィラメントは小さなものばかりで目立たない。明日は、曇りから雨の予報であり、太陽観測はできそうにもない。本日、台風26号が発生したようで、今後の動きが気になる。S20181022800t
2018102206h800tImg_8820mhwc800


2018102206hc800


2018102209e800
2018102210w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8814mhw800t 今日は、朝から夕方まで、ほとんど雲の無い1日となった。朝の最低気温は10度を少し下回り、冷え込んだ。日中の最高気温は22度を僅かに下回った。秋の標準的な日となり、このような秋晴れの日は気持ちが良い。太陽面は、黒点群が再び発生したようである。南半球の西縁近くで、125度、マイナス8度に黒点群が見える。Hα光では、小さなプロミネンスが東半球に4群ほど見える。西半球には、淡いが2群、ダークフィラメントは、黒点群がある場所に僅かに見える。プラージュはほとんど見えない。Hα光の東縁に見えるプロミネンスを拡大画像で撮ってみた。S20181021800t
2018102108h800tImg_8814mhwc800


2018102108hc800


2018102102e800
2018102101w800


2018102104es800


2018102103en800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8808mhw800t 今朝は、午前7時過ぎから太陽を見ていたが、なかなか晴れなかった。午前8時過ぎからなんとか白色光の全体像とHα光の全体像を撮ったものの、Hα光の拡大画像を撮影し始めた途端、雲が北東からどんどん流れて来て、午前11時前になってやっと撮影することができた。その後も少し雲の多い天気になって、お昼過ぎから青空が広がった。太陽面には黒点群は見えない。Hα光でも、プロミネンスがほとんど目立たない淡くて小さいものばかりであった。もちろん、ダークフィラメント、プラージュも小さく目立たなかった。今日の最高気温は22度に届かず、爽やかであった。夜になって、北からの風が冷たく感じた。S20181020800t
2018102004h800tImg_8808mhwc800


2018102004hc800


2018102009e800
2018102008w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8803mhw800t 夜明け前に雨が降っていたが、太陽観測を始める前になって、南東の方向から晴れ間が出て来た。しかし、薄曇で透明度が悪かった。なんとか一通りの太陽画像を取得したものの、薄雲のせいで一部の画像で、画像処理ができなかった。観測を終了し、ドームから出た途端、雨が降り出してしまった。日中は、青空も出たものの夕方近くになって雲が多くなり、曇ってしまった。太陽面は、黒点群が全く見えない。Hα光では、黒点群があった場所で、僅かに活動領域が見えたが、ほぼ静かな太陽面に見えた。プロミネンスは、小さく淡く目立たなかった。ダークフィラメントも同様である。明日も、晴れの予報となっており、太陽観測が行えそうである。しかし、黒点群が無いのが残念である。S20181019800t
2018101909h800tImg_8803mhwc800


2018101909hc800


2018101901w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8785mhw800t 今朝も晴れたものの透明度が良くない。太陽は、随分と南に寄ってしまった。太陽観測を始める前の太陽高度は10度に届かなくなった。太陽観測を終えた後、お昼前までも雲後が多く今日の最高気温は23度を少し下回った。午後から夕方にかけては晴れたものの、夜になって雷注意報も出ていて雨が降った。太陽面には黒点群が見られない。Hα光では、昨日と同様、北半球の西縁に目立つプロミネンスが見えている。南半球の東縁にあるプロミネンスも昨日と同様である。S20181018800t
2018101805h800t
Img_8785mhwc800


2018101805hc800


2018101810e800

2018101811w800


2018101809es800


2018101808wn800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8779mhw800t 今朝は、南東方向に雲が漂い次々と南西から雲がやって来るため、なかなか太陽が顔を出さなかった。なんとか晴れ間を選んで白色光とHα光の撮影ができた。しかし、Hα光の拡大画像までは時間が無く、断念した。その後も雲が多くて、お昼を過ぎてから少し青空が出た。夕方になっても快晴とはならなかった。屋外では爽やかな気温であったが、屋内では蒸し暑かった。太陽面は、黒点群が見えなくなってしまった。Hαヒアk利では、なんとか痕跡だけが残っているようで、黒点群が見えなくなったのは寂しい。プロミネンスは、北半球の西縁に大きいが淡いプロミネンスが見えた。また、南半球の東縁には、小さいが明るいプロミネンスが見えた。ダークフィラメントは小さく目立たない。S20181017800t
2018101704h800tImg_8779mhwc800


2018101704hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8768mhw800t 今日も、雲があって午前9時前になってやっと晴れた。その後は、雲が多くて太陽の光は、時々しか射さなかった。昨日まで見えていた黒点群は、淡くなってしまった。それでも2群の黒点群はかろうじて見えた。明日には消滅かもしれない。Hα光では、黒点群の有る場所では、なんとか活動領域のようには見えるが、全体に淡くなってしまっている。プラージュも小さい。プロミネンスは淡く、ダークフィラメントも目立たない。明日は、曇りの予報が出ており黒点観測は無理と思う。S20181015800t
2018101503h800t

Img_8768mhwc800

2018101503hc800


2018101506e800

2018101508w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月14日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8755mhw800t 朝から晴れてはいたが、少し薄雲があり、午前8時を過ぎて薄雲は取れた。その後も少し雲が出て太陽の光は遮られた。夕方近くには、雲が多くなってしまい、現在はほとんど全天が薄曇になっている。太陽面は、昨日と同様に南半球に2群の黒点群が見えている。Hα光では、南半球の黒点群のうち、前方にある黒点群から南にダークフィラメントが見えたが、すぐに消えてしまった。プロミネンスは、淡く小さなものばかりである。プラージュは、黒点群付近に見える。全体的には静かな太陽面であり、北半球の子午線付近には、黒点群になるかもしれない小さなプラージュが見える。S20181014800t
2018101409h800tImg_8755mhwc800


2018101409hc800


2018101404e800
2018101406w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8744mhw800t 今朝は、昨日よりも気温は下がった。最低気温は11度ぐらいであろうか。日中は、少し雲があったが、少し作業をすると汗ばむ陽気となった。最高気温は22度を少し超えた。太陽面には、新たに南半球の東縁に黒点群が現れ、昨日の黒点群と合わせて2群となった。しかし、いずれも小さい。Hα光では、一番東縁にある黒点群の付近にとても明るいプラージュが見えた。プロミネンスは、目立たない。ダークフィラメントは昨日と同様、北半球に見える。明日は晴れの予報が出ているが、明後日は雲の多い天気になるようである。S20181013800t

2018101305h800tImg_8744mhwc800


2018101305hc800


2018101317e800
2018101318w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8742mhw800t 今朝はやっと秋雨前線が過ぎ去った。昨晩降っていた雨も揚がり、北からの高気圧に覆われてきたものの、薄雲が多く、良い撮影条件とはならなかった。最低気温は、我家では12度を指していた。これは、今秋の最低気温である。日中の最高気温は21度を少し上回ったものの、冬の雲のような雲であり一気に冬に近づいたような感じであった。太陽面には、南半球の東縁に待望の黒点群が現れた。小さい黒点群であるが、半影部を持っている。これから、この黒点群はどうなるのだろう。Hα光では、黒点群の周りに小さいがプラージュが見える。ダークフィラメントは、北半球に見え、プロミネンスは、南半球の西縁に見えている。週明けまでは、なんとか晴れ間が出る予報であり、現れた黒点群を楽しみたい。昨日、1か月の天気予報が発表されたが、当地では、平年に比べて低気圧や湿った空気の影響で雲の多い天気とのことであり、残念である。ここのところ、春や秋は短く、一気に夏になり、一気に冬になってしまうようで夏と冬が長いように感じる。S20181012800t
2018101204h800tImg_8742mhwc800


2018101204hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«本日の太陽面