2020年2月22日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1579mhw800t  今朝は、曇りから雨となったが、お昼過ぎから雨も止み、午後3時前になって北西方向から青空が見え始め、なんとか太陽を撮影することができた。日中の最高気温は16度近くにまで達し、晴れたこともあって暖かくなった。しかし、風が強くてドームが震えていた。太陽面は、無黒点の状態が続いている。Hα光でもダークフィラメントやプラージュは見えず、静かな太陽面であった。プロミネンスは、北半球の西縁に見える。S20200222800t 2020022209h800t Img_1579mhwc800 2020022209hc800 2020022203e800 2020022202w800

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1573mhw800t  今朝も、少し冷え込み、最低気温は氷点下2度と平年並みであった。日中は太陽の光も十分にあって最高気温は14度にもなった。風も弱く、暖かな日であった。太陽面には黒点群が見られない。Hα光で見ると、北半球の東縁の高緯度に淡いが少し大きなプロミネンスが見える。ダークフィラメントやプラージュは見れない。さて、オリオン座のベテルギウスが、暗くなっていることは、ネットやニュースで流れているが、私も、昨晩ベテルギウスを見ると、ひところの暗さから少し明るくなったように感じた。今日のスペースウエザーでは、このことが書かれてあり、やはり少明るさを取り戻したとのことである。2月8日に見た時は随分と暗く感じたが、昨日では少し戻ったようであった。我々の太陽がこのような明るさの変化をしたとすると大変なことであるが、我々の太陽は、いつまでも恒常的な明るさで輝いて欲しいものである。S20200221800t 2020022106h800t Img_1573mhwc800 2020022106hc800 2020022110e800 2020022111w800 2020022109en800

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1567mhw800t  今日も、予報どおりで、午前中は曇っていて、午後から晴れて太陽観測を行ったが太陽面には黒点群は見られなかった。日中の最高気温も13度を超えて、風も無く、暖かであった。晴れ間が続いているので、ジャガイモの種を植え付けるため、土壌改良として石灰、肥料として鶏糞をあらかじめ施していたので、今日は、耕して畝を立ててジャガイモの種を50個ほど植えた。中腰での作業は、少しきつくて少し汗ばんだ。太陽面は、相変わらずの状況であり、全く面白い現象では無い。Hα光でも、ほとんど模様は見えず、プロミネンスが数か所見えるのみである。ダークフィラメントやプラージュは見えない。S20200220800t 2020022012h800t Img_1567mhwc800 2020022012hc800 2020022006e800 2020022005w800 2020022003en800 2020022004wn800 2020022007ws800

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1556mhw800t  今朝は、晴れて氷点下となった。日中は、それでも気温が上昇し、日中の気温は12度近くになった。太陽面には今日も黒点群が見られなかった。Hα光では、北半球の東縁の高緯度にプロミネンスが見えた。他の場所では、目立たない。ダークフィラメント、プラージュは見られない。明日は、午前中は気圧の谷の影響で曇るようだが、午後から晴れてくるようだ。早めに晴れて欲しいものである。2020021906h800t S20200219800t Img_1556mhwc800 2020021906hc800 2020021907e800 2020021911w800 2020021912en800

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1550mhw800t  昨日の天気予報では、雪になるかもとのことであったが、雪は降らなかったようである。日の出時には雲に覆われ、2時間近く晴れるのを待った。最低気温は平年並みではあったが、最高気温は平年よりも低く寒い日となった。太陽面は、今日も無黒点となった。白色光では、白斑さえも見えず、面白くない。Hα光でも同様、ほとんど何も見えない。僅かに、小さなプロミネンスが見えるだけで、プラージュやダークフィラメントは見えない。明日も、晴れのようではあるが、大きなプロミネンスや黒点群を見たいものである。S20200218800t 2020021810h800t Img_1550mhwc800 2020021810hc800 2020021805e800 2020021802w800

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1544mhw800t  朝は、晴れ間があったが、お昼前から雲が流れて来て、南には灰色の雲が覆ってしまった。西からは、次々と雪雲のような雲がどんどんとやって来た。風も強く、最大瞬間風速も20メートルを超える風が突風のように吹いた。今冬一番の寒気が北から降りてくるとのことで、日中の最高気温も10度に達しなかった。風も強く、寒い一日となった。太陽面は、今日も無黒点となり、2週間ほど無黒点が続いている。Hα光でも、プラージュ、ダークフィラメントは、見えない。プロミネンスだけは、小さなものが見えるだけである。今夜から明日朝にかけて強い冬型の気圧配置となって、雪が降るかもしれない。S20200217800t 2020021705h800t Img_1544mhwc800 2020021705hc800 2020021711e800 2020021710w800

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1534mhw800t  朝から曇りの天気で、夕方近くになって晴れた。風もほとんど吹かず、かと言って太陽の光も射さない日となった。午後4時を過ぎて、北西の方向から晴れ間が出てきて、なんとか太陽の撮影を行うことができた。太陽面は、依然として無黒点の状態が続いている。Hα光では、南半球の東縁にプロミネンスが見えるが、他の場所は目立たない。ダークフィラメント、プラージュとも見えない。明日は、曇りから雨の予報であり、火曜日まで天気がぐずつく予報となっており、月曜日、火曜日は雪が降るかもしれない。S20200214800t 2020021405h800t Img_1534mhwc800 2020021405hc800

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1532mhw800t  予報どおりで、お昼前になって青空が広がってきた。気温は高く、春のような陽気である。南西からの風が少し強く、春一番が吹いたようだ。最高気温は20度近くまで上昇した。太陽面は、今日も黒点群が見られなかった。午後からは、晴れて夕方の西空には金星が輝いていた。Hα光でもプラージュは見られず黒点活動がほとんど見られない。プロミネンスは、南半球の東縁に見える。明日から天気が悪くなるようである。S20200213800t 2020021310h800t Img_1532mhwc800 2020021310hc800 2020021301e800 2020021302w800

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1523mhw800t  朝は、雲が多かったものの、幸い南東の空は、比較的晴れ間が出て太陽の撮影が行えた。その後、お昼前には完全に曇ってしまい、午後からは雨が降り出した。太陽面には、今日も黒点群が見られなかった。Hα光でも、プロミネンスは淡く小さいものばかりである。ダークフィラメントは、南半球で淡いが少し大きなものが見える。プラージュは見えない。明日の朝まで雨が降り続き、午後には晴れてくる予報が出ている。S20200212800t 2020021210h800t Img_1523mhwc800 2020021210hc800 2020021214e800 2020021213w800

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1517mhw800t  今朝の最低気温は氷点下2度まで下がった。しかし、風がほとんど無く、そんなに寒さを感じなかった。日中は気温が上昇して12度近くまで上がった。太陽面は、黒点群が依然として見られない。Hα光では、淡いプロミネンスが見られるが、特に、南半球の西縁の高緯度に見えるプロミネンスは、太陽面の縁に見えるため、拡大画像で見ると、ダークフィラメントからプロミネンスへと続く様子がはっきりと見える。プラージュは南半球の子午線付近に小さいものがなんとか見える。S20200211800t 2020021106h800t Img_1517mhwc800 2020021106hc800 2020021107e800 2020021110w800 2020021114en800 2020021112es800 2020021115ws800

| | コメント (0)

«本日の太陽面