2018年4月22日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7876mhw800t 今日も暑い日となり、太陽の光を浴びるとTシャツ1枚でも暑いぐらいであった。若干の薄曇の影響もあり、太陽観測の時間も通常よりも長くかかってしまった。夕方には雲が多くなったが、太陽が沈んでからは、また晴れ間となった。太陽面は、北半球の黒点群が順調に進んできた。他の場所に黒点群が無いか探してみたものの見つからなかった。Hα光では、黒点群がある場所の南西の南半球にプラージュが見えているが、黒点群にはならない気がする。後から、ネットで見てみると、黒点群が発生したようである。プロミネンスは、ほとんど見られないが、南半球の高緯度に少し見えている。ダークフィラメントは目立たないというか黒点群の周りに小さなものが見えている。明日は、晴れから曇りの予報が出ており、夜には雨が降りそうである。S20180422800t
Img_7876mhwc8002018042212hc800


2018042205e800


2018042203w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7852mhw800t 今日は、朝から晴れており、午前中の早い時間から20度を超え、最高気温は27度近くまで達した。Tシャツ1枚でも暑いぐらいで、風も比較的弱く、汗ばむ陽気となった。太陽面は、北半球の東縁から現れた黒点群が順調に発達してきた。経度方向の大きさも10度には達しないが、しかし、比較的大きな先行黒点と後続黒点にかかる黒点の分布から大きな部類の黒点群である。Hα光で見ると、黒点群がある場所では、比較的大きなプラージュが見えている。ダークフィラメント、プロミネンスは目立たない。明日も、太陽をみることができると思うが、もう少し大きな黒点群に発達して欲しいものである。S20180421800t
2018042105h800tImg_7852mhwc800


2018042105hc800


2018042113e800
2018042112w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7845mhw800t 良い天気が続いている。今朝も晴れて日中の最高気温は25度を超え、夏日となった。全国的に気温が上昇したようである。太陽面には、北半球の東縁から黒点群が出現した。ここ最近では大きな部類の黒点群であり、昨日のHα画像の様子から黒点群が出てきそうな予感がした。この黒点群は、赤道に近い所に位置しており、低緯度の黒点群である。このような低緯度の黒点群や高緯度の黒点群が多くなると新たな太陽サイクルが始まることが過去の黒点群の観測から言われている。さて。どうなることやら。Hα光では、プラージュが黒点群の周りを明るく取り囲んでいる様子が判る。この黒点群の前方には、ダークフィラメントも見えている。プロミネンスは目立たないようで、南半球の西縁の高緯度に少し見える。昨日見えていた黒点群は見えなくなった。消滅したのであろう。S20180420800t
2018042014h800tImg_7845mhwc800


2018042014hc800


2018042006e800
2018042007w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7838mhw800t 今日も穏やかな晴れが続いた。透明度は良くないが、夕方の西空に月と金星が輝いていた。オリオン座も西に傾き、春の宵らしい穏やかな夕暮れであった、最高気温は25度には達しなかったが、ほぼ夏日の様相であった。太陽面には、南半球の子午線付近のマイナス14度に双極性を持った小さな黒点群が発生した。この黒点群も短命であると思われる。ここのところ、寿命の短い黒点群が発生しており、見逃さないよう観察を続けたい。Hα光では、北半球の東縁に輝くプラージュが見えている。プロミネンスは目立たず、南半球の高緯度にあるのが少々目立つ。黒点群が発生した場所では、黒点群の痕跡らしきプラージュも残っている。S20180419800t
2018041904h800tImg_7838mhwc800


2018041904hc800


2018041906e800
2018041908w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7833mhw800t 今朝の太陽は、昨晩降っていた雨が揚がったものの、雨に伴う雲が流れており少し残っていた。午前7時30分過ぎから薄雲も取れて、太陽を見ることが出来た。白色光で見る太陽は、一昨日に発生した黒点群がかろうじて判るほどで、やはり衰退しているようであった。Hα光では、プロミネンスも目立たない状況であり、プラージュも輝きが少なくなっていた。ダークフィラメントは、目立たない。今日は、一日中太陽からの光が地上に届き、最高気温は、もう少しのところで夏日となる24度近くまで上昇した。夕方になって、月と金星が西空に見えていて、なかなかの眺めであった。明日も晴れの予報が出ており、明日は今日よりも気温が上昇するようだ。S20180418800t
2018041812h800tImg_7833mhwc800


2018041812hc800


2018041805e800
2018041806w800


Img_8823rs


Img_8815rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7827mhw800t 今朝は少し気温が下がったものの、透明度が少し悪くなった。黄砂の影響かも知れない。太陽面には、新たな黒点群が発生したようである。一昨日見えていた黒点群の前方で少し北の所である。双極性があるような黒点群であるが、小さい。Hα光では、一昨日まで見えていた黒点群に伴うプラージュの前方にも小さなプラージュが出ている。プロミネンスは、昨日にも見えていた南半球の西縁の高緯度のものが、引き続いて見える。ダークフィラメントは、目立たない。自宅の横にある幼稚園では、藤の花が満開となって、白く目立つ。また、自宅の田んぼに植えたじゃがいもの芽が出て来たが、今年は種芋の植え付けがいつもより遅くなったので、心配したが、6月には美味しいじゃがいもが収穫できそうであ。今日の最高気温は20度あまりまで上昇したが、空気は少し冷えていた。S20180416800t
2018041606h800tImg_7827mhwc800


2018041606hc800


2018041610e800
2018041609w800


2018041611ws800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7822mhw800t 昨日から降っていた雨は止んだが、なかなか晴れて来なかった。午前中は完全な曇り、午後になって晴れ間が出たかと思ったが、北の空と南の空が青空で、太陽の前には雲の通り道のようで、午後4時前になってやっと太陽も雲から顔を出した。風も少しあって、日陰の場所で薄着で居ると少し肌寒かった。太陽面には黒点群があるのだが、あまりにも小さな黒点なので小さな画像では見えない。Hα光では、昨日と同様に黒点群のある場所にはプラージュが見えている。ダークフィラメントは目立たない。プロミネンスは、南半球の西縁の高緯度に有るのが目立つ。大きな黒点群が待ち遠しい。S20180415800t
2018041510h800tImg_7822mhwc800


2018041510hc800


2018041501e800
2018041502w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7804mhw800t 早朝は、雲っていたものの、その後は薄曇の天気となり、なんとか太陽の観測が行えた。お昼過ぎからは、雨が降ったり止んだりの天気となった。さて、太陽面に昨日見えていた黒点群は、消滅してしまったようである。SpaceWeatherの太陽画像では、僅かに黒点群が見えるので、消滅はまだなのだろう。Hα光では、南半球の西縁の高緯度にプロミネンスが目立つ。プラージュは、黒点群がある場所で明るく輝いている。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に見えるが小さく淡い。明日の天気は、雨と風が強いと予想されており、太陽観測はできそうもない。しかし、黒点群が発達しなかったのは残念である。S20180414800t
2018041404h800tImg_7804mhwc800


2018041404hc800


2018041405e800
2018041407w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7797mhw800t 2日ぶりに太陽の撮影が行えた。朝の時間帯では、雲が太陽の前を覆っていて見ることができなかった。午前10時を過ぎてから雲が無くなり夕方にも晴れており、退社の時間を待って帰宅し、太陽高度はやや低いものの、太陽を見ることが出来た。ネット上でも、黒点群が発生したことを伝えていたので、なんとか撮影できれば良いなと思っていた。黒点群が発生したのは、北半球の東縁であり、数個の黒点群が見えた。Hα光では、この黒点群に伴うプラージュが明るく見えている。その他、南半球の子午線付近にも小さなプラージュが見えている。プロミネンスは、南半球の西縁の高緯度に活発なものが見える。ダークフィラメントは、北半球の西縁に小さなものが見える。明日、明後日は、曇りから雨の予報であり、風も強く吹いて嵐となるとのことである。久々の黒点群も、少し発達して欲しい。S20180413800t
2018041307h800tImg_7797mhwc800


2018041307hc800


2018041310e800
2018041311w800


2018041312ws800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7778mhw800t 今朝は、空全体に雲があり、その隙間からなんとか白色光とHα光の撮影ができた。この白色光とHα光の画像を撮影後、完全に曇ってしまい、ほとんど1日中空は曇りの状態であった。太陽の光が射さない割には気温が上昇し、最高気温は25度近くまで上昇した。南から吹くフェーン現象により、南から吹く風にが山を越えて下降気流となって気温が上昇したようである。太陽面は、透明度、シーイング共に悪く、黒点群はあっても見逃すような状態であり、実際に昨日見えていた黒点群も無くなったことがネット上に見られた。Hα光でも、解像度が悪く、いつものHα光の画像にはならなかった。明日は、晴れの予報が出ており太陽観測ができそうである。S20180411800t
2018041101h800tImg_7778mhwc800


2018041101hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日の太陽面