2018年2月24日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7583mhw800t 透明度の悪い朝ではあったが、太陽面を観測することができた。日中の気温は上昇して最高気温は15度近くまでになった。太陽面には東縁近くに黒点群があるように見えるが、はっきりとしない。Hα光では、プロミネンスが北半球の東縁、南半球の高緯度に見える。プラージュ、ダークフィラメントは見えない。明日は、曇りや雨が降る予報が出ており、晴れる日が長続きしなくなってきた。我家の庭でも梅の花が咲き始め、梅の香りが漂ってくる。自宅近くの天満宮では、未だのようであるが、特別名勝の栗林公園では、梅祭りも始まったようである。今年になって無黒点の日は、25日で約45%も無黒点である。S20180224800t
2018022405h800tImg_7583mhwc800


2018022405hc800


2018022409e800
2018022410w800


2018022408ws800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7571mhw800t 今朝は、少し透明度が悪く、遠くの山が霞んで見えた。最低気温もプラスとなった。日中は、太陽の光もあって春のような暖かな日であり、最高気温は12度を少し超えた。太陽面は今日も無黒点となり、寂しい太陽面である。Hα光でも、プラージュ、ダークフィラメントは見えず、黒点群が無いことから面白くない画像となった。太陽面の縁に、小さなプロミネンスがあちこちに出ている。明日は、雨こそ降らない予報となっているが、太陽面の撮影は無理だと思う。S20180220800t
2018022005h800tImg_7571mhwc800


2018022005hc800


2018022009e800


2018022007w800

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7565mhw800t 暖かな日となった。風も無く、太陽の光もあり、春が近づいたような気がした。透明度、シーイング共に普通の状態で、黒点群が無いのが寂しい。太陽面の無黒点日は、19日となり、おおよそ39パーセントも無黒点日となっている。昨年は28パーセントの無黒点日であった。Hα光では、小さなプロミネンスはでているが、活動的なものは見えない。また、黒点群があればプラージュも見えるが、これまた見えない。僅かに小さなスポット的なプラージュが見えているのみである。ダークフィラメントもほとんど見えない状況である。今日は、ほとんど1日中晴れたが、夕方になって曇りとなっている。明日は、くもりの予報となっている。S20180218800t
2018021809h800tImg_7565mhwc800


2018021809hc800


2018021803e800
2018021804w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7559mhw800t 今日は、ほぼ一日中晴れ間が続いた。しかし、風が強くて気温は低く風が当たると寒い日であった。太陽面は、南半球の黒点群がほとんど見えない状況となった。シーイングも悪く、画像では確認し辛い。いよいよ、明日から無黒点の様相である。Hα光では、淡いプロミネンスが東西の縁に見える。南半球の高緯度に見えるプロミネンスが少し目立つ。ダークフィラメント、プラージュともほとんど見えない。明日も、引き続き晴れの予報であるが、黒点群の出現を期待したい。S20180217800t
2018021706h800t
Img_7559mhwc800


2018021706hc800


2018021709e800

2018021710w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7551mhw800t 今朝は晴れていたが、お昼過ぎから雲が出て来て、夕方前には完全な曇り空となった。日中は気温も上昇し、風も無く春らしい一日である。太陽面は、南半球の黒点群が西没しかかっている。その他の場所には黒点群は見えない。Hα光でも、すっかりと寂しい状況となり、大きなプロミネンス、ダークフィラメントは見えない。プラージュも小さくなってしまった。明日も、晴れ間が出るようだが、このままでは、またまた無黒点に突入することも考えられる。S20180216800t
2018021615h800tImg_7551mhwc800

2018021615hc800


2018021604e800
2018021603w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7540mhw800t 今朝は冷え込みが厳しく、自宅のドームの気温は氷点下5度を示していた。昨日の雪も日陰では残っていて、風も無く、放射冷却の影響もあり今季の最低気温であった。午前中は良く晴れて、最高気温も10度近くまで達し、暖かさもあった。午後になって薄曇になってしまった。さて、太陽面であるが、この寒さでシーイングが悪く、特に白色光では黒点がボケてしまった。南半球の黒点群もだいぶ衰退しているようで、後続黒点が小さくなっていた。Hα光でも、プロミネンスの大きなものは見えず、黒点群がある場所でプラージュが見えている。ダークフィラメントも小さなものが2箇所見える。明日は、曇りの予報で、太陽観測はできそうにも無い。S20180214800t
2018021405h800tImg_7540mhwc800


2018021405hc800


2018021408e800
2018021406w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7528mhw800t 今朝は、昨晩から降っていた雪が積もって自宅の周りは一面の雪景色となった。多い所では積雪が3cmほどもあって、通勤している峠では渋滞が発生し、別の経路を使用して会社に向かった。車は、凍結の場所もあって、のろのろしか動かなく、会社へはもう少しのところで遅刻しそうになった。帰宅時間には、この雪も融けたが、日中は寒い日となった。太陽面は、南半球の黒点群があるのみで、他の場所には黒点群は見られなかった。Hα光で見ると、プロミネンスはほとんど目立たない。ダークフィラメントも南半球の高緯度に見られるのみであった。プラージュは、黒点群の付近で輝いている。明日も、晴れの予報であるが、今朝よりもぐっと冷え込む予報が出ている。S20180213800t
2018021305h800tImg_7528mhwc800


2018021305hc800


Img_8680
Img_8681


Img_8682s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7520mhw800t 今朝は、南東の方向に雲があったが、やがて消え去り青空となった。少し風が強かったものの、シーイングは比較的良好であった。太陽観測が終えて、しばらく経つと雪雲が南の空に漂い、雪が降り始めた。その後は再び青空が広がったが、夕方近くになって雪が降り始めた。夜になり、雪が積もり始めたので、明日の朝の道路の凍結が心配である。太陽面は、南半球の黒点群のほかには見えない。Hα光では、南半球の黒点群付近が時々フレアが発生したようで、Hα動画をネットで見ると良く判った。ダークフィラメントは、小さなものがほとんどであるが、南半球の高緯度に少し大きなものが見える。プロミネンスは、北半球の東縁の高緯度に見える。明日の予報は、晴れの予報となっているが、どうなるやら。S20180212800t
2018021214h800tImg_7520mhwc800


2018021214hc800


2018021205e800
2018021206w800


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7509mhw800t 久々の太陽観測となった。先週は、早朝から仕事が入っていたので、晴れても太陽を見ることができなかった。昨日は、朝から雨が降っており、夜遅くまで雨が降ったり止んだりの非常に悪い天気であった。今朝も、雲が多くて昼前になってやっと晴れて太陽が顔を覗かせた。太陽面を見ると、比較的大きな双極性の黒点群が見えていた。ネットでも数日前から黒点群が出て来たのは知っていたが、久々の大きな黒点群であり、見応えがあった、この黒点群は、南半球の赤道に近い場所にあり、経度方向に10度もあるものである。Hα光では、磁力線に伴う流線が見えており、前方にはダークフィラメントを吹き上げているように見える。この後方にもダークフィラメントがあり、久々にHα光でも見応えがあった。プラージュも黒点群の周りに見えている。明日の天気予報は、曇り時々雪のようで、晴れ間が出た時に太陽面が見えたら良いのだが。S20180211800t
2018021106h800tImg_7509mhwc800


2018021106hc800


2018021107e800
2018021109w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7492mhw800t 朝から降っていた霙は、直ぐに雪に変わり、午前9時前には道路を除いて雪が積もった。お昼前には雪も揚がり、晴れるかなと思っていたが、なかなか晴れ間が広がってこなかった。午後2時過ぎになって、やっと青空が出て来たが、時折、雪も降り、思うようには太陽観測ができなかった。日中の最高気温も上昇せず、寒い日となった。太陽面は、今日も無黒点となった。Hα光では、プラージュが2か所ほど見えるものの、黒点にまで発達していないようである。プロミネンスは、南半球の東縁に小さなプロミネンスが見えるが、拡大画像で見てみると、非常に明るく鋭いプロミネンスであった。プラージュが2か所、ダークフィラメントは目立たない。本日も昨日と同じような時間帯での太陽観測となったが、北の空は、比較的晴れるのだが、南の空は、雲が絶えず行き交う。S20180204800t
2018020406h800tImg_7492mhwc800


2018020406hc800


2018020413e800
2018020414w800

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«本日の太陽面