2017年2月24日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5469mhw800t 日の出の時刻が毎日早くなって来るのが判る季節となった。まだまだ寒い日もあるが、太陽は確実に日の出時間が早くなるのと、太陽の高度が高くなるのが判る。後1か月もしない内に、春分になるが、太陽観測者にとっては嬉しい。今朝の最低気温は3度、最高気温は10度なのであるが、太陽高度が高いこともあり日差しは強くなってきた。太陽面は、北半球の1群の黒点群が衰退のようである。主黒点の周りに小さな黒点があったが、淡くなって見難くなっている。Hα光で見ると、北半球の黒点群の北部でプラージュが輝いているが、そんなにも衰えていないように見える。プロミネンスは、北半球の西縁に、噴出型のものが見えるが、かなり高く吹き上がっているように見える。ダークフィラメントは、南半球にプラージュと共に濃いものが見える。明日は休日なので、もう少し太陽高度が高くなってからの観測ができそうで、期待したい。S20170224800t
2017022406h800tImg_5469mhwc800


2017022406hc800


2017022410e800
2017022409w800


2017022410ec800


2017022409wc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5457mhw800t_2 今朝の空は、早くも下り坂のようで、薄雲が西から東に向けて広がった。しかも、この南東の空には航空機が次々と通過し、飛行機から排出されるジェットで何本もの飛行機雲が残って、薄雲と同じように流れて、太陽面を次々と通過していった。透明度の悪いことは勿論のこと、日の出前までは、晴れていて放射冷却の効果もあり、最低気温は氷点下2度となり、シーイングさえも悪かった。白色光、Hα光とも薄雲の影響が出てしまった。太陽面は、北半球の黒点群は、昨日から少し西の方向へ自転とともに少し西へ移動した。Hα光では、北半球の東縁にある黒点群に伴うプラージュが明るい。プロミネンスは西縁に多く見えるが、薄雲の影響で、目立たない。ダークフィラメントは、小さいが濃いものが4個ほど目立つ。なんとか、白色光とHα光で撮影した後、少し青空となったが、昼過ぎから完全に雲ってしまい、夕方には雨も降り出した。なお、今日で、当ブログの記事は2000となった。S20170222800t
2017022206h800tImg_5457mhwc800


2017022206hc800


S20170222a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5443mhw800t 昨日の当地での気温変化は、NHKのニュースにもなっていた。高松市中心部付近だけが、気温が上がらず、10度に達しなかったが他の場所では、南風が入ったせいで18度近くにもなっていた。今朝は、いつもより暖かな朝となったものの、太陽の光が注いだ割には、気温は上昇しなかった。寒気のせいである。ここのところ、寒暖の差が激しく、しかも数日周期で雨が降る。雨が降った後は、寒気で寒くなり、また雨が降ると暖かくなる。太陽面は、北半球の東縁から黒点群が出現してきた。南半球に見えていた黒点群は衰退したようで見えなくなった。Hα光では、北半球の東縁付近が、プラージュで明るく見える。プロミネンスは、西縁に多く見えている。ダークフィラメントは小さいものばかりである。明日の朝の天気は、晴れの予報がでているが、お昼前から曇りのようである。S20170221800t
2017022109h800tImg_5443mhwc800


2017022109hc800


2017022103e800
2017022104w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5430mhw800t 穏やかな朝となった。昨晩は、少し強い風も吹き、雲の多い天気で心配していた。しかし、朝から青空で、気持ちの良い日となった。天気の移り変わりも早く、明日は曇りや雨の予報である。雲の多い天気となった。太陽面は、南半球の東縁にやっと黒点群が現れた。しかし、小さい。北半球の黒点群は、淡くなってしまった。Hα光では、昨日もみえていた北半球の子午線付近のダークフィラメントは、今日になって活発な変化を見せた。最後の画像に僅か10分間の変化をアニメーションにしてみた。少し、画像がずれたが、その変化が面白い。プロミネンスは、東西の縁に見えるが、北半球のものは、明るい。プラージュは、淡くなった黒点群付近と南半球の黒点群付近が明るい。Hαフィルターの調整をしているが、安定した状態まで試行錯誤となっている。S20170219800t
2017021906800tImg_5430mhwc800


2017021906c800


2017021908800
2017021909800


2017021908c800


2017021909c800
2017021913800


2017021914800


2017021913c800

Ha20170219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5407mhw800t 雲の多い天気となった。予報では、お昼過ぎから晴れの予報であり、午前中から粘って少しの晴れ間があれば撮影できると思っていた。午前中は、雨が降ることもあり、午前中は撮影を断念した。お昼過ぎから少し晴れたが、その後は夕方まで完全な曇りとなった。太陽面は、北半球に1群の黒点群となった。Hα光では、北半球の子午線付近に小さいが濃いダークフィラメントが見える。プラージュは目立たない。プロミネンスは、南半球の西縁に小さいが集まっている。北半球の東縁にも小さいものが見える。明日は天気が回復して、晴れになる予報が出ている。S20170218800t
2017021807h800tImg_5407mhwc800


2017021807hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

伊吹島

伊吹島
P2173588rs 今日、突然に仕事で観音寺市の西方10km、燧灘にある伊吹島へ行くことになった。以前にも仕事で出掛けたことがあるが、仕事以外では行ったことが無く、人生で2度目の来訪である。周囲は約5kmであるが、往時は4,000人も住んでいたそうである。今は700人足らずとのこと。いりこ(煮干いわし)で有名で、讃岐うどんの出汁には無くてはならないものである。今でも、この「いりこ」の生産が盛んである。観音寺港から小さな旅客船(ニューいぶき:134トン)で25分、そんなに遠くはないが、雨が降っていたせいもあり、観音寺港から伊吹島は見えず、また、帰りも、伊吹島から観音寺港は見ることができなかった。横溝正史の小説である「獄門島」のような雰囲気であった。伊吹島に到着後、港から急な坂が続き、狭い路地が迷路のように巡らされている。以前の記憶を辿りながら、向かったが、なんせ20年以上も前のことであり、記憶が定かでない。当全のごとく、目指す場所には到達せず、危うく迷ってしまうところであった。猫もあちこちで歩いており、人間よりも多いかも知れない。慌てて仕事を片付けてのとんぼ帰りであったので、次回はゆっくりと島を回りたいものである。迷路と坂と猫と「いりこ」の島である。P2173586rs_2
P2173594rsP2173601rsP2173606rs


P2173615rs


P2173616rs
P2173620rs


P2173634rs


P2173648rs
P2173654rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5397mhw800t 今朝の最低気温は氷点下2度、最高気温は13度となった。そんなに寒くはない1日となったが、午後からは薄雲が出てきて、夕方には完全に曇ってしまった。今晩も、ISSが見られる日ではあったが、厚い雲のため、南南西の空のオリオン座の足元にやってきた時に何とか見ることが出来た。太陽面は、北半球の東縁に黒点群が見える。昨日、黒点群があるように見えたものが、はっきりと黒点群として確認できた。北半球に2群の黒点群である。Hα光では、昨日よりも東西の縁にプロミネンスが多く見えた。プラージュは、昨日と同様に黒点群の有る場所が明るく見えた。ダークフィラメントは、小さいものが何個か見えるが、いずれも小さい。明日は、雨の予報がでている。S20170216800t
2017021607h800tImg_5397mhwc800


2017021607hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5382mhw800t 今朝は北東方向から南西方向にかけて雲が進み、薄雲がしばらく通過した。午前8時前になってやっと薄雲も無くなったが、透明度は悪かった。最低気温は氷点下2度、最高気温は10度を少し超えたようである。太陽面は、北半球の西縁に近づいた黒点群が淡くなっている。北半球の東縁に黒点群があるように見えるが、はっきりしない。ほんとに静かな太陽面である。南半球には黒点群は見えない。Hα光では、東西の縁に小さなプロミネンスが見えるが、大きなものは見えない。ダークフィラメントは、小さなものばかりである。プラージュは、北半球の西縁近くの黒点群に伴うものと、同じく北半球の東縁にスポット的なものが見える。透明度がもう少し良ければ良いのであるが?S20170215800t
2017021507h800tImg_5382mhwc800


2017021507hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

国際宇宙ステーション

国際宇宙ステーション
Img_6767rhs たまたま覗いたインターネットサイトにISS(国際宇宙ステーション)の予報が出ていたので、少しメモを取って夕食後にドーム横に三脚を構えてISSを撮った。予報では、日本時間の午後7時23分から7時25分までの間、北西の高度が13度から見え始め、北北西の45度で地球の影に入って見えなくなると記載されていた。予報どおりの時間になって、北西の低い高度から徐々に明るさを増しながらISSが昇ってきた。音も無く、点滅もしないで進んで行く姿は、速度が凡そ8kmで飛行しているとは思えない速さである。ISSとの距離は、当地では556kmとなっていた。ISSは凡そサッカー場ぐらいの大きさであるが、肉眼ではとても小さい。しかし、マイナス1等はあるかと思う明るさで進んでいるというより飛んでいるという表現がぴったりである。普通の旅客機は、高度が10km程度で飛行しているが、ISSとの距離を考えると、格段にISSのスピードが速いと感じられる。30秒間の露出時間を4コマほど撮影し、アニメーションにしてみた。動きを想像して欲しい。Img_6765rhs
Img_6766rhsImg_6767rhs_2


Img_6768rhs



Iss20170214_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5376mhw800t 今朝は、最低気温が一昨日、昨日よりも高くなった。日中の最高気温も10度を超え、少し暖かであった。しかし、お昼過ぎから雲が多くなってしまった。太陽面は、昨日と同様に北半球の黒点群のみである。南半球にも黒点群が発生して欲しいが、ここのところ発生していない。Hα光では、東西の両縁にプロミネンスが見えるが、何れも小さい。プラージュは、昨日と同様で北半球になる黒点群の周りに明るい部分がある他、その後方にもダークフィラメントを伴ったプラージュが見えている。ダークフィラメントは、小さいが濃いものが中央面に見える。明日の天気は、朝からお昼前にかけて雪の降る予報が出ている。S20170213800t
2017021306h800tImg_5376mhwc800


2017021306hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コロナド ソーラーマックスⅡ60