2016年8月31日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4333mhw800t風が強い朝となった。そのため、シーイングが悪く、黒点群の詳細が撮影できなかった。この季節に、これだけの風が吹くのも珍しい。この8月は、ほとんど雨が降らず、太陽観測も26日間であった。最低気温は今朝の最低気温は、22度であり、涼しく感じた。最高気温は32度には達しなかったようで、室内では少し暑く感じた。太陽面は、東半球に南北とも黒点群が出現した。北半球に3群、南半球に2群の黒点群を観測した。Hα光では、東半球にはプロミネンスが小さいながらも数箇所で見えている。プラージュは、北半球の西縁で一番明るく見えている。ダークフィラメントは、北半球の西縁に近づいた黒点群の周りに少し濃いものが見えている。明日も、なんとか晴れて太陽観測ができそうである。S20160831800t
2016083105h800tImg_4333mhcw800


2016083105hc800


2016083109e800
2016083108w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4327mhw800t 台風が東北地方に接近し、大船渡へ上陸したようである。当地は、台風の影響は受けなかったものの、台風による雨をたいそう期待していたが、思った程の雨が降らず、依然として水不足の心配が続いている。早明浦ダムの貯水量も、40%に少し復帰したが、もう少し雨が降らないと、第三次取水制限が開始される状況である。8月も、ほとんど雨が降らず、梅雨明けからの猛暑が続き、雨もほとんど降らなかった。今朝の最低気温は、21度を少し超えたあたりで、たいそう涼しかった。最高気温も30度を下回り風もあって戸外の日陰では快適であった。太陽面は、東半球に黒点群は見られず、西半球に偏ってしまった。北半球に3群、南半球に1群の黒点群となった。Hα光では、東縁に少し活発なプロミネンスが見えており、東縁からの黒点群が期待できそうである。プラージュは、南半球の黒点群に伴う部分が明るい。ダークフィラメントは、所々に見えるが、大きなものは見えない。明日も、晴れそうである。S20160830800t
2016083007h800tImg_4327mhwc800


2016083007hc800


2016083001e800
2016083003w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

ジョージタウンの街

ジョージタウンの街
P7053023rs ジョージタウンは、オーストラリアの北東部であるケアンズから南西に約400kmの場所にあり、ケアンズは熱帯雨林にあるが、そう高くは無い山を越えた場所で、乾燥地帯にある静かな街である。気候で言えばサバンナと呼ばれる乾燥地域である。ケアンズからは、車で5~6時間である。ケアンズから、2号線を南下し、山を越えて高原の街であるアサートンを経由し、今度は1号線を南下してレーベンスホー、ホットスプリングス、マウントガーネットを越えて、そのまま40kmほど南下した後、今度は右折して西に向かう、途中にマウントサプライズ、そしてジョージタウンへ到着となる。街の大きさは南北に約1km、東西に500m程の小さな街である。最後の川を渡って少し上り坂の所に、ジョージタウンの入り口である。もちろん、川には乾期ということもあり、水は流れていない。そこから道を挟んで南北に広がっている。人口は、200人ちょっとの街で、ほとんど人影は無く、車の往来もほとんど無い小さな街である。食料品などは、小さなスーパーがあるだけで、品数、量とも極めて少なく、値段も高かった。この街の西はずれから1kmほど西へ向かって行くと、我々が宿泊したラタラモーテルが右側にある。こんな、小さな街であるから、外灯もほとんど無く、空も暗いのが保てるのだと思った。とにかく、星空ファンとしては、モーテルの部屋から機材を持ち出すことが出来、飲み物や食べ物を直ぐに供給できることが良かった。写真で、この街の過疎具合が判るだろう。昔、ここは金の採掘場が近くにあってゴールドラッシュとして栄えたらしいが、今は廃墟となった金の精錬所の煙突がモーテルからさらに西進した場所に残っているだけである。P7053021rs
P7042971rsImg_5411rs


Img_5418rs


P7053002rs

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4324mhw800t 台風の影響か、昨日は全く晴れず今朝も、午前9時を過ぎても雲が空を覆っていた。昨日と同様に雲は東から西へと進み、いつもとは違う雲の動きである。昨晩から今朝にかけては、比較的涼しく、熱帯夜にはならなかった。午前10時前になって南西の方向から晴れ間が出てきてなんとか太陽を撮影することができた。その後は、またまた雲の多い天気となり、夕方には曇ってしまった。台風10号は、東に進んでおり、当地は、台風の進路から外れてしまった。雨だけでも降って欲しいものであるが、今後の台風の動きに注目したい。今朝の最低気温は、24度を下回ったようであり、風が吹いていたので比較的涼しい朝となった。日中は、猛暑日とならず、33度を少し下回ったようである。太陽面は、昨日と変わらないものの、北半球の子午線を通過直前の黒点群は少し発達したようである。北半球に2群、南半球に1群の黒点群となった。Hα光では、南北両半球の東西の縁に小さいが多くのプロミネンスが見えている。ダークフィラメントは、北半球に長いもの、および黒点群を取り囲むようなものが見えている。プラージュは、北半球の西縁に近づいた黒点群に伴う部分が明るく輝いている。とにかく、雨が降って欲しいものである。S20160828800t
2016082804h800tImg_4324mhwc800


2016082804hc800


2016082806e800
2016082809w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

絞め殺しの木

絞め殺しの木
P7032914rs 怖い名前の木であるが、この木は南洋性のイチジクで、オーストラリアの熱帯雨林地帯には多く生育しているらしい。ケアンズからジョージタウンへと向かう途中、アサートンの街の近くにこの締め殺しの木がある。カーティンフィグツリーという英語名で、カーテン状になったイチジクの木である。イチジクの実を食べた鳥などが、木の上で排泄した場合、この木は、イチジクが段々と大きく根を垂らし始めて、やがては、元にあった木を覆い尽くして、最後には、元あった木は、このイチジクによって死んでしまうということである。非常に大きな根を元からあった木から地上まで何本も垂らしている様は、恐ろしいぐらいである。しかも、この名前である。熱帯雨林のジャングルの中にあるが、遊歩道が付けられているため、人間は、少し高い所からこの木を見ることが出来る。初めて見る木ではあったが、これがイチジクとは想像できない。日本のイチジクは、甘い実を付けて多くの人が好きな果物であるが、ここオーストラリアのイチジクは、食べられるのだろうか?P7032907s
P7032916rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4315mhw800t 今朝は、少し北の方に雲が残っていたが、東の空は晴れ間が広がった。日中も、お昼頃までは晴れて暑くなったが、雲が多くなってきた。北から風も吹いてきた。これは、台風10号の影響であるようだ。最低気温は、今朝も26度となり、昨日の雨の影響で涼しくなった割には、その後の日射で気温が上昇して、そのまま気温が下がらなかったようである。太陽面は、昨日と同様、北半球に2群、南半球に1群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンスは目立たない。プラージュは、黒点群のある場所が明るく輝いている。特に、北半球の経度が35度付近に見える黒点群のものが一番明るい。ダークフィラメントは小さいものばかりであるが、子午線付近に小さいが濃いものが目立つ。明日から、天気は良くない予報であり、少しでも雨が降って水不足への解消になればと思っている。S20160826800t
2016082605h800tImg_4315mhwc800


2016082605hc800


2016082606e800
2016082607w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4313mhw800t ここ3日間の朝は、雲に覆われ太陽の撮影ができなかった。太陽の前を次から次へと雲が通過して出勤前での観測不能の状況であった。おそらく台風10号の影響だと思うが、雲が南から次々とやってきた。日中は晴れ間が出るものの、雨もほとんど降らない状況であった。今日は、お昼前から南からの黒い雲が覆ってきて、少し強い雨となった。この雨のせいで、雨が降る前と後では7度近くも気温が下がった。隣町では、10度近くも下がったのだから、雨の威力は凄いものである。夕方近くになり、晴れ間が広がってきたので、即刻帰宅して太陽の撮影を行った。さて、久々の太陽面は、北半球に2群、南半球に1群の黒点群が見えた。Hα光では、北半球の西縁に小さいが明るいプロミネンスが見えた。ダークフィラメントは、小さいが、濃いものが数個見えている。プラージュは、黒点群がある場所で明るく見えている。今朝の最低気温は、27度を超えて熱帯夜となった。最高気温は午前中に24度を超えたが、突然の雨の影響もあり、それ以上の気温にはならなかった。夜になり、今の気温は29を超えている。明日の朝も25度を越える熱帯夜となりそうである。S20160825800t
2016082506h800tImg_4313mhwc800


2016082506hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

マリーバロックワラビー

マリーバロックワラビー
Img_5770rs 星を見に行ったジョージタウンからの帰り、アサートンを経由してケアンズまで戻る途中に、グラナイト渓谷という場所があり、野生のワラビーが見られる。この前は、2012年11月のケアンズ皆既日食の時に夜間であったが訪問した。今回は、夕方に訪問し、可愛いワラビーを堪能することができた。グラナイト渓谷は、花崗岩の大きな岩が集まっている渓谷で、マリーバから少し離れた場所にある。ケアンズまでは100kmぐらいであろうか?ここのワラビーは、餌付けができるワラビーであり、入場料を払って大きな花崗岩の上に出てくるワラビーを見ることが出来る。小さくて可愛いが、前足で腕や手を掴まれると、さすがに少し痛さを感じる。大きさは(体高40から50cm)であり、訪れた時には、小さな赤ちゃんが親の前袋から顔を出しているのが見られた。こんな場所で、こんな動物が居るとは思えないが、天敵がいないことで、生きながらえているのだと思う。カンガルーは大きいと思うが、同じような種類である有袋類のワラビーは、必見に価値があると思う。美しい星を見たついでに多くの自然に出会うのは楽しい。Img_5727rs
Img_5731rsImg_5732rs_2


Img_5734rs


Img_5747rsImg_5752rs


Img_5763rs


Img_5768rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

ゴアナ(スナオオトカゲ)

ゴアナ(スナオオトカゲ)
Img_5450rs ジョージタウンでの3日目、夕方近くになってモーテルの部屋の前で椅子に座って休憩をしていたゆったりと涼んでいると、建物の向こう側に、カンガルーのようなしっぽが見えたらしく、あれっと声を発した。仲間と、その見えた場所へ行ってみると、大きなトカゲであった。その仲間とそのトカゲを数分間観察したが、しばらくすると木の根元近くへ行ったかと思うと隠れてしまった。巨大なトカゲで、大きさは1mを悠に超え、1m50㎝はあったように見えた。写真にも、何枚か撮影し、後で見ると、さすがに大きいだけあって、大迫力であり、紫色の長い舌(おそらく30㎝はあった)をペロペロっと出したり入れたりと天然のトカゲの出現に仲間とともにびっくり仰天であった。このトカゲは、現地の人はゴアナと呼ぶらしい。昔、イグアナと間違えたようで大きなトカゲはほとんどゴワナと名付けているようである。後からネットで調べるとスナオオトカゲという名前であることが判った。それにしても、人間がうろうろしている場所に出現するとは。それにしても、広大な土地であり、人が少なく、他の天敵が居ない状況では、こんなにも大きな動物が存在できるのかと思い知らされた。日本では、到底生きて行けないのではないかと思った。Img_5440rs
Img_5442rsImg_5445rs


Img_5462rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4307mhw800t またまた熱帯夜の朝を迎えた。いつものように日中は暑くなって猛暑日である。雨も一向に降らないと思っていたら、今夕には少し雨が降った。台風9号、10号の影響だろうか、北から雨雲が発達し、午後5時過ぎからほんの少しの時間だけ雨となった。雨量は大したことは無いが、道路が水浸しとなった。夜になり、少しは気温が下がったようであるが、予報では、明日の朝も27度の最低気温のようである。さて、太陽面であるが、昨日には薄っすらと見えていた北半球の黒点群も今朝は見えなかった。Hα光で痕跡はあるが、白色光ではまったく見えなくなった。Hα光では、東西の縁に小さいプロミネンスが見えている。ダークフィラメント、プラージュとも淡くて目立たない。明日の予報は、晴れであるが、台風10号の動きに注目したい。S20160822800t
2016082204h800tImg_4307mhwc800


2016082204hc800


2016082205w800
2016082206w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今日の太陽面