2018年12月16日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9134mhw800t 今朝は、今冬の最低気温を示した。氷点下1度である。さすがに氷は張っていなかったが、屋外に駐車してある車は霜が降りて白くなっていた。午前中は、晴れ間が出たものの、太陽の前を雲がいつも掛かって、なかなか晴れなかった。時折、薄雲になってなんとかコントラストが悪いものの、太陽像を撮影できた。お昼前からは完全に雲ってしまい、午後3時過ぎには雨が降り出した。建物の中の方が、屋外よりも寒く感じた。太陽面は、今日も黒点群が見られず、静かであった。Hα光では、南半球の東縁から少し入った場所に、小さなプラージュが見えた。プロミネンスは、昨日と同様に北半球の西縁の高緯度に見える。ダークフィラメントは目立たない。明日は、雲の多い天気となって太陽観測は無理かも知れない。S20181216800t
2018121606h800tImg_9134mhwc800


2018121606hc800


2018121601e800
2018121603w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9128mhw800t 寒い朝であった。午前中は、比較的雲も少なかったが、午後からは、黒い雲に覆われた。天気予報では、午前中は曇ったり晴れたりで、午後からは晴れということであったが、予報が外れたようである。夕方になって少し晴れたが、気温は上昇しなかった。太陽面には黒点群が見えない。Hα光では、プラージュが3箇所見えるが、黒点群が見えない。プロミネンスは、北半球の西縁に少し大きなものが見える。東縁にもプロミネンスは見えるが、小さい。ダークフィラメントは目立たない。明日は、雨が降るようである。S20181215800t
2018121506h800tImg_9128mhwc800


2018121506hc800


2018121511e800

2018121512w800


2018121514wn800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9121mhw800t 昨日に続いて太陽観測は行えたものの、透明度、シーイングが悪い。もろに大気の影響を受けている感じで空気の密度の差がある部分が太陽の前を通過する度に太陽の縁が不連続になってしまう。なんとか撮影できたと言うところである。Hα光の拡大画像は撮影できなかった。太陽面には、今日も黒点群が見えず、のっぺりとしている。白斑も見えない。Hα光では、北半球の西縁の高緯度にプロミネンスが見えている。プラージュは、昨日と同様に太陽の中央面を少し西に動いて見えている。ダークフィラメントはほとんど目立たない。今日も、晴れ間が少なく、午後になってから冬特有の灰色の雲が全天を覆ってしまい、一時的に雨が降った。気温も上昇せず、最高気温も10度を少し超えただけのようである。明日は、曇り時々晴れの予報であるが、短時間での太陽観測は難しいと思われる。S20181214800t
2018121407h800tImg_9121mhwc800


2018121407hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9116mhw800t 久々の太陽観測となった。12月に入って曇りや雨の日が続き、日照時間も極めて少なくなっている。比較的暖かな日もあるものの、急に気温が下がって真冬のようになったりと、天気が不安定である。太陽面には、黒点群が無いが、数日前には黒点群が発生したようで、直ぐに消えてしまったようである。Hα光で見ると、中央面にプラージュが見えている。黒点群の名残であろう。プロミネンスは、淡いが、南半球の東縁には少し大きなものが出ている。ダークフィラメントは見えない。明日も、晴れの予報となっているが、出勤前の時間では、太陽高度が低く厳しい状況となってきた。S20181213800t
2018121304h800tImg_9116mhwc800


2018121304hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

蓬莱橋

蓬莱橋
Img_9273rs 静岡県の島田市には、大井川に架かる木造の橋があって、今まで数回訪れたことがある。江戸時代には、大井川を渡るには、増水になった時には、江戸から京都やお伊勢詣りなどの旅人が、足止めをくらって大井川を渡れなくなったことが「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と詠われていたようである。第15代の徳川慶喜の幕臣達が、大井川の右岸にある牧の原台地でお茶作りを始めたそうで、江戸から明治に入って、そのお茶作りのために、島田宿から舟を使って渡っていたが、行き来するのに絶えず危険が伴うことから、時の静岡県令に橋を架ける願いを出し、これが許可され1879年(明治12年)に蓬莱橋が完成したようである。木造の橋としては、世界一長い木造歩道橋としてギネスに認定されているようで、長さは897.4メートルもあるそうだ。さすがに、老朽が進んで、昭和40年には橋脚をコンクリートに変えているようである。蓬莱橋を渡るには、通行料を100円徴収されるが、午後5時以降は、通行料金を料金箱に入れるとのこと。木造の橋は、ギシギシといった音もせず、ただひたすら歩き、橋の中央付近で引き返した。訪れた日時には、西からの風が強く寒かったものの、東の方角には富士山が、雪を被って良く見えた。写真では、太陽高度も低く、日の入り時刻も迫っていたので、コントラストは良くない。このような、隠れた名所も良いものである。今度は、暖かい日に行くことにしよう。Img_9267rs
Img_9289rsImg_9296rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

松阪牛(ビーフクラブ・ノエル)

松阪牛(ビーフクラブ・ノエル)
Img_9316rhs 三重県の松阪市へ行き、松阪牛のステーキを食べた。だいぶ前になるが、津市へ行った時には松阪牛のすき焼きを食べたので、今度はステーキにした。東名高速から伊勢湾岸道路、東名阪自動車道を経由し、伊勢自動車道の松阪ICを降りてJR松阪駅の近くまで進み、松阪牛のステーキでは、美味しいとの評判がある、「ビーフクラブ・ノエル」を目指した。松阪ICから7キロの距離ではあるが、ずいぶん遠くに思えた。途中には、JA三重厚生連の松阪中央総合病院の立派な建物が見えた。慣れないこともあって、目的の場所である「ビーフクラブ・ノエル」に、やっと辿り着くことが出来たのは、午前11時25分となった。お店の概観は、昭和のイメージの少し鄙びたお店であった。お店の入り口に向かうと、お店の開店は、11時30分であったが、もう既に複数のお客が店の前に立って並んでいた。開店時間丁度に、開店となり、ランチの網焼きステーキを味わった。肉の旨みはもちろん、少し酸味のある美味しいステーキである。味付けは、塩、胡椒のみで十分美味い。最初にスープ(人参のポタージュスープ)、その後、網焼きステーキ、サラダ、ライスが出て来て、最後に飲み物(コーヒーか紅茶)で税込み3,500円であるが、満足したランチであった。ステーキを焼いていたのは、歳を召したご主人のようであるが、気配りのある方であった。食事後、階段を下りて、建物を再度眺めたが、実に昭和レトロの雰囲気であった。Img_9313rhs
Img_9314rhsImg_9319rhs


Img_9320rhs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9110mhw800t 透明度が悪い状態が続いている。朝から晴れ間が続き、風は少し吹いていたものの、比較的暖かな1日となった。太陽面には黒点群が今日も見えない。Hα光で見ても、太陽面には、プラージュ、ダークフィラメントも見えない。プロミネンスだけは、東縁に見えるが、小さいもの淡いものが見えていて、活動的とは思えない。12月に入っても、気温が高い日が続いており、明日からはしばらく天気の悪い日が続きそうである。いつものような冬になって欲しいものである。S20181202800t


2018120206h800tImg_9110mhwc800


2018120206hc800


2018120210e800
2018120209w800


2018120211es800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月30日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9098mhw800t 今朝も昨日と同様、透明度が非常に悪い朝となった。最低気温は6度と低くなったのだが、太陽がいつもの明るさで輝いていない。日中は、晴れて気温が上昇したものの、やはり、透明度は悪かった。太陽面は、無黒点となっている。Hα光では、昨日まで南半球の東縁の高緯度に見えていたプロミネンスが消えた。北半球の東縁にあるプロミネンスは見えている。プラージュ、ダークフィラメントとも目立たない。明日は、気圧の谷間に当地がかかるため、曇りのようである。明日から12月となるが、少し寒くても透明度の良い太陽を見たい。今年度に入り、太陽観測日数は今日で丁度170日となったが、観測率は、7割に少し足りない。S20181130800t
2018113005h800tImg_9098mhwc800


2018113005hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9091mhw800t 透明度が非常に悪い朝となった。昨日からの雨が明け方近くまで降っていたのが原因だろう。太陽が山の端から出て来たのは7時20分を過ぎてからで、本来の太陽の輝きでは無かった。午前中の日差しが弱かった。太陽の南中高度も、随分と低い。太陽面は、無黒点となってしまい、太陽面はノッペラボーである。Hα光では、東縁の南北に大きなプロミネンスが見えている。ダークフィラメント、プラージュは目立たなかった。やはり、黒点群が無いとつまらない。明日も、晴れの予報となっているが、日の出の時刻が遅くなってしまったためと、透明度の関係もあって、そろそろ出勤前の太陽観測も危なくなってきた。S20181129800t
2018112909h800tImg_9091mhwc800


2018112909hc800


2018112904e800
2018112903w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9076mhw800t 今朝は、晴れの予報となっていたが、西から進んでくる雲に阻まれ、午前9時前になっても雲が取れなかった。午前10時を過ぎてから晴れ間が広がり、その後は、少し雲はあったが概ね晴れた。昨朝ほどでは無いが、今朝も冷え込んだ。最低気温は2度を少し超えたあたりであったが、日中には18度近くに上昇した。太陽面に昨日発生した黒点群は、もう既に勢いは無くなり、黒点群が淡くなってしまった。それでも、黒点群があるため、Hα光では、昨日よりも少し輝きが鈍ったもののプラージュが見えている。プロミネンスも全体に淡くなってしまった。ダークフィラメントは見えない。Hα光での拡大画像でも、昨日に比べるとすっかり衰えたように見える。明日は曇りの予報から変わって晴れになりそうである。S20181125800t
2018112512h800tImg_9076mhwc800


2018112512hc800


2018112515e800
2018112513w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«本日の太陽面