« 今日の太陽面 | トップページ | 今日の太陽面 »

2016年7月13日 (水)

ジョージタウンの星空その1

ジョージタウンの星空その1
Lmc557955821200 先週、オーストラリアのケアンズから西へ凡そ400キロメートルのサバンナ地域のジョージタウンへ行ってきた。滞在した3日間の内、ほぼ2晩は快晴、1晩は、少し雲が出たが、日本の状況からすると、星を堪能できる空を見ることができた。中でも、天の川の美しさは格別で、日本からは南の低い位置にある天の川の中心部が天頂で見られるので、まさしく天の川の中心に居るような状況である。しかも、滞在したモーテルの庭先での星見なので、頗る便利であった。喉が渇いた、腹が減った時でも、星の撮影機材はそのままに、すぐにモーテルの部屋まで戻ることができたことが嬉しかった。今日の画像は、135mmの望遠レンズで撮影した大マゼラン星雲と小マゼラン星雲を掲載する。この大小マゼランは、我々の銀河系の兄弟であり、銀河系のすぐ横にある。といっても、16万光年も離れている。「マゼラン雲」の名は、ポルトガルの航海家フェルディナンド・マゼランが1519年の世界周航において記録していたことにちなむ。世界一周の航海においては夜も航行しつづけるわけで、夜間でも進行方角や自船の位置を確認する必要があるわけであるが、南半球では北極星は見えなくなるので、マゼランらは夜空の星々の中に白っぽい星雲(マゼラン雲)を見つけることで方角を確認したと記されている。肉眼でも雲のように見えて、地平線から現れる光景は、誰でも興味を持つことは疑う余地も無い。是非、皆様も南半球で大小マゼランを見て欲しい。Smc556855721200





|

« 今日の太陽面 | トップページ | 今日の太陽面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153505/63911149

この記事へのトラックバック一覧です: ジョージタウンの星空その1:

« 今日の太陽面 | トップページ | 今日の太陽面 »