« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4333mhw800t風が強い朝となった。そのため、シーイングが悪く、黒点群の詳細が撮影できなかった。この季節に、これだけの風が吹くのも珍しい。この8月は、ほとんど雨が降らず、太陽観測も26日間であった。最低気温は今朝の最低気温は、22度であり、涼しく感じた。最高気温は32度には達しなかったようで、室内では少し暑く感じた。太陽面は、東半球に南北とも黒点群が出現した。北半球に3群、南半球に2群の黒点群を観測した。Hα光では、東半球にはプロミネンスが小さいながらも数箇所で見えている。プラージュは、北半球の西縁で一番明るく見えている。ダークフィラメントは、北半球の西縁に近づいた黒点群の周りに少し濃いものが見えている。明日も、なんとか晴れて太陽観測ができそうである。S20160831800t
2016083105h800tImg_4333mhcw800


2016083105hc800


2016083109e800
2016083108w800

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4327mhw800t 台風が東北地方に接近し、大船渡へ上陸したようである。当地は、台風の影響は受けなかったものの、台風による雨をたいそう期待していたが、思った程の雨が降らず、依然として水不足の心配が続いている。早明浦ダムの貯水量も、40%に少し復帰したが、もう少し雨が降らないと、第三次取水制限が開始される状況である。8月も、ほとんど雨が降らず、梅雨明けからの猛暑が続き、雨もほとんど降らなかった。今朝の最低気温は、21度を少し超えたあたりで、たいそう涼しかった。最高気温も30度を下回り風もあって戸外の日陰では快適であった。太陽面は、東半球に黒点群は見られず、西半球に偏ってしまった。北半球に3群、南半球に1群の黒点群となった。Hα光では、東縁に少し活発なプロミネンスが見えており、東縁からの黒点群が期待できそうである。プラージュは、南半球の黒点群に伴う部分が明るい。ダークフィラメントは、所々に見えるが、大きなものは見えない。明日も、晴れそうである。S20160830800t
2016083007h800tImg_4327mhwc800


2016083007hc800


2016083001e800
2016083003w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

ジョージタウンの街

ジョージタウンの街
P7053023rs ジョージタウンは、オーストラリアの北東部であるケアンズから南西に約400kmの場所にあり、ケアンズは熱帯雨林にあるが、そう高くは無い山を越えた場所で、乾燥地帯にある静かな街である。気候で言えばサバンナと呼ばれる乾燥地域である。ケアンズからは、車で5~6時間である。ケアンズから、2号線を南下し、山を越えて高原の街であるアサートンを経由し、今度は1号線を南下してレーベンスホー、ホットスプリングス、マウントガーネットを越えて、そのまま40kmほど南下した後、今度は右折して西に向かう、途中にマウントサプライズ、そしてジョージタウンへ到着となる。街の大きさは南北に約1km、東西に500m程の小さな街である。最後の川を渡って少し上り坂の所に、ジョージタウンの入り口である。もちろん、川には乾期ということもあり、水は流れていない。そこから道を挟んで南北に広がっている。人口は、200人ちょっとの街で、ほとんど人影は無く、車の往来もほとんど無い小さな街である。食料品などは、小さなスーパーがあるだけで、品数、量とも極めて少なく、値段も高かった。この街の西はずれから1kmほど西へ向かって行くと、我々が宿泊したラタラモーテルが右側にある。こんな、小さな街であるから、外灯もほとんど無く、空も暗いのが保てるのだと思った。とにかく、星空ファンとしては、モーテルの部屋から機材を持ち出すことが出来、飲み物や食べ物を直ぐに供給できることが良かった。写真で、この街の過疎具合が判るだろう。昔、ここは金の採掘場が近くにあってゴールドラッシュとして栄えたらしいが、今は廃墟となった金の精錬所の煙突がモーテルからさらに西進した場所に残っているだけである。P7053021rs
P7042971rsImg_5411rs


Img_5418rs


P7053002rs

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4324mhw800t 台風の影響か、昨日は全く晴れず今朝も、午前9時を過ぎても雲が空を覆っていた。昨日と同様に雲は東から西へと進み、いつもとは違う雲の動きである。昨晩から今朝にかけては、比較的涼しく、熱帯夜にはならなかった。午前10時前になって南西の方向から晴れ間が出てきてなんとか太陽を撮影することができた。その後は、またまた雲の多い天気となり、夕方には曇ってしまった。台風10号は、東に進んでおり、当地は、台風の進路から外れてしまった。雨だけでも降って欲しいものであるが、今後の台風の動きに注目したい。今朝の最低気温は、24度を下回ったようであり、風が吹いていたので比較的涼しい朝となった。日中は、猛暑日とならず、33度を少し下回ったようである。太陽面は、昨日と変わらないものの、北半球の子午線を通過直前の黒点群は少し発達したようである。北半球に2群、南半球に1群の黒点群となった。Hα光では、南北両半球の東西の縁に小さいが多くのプロミネンスが見えている。ダークフィラメントは、北半球に長いもの、および黒点群を取り囲むようなものが見えている。プラージュは、北半球の西縁に近づいた黒点群に伴う部分が明るく輝いている。とにかく、雨が降って欲しいものである。S20160828800t
2016082804h800tImg_4324mhwc800


2016082804hc800


2016082806e800
2016082809w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

絞め殺しの木

絞め殺しの木
P7032914rs 怖い名前の木であるが、この木は南洋性のイチジクで、オーストラリアの熱帯雨林地帯には多く生育しているらしい。ケアンズからジョージタウンへと向かう途中、アサートンの街の近くにこの締め殺しの木がある。カーティンフィグツリーという英語名で、カーテン状になったイチジクの木である。イチジクの実を食べた鳥などが、木の上で排泄した場合、この木は、イチジクが段々と大きく根を垂らし始めて、やがては、元にあった木を覆い尽くして、最後には、元あった木は、このイチジクによって死んでしまうということである。非常に大きな根を元からあった木から地上まで何本も垂らしている様は、恐ろしいぐらいである。しかも、この名前である。熱帯雨林のジャングルの中にあるが、遊歩道が付けられているため、人間は、少し高い所からこの木を見ることが出来る。初めて見る木ではあったが、これがイチジクとは想像できない。日本のイチジクは、甘い実を付けて多くの人が好きな果物であるが、ここオーストラリアのイチジクは、食べられるのだろうか?P7032907s
P7032916rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4315mhw800t 今朝は、少し北の方に雲が残っていたが、東の空は晴れ間が広がった。日中も、お昼頃までは晴れて暑くなったが、雲が多くなってきた。北から風も吹いてきた。これは、台風10号の影響であるようだ。最低気温は、今朝も26度となり、昨日の雨の影響で涼しくなった割には、その後の日射で気温が上昇して、そのまま気温が下がらなかったようである。太陽面は、昨日と同様、北半球に2群、南半球に1群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンスは目立たない。プラージュは、黒点群のある場所が明るく輝いている。特に、北半球の経度が35度付近に見える黒点群のものが一番明るい。ダークフィラメントは小さいものばかりであるが、子午線付近に小さいが濃いものが目立つ。明日から、天気は良くない予報であり、少しでも雨が降って水不足への解消になればと思っている。S20160826800t
2016082605h800tImg_4315mhwc800


2016082605hc800


2016082606e800
2016082607w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4313mhw800t ここ3日間の朝は、雲に覆われ太陽の撮影ができなかった。太陽の前を次から次へと雲が通過して出勤前での観測不能の状況であった。おそらく台風10号の影響だと思うが、雲が南から次々とやってきた。日中は晴れ間が出るものの、雨もほとんど降らない状況であった。今日は、お昼前から南からの黒い雲が覆ってきて、少し強い雨となった。この雨のせいで、雨が降る前と後では7度近くも気温が下がった。隣町では、10度近くも下がったのだから、雨の威力は凄いものである。夕方近くになり、晴れ間が広がってきたので、即刻帰宅して太陽の撮影を行った。さて、久々の太陽面は、北半球に2群、南半球に1群の黒点群が見えた。Hα光では、北半球の西縁に小さいが明るいプロミネンスが見えた。ダークフィラメントは、小さいが、濃いものが数個見えている。プラージュは、黒点群がある場所で明るく見えている。今朝の最低気温は、27度を超えて熱帯夜となった。最高気温は午前中に24度を超えたが、突然の雨の影響もあり、それ以上の気温にはならなかった。夜になり、今の気温は29を超えている。明日の朝も25度を越える熱帯夜となりそうである。S20160825800t
2016082506h800tImg_4313mhwc800


2016082506hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

マリーバロックワラビー

マリーバロックワラビー
Img_5770rs 星を見に行ったジョージタウンからの帰り、アサートンを経由してケアンズまで戻る途中に、グラナイト渓谷という場所があり、野生のワラビーが見られる。この前は、2012年11月のケアンズ皆既日食の時に夜間であったが訪問した。今回は、夕方に訪問し、可愛いワラビーを堪能することができた。グラナイト渓谷は、花崗岩の大きな岩が集まっている渓谷で、マリーバから少し離れた場所にある。ケアンズまでは100kmぐらいであろうか?ここのワラビーは、餌付けができるワラビーであり、入場料を払って大きな花崗岩の上に出てくるワラビーを見ることが出来る。小さくて可愛いが、前足で腕や手を掴まれると、さすがに少し痛さを感じる。大きさは(体高40から50cm)であり、訪れた時には、小さな赤ちゃんが親の前袋から顔を出しているのが見られた。こんな場所で、こんな動物が居るとは思えないが、天敵がいないことで、生きながらえているのだと思う。カンガルーは大きいと思うが、同じような種類である有袋類のワラビーは、必見に価値があると思う。美しい星を見たついでに多くの自然に出会うのは楽しい。Img_5727rs
Img_5731rsImg_5732rs_2


Img_5734rs


Img_5747rsImg_5752rs


Img_5763rs


Img_5768rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

ゴアナ(スナオオトカゲ)

ゴアナ(スナオオトカゲ)
Img_5450rs ジョージタウンでの3日目、夕方近くになってモーテルの部屋の前で椅子に座って休憩をしていたゆったりと涼んでいると、建物の向こう側に、カンガルーのようなしっぽが見えたらしく、あれっと声を発した。仲間と、その見えた場所へ行ってみると、大きなトカゲであった。その仲間とそのトカゲを数分間観察したが、しばらくすると木の根元近くへ行ったかと思うと隠れてしまった。巨大なトカゲで、大きさは1mを悠に超え、1m50㎝はあったように見えた。写真にも、何枚か撮影し、後で見ると、さすがに大きいだけあって、大迫力であり、紫色の長い舌(おそらく30㎝はあった)をペロペロっと出したり入れたりと天然のトカゲの出現に仲間とともにびっくり仰天であった。このトカゲは、現地の人はゴアナと呼ぶらしい。昔、イグアナと間違えたようで大きなトカゲはほとんどゴワナと名付けているようである。後からネットで調べるとスナオオトカゲという名前であることが判った。それにしても、人間がうろうろしている場所に出現するとは。それにしても、広大な土地であり、人が少なく、他の天敵が居ない状況では、こんなにも大きな動物が存在できるのかと思い知らされた。日本では、到底生きて行けないのではないかと思った。Img_5440rs
Img_5442rsImg_5445rs


Img_5462rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4307mhw800t またまた熱帯夜の朝を迎えた。いつものように日中は暑くなって猛暑日である。雨も一向に降らないと思っていたら、今夕には少し雨が降った。台風9号、10号の影響だろうか、北から雨雲が発達し、午後5時過ぎからほんの少しの時間だけ雨となった。雨量は大したことは無いが、道路が水浸しとなった。夜になり、少しは気温が下がったようであるが、予報では、明日の朝も27度の最低気温のようである。さて、太陽面であるが、昨日には薄っすらと見えていた北半球の黒点群も今朝は見えなかった。Hα光で痕跡はあるが、白色光ではまったく見えなくなった。Hα光では、東西の縁に小さいプロミネンスが見えている。ダークフィラメント、プラージュとも淡くて目立たない。明日の予報は、晴れであるが、台風10号の動きに注目したい。S20160822800t
2016082204h800tImg_4307mhwc800


2016082204hc800


2016082205w800
2016082206w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4301mhw800t 今朝は、いつものような透明度の悪さは無かった。観測に入る前にピント調節用のモーターコードが断線したようで、ピント調節ができなかった。早速修理に入った少し手惑い、撮影に入れたのは午前8時を過ぎてしまった。気温も上昇を続け、午前7時前にはすでに30度を超えていた。台風の影響だと思うが、北東からの風が少し強く吹くようになった。最高気温は36度を超え、猛暑日となった。最低気温は26度を超えていたので、こちらも熱帯夜となったようだ。太陽面は、昨日まで確実に見えていた北半球の黒点群は、じっくりと見ないと見逃してしまうほど淡くなってしまった。なので、太陽面には一見、無黒点のような状況に見える。Hα光では、昨日と同様プロミネンスは小さいものばかりであり、ダークフィラメント、プラージュは目立たない。明日も晴れの予報となっているが、黒点群の出現に期待したい。S20160821800t
2016082108h800tImg_4301mhwc800


2016082108hc800


2016082103e800
2016082101w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4290mhw800t 朝の早いうちは、雲が空に広がっていて太陽の光が射さなかった。午前9時近くになってやっと太陽の光が射すものの、雲が多くて撮影に手間取った。風もほとんど無く、気温はどんどんと上昇し、35度近くまで上昇した。最低気温も27度を超えていたので熱帯夜であった。暑くても雲がなく晴れるのであれば良いが、中途半端な気がする。今年の夏は、暑いが雲の多い天気となっている。太陽面は、寂しい状況で、北半球の子午線を通過前の小さな黒点群と、南半球の西縁にある黒点群だけとなっていて拡大しないと判らない。Hα光では、プロミネンスは小さいものばかりであり、ダークフィラメント、プラージュは目立たない。一見すると何も無いような、拡大画像では、子午線を通過前の黒点群の周りにプラージュが見える。S20160820800t
2016082005h800tImg_4290mhwc800


2016082005hc800


2016082007e800
2016082008w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4278mhw800t 今朝も熱帯夜で、昨晩は寝苦しかった。熱帯夜にはだいぶ慣れたと思っていたが、このように暑いと涼しい場所へ避暑に行きたくなってくる。最高気温は36度近くにもなった。最低気温は27度を少し下回ったようであるが、もう少し我慢が必要かなと思う。雷雨でもあれば、多少は涼しくなるのであろうが、先月の下旬ごろから纏まった雨が降っていない。早明浦ダムの取水制限も予定どおり2次取水制限が開始された。太陽面は、小さな黒点群ばかりとなり、しかも西縁に近づいているので、太陽面は少し寂しい状況となっている。北半球に3群、南半球に1群の黒点群である。Hα光では、北半球の東西の両縁にプロミネンスが見えた。プラージュ、ダークフィラメントともにほとんど目立たない。S20160819800t
2016081909h800tImg_4278mhwc800


2016081909hc800


2016081903e800
2016081904w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4272mhw800t 一昨日の夜から昨日の明け方にかけて雨が降っていたが、日の出時には雨も止み、太陽を見られると思っていたが、お昼前まで雲が空を覆っていた。その後も雲の多い天気で太陽観測は出来なかった。今朝は、少し雲は残ったものの、なんとか太陽観測が行えた。日中も晴れて35度を超えて猛暑日となった。最低気温は25度を超え、熱帯夜にもなった。太陽面は、少し賑やかだった黒点群がHα光では、北半球の西縁に普通の大きさのものが見えるが、東半球にはプロミネンスは見えない。プラージュは、北半球の東から出て来た黒点群に伴う部分に見える。ダークフィラメントは目だたない。まだしばらくは、纏まった雨が期待できないため、明日から第2次取水制限に入るとニュースで流れた。雨が降って欲しい。S20160818800t
2016081803h800tImg_4272mhwc800


2016081803hc800


2016081804e800
2016081805w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

ジェットスターの機内食

ジェットスターの機内食
P7022834rs ジェットスターで、オーストラリアのケアンズを往復した。LCCのジェットスターでの機内食は、通常の航空会社と比較することはできないが、航空チケットのみだと格安航空運賃で目的地に着くことが可能であるため、空腹や食事の質を我慢すれば、結構使える航空会社である。まずは、成田空港からケアンズ空港までには、2回の食事となった。夕食と朝食である。7時間30分の飛行時間であり、夕食は少し遅くなったもののプラスチックトレーに入った鶏肉のソテーにじゃがいも、ミックスベジタブルの煮物、パン、プリン、ミネラルウォーターであった。そんなに美味しいものでは無いが、我慢できるレベルである。朝食には、蒸したケーキ、オレンジジュース、牛乳、ミネラルウォーター、コーヒーであり、少し粗末な感じであるが、我慢できた。ケアンズからの帰りは、昼食で、ミートパイ、ビスケット、コーヒー、ミネラルウォーターで、味は良かった。まあ、何もしないでただ座席に座っているだけなので、こんなもので良いのかもしれない。野菜が少し足りないかも知れないし、飲み物の追加もできなかった。ただ短時間に目的地に無事付くことだけであるので、座席の狭さは問題無く、そんなに窮屈でもなかった。次回も乗ることがあれば、価格の安さで選んでしまうだろう。P7032850rs
P7073117rsP7073119rsP7073174rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4266mhw800t 今朝も透明度は改善しなかった。南から雲が進んできて、太陽の前を幾度となく通過して行き、午前6時30分からずっと待ち続けて午前8時過ぎになんとかHα光の画像を得た。Hα光の拡大画像は時間が無くて撮影はできなかった。午前中は、なんとか晴れていたものの、午後には完全に雲ってしまった。台風7号の影響があるのかもしれない。最低気温は25度、最高気温は35度には達しなかったものの、34度を超えていた。さて、太陽面であるが、昨日の北半球の東縁に出現した黒点群は、小さいが双極性を示している。北半球に5群、南半球に1群の黒点群である。Hα光では、東西の縁にプロミネンスが見えており、少しだけ楽しめるプロミネンスであった。ダークフィラメント、プラージュは目立たない。明日も、朝には晴れ間がでるようであるが、雨が降らないと水不足になってしまう。S20160816800t
2016081605h800tImg_4266mhwc800


2016081605hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4260mhw800t 透明度の悪い朝となった。最低気温も25度を大きく超えて28度にもなっていた。しかも、風が吹いていなくて、湿度も高く朝からうんざりであった。最高気温も36度となり猛暑日となった。さて、太陽面であるが、透明度の悪い状態が続いているが、今朝は最も悪いのでは無いかと思われた。薄雲はあるものの、青空では無く空全体が白んでいた。南半球の東縁に小さいが黒点群が出現したようである。それでも、黒点群は昨日とほとんど変わらない状況となった。Hα光では、東西のプロミネンスが見えるが、大きなものは見えない。ダークフィラメントは、所々に見えるが、いずれも小さい。プラージュは、南半球の東縁に小さいが明るいものが見えている。透明度の改善は何時になれば実現するのであろうか。台風による雨を期待したいが、台風7号は関東へ近づくようであり、期待薄である。S20160815800t
2016081505h800tImg_4260mhwc800


2016081505hc800


2016081510e800
2016081509w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

ジョージタウンの風景と食事

ジョージタウンの風景と食事
P7032947rs ジョージタウンでは、最初の夜だけ、モーテルのレストランで済ませた。豪華というよりもオーストラリアの牛肉をビールで流し込んだと言った方が良いかもしれない。肉の味はあまりせず、ソースが掛かっていて、その味で食べたようなものである。パンは、ガーリックトースト味で、肉に良く合っていたが、肉と同様に、その量が多かった。中国と違う所は、ビールが冷えているのが何よりも良かった。しかし、この牛肉料理は、38豪ドルで、日本円で3,000円もした。ジョージタウンでの普段の食事は、パン、ビール、チーズ、および果物が中心となり、ソーセージも食べた。特に果物は美味しく、安い。リンゴは、私の好みにぴったりで、リンゴをかじった時の音、触感が最高であり、甘く、酸っぱいリンゴでった。1kgで400円と安い。モーテルの冷蔵庫でしっかりと冷やせば、最高のリンゴとなった。しかし、朝からビールを飲んで、最高であった。モーテルから見る風景は、日本からすると、オーストラリアの冬は、北から太陽の光が照ってくるので、南側の方に寄って日差しを遮るようにしないとダメであり、日本の感覚と逆である。とにかく、気温が高いが過ごし易く、天気が抜群に良い。なお、オーストラリアでは、良い天気は、曇り、雨だそうである。変だ??P7032946rs
P7032945rsP7042963rs


P7042964rs


P7042965rs
P7052977rs


P7052978rs


P7052979rs
P7052983rs


P7052984rs


P7052991rs

P7052995rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4254mhw800t 今朝は少し雲の多い天気で、いつもの時間では太陽観測ができなかった。今朝は、熱帯夜となり、最低気温は26度、最高気温は37度を超えて猛暑日となった。とにかく暑い日で、草刈を休み休みに行ったが、途中で2回もシャワーを浴びて体を冷やした。途中でビール、茶、炭酸水などを摂りながらの作業であったが、さすがに長時間での作業は体に堪えてしまう。さて、太陽面であるが、東縁からは新たな黒点群も出現していない状況であり、中央面に黒点群が終結している。北半球に3群、南半球に1群の黒点群である。Hα光では、東西の縁にプロミネンスがほとんど見えない。プラージュは、黒点群の近くに明るいのが見える。ダークフィラメントは、小さいが所々に見えている。明日の天気予報は、午前中は曇りのようであるが、なんとか太陽観測ができればと思っている。S20160814800t
2016081405h800tImg_4254mhwc800


2016081405hc800


2016081401e800
2016081402w800




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月13日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4248mhw800t 早朝のペルセウス座流星群は、いつもと同様の活動であったように思う。午前1時過ぎから午前4時過ぎまで見ていたが、午前2時ごろがピークであったように思われた。この3時間ばかりの間に肉眼でみることが出来たのは20数個であった。その内、写真で捉えたのは3個で、あまりにも透明度が悪く、かろうじて写っている状態であった。今朝も、比較的涼しく、最低気温は25度を少し下回ったようである。最高気温は35度を超えて猛暑日となった。透明度も良くない状況が続いており、遠くの景色は色が少ない。太陽面は、北半球に2群、南半球に1群の黒点群となった。Hα光では、プロミネンスが昨日よりも目立たなくなってしまった。プラージュは、北半球の黒点群の間に少し明るく見える。ダークフィラメントは、小さいものばかりである。明日も、晴れの予報とはなっているが、透明度が悪いことが予想される。ここのところ、太陽観測の欠測にはなっていないが、透明度だけ改善できないだろうか。S20160813800t
2016081303h800tImg_4248mhwc800


2016081303hc800


2016081307e800
2016081306w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4242mhw800t 今朝は少し涼しいと感じた。最低気温は25度を下回って22度ぐらいだろうか。最高気温は35度を超えて猛暑日となった。しかし、透明度はあまり良くない状態である。確かに晴れてはいるものの、遠くの山々が霞んで見えている。さて、太陽面であるが、北半球の西縁に近づいた黒点群は単純化されほとんど見えない状態である。東半球に見えている黒点群も発達が止まったようで、北半球に4群、南半球に1群の黒点群が見える。Hα光では、東半球にプロミネンスが様々な形のものが見えている。西半球でも、北半球に見える。プラージュは、北半球の黒点群が集まっている部分で広がりを見せている。ダークフィラメントはあまり目立たない。明日も、晴れの予報であるが気温があまり上昇しない内に観測が終われば良いかと思っている。今晩から明日の朝にかけてペルセウス座流星群の出現が期待されるが、今のところ天候はあまり良くない。S20160812800t
2016081206h800tImg_4242mhwc800


2016081206hc800


2016081201e800
2016081202w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

ジョージタウンの星空5

ジョージタウンの星空5
56705672rs とにかくジョージタウンの星空に圧倒されてしまう。何と言っても光害がほとんど無いことが良いし、一晩中雲が出ないこともそうであるし、透明度も素晴らしい。今日は、大小マゼラン、黄道光、逆さオリオン、を紹介する。大小マゼランについては、ほんとうに雲が空に浮かんでいるように見え、天の川の流れとは違う場所で雲のように見えるので、肉眼でもはっきりと見えてしまう。双眼鏡では、マゼラン星雲の中に星々が見え、大マゼランでは、有名なタランチュラ星雲も見えるし、小マゼランの上方にはNGC104と名づけられた球状星団も素晴らしい。大マゼランの方が大きく見えるが、実際の大きさは小マゼランの方が大きい。地球からの距離が異なることから、大マゼランの方が大きく見えるようである。見え方は、小マゼランが先に昇ってきて、その後数時間して大マゼランが昇ってきた。日本では当然見えないし、南緯18度近辺では、南十字と同様、一晩中見えることは無く、天の南極を中心に時計の針と同じように動いて行く。オリオンは逆さまに昇ってくるし、北半球では北斗七星はいつでも見えるが、このジョージタウンでは、南側に昇った時に7個の星が見える。黄道光は、太陽の通り道に見える天文現象で、丁度、ジョージタウンへ行った時は、おうし座に太陽があり、プレアデス星団(すばる)の直ぐ横に黄道光が見えていた。とにかく、天の川が印象に残ってしまうジョージタウンの星空である。Img_5652rs
Img_5190rsImg_5224rs


Img_5468rs


Img_5488rsImg_5626rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4236mhw800t 今日も晴れた。時折、雲が広がったものの強い太陽の光が地上に届いている。夕立さえも最近はほとんど無い。夕立があれば少しは涼しくなるのであるが、積乱雲でもやって来ないかと待っている。今日の最高気温は34度を少し超えたかも。最低気温は24度と、熱帯夜は免れた。昨晩も、蛙に替わって虫の声が聞こえてきたので、少しは秋に近づいたのかもしれない。でも日中は暑い。太陽は、東縁から出て来た黒点群が中央面よりに進んできた。北半球の黒点群は5群、南半球は1群である。Hα光では、昨日まで見えていた北半球の東縁のプロミネンスは、淡くて見えなくなった。替わりに南半球の高緯度に明るいのが見える。プラージュは、北半球の黒点群に伴う部分が明るい。ダークフィラメントは小さなものばかりである。早く涼しい季節にならないかと思っている。S20160811800t
2016081103h800tImg_4236mhwc800


2016081103hc800


2016081104e800
2016081105w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4226mhw800t とても暑い日が続いてはいるが、透明度は良くない。雨が降らないと、空気中の塵が浮遊しているのと、空気中の湿度が高いせいで完全な青空ではない。白濁しているような状態で、遠くの景色もぼんやりとしている。今朝も、最低気温は26度となり、熱帯夜となった。最高気温は35度を超え、こちらも猛暑日となった。日の出の方向がだいぶ北から南へ移ってきて、太陽の方角も東北東から東に少し寄っている。後、1か月ちょっとで秋分となるので、だんだんと日の出時刻も遅くなってきた。今朝の太陽は、昨日と同様に東半球に黒点群が集まっている。北半球の西縁に近づいた黒点群も衰えが見える。黒点群は、北半球に3群、南半球に1群となっている。Hα光では、北半球の東縁に見える黒点群の周りがプラージュで明るい。昨日まで見えていたプロミネンスは、少しは痕跡があるものの淡くなった。ダークフィラメントは、赤道付近に何本か見えている。明日も晴れの予報であるが、たまには、雨が降って欲しいものである。S20160810800t
2016081010h800tImg_4226mhwc800


2016081010hc800


2016081004e800
2016081005w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4224mhw800t 今朝も、朝から太陽が照りつけて暑かった。昨日は少し風があったが、今朝は風も治まりとにかく太陽の光が射した部分は温度がどんどんと上昇して行く。今朝も熱帯夜であり、今日の最高気温は35度を超えた。太陽面は、南半球にも黒点群が出現して、北半球の黒点群とともに、東縁が少し賑やかになった。北半球に4群、南半球には1群の黒点群を数えた。Hα光では、北半球の東縁に大きなプロミネンスが見えている。南半球の西縁にも小さいが広範囲にプロミネンスが見える。ダークフィラメントは、昨日と同様、北半球の東縁に大きなものが見えている。プラージュは、北半球の東縁にある黒点群、西縁に近づいた黒点群の部分が明るい。S20160809800t
2016080905h800tImg_4224mhwc800


2016080905hc800


2016080908e800
2016080907w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4214mhw800t 暑い日となった。朝から気温が高く、熱帯夜ではあったが、台風の影響か、南西からの暑い風が吹き始めた。日中の最高気温は全国で高くなり、多治見では、39度を超えたようで、当地でも37度を記録したようである。今現在の気温も32度近くもあって、大変暑い夜となっている。このまま気温が下がらなければ、連日続く熱帯夜の記録になりそうである。太陽面は、北半球の東縁から新たな黒点群がまわってきたようで、数個の黒点群が見え始めた。昨日までの黒点群も見えており、子午線を一昨日通過した黒点群が面白い形に見えている。北半球に3群、南半球は黒点群が見えない。Hα光では、昨日と同様、北半球の西縁にアンテナのような棒状のプロミネンスが見える。また、東縁には、樹木の形に見えるのものが出ている。プラージュは、前に記した面白い形の黒点群に伴う部分で、7時22分過ぎに撮影した後で明るくフレアらしきものが発生して驚いた。その画像を最後に掲載する。ダークフィラメントは北半球の東縁に大きなものが見える。S20160808800t
2016080806h800tImg_4214mhwc800


2016080806hc800


2016080801e800
2016080802w800


2016080809h800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4206mhw800t 今朝は、この夏にしては比較的良い天候に恵まれた。ほとんど雲も無く、透明度も通常の状態に戻った。時折、薄雲が通過するが、その後は青空が広がって太陽の光が降り注いだ。夕方にはさすがに雷雲が発生したようで、南西部の空には積乱雲が林立していた。今日の最高気温は35度を少し超えた。最低気温は、26度で、いつものような熱帯夜が続いている。太陽面は、昨日と変わらず、太陽面には北半球に2群の黒点群が見える。もうこれ以上は発達しないかもしれない。Hα光では、北半球の西縁にアンテナのような棒状のプロミネンスが見える。また、東縁には、昨日と同じようなテーブル状のものが見えている。プラージュは、黒点群が発生している場所で明るいものが見えている。ダークフィラメントは、昨日から見えているものが、小さいながら濃い。明日も晴れの予報であり、透明度が良ければ良いのだが。S20160807800t
2016080705h800tImg_4206mhwc800


2016080705hc800


2016080706e800
2016080707w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4200mhw800t いつものような朝となった。透明度が悪く、午前10時前になってようやく透明度が改善した。いつものように午前7時前には望遠鏡を太陽に向け、待ち構えていたものの、一向に透明度が改善せず、しかも、近くの家で重機がうなりを揚げて作業をしているため、その振動が望遠鏡まで達するため、細かな振動に苛まれた。とにかく、暑くて午前8時前には室温も30度を超え、今日の最高気温は36度を超えた。最低気温は、26度で、熱帯夜が続いている。太陽面は、昨日ど同様、太陽面には北半球に2群の黒点群が見えている。何れも少し発達したようである。Hα光では、西縁の黒点群付近にプラージュが明るく目立つ。プロミネンスは、北半球の西縁に明るく大きなものが見え、南半球では、東縁にテーブル状のものが見えている。ダークフィラメントは、南半球の東縁に濃いものが見える。明日も晴れの予報であり、早朝に透明度が改善することを期待している。S20160806800t
2016080612h800tImg_4200mhwc800


2016080612hc800


2016080609e800
2016080608w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4190mhw800t ほんとうに透明度が悪い日が続く、昨日よりもさらに透明度が悪化し、通常の透明度に比べて3段分も明るさが少ない。そのため、シャッタースピードは低速となってしまう。日中も、透明度は改善せず太陽光は弱い。しかし、最高気温は高くなり35度近くまで上昇した。なお、最低気温は26度を超えていいるため、熱帯夜であった。太陽面は、昨日は無黒点であったが、今朝の太陽面には北半球に2群の黒点群が発生していた。白色光を撮影した後、Hα光での撮影を試みたが、薄雲が絶えず行き交い、時間切れとなって断念した。今年のような夏は、これまでに経験したことがない空で、雨が降らない状態が続いて空気中の小さな微粒子が漂っているためだと考えられる。気圧配置も、いつもの夏の配置でなく、太平洋高気圧の縁を通って流れてくる湿った空気が影響しているのかも知れない。明日も晴れの予報であるが、透明度は改善するのだろうか。S20160805800t
Img_4190mhwc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4188mhw800t 昨日よりもさらに透明度が悪化した。厚い雲は無いが、空全体が青空どころか白い空となっている。早朝に空を眺めたが、明るい星さえも見えない状況で、雨も少しは降ってくれないと青空が臨めない。最低気温も高く、最高気温も35度近くに達した。風も吹かない。太陽面は、完全に無黒点状態となっている。こうなると、いくらHα光であっても太陽の光球面の様子は非活動的な様相を示しており、面白みに欠ける。プロミネンスは、北半球の西縁に少し大きなものが見えているが、これは、数日前に西没しかかっていたダークフィラメントであろう。プラージュは、北半球の今まで黒点群が見えていた名残のようで、小さな明るい斑点として見える。明日も晴れの予報であるが、透明度は改善してほしい。S20160804800t
2016080401h800tImg_4188mhwc800


2016080401hc800


2016080409e800
2016080408w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4182mhw800t 今朝も透明度が悪い日となった。薄雲が出て、しかも時折少し濃い雲が通過して行き動画での撮影には向かない。それにしても、湿度が高く、かと言って完全な曇りでもなく、雨も降らない。毎日、夜になって少し雨が降る程度であるため、水不足が心配される。四国のみずがめと呼んでいる早明浦ダムも貯水量が激減しているようで、取水制限が開始されるような見込みとなっている。雨、曇り、晴れをはっきりとして欲しい。今日も、暑い日となり、最高気温は34度、最低気温は25度を少し超えて熱帯夜であった。太陽面は、昨日見えていた北半球の黒点群が見えなくなっていた。その他の地域でも黒点群は見られない。Hα光では、南北両半球の東西の縁にプロミネンスが見えている。何れも、そう大きくは無い。ダークフィラメントは、所々に小さいながらも少し濃い目のものが見えている。北半球に見えていた大きなダークフィラメントは、見た目では小さくなっている。明日も朝方は曇りの予報が出ている。S20160803800t
2016080305h800tImg_4182mhwc800


2016080305hc800


2016080301e800
2016080302w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4176mhw800t 雲はあまり出ていなかったものの、透明度は悪い状態である。昨晩、雷鳴がとどろき、雨がしばらく続いたが、朝に起きて路面を見てみると、完全に乾いていた。もう少し雨が降り続くと透明度も改善するのではないかと思ってしまう。透明度が悪いので、日差しも弱いが、最高気温は昨日と同様、34度ちかくまで上昇した。最低気温は26度にしか下がらず、熱帯夜であった。太陽面は、昨日見えないと思っていた黒点群が、今日は見えた。北半球に1群のみであるが、昨日無くなったわけではなく、見えにくかっただけかもしれない。Hα光では、南半球の東縁に少し複雑な形のものが見える。北半球にずっと見えていたダークフィラメントは、西縁に進んで、一部はプロミネンスとなって見えている。プラージュは、ほとんど見えない。明日も朝方は曇りの予報であるが、大きな黒点群が出現することを期待したい。S20160802800t
2016080205h800tImg_4176mhwc800


2016080205hc800


2016080206e800
2016080208w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4171mhw800t 薄雲が次々と通り過ぎる朝で、透明度、シーイングとも悪い。毎日、寝ぼけたような空が続き、透明度の良い空を期待したい。今日の最低気温は昨日と同様、25度を超えて熱帯夜であった。最高気温は35度を超えなかったもののほぼ猛暑日となった。そんな状況のため、朝の6時半から太陽を追跡し、観測が終わったのは午前8時少し前であった。太陽面には黒点群が再び無くなり、のっぺらぼーか、ビリヤードの球にしか見えない。Hα光では、透明度も悪い状況であることから、プロミネンスは、南半球の東縁と北半球の西縁に少し見えるだけであった。プラージュは北半球の西縁に明るいものが見えるが、黒点群への発達は期待できないと思われる。ダークフィラメントは、昨日と同様に北半球の西縁に見え、先端が西縁にかかろうとしている。明日も朝方は曇りの予報であるが、なんとか観測が行えると良いのだが。S20160801800t
2016080108h800tImg_4171mhwc800


2016080108hc800


2016080102e800
2016080101w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »