« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4791mhw800t 雲の多い天気となり、北から次々と雲が押し寄せてきて、ほんの一瞬の晴れ間で白色光で撮影することができたが、完全な晴れ間でないため、雲まで写ってしまった。最低気温も10度を少し下回った程度で少し暖かであった。日中も暖かで15度を今朝は冷え込みが厳しく、最低気温は4度に下がった。午前中は、太陽の光もたっぷりと注ぎ最高気温は15度ぐらいであった。太陽面は、やっと南半球の西縁に黒点群が見えた。北半球には2群の黒点群が見え、その内の東縁に近い場所にある黒点群は、一昨日には見えなかったものである。明日の天気も曇りの予報で、太陽観測はできない。S20161129800t
Img_4791mhwc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4789mhw800t 今朝は冷え込みが厳しく、最低気温は4度に下がった。午前中は、太陽の光もたっぷりと注ぎ最高気温は15度を少し超えた。お昼過ぎには雲が出始め、夕方には完全に雲ってしまった。太陽面には、北半球の東縁から黒点群が出て来た。また、同じ北半球の西縁にも黒点群が見える。南半球には黒点群は見られない。Hα光では、南半球の西縁にプロミネンスが見えている。また、北半球の西縁の黒点群に伴う部分にプラージュが小さいが明るく見えている。東縁の黒点群の後方にもプラージュが見える。ダークフィラメントは、北半球の東縁に少し大きなものが見えている。明日は、雨が降る予報であり、連続日の太陽観測はできないのが残念である。日の出の時間が遅く、当地においては太陽が山の端から出てくるのがますます遅くなり、今朝は7時14分にやっと出て来た。S20161126800t
2016112605h800tImg_4789mhwc800


2016112605hc800


2016112613e800
2016112614w800


Img_4750mc


Img_4754mc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

アナレンマ式日時計

アナレンマ式日時計
Img_6253rs 先日、高知県立坂本竜馬博物館で、「アナレンマ式日時計」を発見した。アナレンマ式日時計は、日時計の中でも、ほとんど時刻の補正が必要の無い日時計であり、初めて現物を見ることが出来た。アナレンマの説明をすれば、長くなるが、以下のように説明できる。面倒なので、日本の標準時日本の標準子午線である東経 135°の線上で考えてみる。東経 135°の場所であれば太陽は毎日正午に南中しそうであるが、実際に太陽が南中する時刻は正午から最大で16分程もずれてしまう。しかも、その量が一年の間に結構複雑に変化するのである。このずれは「均時差」と呼ばれるもので、均時差が生まれる理由は地球の軌道が楕円であること、地軸が公転面に対して垂直でないことの両方が関係しており、均時差によって生じる太陽の南中時刻のずれの分だけ正午の太陽の位置は真南から東西にずれてしまう。私は、ほとんど同じ時間に、昼食に戸外へ出るため、この現象を体で感じており、毎日のように正午の太陽方向を見ると、太陽が南中を過ぎていたり、南中になっていないことに気付くものである。以上のように、この現象は地球のどの場所でも同じように起こり、この時間のズレを補正するための指針を直線では無く8の字の回転体(ひょうたん型の変形)に置き換えた日時計がアナレンマ式日時計である。なお、坂本竜馬記念館にあるアナレンマ式日時計のある場所は、工事中であり入ってはいけなかったかも知れないが、抜け道を探している内に行き止まりとなった場所にあった。Img_6222s
Img_6252rhsImg_6252rs


Img_6251rs


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4721mhw800t 今朝も曇りの空であり、一向に晴れ間が出なかった。ほんの少しの雲の切れ間があり、白色光のみの撮影ができた。しかし透明度が悪い。昨日まで見えていた黒点群は見えなくなってしまった。ネット上の詳細な太陽像ではなんとか黒点群が見えるようであるが、私の観測では見えなかった。それにしても11月の天気とは思えないほど大気の状態が悪く、お手上げである。Hα光の画像は、今日も得られなかった。お昼前には雨が降り出したのには参った。S20161120800t


Img_4721mhwc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4712mhw800t 朝から雨が降っていたが、直ぐに雨は揚がった。しかし、雲が次々とやってきて白色光は撮影できたものの、白色光を撮影した後は曇ってしまってHα光での撮影は出来なかった。最低気温は15度もあり、日中の最高気温も22度近くまで上昇した。太陽面は、昨日と変わらないものの、北半球の黒点群は、少し衰退したように思う。明日は晴れるとの予報であるが、どうだろう。その後は、曇りの予報が1週間続くようである。S20161119800t_2


Img_4712mhwc800_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4705mhw800t 昨日と同様、透明度、シーイングとも悪い朝であった。最低気温は7度近くまで下がった。日中は最高気温が17度を超え昨日と変わらなかったものの、お昼過ぎからは曇天となった。太陽面は、北半球の東縁に黒点群が現れた。南半球には黒点群が見られない。Hα光では、小さなプロミネンスばかりである。ダークフィラメントは昨日と同様、数箇所見えている。プラージュは、これも昨日と同様に黒点群の周りに少し見える。明日は週末なのに、雨の予報が出ている。S20161118800t


2016111809h800tImg_4705mhwc800


2016111809hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4703mhw800t 今朝は晴れたものの、透明度の悪い朝となった。シーイングも相変わらず良くなく、良像は得られなかった。最低気温も随分と低く、気温は5度近くまで下がった。それでも日中の最高気温は17度を超えたようである。太陽面は、昨日見えた北半球の黒点群は、少し発達したようで、双極性を示す黒点群となっている。他の場所には黒点群は見られない。Hα光では、昨日と同様、小さなプロミネンスは見えるが、大きなものは見えない。ダークフィラメントは小さいが濃いプロミネンスが、数箇所見えている。プラージュは、黒点群の周りに少し見える。明日の天気予報では朝の内は晴れとなっているが、どうも曇りそうである。S20161117800t
2016111707h800tImg_4703mhwc800


2016111707hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

スーパームーンの翌日の月

スーパームーンの翌日の月
Img_4687rh1200t 一昨日のスーパームーンは、雨が降ったり止んだりして見ることができなかった。スーパームーンの翌日である昨晩、雲が行き交うものの雲が晴れて、スーパームーンの翌日の月を見ることが出来た。シミュレーションソフトで、地球からの距離を調べると、一昨日のスーパームーンよりも少し地球との距離が離れていたが、並みのスーパームーンであることが判った。満月を少し過ぎてしまったので、月の西側が少し欠けている。その欠けた部分にはクレーターが見えている。一昨日のスーパームーン時における地心距離が35.65万kmであるので、凡そ1000km遠いだけである。まあこれもスーパームーンと呼んでも良いだろうと思っている。なお、今世紀最も地球と月が近づくのは、2052年12月6日の予想である。40年後????私は、既に死んでいるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4697mhw800t 天気予報とは違って、冷え込んだ割には雲が絶えず北から南にかけて流れてきて、太陽のある南東の低い空は少し晴れ間が出たと思うと、すぐに雲が掛かって出勤前の時間には薄雲の状態であり、しかもシーイングが悪かった。日中も昼過ぎまで雲が多く、一時は完全に空が雲で覆われた。このため、最高気温は15度までしか上がらず、昨日と比べて7度以上も下がった。太陽面は、シーイングの悪さと薄雲に阻まれ、なんとか撮影できたものの、良い画像は得られなかった。白色光では、北半球の子午線付近を少し越えた場所に黒点群が見えている。Hα光では、小さなプロミネンスは見えるが、大きなものは見えない。ダークフィラメントは見えない。プラージュは、北半球の黒点群の前方が少し明るく見えている。明日の天気予報では晴れとなっているが、今朝のように雲が出てくることも考えられる。S20161116800t
2016111602h800tImg_4697mhwc800


2016111602hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

昨日の太陽面

昨日の太陽面
Img_4666mhw800t 昨朝は、冷え込みが和らぎ、数日前の最低気温を更新した日に比べて暖かであった。日中も汗ばむぐらいの気温となった。しかし、透明度が悪い状況であり遠くの山も霞んでいた。太陽面は、南半球の1群のみであり、北半球にも黒点群が現れて欲しい。シーイングは悪くはないが、それでも太陽高度が低くもう少し高度が高い状態での観測が必要になってきた。Hα光では、南半球の極に近い高緯度に昨日と同様プロミネンスが見える。ダークフィラメント、プラージュとも目立たない。またまた天気が崩れるようで安定した天候になってもらいたい。S20161112800t
2016111207h800t
Img_4666mhwc800


2016111207hc800


2016111203e800
2016111204w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4652mhw800t 久々の太陽観測を行うことができた。週の初めから天気が悪く、数日前から冷え込みが厳しくなり、昨朝も最低気温は7度近くまで下がった。今朝の最低気温は昨朝と同じような気温であったが、最高気温は20度近くまで上昇して、暖かな一日であった。太陽面は、南半球の西縁近くに黒点群が発生したようで、南半球の黒点群発生は、ここしばらく無かった。北半球には、黒点群が見られない。しかし、太陽高度が低かったためもあり、シーイングは悪かった。Hα光では、南北両半球の極に近い高緯度にプロミネンスが見える。ダークフィラメントは、南半球の黒点群の後方に小さいものが見える。プラージュは、目立たない。明日も晴れの予報がでているので、太陽観測はできそうである。S20161111800t
2016111105h800tImg_4652mhwc800


2016111105hc800


2016111107e800
2016111106w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4648mhw800t いつもの時間の空は、北西や北の空は青空であったが、南東から南西にかけては雲が絶えず通過する状況で、太陽はいつも雲の中にあった。お昼近くになって、ようやく南の空に晴れ間が出てきてなんとか太陽を撮影できたが、午後3時過ぎには、再び南の空は雲の通り道となって、太陽の光は雲に遮られてしまった。北西からの冷たい風も吹き始めて夕方には寒くなってしまった。今朝の最低気温は曇っていたものの、10度を少し上回った。最高気温は19度となったが、冷たい風が吹いて体感気温は15度ぐらいとなった。札幌では、積雪が20cmを超えたとのことで、札幌と当地の差を感じた。太陽面は、昨日と同様に北半球に2群の黒点群となった。Hα光では、北半球の東西縁にプロミネンスが見えている。西縁のものが目立つ。プラージュは、北半球の西縁に近づいた黒点群が衰退したものの、一番明るく見える。ダークフィラメントは目立たなくなった。S20161106800t
2016110607h800t_2Img_4648mhwc800


2016110607hc800


2016110602e800
2016110604w800




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4632mhw800t_2 今朝の気温は昨日よりも下がって最低気温は6度しかなく、冷え込みは更新されてしまった。風も無く、日差しもあり、日中の最高気温は20度を超え、少し動けばやはり汗を掻いてしまった。依然として透明度は悪く太陽の高度が上がるのを少し待った。日中も透明度は良くなく遠くの景色は霞んでいた。太陽面は、北半球に2群の黒点群があるものの、いずれも小さい。Hα光では、プロミネンスがあるものの、淡い状態で画像では消えてしまった。ダークフィラメントも北半球に少し大きなものがあるが少し淡い。プラージュは、目立たず注意しないと判らない。明日も晴れの予報が出ているので、太陽の観測はできそうである。大きな黒点群の発生を期待したい。S20161105800t
2016110505h800tImg_4632mhwc800


2016110505hc800


2016110510e800
2016110511w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4626mhw800t 今朝の最低気温は7度しかなく、今秋一番の冷え込みとなった。しかし、冷え込んだ割には冷え込みが足りないようで、透明度が悪い状態であった。日中の最高気温もやっと18度を少し超えた。一日を通して透明度が悪く、寝ぼけたような秋の空といったところであった。太陽面は、北半球の東縁に小さな黒点群が見える。南半球には黒点群が見られない。Hα光では、プロミネンスは小さいものばかりで、少し寂しい。ダークフィラメントは、北半球の子午線を少し過ぎたあたりに濃いものが見える。プラージュはほとんど見えないが、黒点群の周りが小さい範囲で少し明るい。透明度は悪いが、シーイングはまあまあであったのが良かった。明日も晴れて太陽を見ることができそうである。S20161104800t
2016110410h800tImg_4626mhwc800
2016110410hc800


2016110405e800


2016110406w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 3日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4614mhw800t 今朝の最低気温は10度あまり、最高気温は18度となった。時折、太陽の前を雲が覆うこともあったが概ね晴れの天気となった。さすがに昨日の低空での太陽と比べて高度が高いこともあり。シーイングは改善した。太陽面は、昨日と変わらず、北半球の黒点群のみであり、注意深く見ると、北半球の西縁近くにも小さな黒点群があるようである。Hα光では、東西の縁に少し明るいプロミネンスが見えたが、大きなものは見えなかった。ダークフィラメントは、南北の子午線付近、北半球の黒点群の近くに見えている。プラージュは、北半球の黒点群の前方が少し明るく見える。Hα光の拡大像では、もう少し詳細が見えている。明日も、晴れの予報であり、シーイングが良ければ今日のような状況で継続観測が可能である。S20161103800t
2016110309h800tImg_4614mhwc800


2016110309hc800


2016110311e800
2016110312w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4610mhw800t 今朝はほとんど雲も無く、太陽の光が観測開始時には地上に届いた。しかし、シーイングはたいそう悪く、太陽の縁はギザギザであり、詳細は見えなかった。最低気温も10度を下回り、風も少し吹いていたため、少し寒かった。日中の最高気温も20度には届かず、冬の訪れを感じた。太陽面は、昨日見えた北半球の黒点群は、衰退したようで、シーイングのせいもあって非常に淡く見えている。注意深く見なければ判らない。Hα光では、ダークフィラメントは見えているが、プロミネンスは小さいものばかりで目立たない。プラージュは、ほとんど見えない。太陽高度も低く、僅か10度を少し超えた状態での撮影であり、出勤前の時間帯では厳しくなってきた。明日は、休日であり、もう少し条件は改善が見込める。S20161102800t
2016110207h800tImg_4610mhwc800


2016110207hc800


2016110208e800
2016110209w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_4596mhw800t 昨日の夕方からの雨が揚がったものの今朝も、南西の空から南東の空にかけて雲が流れて、なかなか太陽が雲から出てこないため、待ち構えて太陽面の撮影をなんとか行えた。白色光、Hα光と撮影が終わるや否や急激な雲の塊が空全体を覆ってしまった。そのせいで、Hα光の拡大画像は撮影できなかった。昼間は、太陽の光がだいぶ射したので、気温は上昇したものの、最高気温は20度に達しなかった。夕方には気温がどんどんと下がってきた。さて、太陽面であるが、新たな黒点群が北半球の子午線手前に見える。双極群ではあるが、小さな黒点群であった。Hα光での太陽面は、プロミネンスが所々に見られるが、小さくて目立たない。ダークフィラメントは、少し濃いものが3群見える。プラージュは目立たない。今週の天気予報を見ると、雨は降らないが、完全な晴れの日が少ないようである。S20161101800t
2016110101h800tImg_4596mhwc800


2016110101hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »