« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月30日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5986mhw800t 朝から晴れて、日の出時には少し肌寒く感じたものの、日中の気温はどんどんと上昇し、最高気温は28度を少し超えた。透明度も、通常の状態に戻ったようであるが、流石に気温が上昇すると透明度も落ちてきた。太陽面は、北半球の東縁に見えていた小さな黒点群も存在が危うい程になっていてほとんど確認できないほどである。西縁近くの黒点群は、明日には没すると思われる。南半球の黒点群も勢力が衰えて小さな黒点群になってしまった。その黒点群の後方に小さな黒点群があるようだ。Hα光では、北半球の東縁に目立つプロミネンスが見えている。また、南半球の東縁にも小さいが明るいプロミネンスが見える。プラージュは、北半球の東縁に明るいのが見える。ダークフィラメントは、南半球の黒点群の北側に濃いものが見える。明日も晴れの予報である。今日のように気温が30度近くにもなると、何もしなくても汗が出てくる。S20170430800t
20170043015h800tImg_5986mhwc800


20170043015hc800


20170043006e800
20170043005w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5951mhw800t 薄雲がかかった朝となり、お昼ごろには前線の通過があり強い風が吹き、少し雨もパラ付いた。その後は風も弱まり夕方には快晴となった。朝1番から太陽を見ていて、薄雲が次々と太陽の前を通過して撮影に手間取った。太陽面は、北半球の東に黒点群が発生したようで、ほんとに眼を凝らさないと判らないような黒点群である。これで北半球には3群、南半球に1群の黒点群である。Hα光で見ると太陽面の活動域が良く判るが、南北両半球の黒点群は、黒点群そのものは小さいものの、その活動領域が広範囲であることがわかる。両黒点群に伴ってダークフィラメントも見えている。プロミネンスは、北半球の東縁には淡いが大きなものが見える。南半球の東縁の赤道近くには少し変わった形のプロミネンスも見える。プラージュは、北半球の東縁にある黒点群に伴う部分が明るい。明日は、今日よりも天気が安定して晴れる予報が出ている。S20170429800t
20170042907h800tImg_5951mhwc800


20170042907hc800


20170042911e800
20170042909w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5937mhw800t 今朝は、青空が広がり少し透明度は悪かったものの、ほぼ1日快晴であった。風が少し強かったこともあり、最高気温が22度を少し超えたにもかかわらず、暑くは無かった。太陽面は、新たに北半球の東縁に小さな黒点群が現れた。北半球に2群、南半球に1群が見えた。Hα光では、南半球の東縁に明るいプロミネンスが見える。プラージュは、北半球の東縁から出て来た黒点群の周りが明るく見えている。ダークフィラメントは、北半球の西縁にある黒点群の北部に活発なものが見える。全体的には、南北の黒点群の周りに黒点群から伸びる弱い磁力線のような模様も見え、見ていると面白い。S20170428800t
20170042806h800tImg_5937mhwc800


20170042806hc800


20170042807e800
20170042808w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の太陽面

昨日の太陽面
Img_5933mhw800t ほとんど1日中薄曇の天気で、夕方近くになって太陽からまともな光が地上に注いだ。昨日の朝も薄曇の中で、少し薄雲の影響が少なくなった時を狙って撮影をなんとか行った。黒点群は、北半球に1群、南半球に1群の黒点群が見えた。2つの黒点群はさらに衰弱し、単純な構造の黒点群である。Hα光では、南半球の黒点群んの方が勢いがあるように見え、プラージュが1番明るく見える。ダークフィラメントもそれぞれの黒点群近くに見える。プロミネンスは、薄雲もあり、目立たなかった。S20170427800t

20170042704h800tImg_5933mhwc800


20170042704hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5921mhw800t 今朝は、予報どおりの晴れとなったが、その後は雲が増えて、お昼過ぎからは雲が多くなった。夕方には完全な曇りとなった。日中の最高気温は25度近くまで上昇し、太陽の光を受けると暑くて汗が出るほどであった。太陽面は、昨日と同様、北半球に2群、南半球に1群の黒点群が見えた。その他の地域には黒点群は見えず、静かな太陽面の姿である。Hα光では、北半球の東縁に淡いが大きなプロミネンスが見える。また、南北の高緯度に明るいプロミネンスも見える。プラージュは、黒点群の周りに広範囲に亘って広がっている。ダークフィラメントは、南半球の黒点群の後方に濃いものが見える。明日は、曇りから雨の予報が出ている。S20170425800t
20170042510h800tImg_5921mhwc800


20170042510hc800


20170042504e800
20170042505w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5911mhw800t 今朝も、朝から青空が広がった。朝の気温は10度を割ったものの、日中は日差しもたっぷりとあり、風が少しあったせいか暑くも無く快適な1日となった。午後になり、少し雲が出てきたが雨が降るような雲では無かった。太陽面は、北半球の黒点群の後方に小さな黒点群が発生した。この領域は、Hα光で見ても活発な活動域が広がっているので、黒点群が発生したのかも知れない。南半球の黒点群は小さく単純な構造である。Hα光では、北半球の黒点群がある部分で、プラージュが明るい。ダークフィラメントも見え、拡大像では、活動的であることが判る。プロミネンスは、南半球の東縁のものが明るい。ダークフィラメントは、北半球の高緯度にあるものが、昨日に比べて拡散したように思う。明日は、早朝には晴れる予報となっているので、なんとか撮影したいものである。S20170424800t
20170042405h800tImg_5911mhwc800


20170042405hc800


20170042406e800
20170042407w800


20170042409em800


20170042408m800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5909mhw800t 今日は、ほとんど雲の無い快晴の1日となった。最高気温は21度あまりとなり、太陽の光を浴びると暑いものの、空気が少し乾燥しているので、清清しい。太陽面は、南北に黒点群が見えるが、いずれも発達しそうにない。北半球の黒点群は、先行黒点と後続黒点の間に小さな黒点も見えるが規模は小さい。南半球の黒点群も、北半球の黒点群と同様に、比較的単純な黒点群で、4月の上旬に西縁に没する時のような勢いが無い。Hα光では、西縁に比べて東縁に多くのプロミネンスが見える。プラージュは、黒点群に比べてその範囲は広いが、活動が弱まってきたように思う。ダークフィラメントは、昨日とあまり変わらず、北半球の黒点群の周りに何本か集まっている。北半球の高緯度にあるダークフィラメントは、大きいものの、あまり濃くはない。今月18日に東縁から出て来た黒点群のアニメーションを作成してみた。
S20170423800t20170042316h800tImg_5909mhwc800


20170042316hc800


20170042308w800
20170042307w800


20170042308wc800


20170042307wc8002017041823

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5883mhw800t 朝から薄曇の天気で、予報ではお昼過ぎに晴れるとのことであった。午前7時過ぎから粘って、ようやく11時過ぎに太陽撮影が終わった。次々と太陽面を通過して行く雲は、連続して薄雲の状態で、時折厚い雲が通過するので、ピント合わせも難しく、何度もピント調整を余儀なくされた。お昼過ぎからは、薄雲は取れたが、雲が北から南に向けて通過して行った。最高気温は、21度を少し超えたものの、お昼過ぎから少し風が強くなった。太陽面は、南半球の東縁に回帰黒点群と思われる黒点群が現れた。南北に1群づつの黒点群が見える。Hα光では、北半球の東縁に小さなプロミネンスが見える。南半球の西縁に見えるプロミネンスは、西縁に沿って弓なりに見える。ダークフィラメントは、北半球の黒点群の前方、後方に見え、大きいが淡いダークフィラメントも当該黒点群の後方北部に見える。拡大画像では、複雑な流線が黒点群の周りを取り巻き、見応えがある。また、東縁のプロミネンスも小さいが形の異なるものが複数見える。明日も引き続き晴れの予報が出ている。S20170422800t
20170042214h800tImg_5883mhwc800


20170042214hc800


20170042209e800
20170042208w800


20170042209ec800


20170042208wc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5876mhw800t 早朝は晴れていたので少し安心して他の作業をしていたら、雲が出始めて観測を開始する時には薄曇の状態になってしまった。それでも、なんとか白色光とHα画像を撮影することができた。その後は、薄曇から本曇りとなり、太陽の光は、ほとんど地上に届かない日となった。最低気温は9度あまりで、最高気温は17度ちょっとと、昨日よりも随分気温は低かった。太陽面は、北半球の回帰した黒点群は、後続黒点もほとんど無く、期待した程では無かった。他の場所には黒点群は見られない。Hα光では、北半球の回帰黒点の周りにプラージュが明るい。その前方にあるダークフィラメントも昨日と変わらず、濃く見えている。プロミネンスは、北半球の東縁にあるのが目立つ。明日は、曇りの予報が出ている。S20170420800t
20170042003h800tImg_5876mhwc800


20170042003hc800


20170042008e800
20170042007w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5874mhw800t 今朝は、夜中に降った雨も上がり、透明度が良いものと思っていたが、シーイングとともに悪かった。強い風も吹き、太陽高度は高いが太陽面の縁はギザギザであり、詳細な画像は得られなかった。日中も南からの風が強かった。最高気温は22度に少し足らなかった。太陽面は、昨日に北半球の西縁から現れた黒点群の先行黒点群と思われる部分が見えてきた。2~3日後には、ぞの全貌が確認できると思うが、前回のような発達が見られれば良いのだが。南半球には黒点群は見られない。Hα光では、北半球の東縁にある黒点群から激しいプロミネンスの噴出が見える。また、その付近にはプラージュが明るく見えている。ダークフィラメントは、北半球の東縁にある黒点群の前方、および南半球の極に近いところに見えるが、北半球のものの方がより濃く見える。明日の天気予報では、朝の早い時間は曇りとなっている。S20170419800t
20170041911h800tImg_5874mhwc800


20170041911hc800


20170041905e800
20170041906w800


20170041905ec800


20170041906wc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5864mhw800t 今朝は、昨日から続いた雨が止んだものの雲が多く、時々太陽の光は射したが太陽の撮影はできなかった。お昼を過ぎて北の空から晴れ間が出てきて夕方には快晴となった。透明度は悪いが、会社を定時で終えて太陽をなんとか撮影することができた。太陽面の北半球の東縁には新たな黒点群が顔を出した。少し大きく、この黒点群は、4月の初め頃に見えた黒点群の回帰と思われるので今後が少し楽しみである。他には黒点群が見られないと思ったが、注意してみると北半球の経度で166度から168度にかけて淡いが黒点群が見えた。Hα光でも、この黒点群がある場所ではプラージュが見えていたので間違いない。プラージュは、東縁の黒点群に伴う部分で明るく見えている。プロミネンスは、北半球の東縁、南半球の東縁に目立つものが見える。ダークフィラメントは、南半球の高緯度に以前から見えていたものがある。北半球にも東縁にある黒点群の前方に濃いものが見える。明日は、夜明け前に曇りの予報が出ているが、なんとか太陽を見ることができるのではと思っている。S20170418800t
20170041803h800tImg_5864mhwc800


20170041803hc800


20170041810e800
20170041808w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

超豪華マンションの船

超豪華マンションの船
Img_6787rs 超豪華なマンションの船「The World」が高松港に寄港したニュースがあり、高松港へ出かけてきた。この船は、分譲型のマンションであるらしく、船室であるマンションは10億円以上が必要であるとのこと。とても購入できるようなマンションでは無い。世界のリゾート地をマンションのオーナーである乗客がどこへ行くか決めるとなっている。まさしく、住んでいながら地球を度することができる船である。岸壁から見ると、船の上にマンションが乗っかっているみたいで、とても不安定のような感じにしか見えない。高さの割には重く無く、重心は低いものと想像できる。海が見えない場所から見ると、まるでマンションそのものであった。もちろん船内の見学はできなかったものの、船から住民が出てきて、自転車を漕ぎ出すところに遭遇した。しかし、その人達を見ても極めて普通の人のようであり、どこにも居そうな人に見えてしまった。この船は、バハマ船籍で、全長が196.35メートル、全幅が29.80メートル、総トン数が43,524トンで、乗客定員がわずか390名とのことである。110の室が分譲のようだ。高松港には今回を含めて2回だそうである。概観のみであるが、船の煙突に特徴がある船で、船首にはヘリポートもあった。Img_6789rs
Img_6790rsImg_6826rs


Img_6832rs


Img_6835rsImg_6872rs


Img_6892rs


Img_6895rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5852mhw800t 透明度が悪い日であったが、シーイングは昨日よりも安定していて細部の写りが少し良かった。日中の最高気温も上昇し、25度には達しなかったものの、風が昨日のように強くないので、さすがに暑くて汗が流れ出た。太陽面は、北半球の黒点群がほとんど見えない状態となり、無黒点のように見えてしまう。Hα光では、黒点群のある場所ではプラージュが見えており、北半球の東縁にもプラージュが見える。プロミネンスは、北半球の東縁にあるのが目立つ。ダークフィラメントは、南半球の極付近に1本見える。明日は、曇りから雨の降る予報であり、明後日まで太陽観測が出来そうにない。S20170416800t
20170041612h800tImg_5852mhwc800


20170041612hc800


20170041603e800
20170041602w800


20170041617n800


20170041614s800
20170041604c800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5850mhw800t 朝の早い時間は晴れていたが、午前9時を過ぎてから雲ってきて風も強く吹いた。そうかと思うと青空が広がったり、またまた曇ったりと一日中が不安定であった。夕方には弱い雨がふったり、雷が鳴ったりした。日中の最高気温は26度近くまで上昇し、夏日となった。太陽面は、北半球の黒点群が淡くなり、よく見ないと存在が判らない程になった。この黒点群以外に黒点群は見えず、明日には無黒点になるかもしれない。Hα光では、黒点群のある場所に広範囲にプラージュが見えている。プロミネンスは、北半球の高緯度にあるものが目立つ。ダークフィラメントは、南半球の高緯度に2個ほど見える。明日は、少し安定した天気になる予報が出ている。S20170414800t
20170041505h800tImg_5850mhwc800


20170041505hc800


20170041511e800
20170041510w800


20170041512s800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5822mhw800t 夜明けがだいぶ早くなったことを感じた。午前5時には明るくなって眼を覚ますことが多くなった。今朝も、窓の外が明るくなって部屋の中がぼんやりと見えたので時計を見ると午前5時であった。太陽高度も、観測開始時には20度あまりの高度となるので、直ぐに撮影を始められる。今朝の透明度は良くなく、シーイングも良くなかったが、太陽高度があるせいで、午前7時30分ごろから少し改善した。日中の最高気温は23度を超えたようで、少し動くと汗が出る陽気となった。太陽面は、北半球の数日前から見えている黒点群の後方に、新たな黒点群が発生したようである。南半球には黒点群は見られない。Hα光では、北半球の黒点群がある場所では、プラージュが明るく見える。ダークフィラメントは、昨日と同様、南半球の高緯度に2本の大きなものが見える。プロミネンスは、小さなものばかりであるが、南半球の東縁に少し目立つものがある。明日は、天気が良くないとの予報であり、太陽観測ができるかどうか微妙である。S20170414800t
20170041414h800tImg_5822mhwc800


20170041414hc800


20170041407e800
20170041408w800


20170041409s800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5805mhw800t やっと晴れの朝となった。先週からほとんど太陽からの光が乏しく、大きな黒点群の西没の最後を見届けることができず残念だった。雨は降ったものの大雨でもなく、細かな雨粒が降ったり止んだりで、曇天が続いた。この晴れ間も、明後日には雲ってしまうようで、再び菜種梅雨に逆戻りのようである。透明度は、普通ではあったが、シーイングは、西からの風が少し強くて悪い状態であった。太陽面は、北半球に小さな黒点群が進んできて、無黒点で無いのが嬉しい。ただ、南半球は再び黒点群が見えない。Hα光では、この小さな黒点群の割には、周りのプラージュやダークフィラメントが大きい。プロミネンスは、小さなものばかりである。その他、南半球の高緯度に、ダークフィラメントが数本見られる。S20170413800t
20170041304h800tImg_5805mhwc800


20170041304hc800


20170041305e800
20170041309w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5798mhw800t ここのところ菜種梅雨のようで、毎日のように雨が降り、太陽は顔を見せてくれない。今日も、なんとか薄曇の中で白色光は撮れたものの、黒点群も見えず、ただの白いボールの写真となった。北の方角は青空が時たま出るが、太陽の辺りは、晴れ間がほとんど出ない日となった。自宅の横にある幼稚園の桜の花が満開になった。今年は、満開となった日が例年に比べて極めて遅い日となってしまった。しかも菜種梅雨に重なり、青空の中での桜とならなかった。太陽面は面白くないが、これも一つの記録としての価値はあるかもしれない。撮影は出来なかったが、Hα光で少しの間見ることができた太陽面は、黒点群があった場所で、プラージュを見ることができた。明日は、予報によると朝の早い時間には晴れのようであるが、果たして太陽を見ることができるかどうか。S20170409800t
Img_5798mhwc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5791mhw800t 今日もなんとか太陽を撮影することができたが、薄曇の中でもあり、コントラストも低く良い条件での撮影はできなかった。日中も雲が多くて太陽の光が弱く、最高気温は、昨日のように20度を超えることは無く、18度を少し超えた気温となった。太陽面は、北半球のAR2644が殆ど西没したようで、地球に影響を与えるようなフレアは発生しなかった。南半球の西縁に近づいた黒点群のAR2645もフレアが発生する可能性があるものの、勢力は衰えたように見える。北半球に1群、南半球に2群の黒点群となった。Hα光では、北半球の西縁に、少し明るい部分が残っているのを確認できた。南半球の2個の黒点群は、プラージュが明るい。プロミネンスは、薄雲のせいで写りが悪い。ダークフィラメントは、南北半球の東縁から出て来たものが見える。明日は曇りから雨になり、来週の月曜日まで天気は愚図つくとのことである。S20170405800t
20170040507h800tImg_5791mhwc800


20170040507hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5771mhw800t 新年度になって連続4日間の観測となった。朝の最低気温は7度、最高気温は21度を超えた。日が当たる場所でじっとしていても少し汗ばむほどにもなった。少し透明度は悪いが、薄雲の状態では無いため安心して撮影が行えるのが良い。白色光では、北半球の西没途中の黒点群AR2644に世界が注目しているようである。この位置の黒点群からフレアが発生すると地球に向けてダイレクトに加速されたエネルギーの高い粒子が地球に襲ってきて地球に損害を与えるかも知れないからだと伝えています。他にも、南半球のAR2645も西縁に近づいており、油断できないとも伝えている。その他の黒点群としては、北半球の東縁から進んだ場所にある黒点群も発達するかも知れない。北半球に2群、南半球に2群の黒点群を確認した。Hα光では、北半球の東縁の黒点群から伸びるプロミネンスが明るく見える。プラージュも黒点群のある場所で明るい。ダークフィラメントは、南半球の東縁に少し大きなものが見える。それにしても、南半球の黒点群を取り巻く磁力線のような模様は見事であり、楽しませてくれた。明日は、曇る予報であり、残念である。S20170404800t
20170040412h800tImg_5771mhwc800


20170040412hc800


20170040406e800
20170040405w800


20170040406ec800


20170040405wc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5769mhw800t 今朝の日の出は午前6時のちょと前の午前5時50分で、1月の日の出の時刻よりも1時間20分ほど早くなり、朝食後には、既に太陽が昇って丁度良い高度になる。これから、ほぼ半年は観測時の太陽高度が十分確保できる。最低気温は6度を超え、最高気温は19度近くにもなった。建物の中は、建物自体が冷えているが、昼間の戸外では太陽の光も十分にあり非常に暖かい。ほとんど雲の無い1日となった。太陽面は、北半球に2群、南半球に2群を数えた。北半球の西縁の黒点群は、明日には1部分が西に没すると思われる。しかし、この黒点群は西没近くになって大きなフレアが発生し、紫外線放射によって短波ラジオに影響を与えたそうである。南半球の大きな黒点群は、15万kmの大きさとなり、経度方向に概ね15度近くにも達している。Hα光でも、この2つの黒点群の周りは、巨大な磁力線のようなものが大きく見応えがある。また、プラージュもしくはフレアと思える明るい領域が複雑であった。プロミネンスは、それえほど大きくはないが、北半球に多く見えた。ダークフィラメントは小さいものばかりである。しかし、大きな黒点群がもたらす太陽活動の凄まじさには感動さえしてしまう。明日も太陽観測ができそうである。S20170403800t
20170040303h800tImg_5769mhwc800


20170040303hc800


20170040309e800
20170040308w800


20170040309ec800


20170040308wc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5757mhw800t 予報では雲の多い日であったが、日の出から少しの時間は太陽を見ることができ、その後も雲が覆っていた時間もあったものの午後にも太陽を見ることができた。日中は、少し西風が吹いていたが、太陽の光が十分に届いて、風の当たらない場所では暖かであった。最低気温は4度、最高気温は15度を少し超えた。太陽面は、北半球の西縁に近づいた黒点群が、勢力を盛り返したように見え、先行黒点付近が少し複雑な黒点となっている。また、北半球の西縁近くの黒点群の後方に黒点群が発生した。南半球の黒点群は、経度方向の大きさが13度近くまで達し、先行黒点と後続黒点の間にも多くの黒点が見える。その他、南半球の東縁には、新たな黒点群が出て来た。Hα光では、北半球の西縁近くの黒点群の活動が午後になって盛んになったようで、プラージュが明るい。いずれの黒点群の付近もプラージュが見える。プロミネンスは、東西の縁に、色んな形のプロミネンスも見える。ダークフィラメントは、北半球の西縁近くに少し濃いものが見える。今日は、午後に撮影した南半球、北半球の黒点群のクローズアップを掲載する。S20170402800t
20170040212h800tImg_5757mhwc800
20170040212hc800


20170040216e800
20170040215w1800


20170040227w2800


20170040232m800
S201704021523800t

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_5735mhw800t 今年度最初の太陽観測となった。天気予報どおり、お昼過ぎから晴れてきた。朝は雲っていて北から雲が南西に向かって次々とやってきて、太陽からの光を遮っていた。北西方向から晴れ間が出てきて昼食後にやっと太陽を撮影できた。北半球の黒点群は衰退し、南半球の黒点群は子午線付近に達し、経度方向の大きさは12度以上にもなっている。北半球には、良く見ないと判らない黒点群があるが、画像では僅かに判る程度である。Hα画像では、東西の縁にプロミネンスが見える。中でも東縁の赤道近くに見えるものは、鋭いジェットのようである。プラージュは、黒点群がある場所に見えているが、南半球の黒点群に伴うものは時々フレアが発生しているようである。ダークフィラメントも、南北の黒点群近くに何本も見えている。明日の天気は、雲の多い予報が出ている。大きな黒点群が出ているのに残念である。隣にある幼稚園の桜は、1輪ほどが咲きかけているのを確認した。S20170401800t
20170040104h800tImg_5735mhwc800


20170040104hc800


20170040106e800
20170040105w800


20170040119en800


20170040121ws800
20170040118m800


20170040123m3800


20170040124m4800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ