« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月24日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6396mhw800t 今朝は、太陽観測ができないと思っていたが、完全に曇りになる前になんとか、撮影ができた。今朝は晴れないと昨日からの予報で少し寝坊をしてしまった。起床時にも雲っていて、用事を済ませて望遠鏡を太陽に向けたものの、薄雲が襲来してHα画像での太陽面全体の撮影が出来なかった。午前8時過ぎには、雲に覆われてきて、お昼前には空一面に雲が覆ってしまった。その後、夕方には雨が降り出し、少し雨脚が、強くなった。太陽面は、北半球の西縁近くに達した黒点群が小さくなり、東縁から出て来た黒点群もJ型のあまり活動的ではない。Hα光の全体像が撮れなかったので、拡大画像から見て取れる様子を見てみると、西縁近くまで進んだダークフィラメントは少し衰退したようである。北半球の東縁にある黒点群には、プラージュとダークフィラメントが伴って白色光で見るよりも活動的である。いよいよ、梅雨前線が活動的になるようで、太陽の様子を記録できなくなった。今月中は、太陽観測が無理かもしれない。S20170624800t
Img_6396mhwc8002017062403e800


2017062401w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6387mhw800t 雨と曇りの天気から抜け出し、今朝は透明度が少し悪いものの、太陽を見ることが出来た。一昨日の雨も、恵みの雨にはならなかったので今後の雨に期待するしか無い。太陽面は、北半球の東縁から新たな黒点群が出て来て、太陽黒点はしばらくの間、消えることは無いと思われる。北半球に2群、南半球には黒点群は見られない。Hα光では、北半球の東西の縁に、少し目立ったプロミネンスが見える。ダークフィラメントは、数日前まで大きく濃いものが見えていたが、今日は、小さくなっている。プラージュは、北半球の東縁から出現した黒点群の周りが明るい。明日から、しばらくの間、曇りや雨の予報が出ており、太陽の様子は、インターネット上で見るしかない。S20170623800t
2017062305h800tImg_6387mhwc800


2017062305hc800


2017062306e800
2017062307w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6379mhw800t 今朝は、晴れたものの薄雲があり、満足した太陽の撮影はできなかった。その後は、完全に曇ってしまい、夕方には待望の雨が降ってきた。今日の最高気温は、28度を少し超えたが、湿度が高くて昨日よりも不快であった。さて太陽面は、昨日と変わらず、北半球に2群の黒点群のみである。Hα光でも、撮影はできたが、薄雲のせいもありコントラスト、解像度とも良くなかった。東縁にプロミネンスが見えるが、コントラストの悪い画像である。プラージュは、北半球の西縁にある黒点群付近が一番明るく見えた。ダークフィラメントは、大きなものが3本見え、複雑な形で見応えがある。拡大画像が撮影できなかったのが残念である。明日は、1日中雨の予報が出ており、雨が強く降る可能性もあるようだ。明後日は、晴れの予報で期待したい。S20170620800t
2017062003h800tImg_6379mhwc800


2017062003hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6377mhw800t 今朝も晴れて太陽の撮影ができた。透明度も改善し、シーイングも比較的良くなった。太陽の赤緯が23度を超えて、今の時期が一番、太陽の南中高度も高い日となる。例年のようだと雨が多くて、夏至のころには太陽は見られないが、今年は、梅雨に入ってほとんど雨が降らないため、このような高い南中高度での太陽を見ることが出来ている。今日も、昼食を摂るために「うどん店」へ出かけたが、太陽がほぼ真上に見え、私の影ぼうしも、随分と小さく見える。太陽面は、北半球の2群だけであり、依然として南半球には黒点群を見ることが出来ない。Hα光でも北半球の黒点群のある場所には、磁力の流線が見え、なかなか面白い模様として見える。ダークフィラメントは、南半球に3本見え、いずれも濃く大きい。プラージュは、北半球の西縁に近づいた黒点群の周りが明るい。プロミネンスは、南半球の高緯度に見えるものが明るい。明日から天気が悪くなる予報で、雨を期待したい。S20170619800t
2017061905h800tImg_6377mhwc800


2017061905hc800


2017061910e800
2017061909w800


2017061911ws800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6371mhw800t 朝の早い時間は雲に覆われていて、予報では、お昼過ぎから晴れるとのことであった。午前8時を過ぎたころから晴れ間が出てきて、透明度は悪いもののいつもの時間で太陽を撮影できた。しかし、透明度が悪く、後の時間での撮影も考えたが、今日は、他の用事があり、この時間で撮影を遂行した。太陽面には、北半球の2群の黒点群のみで、南半球には昨日まで見えていた黒点群が見えなくなってしまった。Hα光では、北半球の東縁、南半球の西縁にプロミネンスが見える。ダークフィラメントは、昨日まで見えていたものが消滅し、東縁近くのダークフィラメントが三角形になっているのが見えた。プラージュは、北半球の西縁前にある黒点群の周りが一番明るく見えた。黒点群があるだけで、Hα光でも楽しみが増えることは言うまでもないが、たまには、大きな黒点群が出現して欲しいものである。明日も、晴れの予報であり、雨が降って欲しい。S20160618800t
2017061810h800tImg_6371mhwc800


2017061810hc800


2017061802e800
2017061804w800


2017061807en800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6359mhw800t 今朝も晴れて、太陽観測を行うことができた。透明度は改善したものの、シーイングが悪く、解像度も今一で詳細な画像を得ることが出来なかった。午前中にがは南から雲が進んできて、お昼前には雲が多くなった。夕方には完全に曇りの空となってしまった。日中も、そんなには暑くなく、太陽が雲に隠れたせいで割合と涼しい1日となった。太陽面は、北半球の2群の黒点群。南半球にも子午線付近に小さな黒点群が見えた。Hα光での太陽面は、プロミネンスが北半球の東縁に三角形と細いアンテナのようなものが見えている。ダークフィラメントは、細くて濃いもの、大きいが淡いものが見えており、北半球の黒点群の前方にあるダークフィラメントは黒点群を囲むようである。プラージュは、昨日に子午線を通過した黒点群の周りが一番明るい。また、南半球の黒点群付近も拡大画像では、プラージュが見えている。今日は、予定どおり取水制限が開始されたようである。S20170617800t
2017061703h800tImg_6359mhwc800


2017061703hc800


2017061711e800
2017061712w800


2017061710en800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6353mhw800t 透明度が悪い朝となった。雲が太陽の前を過ぎ去った後でも太陽からの光が弱く、薄雲でも無いのであるが、カメラのシャッタースピードが遅くなってしまう。風はあまり無く、そんなには暑くもないが、最低気温は20度を超えていたようである。日中の最高気温も昨日よりも低く28度を少し上回ったが、湿度が高く少し蒸し暑く感じた。太陽面は、北半球の子午線を通過中の黒点群は、昨日よりも少し発達した。南半球には黒点群は依然として見えない。Hα光では、昨日に東縁で見えていたプロミネンスが回ってきて、ダークフィラメントとして見えた。プラージュは、発達した黒点群の周りが明るく見える。ダークフィラメントは、北半球の東縁に近い黒点群の前方を覆うようなものが見えている。明日も晴れの予報であるが、いよいよ明日から取水制限が開始されるとのことである。S20170616800t
2017061609h800tImg_6353mhwc800


2017061609hc800


2017061601e800
2017061602w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6338mhw800t 今朝も、涼しい朝を迎えた。風も少しあったが太陽の光が注ぎ、快適な朝であった。梅雨に入ったのに、雨が降らず、当地では、水不足の様相を呈してきた。ダムの貯水量も平年の7割を切っており、今週中にも取水制限が開始されるかもしれない。透明度は、晴れが続いているせいで完璧な青空にはなっていない。太陽面は、新たな黒点群が昨日発生したようで、北半球の東縁から出て来た黒点群の前方に発生した。南半球には黒点群が見られない。Hα光では、昨日と同じように、東縁にプロミネンスが見えている。ダークフィラメントは目立たなく、プラージュは、昨日発生した黒点群付近が明るく輝いている。南半球にもプラージュが見えるが、黒点群が発生するかもしれない。明日も、少し雲が出る予報であるが、太陽の光が届いて欲しい。今日の日中は、気温が上昇し、最高気温は30度を超え、真夏日となったものの、湿度が低く、それほど暑さは感じなかった。S20170615800t
2017061506h800tImg_6338mhwc800


2017061506hc800


2017061510e800
2017061511w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6332mhw800t 昨日の朝よりも少し良い状態の空となった。時折、雲が太陽の前を通過するものの、すぐに雲が抜けて行き、太陽の撮影にはそんなに影響のあるものでは無かった。梅雨に入ったのに雨が降ってこない状態が続き、水不足の心配も出て来た。最高気温も例年であれば、30度を超える日もあり、湿度もたっぷりとあるが、ほんとに涼しい日が続いている。太陽面は、北半球の東縁から黒点群が出て来た。あまり大きくは無いが、本影部と半影部があり、黒点らしい黒点である。その他の場所には黒点群は見られない。Hα光では、東縁に色んな形のプロミネンスが見えており、興味深い。ダークフィラメントも南半球と北半球に見えている。プラージュは、南半球の東の部分に小さいが明るいものが見えている。明日も、晴れの予報となっており、北半球の黒点群が楽しみである。S20170614800t
2017061413h800tImg_6332mhwc800


2017061413hc800


2017061405e800
2017061407w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6330mhw800t 今朝こそは、雲に邪魔されないようにと思っていたが、太陽の撮影途中から雲に覆われて太陽撮影を中断せざるを得なかった。時間的には30分程度であろうか、北から南へと動く雲、東から西に動く雲が重なり合って、うまい具合に青空が広がらなかった。撮影する時間が残り少なくなり、やっとのことで、Hα光の拡大画像をなんとか撮影できたものの、良像は得られなかった。太陽面は、依然として黒点群が見えず、白色光では、なんの変哲も無いただのボールにしか見えなかった。Hα光では、東縁の赤道付近に、あまり見ないプロミネンスが出ていて、拡大した画像でも複雑な形を見ることが出来た。ダークフィラメントは、同じく東縁の赤道近くの南半球に見えている。プラージュは、そのダークフィラメントの後方に明るい部分が見える。今日の空の様子を見ていると、北の空は割合と青空があるものの、南の空は雲が多く、梅雨前線が南にあることが伺える。明日も晴れの予報であるが、快晴の空にはならないと思う。S20170613800t
2017061306h800tImg_6330mhwc800


2017061306hc800


2017061308e800
2017061309w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6324mhw800t 昨日は、雨こそ降らなかったものの一日中曇りの天気となった。夕方頃には雨がザーッと降ってきて、最高気温も低く、涼しい陽気となった。今朝は、雲の多い天気で、薄雲がほとんど取れない状況の中、なんとか白色光とHα光の画像を撮ることができた。その後も雲が広がり、太陽からの光は地上に射さなかった。白色光では、黒点群は見えず、無黒点が続いている。Hα光でも、プラージュは見えず、ダークフィラメントが東西の赤道付近の縁に見えた。南半球の大きなものは、弱まっているように見えた。プロミネンスは、南半球の東縁に見えるが淡い。明日も、晴れの予報ではあるが、今日のように薄雲があれば、満足な状況での観測はできそうにも無い。S20170612800t
2017061203h800tImg_6324mhwc800


2017061203hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6318mhw800t 今日は、午前中は晴れ間が広がったものの、その後は薄雲が広がり、夕方には完全に曇ってしまった。少し透明度は悪いが、太陽の撮影は出来た。黒点群が見えなくなってしまって、白色光では、なんの変哲もないただの白い円盤である。ようく見ると、今週初めまで見えていた黒点群の名残が見えているようである。やはり、黒点群が見えないと白色光では、面白くない。Hα光では、太陽表面の活動が良く判り、面白いが、やはり黒点群があれば複雑な模様が見えてもっと面白くなる。東縁の赤道付近にプロミネンスが見えている。ダークフィラメントは、昨日に北半球の黒点群の痕跡から少し後方の部分に見えていたが、今日は、その前方に新たなものが発生したようである。また、南半球の極に近い所には、昨日と同様にダークフィラメントが見えている。プラージュは、北半球のダークフィラメントのさらに後方が明るく輝いている。なんとか今日も太陽観測が行えた。S20170610800t
2017061011h800tImg_6318mhwc800


2017061011hc800


2017061002e800
2017061001w800

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6302mhw800t 今朝は、北から青空が広がり、いつもの太陽の撮影時には、間に合わなかったもの、午前7時過ぎにはなんとか撮影を開始することが出来た。太陽も、東の方向から北の方に移ってドームのスリットも真東から少し北へ回さないと太陽の光が射さない。お昼には、ほぼ真上から太陽の光が当たって影が小さくなっていた。今日は、快晴までとは行かないが、梅雨に入っているにしては透明度も良く、一時的に曇ったものの比較的良い天気となった。最高気温は29度近くまで上昇したものの、蒸し暑くは無かった。太陽面は、予想どうり、北半球の黒点群は、ほとんど見えない状態となったが、痕跡はあるように見える。Hα光で見ると、その黒点群の痕跡部分がプラージュで少し明るい程度で見えた。ダークフィラメントは、黒点群の後方辺りに小さいが濃いものが見える。また。南半球の極に近い部分に大きなものが見える。プロミネンスは、大きなものは出ていないが、東西の縁に見える。なお、当地は、6月7日に梅雨に入り、明日は午前中は晴れの予報であるが、午後から曇りとなり明後日以降は、ぐずつきそうである。S20170609800t
2017060906h800tImg_6302mhwc800


2017060906hc800


2017060907e800
2017060908w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

シーサイドウオーク2017

シーサイドウオーク2017
P6047320rs 今年も、恒例のシーサイドウオークに参加した。毎年、梅雨に入るか入らないかの微妙な時期で、今年は梅雨前であり、青空が広がる良い天気となった。今回で10回目ぐらいの参加である。サンポート高松に午前8時過ぎに到着し、8時30分から開会行事があり、午前9時ごろ高松サンポート広場から屋島山上を目指した。今年は、そんなに暑くも無く、ハイペースで屋島山上に辿り着いた。休憩は、屋島の麓にある屋島小学校のちょっと南にあるチェックポイントで10分程休憩しただけて、午前10時40分には到着した。屋島は、はるか遠くに見えていたが、だんだんと近づき、屋島の形が判らないほど近づいた後は、屋島山上に向けての山登りとなる。ゴール地点は、屋島の南嶺であるが、それから片道2.5キロほどのハイキングコースを使って、北嶺の遊鶴亭まで歩き、遊鶴亭で昼食を摂った。そこからの眺めは、天気にも恵まれ、瀬戸内海国立公園の美しい景観を堪能することができた。遊鶴亭の途中にある千間堂には、例年のように睡蓮の花が咲いていた。遊鶴亭から南嶺の広場まで戻り、バスを使ってコトデン屋島駅を経由して自宅に戻った。良い汗を掻いたので来年も参加する予定である。P6047318rs
P6047322rsP6047327rs


P6047338rs


P6047340rs
P6047341rs


P6047345rs


P6047348rs
P6047359rs


P6047363rs


P6047371rs

P6047379rs


P6047384rs

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6296mhw800t 朝から少し雲の多い天気となり、太陽の撮影をほぼ終えた時点で、空は雲ってしまった。その後も雲が多く、夕方にはほとんど太陽からの光は途絶えた。比較的涼しい1日で、蒸し暑さは無かった。太陽面は、北半球の黒点群が弱まりつつも、なんとか後続黒点部分が少し大きい状態である。他の場所には黒点群が見えない。Hα光では、北半球の東縁に幅の広いプロミネンスが見えている。西縁にはほとんどプロミネンスは見えない。プラージュは、黒点群のある場所で明るい。ダークフィラメントは、北半球の黒点群の後方、および北半球の西縁に見えるが、拡大像では、北半球の黒点群の後続部で細いが濃いものが見えている。明日は100パーセントの降水確率となっており、あまり見たことの無い降水確率となっている。なお、九州は、梅雨に入ったようである。当地も、明日には入梅かもしれない。S20170606800t
2017060609h800tImg_6296mhwc800


2017060609hc800


2017060603w800
2017060604w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6285mhw800t_2 今朝は、少し雲が多くて太陽の撮影は随分と待たされた。雲の帯が西から東にかけて長く続いており、少し南から北に動くので、なかなかこの雲の帯から太陽が抜け出せない状況となった。やっと7時30分前に雲の帯から太陽が離れて撮影できるようになった。透明度は良いが、シーイングが悪く、この2週間ほどで一番酷かった。太陽面は、北半球の黒点群は思った通り、衰退し始めたようである。先行黒点も後続黒点も小さくなってしまった。Hα光でも、この黒点群の周りのプラージュは小さくなった。プロミネンスは、東縁に数箇所見えるが、西縁ではほとんど見られない。ダークフィラメントも目立たない。明日も、朝の内は晴れ間の予報が出ているが、明後日は雨の降水確率が100パーセントの予報であり、梅雨に入るかも知れない。S20170605800t
2017060507h800tImg_6285mhwc800


2017060507hc800


2017060508e800
2017060509w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6278mhw800t 朝から良い天気となり、ほぼ1日中晴れの天気が続いた。そんなに暑くも無く、湿度も低いので快適である。今日は、早朝の太陽観測を終え、シーサイドウオークに参加してきた。サンポート高松の会場から屋島山上までの約10kmの行程である。今回は、1時間40分で着いてしまった。山上から北嶺へ行き、南嶺に戻ってきて、ほぼ15kmを歩いた。この季節にしては涼しく感じた。さて、太陽面は昨日に引き続き北半球の東、および子午線を少し超えた辺りに黒点群が見えている。東にある黒点群は、先行黒点よりも後続黒点が活動的であり、通常とは逆の様相である。Hα光では、プロミネンスは、南半球の東縁に小さいが明るいものが見えている。プラージュは、黒点群がある場所が明るく輝いている。ダークフィラメントは、北半球に多く見えるが、何れも小さい。今後の黒点群の発達を予想すると、Hαでの活動状況から北半球の黒点群は衰退するように思える。明日も、晴れの予報であり、なんとか太陽を見ることができそうである。S20170604800t
2017060410h800tImg_6278mhwc800


2017060410hc800


2017060405e800
2017060406w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6273mhw800t 昨日に比べて天気が安定していた。といっても、快晴では無く、そろそろ梅雨に入るような感じで、透明度が良くなかった。しかし、梅雨のようなジメジメとして湿度が高い状態では無く比較的涼しい1日となった。夕方近くになって雲が空を覆ってきたが、雨の降ることは無いと思われる。太陽面は、北半球の東縁近くにある黒点群は、経度方向の大きさが10度近くになっている。もう少し回ってきて太陽の中央面に来た時が楽しみになってきた。Hα光では、北半球の黒点群の前方にダークフィラメントが発生したようで、少し濃いものが噴出しているように見える。プロミネンスは目立たない。プラージュは、やはり黒点群の周りが明るく活発な活動となっている。明日も、晴れの予報で楽しみである。S20170603800t
2017060305h800tImg_6273mhwc800


2017060305hc800


2017060306e800
2017060307w800


2017060306ec800


2017060307wc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6258mhw800t 昨晩から雨が降り、雷も鳴ったり、風も時折強く吹いていたが、朝には少し晴れ間が出て、太陽観測ができそうだと思って出勤前の時間をギリギリまで待っていた。しかし、後少しの所で断念した。日中も太陽の光は届くものの、雲が多くて安定した太陽の光は注がなかった。それでも諦めきれず、会社から飛んで帰って太陽の撮影にかかった。太陽がある付近だけが、ずっと雲に覆われたままであり、撮影チャンスを伺った。他の場所は青空であるのに、太陽の付近だけが雲という状況にイライラしてしまった。やっとのことで太陽を撮影できた。太陽面には、昨日北半球から出て来た黒点群が西に移動し、双極性を持つ黒点群であることが判った。他の場所で黒点群は見えない。Hα光では、昨日に子午線付近にあったプラージュは少し衰退してしまった。ダークフィラメントは目立たない。プロミネンスは、南半球の西縁にループ状のものが見えた。明日は、もう少し安定した天気になる予報である。今日は比較的、涼しい1日となった。S20170602800t2017060205h800t
Img_6258mhwc800


2017060205hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6253mhw800t 少し透明度が悪い中での太陽撮影となった。雲も一時的ではあったが太陽の前を通過し、午前6時30分過ぎから1時間ほど空を恨めしそうに見ていた。それでも、なんとか出勤前には太陽を観測できた。太陽面は、北半球の東縁に新たな黒点群が出現してきた。AR2661と名前が付けられている。また、北半球の子午線付近にも黒点群があるようだ。Hα光では、東縁から出て来た黒点群に伴うプラージュと活発そうなプロミネンスが見えている。拡大画像を見ると良く判るが、黒点群からプロミネンスが噴出しているように見える。フレアか?。ネット上に、このプロミネンスの噴出画像が出ているので見てほしい。また、子午線付近にある黒点群に伴う部分が、プラージュで明るい。プロミネンスは、東西の縁に少し大きなものが出ている。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に見えている。明日は、早朝の天気が曇りの予報が出ており、太陽観測ができないかも知れない。S20170601800t
2017060107h800tImg_6253mhwc800


2017060107hc800


2017060111e800
2017060112w800


2017060111ec800


2017060112wc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »