« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6588mhw800t 透明度が極めて悪い朝となった。雲はほとんど無いものの、太陽を肉眼で直視できるほどの輝きでしかなかった。しばらく見ていて太陽高度が少し上がっても改善しないような状況下で、なんとか白色光とHα光で撮影することができたが、コントラストが悪い画像であり、記録の意味では有りかもしれない。太陽面の黒点群は、昨日見えていた黒点群は見えず、替わって北半球の子午線付近に小さな黒点群があるように見える。Hα光では、プロミネンス、プラージュとも目立たず、中央面付近に小さなダークフィラメントがあるだけである。ほんとに、今年の梅雨明け後の天気は、未だかつてない透明度が悪く、雨も降らず雲が多くて、しかも暑い日々である。どうしてなのだろう。しかし、今月の観測数は24日となった。S20170731800t
2017073105h800tImg_6588mhwc800


2017073105hc800


2017073108e800
2017073107w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6575mhw800t 昨晩は、午後11時過ぎから急な激しい雨が降り、びっくりしたが、この雨でも気温は下がらず、熱帯夜であった。いつもの時間でも雲が全天を覆っていて、午前9時を過ぎてようやく晴れ間がでてきた。しかし、透明度は悪く、雲と青空の境は、はっきりしないままであった。白色光で詳しく見てみると、北半球にお黒点群が発生しているのが判った。小さいものの、3個の小さな黒点が見えていた。南半球には黒点群は見られない。Hα光では、プロミネンスは、小さなものばかりで目立たない。ダークフィラメントは、北半球の子午線付近に3個ほど見えている。プラージュは、太陽の中央面で少し明るい部分がある。また、黒点群が発生した場所でもプラージュが見える。午後からは、風もほとんど吹かない状態で、最高気温は34度を少し超えたようである。今晩も、引き続き熱帯夜の予報が出ており、寝苦しい夜になりそうである。まとまった雨が欲しいと思っている。S20170730800t
2017073011h800tImg_6575mhwc800


2017073011hc800


2017073005e800
2017073006w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6564mhw800t 朝の早い時間では、雲が多くて時折雨も降ってくるような天気となった。午前9時を過ぎたころからやっと晴れ間が出たが、完全な晴れはお昼前になってしまった。太陽面は相変わらず無黒点の状態が続いている。Hα光では、プロミネンスも淡いものばかりであり、太陽周辺には目立つようなプロミネンスは見当たらない。ダークフィラメントは、新たに南半球の子午線前に濃いものが発生したようである。プラージュは、明るいものは見られないが、南半球の子午線の少し前に活動的なものが見えている。今日も、このような気象条件で、梅雨明けとは思えない日であり、早く、安定した晴れ間を望むだけである。しかし、水不足は、着々とやってきており、土地では、本日、取水制限に突入した。S20170729800t
2017072908h800tImg_6564mhwc8002017072908hc8002017072912e8002017072911w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6558mhw800t 今朝は、透明度も悪く、雲もあって非常に厳しい中での太陽観測となった。雨はほとんど降らないまでも、常に曇ったような、透明度の悪い日が続く。ほんとに梅雨明けしたのかいささか疑問であると同時に、太平洋高気圧と北の高気圧の様子がおかしいのか、安定した晴れにならない。太陽面は、黒点群も見えず、ほんとうに寂しい限りである。白斑も、この透明度では見ることは期待できない。Hα光でも、太陽の活動は低レベルのようで、プロミネンス、ダークフィラメント、プラージュなどもほとんど判らないぐらいである。明日も、天気予報では曇りの予報であり、良い状態での太陽観測は無理のような気がする。S20170728800t
2017072803h800tImg_6558mhwc800


2017072803hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6550mhw800t 今朝も曇りとなった。ニュースでも話題となっていた東京のように梅雨に逆戻りしたような朝であった。その後は晴れ間が出たものの、いつものような透明度で太陽からの光は弱かった。雲が少なかったため、早く帰宅し、太陽の撮影を行った。シーイングは、太陽高度が低いが悪くは無く、透明度の悪さが残念であった。白色光では、黒点群はおろか、白斑も見えず、ただの球体を見ているようであった。Hα光では、西縁に小さなプロミネンスが見えるが、東縁にあるプロミネンスは極めて淡いものであった。プラージュは、元あった黒点群、これから黒点群になるかもしれない領域に見えていた。ダークフィラメントは、南北の高緯度の西縁に見えた。明日も、早朝には曇りの予報が出ていて、太陽観測が行えるかどうかは判らない。早く、黒点群が発生することを期待している。S20170727800t
2017072708h800tImg_6550mhwc800


2017072708hc800


2017072701e800
2017072703w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6539mhw800t 今朝は、昨晩からの梅雨前線の南下により雨が降っていた。夜中の3時ごろには、雷鳴も轟き、強い雨が降った。戻り梅雨のような天気である。当然、太陽は見えるはずもない。お昼を過ぎてから青空が出て来て太陽の光が射した。夕方にも完全に青空になるものと思い、早めの帰宅をして太陽を撮影したものの、最後のHα光の拡大撮影時には、またまた雲に覆われてしまった。なんとか、白色光、Hα光で太陽を撮影できたのは良かった。太陽面は、北半球の赤道に近い場所で、310度、+3度付近に小さな黒点群が見えた。これで、今日は無黒点では無くなった。でも、あまりにも小さな黒点群であり、目を凝らさなければ見逃してしまうほどである。Hα光では、この黒点群がある場所では、プラージュで明るく輝いている。すぐ近くに小さなダークフィラメントも見える。南半球の東縁近くには、黒点群が発生しそうなダークフィラメント、と磁力線のような模様が見えている。プロミネンスは、西縁に小さなものが見える。明日は、梅雨前線もほとんど消えるようなので、太陽を見ることができると思うが、やはり、先日の梅雨明けは無効になったかもしれない。S20170726800t
2017072604h800tImg_6539mhwc800


2017072604hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽
Img_6537mhw800t 今朝も、薄曇の天気で、透明度は頗る悪い。梅雨明け後であるにも拘わらず透明度が悪い状態が続くのは始めての経験かもしれない。なかなか天気が安定しないというか、梅雨明けしたのに雲が多く、太陽からの光がとても弱い。梅雨明けが今月19日、その後、雨はほとんど降らないものの、青空はほんの少しっであって、夜の星空もさっぱり見えない日が続いている。今朝なんかは、ピントを調整するのも難しいような状況で、白色光の撮影にも手間取った。お昼ごろには少し透明度は改善したものの、夕方前には再び完全に曇ってしまった。太陽面は、黒点群も見えず、静かな太陽面である。Hα光では、南半球の東縁に明るいプラージュが見えているので、黒点群が出てくる気配がした。プロミネンスは、ほとんどが東縁に見えている。ダークフィラメントは、北半球の子午線付近にちいさいものが見えている。明日も、引き続き雲の多い天気予報となっていて、太陽観測は難しいかも。S20170724800t
2017072403h800tImg_6537mhwc800


2017072403hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6530mhw800t なかなか天気が安定しないというか、梅雨明けしたのに雲が多く、太陽からの光がとても弱い。透明度が悪く、カメラのシャッター速度も低いままである。午前9時を過ぎてから少し晴れ間があってなんとか太陽の撮影ができた。その後も雲が多く、透明度は悪い状態が続いた。天気予報では、曇りの天気なので、まあ太陽が撮影できただけでも良しとしたい。白色光では、相変わらず黒点群が見えない状態が続いている。透明度も悪く、シーイングもあまり良くないために小さな黒点群は判らないかもしれない。Hα光では、北半球の子午線付近の赤道近くにプラージュが見えており、黒点群が発生している途中かもしれない。プロミネンスは小さなものばかりで、ほとんど目立たない。ダークフィラメントは、北半球に小さなものが見えている。明日も、晴れ間が期待できないが、今日のように曇りの予報であっても、1日の中で晴れ間が出ることもあるので、早朝には注視したい。S20170723800t
2017072305h800tImg_6530mhwc800


2017072305hc800


2017072306e800
2017072307w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6528mhw800t 今朝も少し雲があり、いつもの時間では太陽観測ができない状態であった。昨晩は、非常に寝苦しい気温と湿度で扇風機とエアコンを併用してなんとか眠ることができた。放射冷却も発生せず、昨日の暑い昼間のの気温が下がら無い状態だったのだと思っている。午前8時を過ぎて、やっと青空が出て来たので、少し透明度は悪かったが、白色光、Hα光とも撮影できた。太陽面は、依然として黒点群が見えない状態であり、非常につまらない。Hα光では、渦が巻いているような部分も見えるがプラージュが発生しているような活動的な部分は見えない。プロミネンスも、大きなものは見られないが、縁には何箇所も見えている。ダークフィラメントは、北半球の東縁近くのものが大きくは無いが、少し濃く見える。梅雨明けはしたものの、あまりにも雲が多い状態であるが、明日、明後日も同じような天気のようである。S20170722800t
2017072208h800tImg_6528mhwc800


2017072208hc800


2017072203e800
2017072204w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6517mhw800t 今朝は雲っていて太陽が見られず、早々と早朝の太陽観測は諦めてしまった。その後、しばらくして青空が広がり、午前10時過ぎには太陽が完全に顔を出した。しかし、透明度は悪く、南の方向には積乱雲が発生していた。そのまま夕方も晴れ、日中の最高気温は34度近くまで上昇した。このブログを書いている時間でも、外気温は31度を超えており、今晩は熱帯夜になりそうである。太陽面は、今日も無黒点となり、静かな太陽面であった。Hα光では、北半球の東縁近くにダークフィラメントが見える。プロミネンスは、西縁に見えるが、あまり明るくなく、大きくもなかった。プラージュは見られない。明日も、晴れの予報にはなっているが、午後から曇りの予報であり、太陽観測はできるかと思うが、薄雲がでると観測時間が長くなってしまうかも知れない。なお、今日の画像は、退社後に撮影したものです。S20170721800t
2017072105h800tImg_6517mhwc800


2017072105hc800


2017072111e800
2017072110w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6509mhw800t 今朝は、透明度は少し悪いが、雲も少なく太陽を観測することができた。日中の最高気温も34度には達しなかったものの、湿度が高く蒸し暑い日となった。太陽面には黒点群が見られず、今日も無黒点となった。ネット上でも今年の無黒点日は、46日となって表示されていた。なんとか黒点群が発生してほしい。白色光では面白みが無く、Hα光でも非常に静かな太陽面となっている。北半球の東縁にはダークフィラメントが見えるが、淡い。プロミネンスも淡いものばかりでつまらない。プラージュは見られない。明日の朝は曇りの予報が出ており、今年はいつもの梅雨明け後1週間の良い天気では無いようである。S20170720800t
2017072011h800tImg_6509mhwc800


2017072011hc800


2017072006e800
2017072001w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6507mhw800t 今朝は雲に覆われ太陽からの光は届かなかった。お昼前には雲が取れ、太陽からの光が気温を上昇させた。午前中には、関東、東海、近畿、中国と梅雨明けのニュースが入ってきた。当地もそろそろ明けても良いものだが、水不足になることが心配されるので、もう少し雨が降ってから明けて欲しいものだと思っていた。しかし、午後2時過ぎには、当地も梅雨が明けたとのニュースでがっかりした。梅雨が明けても、そんなに強い太陽の光で無いので、少しがっかりもした。とにかく、水不足をどのように克服するかが問題である。節水に心がけようといつも思っている。夕方近くになり、晴れていたので、急いで帰宅し、太陽の観測を行うことができた。太陽面には黒点群が無くなってしまった。しばらく黒点群が無い状態になるかもしれない。Hα光では、北半球の東縁に淡いがプロミネンスも出ており、黒点群を期待したい。ダークフィラメントは目立たず、プラージュもほとんど見えないが、北半球の西縁に小さな明るい部分が見える。当地では、しばらくは、太平洋高気圧の縁に当たるので、透明度の悪い状態が続くのではないかと思っている。S20170719800t
2017071904h800tImg_6507mhwc800


2017071904hc800


2017071908e800
2017071906w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6497mhw800t 今朝は雲が多く、しかもだんだんと空全体に雲におおわれてしまった。なんとか20分ほどで撮影を終えた後は、完全に全天が雲ってしまった。お昼を過ぎてから青空が戻ってきて最高気温は34度を少し超えて湿度も高くて暑い日となった。透明度は悪くて、ここのところの定番の透明度のようである。雨が欲しいのであるが、雨が欲しい場所には雨が降って来ない。今年も、水不足が発生しそうで心配である。さて太陽面は、南半球の黒点群も明日には西没のようである。黒点群の型もH型になってしまい、周辺にはほとんど黒点が見えない。東縁からも黒点群が出てこないので、明後日には無黒点状態になるかもしれない。Hα光では、北半球の東縁に少し明るいプロミネンスが見えるものの、大きなものは見られない。ダークフィラメントも昨日まで見えていたものが消えてしまったようである。プラージュは、黒点群がある場所でなんとか見えている。今日の天気予報では、終日曇りのようであったが、概ね晴れの状態が続いた。S20170717800t
2017071703h800tImg_6497mhwc800


2017071703hc800


2017071708e800
2017071709w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6491mhw800t 今朝も透明度が悪い。北北東から昇って来る太陽も眩しくなく、太陽高度が30度近くになっても太陽の光が少し輝きが鈍っている。最初にHα光で太陽面を撮影していても、本来の明るさで撮影できず、透明度が改善するまで待った。やっと午前8時過ぎに薄雲みたいな中から太陽の光がいつもに近い輝きで地上に注いだ。しかし、完全な状態とは言えない。白色光での太陽面は、北半球の黒点群はほとんど見えない状態となった。南半球の黒点群も先行黒点のみ目立つ状態であり、後続黒点は淡くなってしまった。Hα光では、活動的なプロミネンスは見られない。南半球の西縁に少し明るいものが見える。ダークフィラメントは、北半球の子午線を少し越えた辺りに濃いものが見える。プラージュは、南半球の黒点群に伴う部分が少し明るい。南半球の黒点群も、後2日ほどで西没してしまい、再び無黒点の状態になるのかも。明日の天気予報では、お昼前までは晴れの予報が出ているが、どうなるか注目したい。S20170716800t
2017071608h800tImg_6491mhwc800


2017071608hc800


2017071614e800
2017071610w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6485mhw800t 昨日と同様、透明度が悪い朝となった。雲は昨日よりも少ないものの雲と空の境界がはっきりしなかった。日中の最高気温は33度近くまで上昇し、湿度も高くて、動かなくても汗が出てくる陽気であった。蝉の声も梅雨明けを思わせるような朝からの蝉時雨も聞こえて、夏本番のようであった。太陽面は、北半球の1個の黒点群が西没となり、残っているもう1群の黒点群も小さくなってしまった。南半球の黒点群も、すっかり後続黒点が見えなくなり、ほぼ先行黒点だけとなってしまった。北半球に1群、南半球に1群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンスは目立たず、東西の縁には小さなものばかりであった。ダークフィラメントは、北半球の子午線付近に進んできたものが目立つ。プラージュは、すっかり弱まって、太陽面は活動的では無くなった。明日もなんとか晴れると思うが、東縁からの黒点群が出現することを期待したい。S20170715800t
2017071511h800tImg_6485mhwc800


2017071511hc800


2017071502e800
2017071501w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6473mhw800t 透明度が悪い朝となった。少し雨が降ってくれると透明度も少し良くなるのではと思っている。しかし、湿度が高いため、真っ青な空は期待できないのかもしれない。時折、雲が太陽面を通過して出勤前の時間には、いつものように太陽面を隠してしまって完全な状態での撮影はできなかった。太陽面は、昨日と同様、北半球に2群、南半球に1群の黒点群が見えた。南半球の大きな黒点群は、今日になって大きなフレアを発生させたとネットで画像が表示されていた。白色光で見ると、先行黒点の周りに小さな黒点が半分ほど周りを囲んでいた。後続黒点は、昨日よりもずっと衰退したように見える。Hα光では、北半球の黒点群の内、中央面に近い場所にある黒点群にも磁力線の流線のような模様が見える。南半球の黒点群には、ダークフィラメントも黒点群の上にあるように見えた。北半球のダークフィラメントもかなりの大きさで濃く見える。プロミネンスは目立たない。プラージュは、北半球の西縁にある黒点群付近が明るかったが、撮影時には収まった。明日は、少しでも透明度が改善して欲しい。S20170714800t
2017071404h800tImg_6473mhwc800


2017071404hc800


2017071406e800
2017071407w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6461mhw800t 今朝は、晴れていたが薄雲が通過したりして透明度の悪い朝となった。少し透明度が良くなって白色光を撮り、Hα光を一通り撮ったが、その後は厚い雲に覆われて、出勤前の時間では良い状態での太陽面の撮影はできなかった。日中は、比較的晴れ間が広がり最高気温は32度を超えて真夏日となった。太陽面は、南半球の1群の黒点群と北半球に2群の黒点群が見えた。南半球の黒点群は、東西の大きさは変わらないが、後続黒点の部分は暗部の部分が小さい。Hα光で見ると、南半球の黒点群の先行黒点ばかりが目に付く。全体としては、先行黒点の周りに磁力線の流線が大きく見え、プラージュの範囲も大きく見える。ダークフィラメントは、東半球に2本見える。プロミネンスは、淡くてあまり目立たない。さて、南九州では梅雨が明けたようで、当地でも梅雨明けが待たれるようになってきた。もう少し雨が降って水不足にならないよう願うばかりである。S20170713800t
2017071307h800tImg_6461mhwc800


2017071307hc800


2017071303e800
2017071305w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6455mhw800t 早朝には青空が見えていたものの、いつもの時間には雲が全天を覆い太陽を見ることができなかった。その後は予報とは違って晴れ間が出て太陽の光が射してきた。夕方には少し雲が多くなったがなんとか太陽の撮影をすることができた。南半球の黒点群は、子午線を少し過ぎたところで少し活動が弱まったように見える。後続黒点が少し小さくなったようである。北半球には、2群の小さな黒点群も見えた。Hα光では、太陽高度が低くなり、薄雲があったため、太陽面にムラができてしまった。拡大した画像も撮影はできたが良い画像にはならなかった。プラージュが黒点群がある場所で見えている。ダークフィラメントは大きく濃いものは見えないが、南半球の黒点群の前方にあるのが目立った。プロミネンスは、南半球の西縁に少し明るいものが見える。東縁にあるプロミネンスは淡い。明日は、予報では晴れのであるが、うまく晴れればまだまだ大きな黒点群の様子を見ることができそうである。S20170712800t
2017071205h800tImg_6455mhwc800


2017071205hc800


2017071206w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6453mhw800t 今朝は、6時過ぎに雨が降り、直ぐに雨は止んだものの、分厚い雲に覆われて太陽を見ることができなかった。今日の予報では、一日中曇りの天気であったが、その後、お昼前には青空が広がり太陽の光が地上を照らした。少し雲はあったものの、夕方まで太陽の光が注いだ為、業務終了時刻には、会社を飛び出し、帰宅して太陽観測を始めた。しかし、南西から北東に向けて雲が進んできて太陽を遮った。その後、青空が見える場所が広がったが、今度は西の方向へ雲が動き始めて太陽をずっと隠し続けた。変な雲の動きにうんざりであったが、なんとか薄雲を通して1枚だけ太陽の白色光だけ撮影できた。南の空には積乱雲がそびえて雷鳴も聞こえた。その太陽であるが、まさしく中央面を通過する直前で、大きな広がりを持つ黒点群を見ることができた。その他の場所には黒点群は見えない。ネット上では、この黒点群の大きさを記しており、木星ほどの大きさであること、大規模なフレアが発生する可能性があるとのことである。Hα光で見たかった。明日も曇りから雨の予報である。S20170711800t
Img_6453mhwc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6447mhw800t 今朝も昨日に続いて、一日中雲りの天気となり、お昼過ぎからは雷鳴が聞こえ、空が暗くなったものの雨は降らなかった。しかし、ネット上の気象関連サイトで当地の近くを見ると、赤い表示が南の方角にずっと居座ったままであった。今日も、早朝から太陽を見ていたが、ほんの少しだけ太陽が青空部分に来た時を狙って太陽画像を取得することができた。南半球の黒点群は、昨日よりも少し発達して見えている。先行黒点が大きく、後続黒点は小さいが、多くの黒点が見える。他の場所には黒点群が見えないので、もっと黒点群が出て欲しい。Hα光では、東縁に見えるプロミネンスがとても面白く、北半球のものは、南半球のものと比べて明るいが、小さい。南半球のプロミネンスは、広がりがある。プラージュは、黒点群の周りに見えるが、特に先行黒点と後続黒点の間が明るく見える。また、磁力線のような模様も見え、大きな黒点群の様相である。ダークフィラメントは見られない。なお、夕方には激しい雷雨に見舞われた。S20170709800t
2017070906h800tImg_6447mhwc800


2017070906hc800


2017070908e800
2017070910w800


2017070908ec800


2017070910wc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6436mhw800t 天気の悪い1日となった。ほとんど1日中曇りの天気が続き、夕方には雷鳴もあり、雨も降った。早朝から粘って、お昼過ぎに少し太陽が顔を出して、なんとか白色光とHα光で太陽面を撮影することができた。南半球の東縁から出て来た黒点群は、経度方向に10度を超えており、先行黒点群が大きい姿である。後続黒点群が少し複雑になってきて、中央面付近に来るのが楽しみとなってきた。他の部分には黒点群は見られない。Hα光では、東縁にプロミネンスが見えており、北半球のにある方が明るい。黒点群の後方に見えるプロミネンスは、淡いが大きい。昨日見えていた北半球の西縁近くのダークフィラメントは見えなくなってしまった。プラージュは、黒点群の付近に見えている。明日の天気予報では、雨の予報が出ており、太陽は見られないかも知れない。今日、太陽が見えたのは幸運であった。S20170708800t
2017070805h800tImg_6436mhwc800


2017070805hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6430mhw800t 今朝は、雨が降っていて、天気予報も、雨が一日中降るとのことであり、太陽観測を諦めていた。お昼前から太陽が顔を出してきたので、ネットで雲の衛星画像を見ると晴れ間が出ていて、しばらく雨が降らない状況だったので、早々と帰宅して太陽を望遠鏡に導入してなんとか白色光を撮影できた。Hα光は、方向を決定するための画像が撮れなかったため、少し傾きがおかしい画像となった。太陽面は、南半球の東縁から少し大きな黒点群が現れた。南半球の黒点群はしばらく見ていなかった。他の部分には黒点群は見られない。Hα光でもなんとか1枚撮影したものの、その後は雲ってしまった。北半球の西縁に大きなダークフィラメントが見えている。プロミネンスは薄雲もあってはっきりしない。プラージュは、南半球の黒点群の周りが明るく輝いている。7月3日からの降雨で、早明浦ダムには、恵みの雨となったが、九州では、降雨による甚大な被害が出てしまった。必要な雨であるが、あまりにも多いと大変なことになってしまうのが現実であり、自然の猛威を感じた。S20170707800t
2017070701800tImg_6430mhwc800


2017070701c800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6427mhw800t 今朝は、晴れと思いきや太陽の前にはずっと雲が掛かっていた。他の部分には青空も見えるが、絶えず太陽付近だけが雲に覆われ、お昼過ぎまでこの雲に邪魔された。お昼過ぎになって少し薄雲はあるが、なんとか太陽の撮影が行えた。その後は雲が増え、太陽からの強烈な光は地上に届かなかった。それでも、最高気温は35度近くまで上昇し、暑い日となった。太陽には、西縁に沈みかけの黒点群1群のみで、良く見ないと判らないほどである。南半球はもちろん、北半球にも他の黒点群が見られない。Hα光では、北半球の東にダークフィラメントが少し目立つ。また、南半球の高緯度にも見える。プロミネンスは目立たない。プラージュは、数箇所見えるが、北半球の西縁にある黒点群付近が一番明るい。台風3号が発生し、雨を期待したいが、災害が発生しないよう願うばかりだ。S20170702800t
2017070205h800tImg_6427mhwc800


2017070205hc800


2017070207e800
2017070209w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_6418mhw800t_2 一週間ぶりの太陽観測が行えた。梅雨に入っても雨が殆ど降らず、水がめである早明浦ダムにもほとんど雨が入ってこない状況が続いている。他の場所では、災害が出るほどの雨が降っているにも拘らず、必要な場所には、雨がほとんど降らないことが多くなってきたような気がする。今朝は、やっと晴れて日中の最高気温は30度を超え、風はあるものの、暑い日となった。今日は、その後も太陽の光は射すものの、雲が覆う時間が多かった。太陽面は、北半球の西縁に近づいた黒点群があるのみで、他の場所には黒点群は見られなかった。Hα光では、プロミネンスは目立たない。北半球の東縁には、ダークフィラメントが見える。プラージュはほとんど見えない。明日も、梅雨の晴れ間が出るようなので、貴重な晴れ間を活用したい。S20170701800t
2017070107h800tImg_6418mhwc800


2017070107hc800


2017070104e800
2017070103w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »