« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7726mhw800t 今朝も晴れた。ここ9日間は、雨や曇りの日が無く、晴れの日が続いている。しかし、透明度は悪く、山から出て来た直後で太陽高度が10度を超えているのに太陽の日差しが弱い。太陽高度が30度になっても、やはり太陽の光は弱かった。5日に1度ぐらいは雨が降らないと、透明度が悪い気がする。太陽面は、昨日から見えている黒点群がはっきりとしてきた。白色光での画像でも、小さいながら確認することができる。Hα光では、プロミネンスの小さなものが南半球の東縁に見えている。ダークフィラメントは目立たない。なお、Hα光での撮影途中、急激に明るく輝きだしたフレアがあったが、直ぐに収まった。幸いにも、Hα光の拡大撮影途中であり、この現象を捉えることができた。通常の白色光では、ほとんど見ることのできない現象も、Hα光だと比較的容易である。明日も晴れそうで、この黒点群が発達することを期待したい。S20180331800t
2018033106h800tImg_7726mhwc800


2018033106hc800


2018033114e800
2018033113w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7719mhw800t 今朝も、透明度はあまり良くない状態で、日中も太陽の光は弱かった。北から高気圧が降りてきたので、昨日よりも7度も最高気温が低く気持ちの良い気候である。空気も乾燥しているようで、先週始めに降った沢山の雨による田んぼのぬかるみも、完全に乾いてしまった。太陽面には、待望の黒点群が現れたので、これからが楽しみである。現れたのは、南半球の東縁であるが、小さな黒点群なので、画像では判りにくい。Hα光での画像を見ると判るが、プラージュを伴っている。プロミネンスは、東縁に小さな目立たないものが見えるだけで、ダークフィラメントは見えない。S20180330800t
2018033010h800tImg_7719mhwc800


2018033010hc800


2018033005e800
2018033006w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7717mhw800t 毎日、同じような天気が続いているが、日ごとに最高気温は上昇している。今日の最高気温は25度には届かなかったものの、もう少しで夏日になるところであった。透明度は相変わらず悪く、しかも、今朝のシーイングは最悪に近かった。太陽面には黒点群は見えず、ほんとうに黒点群の発生が待ち遠しい。今朝は、中国の天宮1号が見えるということで、午前4時半に起床して南天を見ていたが、見ることができなかった、何故だろう。天宮1号は、制御不能で地球に再突入するようであるが、人や建物等に被害がでなければ良いなと思っている。今のところ、3月31日から4月2日が予想されているが、4月1日の可能性が一番高いようである。明日も、晴れの予報であるが、透明度、シーイングは良くなってほしい。S20180329800t
2018032906h800tImg_7717mhwc800


2018032906hc800


2018032910e800
2018032908w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7711mhw800t 今朝は、少し透明度が悪い程度となり、太陽観測がスムースに行えた。日中の最高気温は23度を超えた。隣の幼稚園の桜も、自宅近くの川岸にある桜も、ほぼ満開の状態となった。咲き始めから、こんなに早く満開となることは記憶に無いぐらいである。さて、太陽面は無黒点が続いている。北半球の西縁近くに黒点群があるようにも見えるが、確定ではない。Hα光では、南北半球の東縁にプロミネンスが見える。今日で、1週間も雨が降っていなくて、この季節では珍しいことである。しかし、黒点群が見えないのは、やはり寂しい。S20180328800t

2018032810h800tImg_7711mhwc800

2018032810hc800


2018032804e800

2018032803w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7705mhw800t 今朝は、薄雲が太陽の前をずっと進み、なかなか太陽本来の輝きにならず出社前の時間帯では、透明度の悪いままの撮影となった。そのため、Hα光の拡大撮影を薄雲の中でやっとできたが、全体画像は撮ることができなかった。白色光の方も、コントラストの悪い画像となった。太陽面には、黒点群は見えない。Hα光で見ても小さなプロミネンスだけである。SpaceWeather.comを見ると、黒点群の減少の影響で紫外線が減少したことで、地球の上部の大気が冷却されて中国の「天宮1号」ロケットの摩擦が減少し、このロケットの地球への再突入が遅れていると書いてあった。この中国のロケットは、全長が10メートル、質量が8.5トンと大きく、制御不能に陥っており、地球のどこかに近々落ちるらしい。とても心配である。今年に入って無黒点日は57パーセントとなった。日中の最高気温は23度近くまで上昇し初夏の様相である。S20180327800t
Img_7705mhwc8002018032704e800


2018032703w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7699mhw800t 今朝も、昨日に引き続いて透明度が悪かった。最高気温は、22度を近くまで上昇し、日向では少し暑いぐらいであった。相変わらず、今日も無黒点日となり、黒点が出ていないことが普通に思えてくる。白色光で見る太陽は非常につまらないものとなっているが、Hα光で見る太陽は、小さいながらもプロミネンスが縁に数箇所見えており、拡大した画像では、少し楽しめる。SpaceWeather.comでは、オーロラがアラスカ、カナダの北部で出ているようで、まだまだオーロラの嵐がネット上に掲載されている。いつかは、オーロラを見てみたいものである。明日も、なんとか太陽観測ができそうであるが、黒点群の発生を期待したい。S20180326800t
2018032605h800tImg_7699mhwc800


2018032605hc800


2018032610e800
2018032609w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7693mhw800t 透明度の悪い朝であり、一日を通して透明度が悪かった。最高気温は、19度を超えたものの、風があって気持ちの良い日でもあった。太陽面には相変わらず黒点群が見えず、無黒点日となった。Hα光では、小さなプロミネンスが太陽の縁に見えるが、プラージュやダークフィラメントは見えない。さて、桜の開花であるが、当地では昨日開花の発表があった。自宅横の幼稚園にある桜の木も咲き始め、地面に近い部分が淡い桜色となった。明日も引き続き晴れの予報となっているが、今日のように透明度が悪いと早朝での太陽観測は難しくなると思われる。S20180325800t
2018032509h800tImg_7693mhwc800


2018032509hc800


2018032504e800
2018032503w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7687mhw800t 今朝は、太陽の光が眩しかった。日中の気温も、風が吹く割には上昇し、車の中では少し暑いぐらいであった。しかし、家の中では、まだまだひんやりとして寒かった。太陽面には黒点群が見えない。Hα光で見ても、ほんとに静かというか、活動域が見えない。プロミネンス、プラージュ、ダークフィラメントもほとんど見当たらない。久々の黒点群の出現に期待したい。最低気温は2度、日中の最高気温は17度を超えた日であった。明日は、さらに気温が上昇する予報となっており、当地でも桜の開花があるかも知れない。S20180324800t

2018032405h800tImg_7687mhwc800





2018032405hc8002018032409e800_22018032408w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の太陽面

昨日の太陽面
Img_7681mhw800t ここの所、天候が悪くて太陽観測ができなかった。まさに菜種梅雨の様相であり、平年と比べると300パーセントを超える雨量を示している。今朝は、久々に晴れて太陽を見ることができた。望遠鏡を制御しているPCが、Windowsの不良となり使うことができず、太陽を手動で導入せざるを得なかった。幸い、帰宅してWindowsで失われたファイルを復元することができて復旧することができた。太陽面には黒点群は見えず、今日も無黒点日となった。年明けから、無黒点日となったのは45日となっている。Hα光では、北半球の東縁にプロミネンス。南半球の西縁の高緯度にが見えるほかは、プラージュ、ダークフィラメントも見えない。寂しい太陽面であった。S20180323800t
2018032306h800tImg_7681mhwc800


2018032306hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7675mhw800t 朝は少し冷えたが、日中は気温が上昇して春の陽気となった。風は少しあったが午前中は曇りも少なく太陽の光も注いだ。最高気温は15度近くまでになったようである。太陽面には、北半球の西縁近くに黒点群が発生した。小さな黒点群ではあるが、待望の黒点群である。Hα光では、この黒点群の周りにプラージュが見える。南半球の東縁にはプロミネンスが見えるが、ダークフィラメントは北半球の極付近に少し見える。明日からしばらくの間、雨や曇りの予報が出ており、太陽観測は無理のようである。S20180318800t
2018031809h800t
Img_7675mhwc800


2018031809hc800


2018031806e800
2018031805w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7669mhw800t 今朝は冷え込んだが、朝から青空となり太陽の光が一日中注いだ。しかし、最高気温は12度までしか上昇しなかった。太陽面には北半球の西縁近くに黒点群があるようにも見えるが、定かでない。昨日のネット上では、黒点群があったようであるが、当地では観測できず、確認が今日になってしまったので、確認してみたが黒点群は見えなかった。Hα光でも、白色光と同様、静かな太陽面にしか見えず、面白くない。北半球の極に近い部分にダークフィラメントが見えるが、他の部分にはプラージュも見えない。プロミネンスも極僅かであり、小さな、ものばかりである。東京では、本日の午後に桜の開花が発表された。今夕も、金星と水星が西空に見えていて、美しかった。明日も、晴れる予報となっているが、午後からは曇りとなり、明後日は雨が降りそうである。S20180317800t
2018031705h800tImg_7669mhwc800


2018031705hc800


2018031710e800
2018031711w800


Img_8723t

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7663mhw800t 昨日に引き続き、春の陽気となった。高知県の高知城では桜の開花があったようである。高知城の桜の標準木には、午前中には1輪、午後には3輪が咲いていたそうであるが、午後になって気温が上昇したため、今日、3度目の調査を行ったそうで夕方には6輪が咲いていたため、桜の開花としたそうである。基準となるのは、5輪以上咲くことが条件となるようである。当地でも、ソメイヨシノは未だのようであるが、早咲きの桜は、あちこちで咲いている。さて、太陽面であるが、今日も無黒点日となった。晴れて、太陽の観測が出来るのは良いが、黒点が無いと観測意欲も無くなる。Hα光でも、目立つようなプロミネンスも無く、寂しい限りである。明日は、雨が降るようで、今日の最高気温よりも7度も低くなる予報が出ている。S20180315800t_2
2018031511h800tImg_7663mhwc8002018031511hc800


2018031505e800


2018031506w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7657mhw800t 春の陽気となった。朝の最低気温も7度近くあり、日中の最高気温は21度にもなった。しかし、透明度は悪く、一日を通して春霞の状態となった。太陽面は、変わらず無黒点日が続いている。Hα光でも、一見するとHα特有のプロミネンス、プラージュ、ダークフィラメントを見ることができない。詳しく見ると、中央面付近にほんの少し輝く小さな輝く点が見える。とにかく、見栄えのしない太陽面であり、面白くは無い。明日も、晴れるが、雲が多くなって夜には雨の予報が出ている。S20180314800t
2018031406h800t

Img_7657mhwc800


2018031406hc800


2018031410e800
2018031409w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7651mhw800t 今朝も、透明度の悪い朝となった。おまけに薄雲も通過する有様であり、早い時間から望遠鏡を太陽に向けていても、なかなか撮影することができなかった。最低気温も比較的高く、日中の気温は19度を少し超えて暖かな日となった。しかし、太陽光線は鈍い状態であった。太陽面も、白色光では、黒点群も見えず面白くない。Hα光でも、大きなプロミネンスは見えず、ほんのちょっと見えるだけであった。プラージュ、ダークフィラメントもほとんど見えない。明日も、晴れるようであるが、透明度は依然として悪い状態であると思われる。黒点群の出現を待ちたい。S20180313800t
2018031307h800tImg_7651mhwc800


2018031307hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7645mhw800t 今朝は、少し透明度が下がった。冷え込んだが、氷点下にはならず、日中の最高気温も昨日と同じような気温となり15度に達した。透明度は1日中改善せず、夕方には少し薄雲もかかって、金星、水星も写真に撮るには適さなかった。太陽面は、昨日と同様であり、黒点群は見えなかった。Hα光では、プロミネンスも小さなものがちらほら、ダークフィラメント、プラージュは見えなかった。明日も、晴れるとの予報であるが、この薄曇の状態だと太陽の撮影も厳しい。大きな黒点が発生すれば、多少の薄曇であってもなんとか太陽らしい姿になるのだが。ほんとうに、太陽活動が低調である。S20180312800t
2018031208h800tImg_7645mhwc800


2018031208hc800


2018031203e800
2018031204w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7639mhw800t 今日も、昨日に続いて一日中晴れの良い天気となった。しかし、透明度が悪く、太陽の周りは青い空に見えず太陽の光が弱かった。それでも、午後からは日差しを浴びると少し暑く感じた。日中の最高気温は16度近くまで上昇した。太陽面は、今日も無黒点日となった。Hα光では、昨日とほとんど変わらない姿であったが、プロミネンスは小さなものばかりとなった。大きなダークフィラメント、活発なプラージュは見えない。昨日と同様に夕方の西空に、水星が見えると思って昨日よりも少し早い時間に西空を見た。あれっ!!、西の空には、水星とは違う明るい星が見えていた。少し見ていて、金星だ判り、水星はどこにと探せば、金星の右上方に水星が確認できた。しばらく見ていると、金星が沈み、続いて水星が西の山端に隠れて行った。金星は、これからいよいよ日没後の西の空で、宵の明星として輝く姿が見える。S20180311800t
2018031106h800tImg_7639mhwc800


2018031106hc800


2018031110e800
2018031109w800


Img_8698st

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月10日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7633mhw800t 今日は、一日中晴れの良い天気となった。しかし、太陽の光が降り注いだ割には気温はあまり上昇せず少し寒かった。太陽面は、相変わらず無黒点日が続いている。Hα光で見て、子午線付近にある淡いダークフィラメントと少しだけ周りよりも明るいプラージュがあるだけである。プロミネンスは、小さいものが東半球の南北に見える。夕方、食事を終えて太陽画像の処理を行うために外に出た時、西の空に水星が見えた。晴れれば、ほとんどの夜は、戸外に出て空を眺めることにしている。今日は雲も無く、山の直ぐ上に明るい星が見えたので、いつもと違うなと思って確認すると水星と判ったので、急いでカメラを持ち出し、ドームの手すりを支えにして水星を撮影することができた。ほんの10分遅ければ、水星の姿を写すことはできなかっただろう。S20180310800t
2018031010h800tImg_7633mhwc800


2018031010hc800


2018031003e800
2018031004w800


Img_8685st

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7623mhw800t 今日は、昨日に比べて寒い朝となったが、山の端から出てくる太陽を見ることができた。しかし少し薄曇であり、透明度は悪かった。その後も青空とはならず、お昼前には太陽の光が弱かった。なんとか、薄雲を避けて白色光とHα光の太陽を撮影することができた。太陽面は、寂しい状態であり、今日も無黒点日となった。Hα光では、南北半球の東縁にプロミネンスが見える。ダークフィラメントは、小さなものが見える。昨日、薄雲の中で見えていた北半球の大きなダークフィラメントは消え去っていた。明日から、明後日にかけては、速度の遅い低気圧の影響で、雨が長引きそうである。S20180307800t
2018030706h800tImg_7623mhwc800


2018030706hc800


2018030709e800
2018030711w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7621mhw800t 今日は、暖かというより春の真っ只中のような陽気となり、最高気温は18度を超て少し暑かった。太陽面は、またまた無黒点日になってしまった。北半球の東縁に、黒点群のようなものが見えるような気がする。しかし、黒点群として数えることができない。Hα光では、南半球の東縁に昨日から見えているプロミネンスが大きくなった。ダークフィラメントは、南半球の東縁、北半球の高緯度で、西縁に近い所に見えている。プラージュは見えない。明日は、曇りから雨の天気になり最高気温も20度が予想されている。つい最近まで氷点下の最低気温となっていたことが、嘘のようである。S20180304800t
2018030414h800tImg_7621mhwc800


2018030414hc800


2018030404e800
2018030403w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7613mhw800t 朝のうちは晴れて太陽の光も届いたが、お昼前から薄曇となり、夕方には完全に雲ってしまった。今朝の透明度は通常に戻った。シーイングも午前8時前には酷い状態であったが、午前8時を少し超えたあたりから改善した。太陽面には、北半球の西縁に黒点群があるように見えるが、はっきりしない。Hα光では、南半球の東縁に大きなプロミネンスが見えた。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に見える。プラージュは、黒点群があると思われる場所に見えている。明日も、晴れがあるようだが、黒点群が発生してほしい。S20180303800t

2018030312h800tImg_7613mhwc800


2018030312hc800


2018030307e800
2018030308w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_7609mhw800t 昨日の嵐は過ぎ去ったものの、今朝の空は透明度、シーイング共に悪い状態で、太陽の縁がギザギザに見える。昨日ほどの強い風は吹いていないが、風が少し冷たかった。太陽面には黒点群が見えない。ほとんど衰退してしまったので、この悪いシーイングで見えなかったのかも。Hα光では、黒点群があると思われる場所に、ダークフィラメントが見えている。北半球の高緯度の中央面にもダークフィラメントが見える。プラージュは見えない。プロミネンスは、南半球の東縁に見える。明日も、午前中は晴れる予報となっているが、午後には曇るようである。S21080302800t
2018030205h800tImg_7609mhwc800


2018030205hc800


2018030211
2018030210

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »