« 本日の太陽面 | トップページ | 本日の太陽面 »

2018年12月31日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9204mhw800t 戌年として最後、平成として最後の大晦日となった。朝から、雲が多く、予報では午後から晴れる予報であったが、お昼を過ぎても、雲が多くて雲の切れ間から白色光とHα光での撮影ができたのは、午後3時ごろとなってしまった。残念ながら、Hα光の拡大撮影は雲が多くて撮れなかった。その後も、ほとんど全天に渡って雲の多い日となり、午後の8時になっても雲が多かった。太陽面は、今日も無黒点となった。Hα光では昨日と違って、西縁にプロミネンスが見えた。プラージュは、北半球の子午線付近にあるようだが、黒点群としては、見えない。また、南半球の西縁と子午線の中間にも僅かにプラージュが見られる。ダークフィラメントは、昨日と同様に南半球の高緯度に見えている。明日は、午前中には晴れ間が出る予報が出ているが、午後には曇るようである。S20181231800t
2018123106h800tImg_9204mhwc800


2018123106hc800

|

« 本日の太陽面 | トップページ | 本日の太陽面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日の太陽面:

« 本日の太陽面 | トップページ | 本日の太陽面 »