« 本日の太陽面 | トップページ | 鰻のまる忠 »

2019年2月27日 (水)

ディスカバリーパーク焼津天文科学館

ディスカバリーパーク焼津天文科学館
P2229470rs 先日、用事があって静岡県の焼津市にあるディスカバリーパーク焼津天文科学館へ行き、法月さんが作った望遠鏡を見てきた。町の鉄工所を生業してきた御主人が、電波望遠鏡を始めとして数々の大きな望遠鏡を制作してきたことは、天文仲間の間では有名であった。生前、お会いすることはできなかったが、何箇所かの法月さんが制作した望遠鏡を何度も見ていた。直径が8メートルのドームに80センチの鏡の望遠鏡がドーンと鎮座していた。個人所有とは比べ物にならないほどで、その大きさに圧倒されてしまう。訪れた日は、少し薄雲がかかってはいたものの、無事に昼間のカペラを見ることが出来た。大きな望遠鏡を使って昼間の恒星を見るのも楽しいものだと思った。この望遠鏡の鏡は、私がお世話になった池谷薫さんが磨いた鏡で、何回か、お話をすることができた方である。池谷さんは、静岡県の森町に在住で、今度は、お邪魔したいと思っている。何でも、法月さんは、350台もの望遠鏡を作ったそうで、日本各地で法月さんの作った望遠鏡が稼働している。天文台のドーム横の屋上には、太平洋や富士山も眺めることができるテラスがあり、この場所で移動用の望遠鏡を使って夜の天体観察会が開かれるようである。機会があれば、夜空の下で法月さんの作った望遠鏡で星を見たいと思っている。なお、訪れた時、科学館の女性(山本)さんには望遠鏡の説明と、カペラを見せていただき、ありがとうございました。P2229447rs
P2229452rsP2229459rs


P2229413rs


P2229410rs
P2229437rs


P2229418rs


P2229463rss

|

« 本日の太陽面 | トップページ | 鰻のまる忠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディスカバリーパーク焼津天文科学館:

« 本日の太陽面 | トップページ | 鰻のまる忠 »