« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9865mhw800t  今日の天気は予報とは違って晴れ間がほとんど無かった。朝は完全に曇っていて、お昼前に少しだけ晴れたが、薄曇であり、北西方向から絶えず雲が進んできた。午後からは夕方まで曇り、日中の気温も気温の割には日差しがほとんど無いため肌寒かった。太陽面には黒点群は見られない。Hα光でも、コントラストが悪いことからプロミネンスはほとんど目立たなかった。プラージュ、ダークフィラメントも目立たなかった。明日からしばらく雨や曇りの予報が出ており、太陽観測はできないようだ。S20190428800t 2019042803h800t Img_9865mhwc800 2019042803hc800

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9858mhw800t 今朝は、少し雲は多いものの、晴れ間が広がった。西よりの冷たい風が吹いて風に当たると寒かった。季節が逆戻りしたような天気で、日中の最高気温も17度を少し超えた気温となった。半袖では寒い。現在の気温も下がっていて13度を下回った。今日から空前の10連休が始まり、観光地の多くは賑わっているようで、各地で渋滞のニュースが流れている。太陽面は、無黒点の日が続いている。Hα光で見ても、太陽面にはプラージュやダークフィラメントは見えない。プロミネンスも、淡くて小さなものがいくつか出ているものの、明るく大きなものは出ていない。それにしても、季節はずれの寒気が当地にも降りてきて、労働してもあまり汗を掻かない日であり、庭の木々の剪定は楽であった。S20190427800t 2019042706h800t Img_9858mhwc800 2019042706hc800 2019042711e800 2019042712w800    

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9853mhw800t  朝から曇っていて太陽の撮影はなかなか進まなかった。少しの青空は出るものの、青空が長続きせず、午前10時を過ぎて、青空が長続きするようになり、太陽面の撮影ができた。午後からは、青空の面積も増えて概ね晴れが続いた。しかし、西からの風が強く、少し風が冷たかった。太陽面には、依然として黒点群は見られず、静かな太陽面となった。Hα光では、これまた静かな様子であり、大きなプロミネンスや明るいプラージュ、ダークフィラメントは見られなかった。今日の最高気温は25度に達しなかったこともあって、強い西風が3月頃を思わせる日であった。しかし、太陽の光を浴びると流石に暑い。S20190426800t 2019042606h800t Img_9853mhwc800 2019042606hc800 2019042602e800 2019042601w800      

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9847mhw800t  今日は朝から雲っていて、午前中は太陽の光が届かなかった。お昼過ぎから晴れ間が広がり、太陽観測を行うことができた。今日も太陽面には黒点群が見られない。太陽の光が射してからは、気温がどんどんと上昇し、25度を超えた。湿度も高くなっているようで春を過ぎて一気に夏になってしまったようである。黒点群が無いため、Hα光も期待していなかったが、プラージュ、ダークフィラメント、プロミネンスも目立たないほどである。その中で、プロミネンスは、淡いながらも北半球の東縁の高緯度に淡く見えている。明日も、雲の多い天気の予報が出ているが、黒点群の発生に期待したい。S20190425800t 2019042505h800t Img_9847mhwc800 2019042505hc800 2019042507e800 2019042506w800 2019042508en800

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9840mhw800t  予報どおり雨が降ったり止んだりと太陽の光はほとんど地上に届かなかった。薄日が射すこともあったが、雷も鳴って夕方には大粒の雨も降った。その中で、ほんの一瞬晴れ間があって、白色光だけ撮影することができた。太陽面には黒点群は見られない。明日も、午前中は曇りの予報が出ており、午後にはなんとか晴れ間が出そうである。 S20190424800t Img_9840mhwc800

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

永平寺

永平寺
Img_9476rs  先日、福井県にある曹洞宗の大本山永平寺へ行ってきた。禅寺であり、多くの僧侶がここで暮らしているようで、長さが3mを超すような大きな擂粉木があったり、浴室があったりと生活の匂いがするお寺と感じた。また、お寺の周りは大きな杉の大木が何本もあり、山が背後に迫り、大伽藍を形成していた。拝観料は、500円で、履物は、ビニール袋に入れて持ち運びとなるので、片手が塞がって写真を撮るのも不便であった。中でも、階段状の回廊は、他の寺には無い施設で、初めて見た。福井県の福井市の東に位置する永平寺は、暮れになると、除夜の鐘の一つとして「ゆく年くる年」で紹介されるが、雪が降った景色を想像すると、この場所だと認識した。福井市からの途中に山道を走ってしまったが、10年以上前のカーナビは、あてにならず、何回もできるだけUターンですを繰り返す始末で、JA永平寺があったので、道を尋ねてしまった。でも、無事に到着し、帰りは、山道を通らず帰ることができた。Img_9474rs Img_9467rs Img_9461rs Img_9460rs Img_9459rs Img_9454rs Img_9451rs Img_9450rs Img_9449rs

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9831mhw800t  今日は、起床時には全天が雲に覆われてはいたが、その後は晴れとなり昨日よりも気温が上昇し、28度近くに達した。風も東から風が吹いてはいたが、さすがに半袖でも暑いぐらいであった。太陽面は、西縁近くに黒点群がかろうじて見える。しかし、画像では判別し難い状況である。Hα光では、昨日のように北半球の東縁の高緯度に見える。プラージュ、ダークフィラメントは見えない。明日から、天気が愚図つきそうであるが、ダム周辺に雨が少ないこともあり、取水制限に入りそうである。平成11年と同じように4月に取水制限が開始される予定である。S20190422800t 2019042211h800t Img_9831mhwc800 2019042211hc800 2019042205e800 2019042204w800 2019042203en800

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9821mhw800t  今日は、日中晴れて暑くなった。最高気温は25度にも達した。さすがにこの季節に太陽からの光は強烈で、車の中では30度を超えた。風もほとんど吹かなかった。太陽面は、西縁に近づいた黒点群がかろうじて見える。他の場所には黒点群は見えないので、明日は再び無黒点になりそうである。Hα光では、一昨日に西没した黒点群に伴うプロミネンスが見える。また、北半球の東縁の高緯度にもプロミネンスが見える。ダークフィラメント、プラージュは見えない。明日の天気予報では、晴れの予報となっているが、雲の多い天気になりそうな気配である。S20190421800t 2019042101h800t Img_9821mhwc800 2019042101hc800 2019042111e800 2019042110w800

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

本日の太陽面

  本日の太陽面
Img_9812mhw800t  今日は、朝から晴れて一日中晴れていた。日中の最高気温も20度を超え、22度に達した。朝の内は少し風が冷たかったものの日中は心地よく感じた。太陽面は、小さな黒点群が見えたのみで、先週から見えていた黒点群は、西没してしまった。Hα光では、南半球の西縁には、黒点群に伴うプロミネンスが見えていた。また、北半球の東縁の高緯度にはプロミネンスが見える。ダークフィラメントは目立たない。プラージュも目立たなくなってしまった。明日も、晴れの予報であるが、夕方には雲が出て、しかも透明度が悪くなっていた。S20190420800t 2019042009h800t Img_9812mhwc800 2019042009hc800 2019042006e800 2019042005w800    

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面

Img_9807mhw800t  朝から薄雲に覆われ、しかも太陽のある場所だけ薄雲が絶えず通過して行き、太陽の光を遮った。午前10時前になって薄雲が途切れ始めたものの、午前11時過ぎには再び薄雲に覆われてしまった。午後は、薄日が射す程度で、太陽からの強い光は遮られた。日中の最高気温も昨日よりも低く24度には届かなかった。太陽面は、先週から見えていた黒点群が西没しかかっている。昨日発生した黒点群は、今日も見えている。Hα光では、北半球の東縁の高緯度に一番目立つプロミネンスが見える。プラージュは、黒点群の周りに見えるが、あまり明るくはない。ダークフィラメントは、全面画像では目立たないが、拡大画像では、北半球に見える。明日は、晴れの予報が出ているようだが、今は曇っている。S20190419800t 2019041905h800t Img_9807mhwc800 2019041905hc800 2019041909e800 2019041910w800

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面

Img_9801mhw800t  今朝は、観測を開始する頃には晴れて、ほぼ一日中晴れとなった。最高気温は25度を少し下回ったものの陽を浴びると暑かった。日陰では、湿度も低いため爽やかな陽気となった。太陽面は、新たに黒点群が発生した。場所は、今まで見えていた黒点群の後方で、両極性を持った黒点群である、今日は、北半球に2群の黒点群となった。Hα光では、この新しい黒点群の周りにあるプラージュが一番明るい。プロミネンスは、北半球の東縁の高緯度にあるのが目立った。ダークフィラメントは、見えない。明日は、曇りの予報が出ており、太陽観測はできないかもしれない。S20190418800t 2019041810h800t Img_9801mhwc800 2019041810hc800 2019041805e800 2019041804w800

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面

Img_9798mhw800t  今日は、ほとんど薄曇の天気となった。夕方になって西から晴れ間が出て来た。太陽面は、黒点群が西縁に近づいて小さくなっているように見える。後続部には目立った活動領域も無く、今後は、衰退してしまうように感じる。Hα光では、北半球の東縁の高緯度にプロミネンスが見える。ダークフィラメント、プラージュは目立たない。今日の撮影では、薄曇の状態が長く続き、Hα光の拡大画像では、シーイングも悪く、解像度の悪い画像しか得られなかった。それにしても、北海道では、27度を超す気温となったようである。当地では、20度どまりであり、動くと汗を掻くが、じっとして日陰にいると少し寒いかもしれない。明日は、引き続き晴れの予報であるが、薄雲が出なければ良いが。S20190417800t 2019041705h800t Img_9798mhwc800 2019041705hc800 2019041707e800 2019041706w800

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9784mhw800t  今朝は、薄雲に見舞われ、ほとんど薄雲の中での撮影となった。その後も薄雲は切れず、お昼過ぎからは雲ってしまった。気温は20度を超え太陽光を浴びると暑く感じた。太陽面には相変わらず北半球の黒点群が見えているものの発達も衰退もしていないように感じる。Hα光では、ダークフィラメントが北半球の北部にはっきりと見える。プラージュは、明るさが減少したように見える。プロミネンスは、ほとんど目立たない。明日は、気圧の谷の影響を受けるようで、雲の多い天気となる予報が出ている。 S20190416800t 2019041605h800t Img_9784mhwc800 2019041605hc800 2019041610e800 2019041614w800

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9778mhw800t  今朝は、昨日降った雨も揚がって雲は西から流れてくるものの、概ね晴れ間が広がった。日中の気温は上昇し、20度を超えた。雲も少なく、青空が1日中出ていた。しかし、風は少し冷たい。太陽面は、北半球の黒点群が健在で、昨日子午線を通過し、西側に入った。シーイングも比較的良かったので、後続部に小さな黒点が2個認められた。Hα光では、淡いプロミネンスは東西の縁に見られるが、明るく大きなものは見えない。ダークフィラメントは、北半球の極に近いところに小さなものが見える。プラージュは、黒点群の後方に幾分弱まったが見える。明日も、晴れの予報が出ているが、夕方には曇る予報が出ている。S20190415800t 2019041508h800t Img_9778mhwc800 2019041508hc800 2019041504e800 2019041503w800

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

福井城址と福井駅

福井城址と福井駅
P4089722rs  先日、福井へと足を伸ばして見聞を広めた。福井駅前のホテルで1泊し、福井の城址をの堀を回った。折りしも、桜が満開で、堀に写る城壁と桜が見事であった。残念なことに、城内には、県庁と警察本部が建てられていた。まあ、昔で言うと、政治と警察の役割であった城に置くのが当たり前ではあるが、なんとも景色を台無しにしている。福井駅前には、声を放ち、動く原寸大と思われる恐竜が3体展示されており、さすが恐竜王国福井とのコピーに納得してしまう。恐竜の展示している前には、恐竜の足跡の化石のレプリカも展示されている。もちろん、恐竜も作り物であった。鯖の焼き寿司を食べたが、もちろん美味しかった。P4089734rs P4089730rs P4089729rs P4089721rs P4089718rs P4089744rs P4089743rs P4089737rs P4079716rs

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9771mhw800t  今朝は、晴れていたものの、お昼過ぎから雲が出て来て夕方には雲ってしまった。最高気温は昨日と変わらず、日陰では少し寒く感じた。太陽面は、北半球の黒点群が子午線に近づいた。昨日は、先行黒点の直ぐ後方に黒点が見られたが、今日は、淡くなっていた。先行黒点の本影部は、真ん中に穴が開いたように見える。Hα光では、小さなプロミネンスは見えるが、大きなものは見られない。黒点群の周りは、磁力線のようなものは見られないが、黒点群の後方にはプラージュが見える。ダークフィラメントは目立たないものの、黒点群の後方で少し見える。この黒点群のHα拡大像では、面白い模様が見え、楽しめた。明日は雨の予報となっている。S20190413800t 2019041306h800t Img_9771mhwc800 2019041306hc800 2019041307e800 2019041308w800 2019041311m800

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9767mhw800t  今朝は、全天が雲に覆われ、お昼前まで雲に邪魔された。その後もお昼を過ぎてから雲が多くなり、夕方には太陽の光が時々しか顔を出さなかった。昨日よりも気温は上昇して暖かさを感じるが、例年のような気温ではなかった。太陽面には、黒点群が子午線の前まで進んできて、後続部に黒点が見える。Hα光では、黒点群の後方にプラージュが明るく見えているものの、黒点は発生していない。プロミネンスもほとんど見られない。ダークフィラメントは、黒点群の後方に小さなものが見られる。明日も、雲が多いような天気となりそうであり、長時間の体制で太陽観測を行うこととなりそうである。S20190412800t 2019041215h800t Img_9767mhwc800 2019041215hc800 2019041208e800 2019041207w800

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9748mhw800t  今朝は、透明度が頗る良くて気持ちの良い朝となった。風は少しあったが最低気温も、この季節のような状態であった。お昼過ぎからは雲ってしまった。太陽面にはH型黒点として東縁から離れて本影部も繭のような形で見えている。後続黒点は、発達しないような気がする。Hα光で見ると後続黒点群が発生しても良いようなプラージュが見えるが、もうしばらく観察が必要と思われる。プロミネンスは、東縁に小さなものが何箇所も見えるが、特に北半球に少し大きなものが見える。ダークフィラメントは目立たない。明日もなんとか晴れそうで引き続き太陽観測ができそうである。S20190411800t 2019041109h800t Img_9748mhwc800 2019041109hc800 2019041103e800 2019041105w800

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館
P4079662rs 福井県勝山市にある福井県立恐竜博物館へ行ってみた。前々から福井県には恐竜化石が出てくるとの情報を知っていて、ふらっと自家用車を駆って福井県勝山市までナビゲーションを頼りに静岡県から愛知県、岐阜県を経由して走った。目低地までの高速有料道路や有料道路を走っている時は快適であったが、岐阜県と福井県の県境からは、くねくねと曲がった道を九頭竜湖を何度も通過しながらやっと辿り着いた岐阜県からは、雪を被った白山が見え美しい眺めであった。勝山市に入っても、恐竜博物館の案内板は見られなかった。きっと、このコースで恐竜博物館へ行く者は居ないと感じた。とにかく、館内へ足を踏み入れ、地下1階から3階までのフロアがあり、恐竜の歴史や恐竜の化石、生物の進化を展示し、詳しく説明が為されていた。丁度、お昼過ぎに着いたので、カフェ&レストランで「フクイサウルス」の卵カレーを食べた。恐竜の形をしたチキンナゲットと鳥の卵がトッピングされていて、味は良かったものの熱いカレーでは無かったのが残念であった。凡そ2時間の滞在で、恐竜を堪能することができた。また、屋外にオブジェとして設置されている恐竜も記念写真を撮るのに適している。もう少し時間をかけて見てみたいものである。とにかく、福井へ行ったら恐竜博物館には足を運びたいものである。もう1回行ってみようと思っている。P4079666rsP4079671rsP4079675rsP4079677rsP4079687rsP4079688rsP4079691rsP4079694rsP4079712rs

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9734mhw800t  今朝は、期待どおりに晴れた。日の出も早くなり、観測を始めるころには十分な太陽高度であり、透明度、シーイングの影響も少ない。昨日は夕方に太陽を隠すような薄雲があったが、今朝の太陽撮影時間帯には雲一つ無かった。夕方近くには昨日と同様の雲がかかり、夕方には雲が多くなってしまった。さて、太陽面には昨日から見えている黒点群が少し西に移動した。後続には黒点があるようだが、ほとんど先行部の黒点が目立つ。Hα光では、黒点群辺りから北方へ噴出すダークフィラメントが見えたが、直ぐに消えたようである。プロミネンスは、東縁に多く集まっている。プラージュは、先行黒点の後ろに明るい場所が見える。明日は、雨のち曇りの予報であり、太陽観測はできそうも無い。S20190409800t 2019040903h800t Img_9734mhwc800 2019040903hc800 2019040908e800 2019040910w800

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9726mhw800t  しばらく、留守にしていたので、太陽観測もしばらく欠測となってしまった。午後の4時前に帰宅したものの、太陽は薄雲に隠されていた。しかも、太陽のある場所だけが雲の通り道となっていて、結局は薄曇での撮影となった。西からの風が強く、黄砂によって透明度も悪い状況であった。太陽面には新たな黒点群が北半球の東縁から出て来たようである。この時期としては、久々の本影部が大きな黒点群である。Hα光では、北半球の西縁に黒点群の名残のようなプラージュが見える。プロミネンスは、北半球の西縁に見えるが、他の場所では目立たない。ダークフィラメントは見られない。久々の黒点群で、明日が楽しみである。S20190408800t 2019040801h800t Img_9720mhwc800 2019040509hc800

| | コメント (0)

4月5日の太陽面

4月5日の太陽面
Img_9720mhw800t  朝から、少し薄曇があり、なかなか太陽画像の撮影ができなかった。画像処理も、しばらく留守していたのでできなかった。太陽面には黒点群が消滅してしまい見えなかった。Hα光では、南半球の東縁にプロミネンスが見え、黒点群のあった場所には黒点群の名残のような模様が見えるのみである。ダークフィラメントは見えなかった。S20190405800t 2019040509h800t Img_9720mhwc800 2019040509hc800 2019040502e800 2019040503w800

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9705mhw800t  今日は、安定した天気となった。気温も上昇して最高気温は20度近くとなった。しかし、西からの風は強く、しかも冷たかった。桜の花は、未だ満開では無いため、桜吹雪とはならなかった。太陽面には黒点群が子午線付近にやってきたが、だいぶ衰退したようであった。Hα光では、黒点群のある場所ではプラージュが明るいことから、もうしばらくは黒点群として存続するものと思われる。プロミネンスは、東縁に偏って見えている。ダークフィラメントは見えない。Hα光の拡大画像では、磁力線のような流れが見えて、楽しめた。明日は、どうにか晴れそうである。S20190404800t 2019040406h800t Img_9705mhwc800 2019040406hc800 2019040412e800 2019040411w800

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9699mhw800t  今日も不安定な天気が続くと思ったが、お昼前からは青空が広がり、あまり雲も出なかった。そのため、気温は上昇し、予報の最高気温を上回り、車の中や南の窓際では、暖かいと言うよりも暑くなった。さて、太陽面は、黒点群が子午線の前まで進んできた。黒点群の発達は止まったようにも見える。他の場所には黒点群は見られない。Hα光では、プラージュだけが目立ち、北半球の黒点群の周りが明るく輝いている。プロミネンスは、北半球の東縁に昨日よりも淡くなったが見えている。ダークフィラメントはほとんど見えない。明日も晴れの天気であり、太陽観測も行えそうである。S20190403800t 2019040312h800t Img_9699mhwc800 2019040312hc800 2019040302e800 2019040304w800    

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

本日の太陽面

  本日の太陽面
Img_9696mhw800t  昨日と比べて、少し天気は安定したようであるが、今朝の最低気温は低く、氷点下近くまで下がった。また、日中もあまり気温は上昇せず、13度を少し超えただけであった。全天が曇りとなった時間帯もあって、春本番には程遠いと感じた。桜も、満開とはならず、足踏み状態である。太陽面は、昨日の黒点群は、前方部と後続部の間に小さな黒点も発生して発達したように感じた。Hα光では、北半球の東縁に淡いが大きなプロミネンスが見える。プラージュは、黒点群に伴う部分が明るく輝いている。ダークフィラメントは目立たない。今、外を見ると細かな雨が降っていた。明日も晴れの予報であるが、天気が安定してもう少し暖かになってほしい。 S20190402800t 2019040206h800t Img_9696mhwc800 2019040206hc800 2019040210e800 2019040209w800 2019040211en800

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_9686mhw800t  今朝は、雨が降っていた。その後も午後になっても黒い雲が急に現れ雨が降る日となった。夕方になって、雲の切れ間があり、なんとか太陽を撮影することができた。もう4月だというのに、冬に戻ったように思った。最低気温は5度、最高気温も11度を少し超えただけであった。しかも、夕方である。太陽面には、久々に北半球に黒点群が発生した。この黒点群は双極性を示している。今後の消長を見てみたい。Hα光では、さすがに黒点群の周りにはプラージュが見えている。プロミネンスは、小さなものばかりである。ダークフィラメントは見えない。明日は、今日よりも天気が安定するようであるが、この季節にしては、寒い日となりそうである。S20190401800t 2019040107h800t Img_9686mhwc800 2019040107hc800 2019040103e800 2019040104w800

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »