« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月31日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1851mhw800t  今日は、午前10時前になって奇跡的に晴れ間が出て、太陽の撮影をすることができた。しかし、その後は曇ってきて、午後には雨も降りだした。太陽面には、北半球の東縁の高緯度に黒点群が表れた。しかし、小さな黒点群で写真にはなかなか写らない。Hα光で見ると、その黒点群の周りが活動しているのが判る。プラージュが広がっていた。プロミネンスは、南半球の東縁にこの頃では大きなものが見えている。また、北半球の西縁にも見える。ダークフィラメントは見えない。明日は。またまた雨の予報が出ている。この黒点群が消えなければよいのだが。S20200331800t 2020033111h800t Img_1851mhwc800 2020033111hc800 2020033103e800 2020033104w800 2020033101en800 2020033102wn800

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1834mhw800t  一昨日、昨日と雨や曇りの天気であった。今日の予報では、午前中は曇りであったが、少し晴れただけで、ほとんど一日中雲に覆われた。幸いに、なんとか太陽の撮影をすることができた。太陽面は、今日も無黒点であり、面白くない。シーイングも悪く、解像度が悪い画像である。Hα光では、東縁にパラパラとプロミネンスは見えるが、小さい。プラージュやダークフィラメントは見えない。明日も明後日も曇りの予報が出ている。太陽観測は、今年度の総計で今日を含めて276日となった。約75パーセントの実績である。S20200329800t 2020032906h800t Img_1834mhwc800 2020032906hc800 2020032907e800 2020032908w800

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1828mhw800t  朝の内は晴れていたが、薄雲が出て来て、午前9時過ぎには太陽の撮影ができないほどになった。しかし、天気の崩れは比較的穏やかであり、薄日が夕方近くまで射していた。今夜は、雨になりそうである。太陽面は、依然として静かであり、黒点群は見られなかった。Hα光でも、プロミネンスは淡く小さい。ダークフィラメントは、目立たない。プラージュは、北半球の高緯度に2か所ほどが見られるが、黒点群には成っていない。明日は、晴れそうもない。S20200326800t 2020032610h800t Img_1828mhwc800 2020032610hc800 2020032601e800 2020032602w800

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1822mhw800t  今日は、一日中晴れの天気となった。日中の最高気温も16度であり、近くの幼稚園にある桜が咲き始めた。里山の桜もあちこちで桜色の木が見えている。太陽面を見ると、依然として黒点群は見当たらない。Hα光では、南半球の東縁に小さいが明るいプロミネンスが見える。ダークフィラメントもプラージュも目立たない。明日も、晴れる予報であるが、夕方には曇ってくるようである。S20200325800t 2020032505h800t Img_1822mhwc800 2020032505hc800 2020032510e800 2020032509w800

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1816mhw800t  今日は、昨日よりも少し気温が下がった。日中の最高気温も15度を少し超えただけであるが、例年のようだと、この気温よりも低く、季節はだいぶ先の気温となった。太陽面には、今日も黒点群が見られない。Hα光では、北半球の東縁の高緯度にプロミネンスが見えるだけで、プラージュもダークフィラメントも見られない。早く大きなプロミネンスや黒点群を見たいものである。明日も、引き続き晴れの予報が出ており、もうそろそろ黒点群が発生してもおかしくない。S20200324800t 2020032409h800t Img_1816mhwc800 2020032409hc800 2020032401e800 2020032402w800

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1810mhw800t  今日も暖かな日となり、少し風は吹いていたものの、たっぷりと日差しが届いて太陽の恵みとなった。ただ、朝の早い時間は、透明度が悪くて午前9時過ぎまで待った。最高気温は昨日よりも少し下がったものの18度を超えた。太陽面は今日も無黒点となった。Hα光では、北半球の東縁の高緯度にプロミネンスが見える。ダークフィラメントは、北半球の西縁に見える。プラージュは見えない。明日も、引き続き晴れの予報が出ている。S20200323800t 2020032306h800t Img_1810mhwc800 2020032306hc800 2020032311e800 2020032310w800

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1804mhw800t  今日の最高気温は昨日よりも高くなって21度を超えた。昼過ぎから夕方にかけては少し強く風が吹いた。太陽面には、今日も黒点群が見られなかった。Hα光では、南半球の東縁と西縁の高緯度に淡いプロミネンスが見えた。プラージュは、所々に小さなものが見えるが、黒点群としては見えていない。ダークフィラメントは見えない。明日の天気予報では、午前中の早い時間は晴れるものの、その後は曇りになるようだ。なお、今日の夕方ごろに、近くの里山を見ると桜が咲き始めたようである。我が家のじゃがいもも、2月20日に種イモを植えたが、芽が出て来た。S20200321800t 2020032108h800t Img_1804mhwc800 2020032108hc800 2020032105e800 2020032104w800

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1798mhw800t  今日の最高気温は昨日よりも低くなり、しかも風が強く吹いた。日差しはたっぷりではあるが、このような強い風が吹くと体感気温は下がってしまう。太陽面は、今日も無黒点となった。Hα光では、北半球の東縁の高緯度、および南半球の西縁の高緯度にプロミネンスが見えた。プラージュも、昨日と同様に北半球の高緯度に見えるが、黒点群まで至っていない。ダークフィラメントは見えない。明日も、引き続き晴れとなっている。S20200320800t 2020032005h800t Img_1798mhwc800 2020032005hc800 2020032011e800 2020032010w800

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

明け方の月と惑星

明け方の月と惑星
Img_9949rst  早朝の4時に起きて、月と3惑星(火星・木星・土星)が近くに並んでいるのを見た。月の右上に見える星の中で、左の明るい星が木星で、その右隣にあるのが火星である。土星は、月の左上に見え、角度で9度の円の中にすっぽりと入ってしまうほど接近しているのが見えた。生憎、薄曇りであったので、写真の写りは悪いが、なんとか画像として記録できた。学校の校舎とアンテナが気に入らない。Img_9930rst Img_9919rst

| | コメント (0)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1792mhw800t  今日も暖かな日となり、昨日よりも気温は上昇した。最高気温は21度を超え、春真っ盛りのような陽気で、車の中で窓を開けなければ暑いくらいであった。太陽面は、今日も黒点群が見えなかった。Hα光では、北半球の高緯度にプラージュが見える。また、プロミネンスも北半球の東縁の高緯度と、南半球の西縁の高緯度に見えた。ダークフィラメントは見えない。S20200319800t 2020031912h800t Img_1792mhwc800 2020031912hc800 2020031901e800 2020031904w800 2020031906en800 2020031905ws800

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1786mhw800t  今朝は、暖かな朝となり、昼間は気温がぐんぐんと上昇して最高気温は19度を少し超えた。太陽は、ほとんど東から昇ってくるようになった。日の出直後では、雲に覆われていたが、午前10時前になって晴れた。太陽面は、無黒点となっている。Hα光では、プロミネンスは淡いものばかりで、ダークフィラメント、プラージュも見えず、静かな太陽面である。明日は、今日よりも気温が上昇する予報が出ている。S20200318800t 2020031803h800t Img_1786mhwc800 2020031803hc800 2020031806e800 2020031807w800

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1777mhw800t  今朝は、冷え込み、氷点下となった。日中は、穏やかに晴れて暖かな一日となった。しかし、透明度は悪くなったようである。日中の最高気温は17度近くまで上昇した。昨日よりも5度以上も高い。太陽面は、黒点群が見られない。期待しないでHα光の撮影をしてみたが、案の定、この光でも静かな太陽面であった。淡いプロミネンスが北半球の東縁に見えている。ダークフィラメントやプラージュは見えない。明日は、今日よりも最高気温は上昇するようで、桜の開花も早まるような気がする。さて、コロナウィルスによる感染が全世界を脅威にさらしているが、終息が見えていない。学校も休み、イベント中止、スポーツ観戦も延期となって自宅での待機状態の人が多くなって、経済にも影響が出ている。株価も低迷、物が売れない。早く通常の社会に戻ってほしいものである。S20200317800t 2020031711h800t Img_1777mhwc800 2020031711hc800 2020031703e800 2020031706w800

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1769mhw800t  今日も、昨日に続き変な天気の一日となった。日の出時には晴れていたものの、太陽の撮影を始めた途端、北西から雲が空を覆ってきて、雨が降り出した。昨晩も、雷が鳴って少し強い雨も降った。その後、午前10時を過ぎて晴れ間が戻った。雲は多いがなんとか撮影ができた。寒い日となり、最高気温は11度を少し超えたが、風が強く寒かった。午後になっても、雲が空を覆ったかと思うと、雨が降り出し、晴れたと思ったら再び曇って雨が降った。太陽面には、黒点群が見えない。Hα光では、南北半球の東縁にプロミネンスが見えた。プラージュやダークフィラメントは見えない。S20200316800t 2020031606h800t Img_1769mhwc800 2020031606hc800 2020031612e800 2020031611w800

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1740mhw800t  変な天気の一日となった。午前中は晴れていたものの、午後からは曇ったり、雨が降ったりとして北からの寒気の影響で、夕方には雷が鳴って、大粒の雨も降った。夕方には晴れ間はあるものの、雨が降っていた。日中の最高気温は13度弱であったが、夕方には7度台にまで下がってしまった。太陽面には、今日も黒点群が見当たらない。Hα光では、プロミネンスもプラージュもダークフィラメントも目立たない。明日も、寒気の影響で、不安定な天気となるようだ。S20200315800t 2020031510h800t Img_1740mhwc800 2020031510hc800 2020031503e800 2020031504w800

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1734mhw800t  朝から雨が降っていて、お昼前には雨が上がったものの曇りが続いていた。午後になり、小雨が再び降り、今日は太陽の観測ができないものと思っていた。午後3時を過ぎて、西から晴れ間が出て来て、太陽の撮影ができた。太陽面には、黒点群は見られない。Hα光では、南半球の東縁に小さなプロミネンスが見えるが見逃しそうなほど小さい。ダークフィラメントは見えず、プラージュは、黒点群のあった場所で少し見える。とにかく、雨が多い日が続くが、なんとか太陽の撮影はできている。S20200314800t 2020031405h800t Img_1734mhwc800 2020031405hc800 2020031408e800 2020031409w800

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1728mhw800t  午前中は、曇りや薄雲の目立った。午後からは少し良くなったが、依然ととして薄雲が続いた。夕方になってやっと晴れの部分が多くなり、西の空には金星が輝いていた。太陽面は、今日も無黒点となった。Hα光では、プロミネンスもプラージュもダークフィラメントも目立たず、プラージュだけは、黒点群の名残がなんとか判る。明日は、昼からは晴れの予報が出ているが、午前中は曇りのようである。S20200313800t 2020031305h800t Img_1728mhwc800 2020031305hc800 2020031304e800 2020031303w800

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1722mhw800t  今日は、一日中快晴の日となった。風も弱いし、太陽の光も十分にあって暖かであった。最高気温は14度を少し超えた。太陽面は、黒点群が見えない。Hα光でも、黒点群があった場所でのプラージュも目立たなくなってしまった。プロミネンスも淡いものばかりで画像としては見えてこない。ダークフィラメントも見えない。明日は、晴れ間があるかもしれないが、曇りの予報が出ている。S20200312800t 2020031206h800t Img_1722mhwc800 2020031206hc800 2020031207e800 2020031211w800 2020031212s800

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1715mhw800t  今日は、ほとんど晴れ間のない日となった。予報では、午後から晴れるとなっていてが、雲の多い天気で、北の方角は青空が時折続くのだが、南の空は雲の通り道のようで、時々青空が出るだけであった。朝から待ち構えてはいたが、最後の撮影が終了したのは午後4時前になってしまった。太陽面は、黒点群はあるようだが、私の観測では、見えない。Hα光では、黒点群があった場所のプラージュは、明るさを失っている。プロミネンスは、北半球の西縁で比較的大きなプロミネンスがあるようだが、淡い。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に小さなものが見える。今日のように、雲や薄雲が通過する日の太陽撮影は、疲れてしまう。明日は、安定した晴れが続くようである。S20200311800t 2020031106h800t Img_1715mhwc800 2020031106hc800 2020031101e800 2020031102w800 2020031103s800

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1708mhw800t  今朝は、雨が降っていて太陽観測はできそうにもないと思っていた。午前8時過ぎには奇跡のように雨が上がり、午前10時を過ぎてから、南西の方角から青空が出始めた。雲は多いものの、白色光とHα画像を撮影することができた。お昼過ぎから再び曇りとなり、夕方には霧雨も降った。驚異的なのは、今日の最高気温で、なんと22度を超えてしまった。太陽の光が当たると汗ばむくらいであり、思わず、シャツの腕まくりをしてしまった。太陽面は、南半球の黒点群が衰退したようで、注意深く見なければ、黒点群の存在が判らくなってしまっている。この状況はHα光でも同じで、昨日と比べると明らかにプラージュの輝きが鈍っている。プロミネンスやダークフィラメントは目立たない。S20200310800t 2020031004h800t Img_1708mhwc800 2020031004hc800 2020031008e800 2020031007w800

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1692mhw800t  日の出の時刻が毎日のように早く感じられる。今朝も、太陽観測が遅れたと思ったら、太陽はもう山の端から出てしまっていた。冬至のころと比べると、太陽の赤緯は19度近くまで上昇し、もう少しで春分となる。この時の赤緯は、0度となるので、後4度ぐらいである。季節の移り変わりは早く、今日の最高気温は16度近くまで上昇して暖かかった。太陽面は、昨日に引き続き黒点群が見えている。Hα光でも、黒点群の後方には円弧のようなプラージュが見える。プロミネンスは、淡いものばかりであるが、拡大画像では、少し活発なような気がする。ダークフィラメントは、目立たない。明日は雨の予報が出ている。S20200309800t 2020030905h800t Img_1692mhwc800 2020030905hc800 2020030914e800 2020030913w800

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1680mhw800t  今朝は、昨日からの雨が降り続いていたが、お昼前には雨が上がった。それでも、ほんのひと時晴れただけで、夕方まで曇っていた。午後6時前には晴れ渡っていた。このような中、なんとか白色光とHα光の全体画像を取得できた。太陽面には久しぶりの黒点群が南半球に発生した。33日ぶりの黒点群である。黒点群の位置は、229度、マイナス31度である。Hα光で見ると、黒点群の後方にリング状にプラージュが見えていた。プロミネンスは、大きなものは見られないが、北半球と南半球の西縁に見えた。ダークフィラメントは、南半球の東縁にまあるい小さなものが見える。明日は、晴れの予報で、もう少し詳細な画像が得られると思っている。S20200308800t 2020030802h800t Img_1680mhwc800 2020030802hc800

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1677mhw800t  日の出時には雲に覆われていたが、北西から晴れ間が出て来て午前8時過ぎには晴れた。しかし、透明度はあまり良くない状況で、午前中には薄雲から雲が出て来て、午後からは本曇りとなって、夕方には完全に曇ってしまった。日中の最高気温は13度を少し超えて暖かな日となった。太陽面の白色光では、黒点群が見えない。Hα光でも、淡いプロミネンスは見えるが、プラージュは見えない。ダークフィラメントは、南半球の東縁近くに斑点のようなものが見えるが、大きくはない。それにしても、黒点群が見えないのは、寂しいものである。明日は、雨や曇りの予報が出ている。S20200307800t 2020030711h800t Img_1677mhwc800 2020030711hc800 2020030706e800 2020030705w800

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1668mhw800t  今朝は、氷点下まで下がって、霜も降りていた。午前10時過ぎまで、北東からやってくる雲が太陽面を隠し、太陽の撮影はできなかった。しかし、その後は晴れて、風も弱く暖かな一日となった。太陽面には依然として黒点群が表れていない。もう1か月以上も黒点群が発生していないことになる。白色光は全くシミも斑点も見えない。Hα光で見ても、小さなプロミネンスは見えるが、大きなもなは見られない。ダークフィラメントは、小さなものが北半球の高緯度に見える。プラージュは見られない。S20200306800t 2020030605h800t Img_1668mhwc800 2020030605hc800 2020030609e800 2020030608w800

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1656mhw800t  午前中は、雲も多く、全天が完全に曇る時もあった。なんとか白色光を撮ることができたものの、シーイングが悪く再度、完全に晴れ間が出た午後に撮ろうと思ったが、こんどはチャンスに恵まれなかった。Hα光でも、なんとか撮影はできたが、プロミネンスも淡いものばかりで画像処理の段階で消えてしまった。プラージュ、ダークフィラメントは見えない。しかし、風が強く、最高気温が10度を少し超えたのに、寒い日となった。S20200305800t 2020030505h800t Img_1656mhwc800 2020030505hc800 2020030503e800 2020030504w800

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1650mhw800t  起床時には晴れてはいたが、太陽観測を始める時間になって雲が出た。それでも、午前9時を過ぎてから青空が広がった。今日は、昨日よりも気温は低いがほぼ一日中晴れて太陽の光が注いだ。太陽面は、今日も黒点群が発生していない。Hα光では、北半球の西縁と南半球の東縁に小さなプロミネンスが見えた。ダークフィラメントは、北半球の極に近い場所にダークフィラメントが見える。プラージュは依然として見えない。明日は、雨のち曇りの予報となっており、太陽観測はできそうにもない。S20200303800t 2020030305h800t Img_1650mhwc800 2020030305hc800 2020030312e800 2020030311w800

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1638mhw800t  今朝も、雲が全天を覆っていた。午前7時過ぎから 太陽観測体制にいたが、晴れてきたのは午前10時を過ぎてからであった。その後は、午後から少し曇ったものの、夕方には再び晴れてきた。今日の最高気温は、17度を超える陽気となり、少し風があったが、暖かであった。太陽面は、今日も黒点群は表れていない。白色光では、白斑も見えず面白くはない。Hα光でも、プロミネンスもプラージュも目立たない。ダークフィラメントは、北半球に小さなものが見える。太陽活動が活発になることを期待したいが、しばらくはこの状態が続くものと思われる。S20200302800t 2020030208h800t Img_1638mhwc800 2020030208hc800 2020030203e800 2020030204w800

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1631mhw800t  今朝は、濃い霧に覆われて100メートル先はおろか、50メートルにも達しないような状況であった。午前7時過ぎに周りの写真を撮ってみたが、真っ白な風景で異様であった。それから3時間ほど経ってから薄雲となり、東からやってくる雲と西からやってくる雲が互いに入り乱れ、透明度も悪く太陽撮影に苦労してしまった。なんとか撮影したものの、コントラストの弱い画像となってしまった。この撮影後、完全に曇ってしまい、再び太陽の光は射さなかった。太陽面は、今日も無黒点である。Hα光で見ても、ほとんどプロミネンスは見えず、南半球の極に淡いプロミネンスが見えたのみであった。ダークフィラメントは、南半球に見えるが小さい。もちろん、プラージュは見えない。日中の最高気温は昨日よりも高く、13度を少し超えた。S20200301800t 2020030106h800t Img_1631mhwc800 2020030106hc800 2020030101e800 2020030102w800 P3010805rs P3010803rs

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »