« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月30日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2084mhw800t  今日も一日晴れて、日中の最高気温も25度近くまで上昇した。農作業をするには、暑くて重労働になってきた。ほとんど一日中、田んぼで農作業をしていたので、汗も噴き出るほどであった。太陽面は、北半球の西縁に新たな黒点群が発生した。また、昨日は消えていた南半球の黒点群が復活して少し大きくなっていた。Hα光では、南半球の東縁にプロミネンスが見える。プラージュは、南半球の黒点群に伴う部分が輝いている。北半球の黒点群の周りのプラージュは小さい。ダークフィラメントは目立たない。なお、南半球の黒点群は、半影部を有する双極性の黒点群で、久々の大きさである。しかし、小さい。S20200430800t 2020043009h800t Img_2084mhwc800 2020043009hc800 2020043004e800 2020043003w800

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2077mhw800t  今日も一日晴れた。昨日まで見えていた黒点群は、見られない。黒点群の寿命が非常に短い。Hα光で見ると中央面には名残のプラージュが見えるが、昨日発生した黒点群によるプラージュがほとんど消えていた。プロミネンス、ダークフィラメントともほとんど目立たず、大きなプロミネンスが発生することを期待したい。なお、ネット上では、新たな第25サイクルの黒点群が、北半球の西縁近くに発生したようである。明日を楽しみにしたい。S20200429800t 2020042905h800t Img_2077mhwc800 2020042905hc800 2020042907e800 2020042908w800 2020042909ws800

| | コメント (0)

2020年4月28日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2066mhw800t  今日の太陽面は、新たな黒点群が同じ南半球の少し緯度が高いところで、昨日の黒点群よりも前方に発生した。この黒点群は、昨日発生した旧サイクルの黒点群とは異なり、新サイクル(サイクル25)の黒点群とのことである。同時期に新旧のサイクルの黒点群の発生は、サイクルが変わる時に発生するようである。昨日に発生した黒点群は、少し衰えたように見える。今日発生した黒点群は、双極性を示している。Hα光で見ると、昨日発生した黒点群の周りに見えるプラージュは大きいものの、今日発生した黒点群の周りのプラージュは小さい。プロミネンスは淡いものが北半球の東縁に出ている。ダークフィラメントは目立たない。明日も引き続き晴れの予報であり、今日の最高気温である20.7度を少し上回りそうである。S20200428800t 2020042812h800t Img_2066mhwc800 2020042812hc800 2020042803e800 2020042804w800

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2048mhw800t  今日は、朝から晴れたものの透明度が悪く、午前9時を過ぎた時点では、透明度は改善したがシーイングは悪化した。日中の気温は20度を超えて気持ちの良い日となった。太陽面には、待望の黒点群が発生した。発生場所は、数日前からプラージュとして活動していた場所で、南半球の307度、マイナス8度に現れた。単独の双極性が無い黒点群であり、半影部を持つ黒点群である。Hα光では、黒点群がある場所でプラージュが輝いている。ダークフィラメントは、北半球に見える。プロミネンスは小さく淡いものばかりで見劣りがする。明日も、引き続き晴れの予報となっている。20200427800t 2020042704h800t Img_2048mhwc800 2020042704hc800 2020042711e800 2020042712w800

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2041mhw800t  朝のうちは晴れたものの、透明度が悪かった。午前9時を過ぎてからは、さらに透明度が悪いというよりも、薄雲がかかり、遂には完全に曇ってしまった。なんとか、白色光とHα光の撮影ができたのは良かった。太陽面には、黒点群が見えず寂しい限りである。Hα光でも、プロミネンスは小さいものばかりであり、目立たない。ダークフィラメントは、北半球の高緯度の東縁近くに淡いものが見える。プラージュは、南半球の東に昨日よりも明るく見えるが、黒点群への発達はどうだろう。S20200426800t 2020042605h800t Img_2041mhwc800 2020042605hc800 2020042603e800 2020042604w800

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面

Img_2035mhw800t  今日は、一日中晴れ間が広がった。日中の最高気温も、お昼過ぎには20度近くまで上昇した。しかも、昨日よりも風が弱くなったので、日向では暑く感じた。太陽面には、黒点群が見えない。Hα光では、南半球の東縁に淡いプロミネンスが見えている。昨日に目立ったプラージュは、少し目立たなくなってしまった。もう、20日ばかり黒点群が見えず、もうそろそろ発生しても良いのではと思う。明日も、引き続き晴れの予報となっている。今夕、西の空に月齢が2の月が見えていた。もちろん、金星もその上方にあって輝いていた。S20200425800t 2020042504h800t Img_2035mhwc800 2020042504hc800 2020042506e800 2020042509w800

| | コメント (0)

2020年4月24日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2029mhw800t  今日は、午前中は雲があまり発生せず、通常の時間帯で太陽を撮影することができた。お昼前には少し雲が出て来て太陽の光は途切れることがあった。日中の最高気温は17度に達せず、この時期としては、少し気温が低く、風も西から吹いていて、少し寒く感じた。太陽面は、今日も黒点群が見られなかった。昨日も、晴れの予報は出ていたが、ほとんど一日中雲に覆われ、太陽観測はできなかった。白色光では、黒点群が見えなかったが、Hα光で見ると、南半球の東縁にプラージュが見えていたので、明日以降が少し楽しみである。ダークフィラメントやプロミネンスはほとんど見えない。S20200424800t 2020042410h800t Img_2029mhwc800 2020042410hc800 2020042401e800 2020042402w800

| | コメント (0)

2020年4月22日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2023mhw800t  今日は、昨日よりも早めの太陽観測となった。朝には雲も多く、風も少し強かった。午前11時ごろから、晴れ間が出始めたものの、北から雲がやってくる状況であった。それでも、雲が途切れるのを待って太陽の撮影を行った。白色光では、例のごとく黒点群は見られなかった。Hα光では、所々に小さなプロミネンスが見えるだけで、特筆すべき事項は無い。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に淡いが見えている。プラージュは見られない。明日も、天気があまり良くない予報となっており、長時間の待ちが発生すると思われる。S20200422800t 2020042206h800t Img_2023mhwc800 2020042206hc800 2020042207e800 2020042210w800

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2017mhw800t  今日も、夕方になるまで雲が空を覆ていた。風も少しあって、この季節としては暖かいほどでは無かった。天気が安定しないのは、なぜだろう。太陽面には、黒点群が見られないものの、Hα光で撮影中に、黒点が発生したようにダークフィラメントがスポットのように現れ、黒点群が発生したのかと思った程であった。このダークフィラメントは、南半球の赤道近くの東縁から子午線の丁度中間あたりに現れた。マイナス8度で子午線からは28度マイナスである。プロミネンスも北半球の東西縁と南半球の西縁に現れた。明日も、今日と同じような天気になりそうで、午前中の太陽観測は無理のようである。S20200421800t 2020042107h800t Img_2017mhwc800 2020042107hc800 2020042105e800 2020042106w800 2020042103en800 2020042104wn800

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2011mhw800t  起床時は、雲が少しあったが、晴れてきたので望遠鏡を太陽に向けていたが、一向に晴れるどころか完全に曇ってしまい、午後になっても雲が晴れなかった。午後3時前になってやっと北西方向から青空が広がってきて、太陽の撮影を行うことができた。太陽面には黒点群が今日も見えない。Hα光では、小さなプロミネンスが、北半球の東縁と西縁に見える。ダークフィラメントやプラージュは見られない。気温もあまり上がらず、風も冷たく感じた。明日も、午前中は天気が良くない予報が出ており、またまた今日と同じように午後からの太陽観測になりそうである。S20200420800t 2020042005h800t Img_2011mhwc800 2020042005hc800 2020042010e800 2020042011w800 2020042012en800 2020042009wn800

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2005mhw800t  今日も。あまり天気が良い方では無かった。午前中はなんとか晴れたものの、午後には雲が多くなって、夕方には完全に曇ってしまい、遂には夜に入って雨が降りだした。このように、天気の移り変わりが早くて、安定した天気にならない。太陽面には、今日も黒点群が見られなかった。まさしく、白色光での太陽は、なんの変哲もない黄色の円盤でしかない。Hα光では、少し違った様子が見られると思ったが、プロミネンスは小さく淡い。ダークフィラメントやプラージュは見られない。なお、今日の最高気温は20度に達しなかった。S20200419800t 2020041912h800t Img_2005mhwc800 2020041912hc800 2020041903e800 2020041904w800

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1988mhw800t  今日の天気は、目まぐるしく変わる天気となった。日の出時には雨が降っていたものの、いつもの時間には、太陽観測を行うことができた。その後、午前10時を過ぎて、風が強いなと思った時、猛烈な雨が降って午前12時前までは雨であった、その後は再び晴れていたものの、午後2時を過ぎたころには、再び雨となった。夕方近くには晴れ間が広がったが、その後はまたまた曇に覆われた。なんとも、安定しない天気であった。太陽面には、黒点群が見えない。Hα光でも、ほとんどHα特有のプラージュ、ダークフィラメントは見えない。プロミネンスだけが南半球の西縁の高緯度に見えるが、淡い。S20200418800t 2020041807h800t Img_1988mhwc800 2020041807hc800 2020041810e800 2020041811w800

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1983mhw800t  太陽の撮影をもう少しで終わろうとした時、薄雲が出て来て満足な状態での太陽撮影はできなかった。なんとか撮り終えた後は、雲に覆われ、お昼前には完全に曇ってしまった。日中の最高気温は曇ったせいで20度には達せず、18度を少し超えただけであった。白色光では、今日も無黒点の状態で、何も見えなかった。Hα光でも、Hα光の撮影途中から雲が出てきて寝ぼけた画像になりつつあったため、急いで撮影してしまった。南半球の高緯度にプラージュらしきものが見える。プロミネンスは、南半球の西縁に確認できたが、淡い。ダークフィラメントは見えない。明日は、雨のち晴れの予報となっているが、どうやら黄砂の影響がでるようである。S20200417800t 2020041708h800tImg_1983mhwc8002020041708hc8002020041706e8002020041707w800

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1971mhw800t 少し透明度が悪い日となった。日中の最高気温は22度にも達し、風も弱くて日向では暑く感じた。太陽面には黒点群は見られず、全く白斑なども見られない。Hα光では、南半球の東縁に昨日と同様にプロミネンスが見えた。プラージュ、ダークフィラメントも見られない。新型コロナウィルスの感染拡大は日本でも進んでおり、早く感染が収まればと思う。明日は、晴れのち雨の予報が出ており、早めの太陽観測が必要である。4月になって、最高気温が10度にも達しなかった時があり、今日のように20度を超える日があって、日々の気温差が大きいのは珍しい。気候変動が大きくなったのかもしれない。S20200416800t 2020041605h800tImg_1971mhwc8002020041605hc8002020041609e8002020041610w8002020041611es800

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1965mhw800t  朝から薄雲に覆われ、全く太陽の光が射さない時もあった。午後になってやっと薄曇りではあったが、太陽の光が届いた。日中の最高気温は20度を超えて暖かくなったが、薄雲が邪魔をしていたので、異常に最高気温は上がることはなかった。太陽面には、今日も黒点群が見られなかった。白色光では、あまりにも寂しく面白くはない。Hα光では、南半球の東縁に少し大きなプロミネンスが見えた。拡大画像で見ると、この状況が良く判る。また、北半球の西縁にもプロミネンスが見える。プラージュやダークフィラメントは見えない。S20200415800t 2020041516h800tImg_1965mhwc8002020041516hc8002020041507e8002020041512w8002020041508es800

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1959mhw800t  今朝は、すっきりと晴れた。昨日、一昨日の雨は、この時期としては多量の雨で、一昨日の雷を伴う雨がすごかった。また、風も強く、日中の最高気温も8度に達せず、真冬並みの寒さであった。打って変わって、今日の最高気温は20度近くまで達して、少し暑く感じた。太陽面には、黒点群が今日も見られなかった。Hα光では、北半球の東縁に少し明るいプロミネンスが見えた。南半球の西縁にも見えるが、淡い。プラージュは、小さなものが北半球の子午線と東縁の真ん中に見える。ダークフィラメントは、目立たない。明日も、晴れの予報が出ているが、雲が出てきそうである。S20200414800t 2020041415h800tImg_1959mhwc8002020041415hc8002020041405e8002020041407w8002020041406en8002020041408ws800

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1953mhw800t  今日も、昨日と同様に日の出時には、雲が多くて太陽の撮影はできなかった。午前10時を過ぎてから北の方から晴れてきた。その後は、またまた西の方から雲が出て来て、お昼過ぎには曇りとなった。太陽面には、今日も黒点群が見られない。昨日、南半球の東縁近くに見えていたプラージュも見えなくなってしまった。Hα光では、ほとんどプロミネンスもプラージュもダークフィラメントも見えない。明日から、しばらく天気が悪い予報がでているが,黒点群が出現してほしいものである。S20200411800t 2020041107h800t Img_1953mhwc800 2020041107hc800 2020041108e800 2020041109w800

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

本日の太陽面

Img_1947mhw800t
 朝のうちは、雲が多くて、北からの薄雲が太陽の光を邪魔した。午前9時前から青空となって、その後は雲が少しあったもののおおむね晴れた。太陽面は、今日も無黒点となった。白色光では、何も見えず、面白くない。Hα光では、白色光よりかは太陽面の状況が掴めるものの、黒点群の痕跡が見えるもののプロミネンスは淡いものしか見えない。ダークフィラメントは、南半球の西縁に近いところに東西に少し伸びたものが見える。東縁には、プラージュの小さいものが見える。明日は、あまり天気が良くない予報が出ている。一昨日、桜の花の向こうに見えるスーパームーンを撮影してみた。S20200410800t 2020041010h800t Img_1947mhwc800 2020041010hc800 2020041003e800 2020041001w800 Img_0012t

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1935mhw800t  今日は、透明度が改善して、通常に戻ったようである。午前中は、風も弱く日差しもあって気温は上昇して20度近くになった。午後は、少し風が強くなり、快適な一日となった。太陽面は、今日も無黒点であるが、南半球の東縁に黒点群らしきものが見えるような気がする。Hα光で見ると、黒点群の名残として北半球の西縁に黒点群があるような模様が見えている。プロミネンスは小さなものが点在しているが、大きなものは見られない。ダークフィラメントも見えない。S20200409800t 2020040906h800t Img_1935mhwc800 2020040906hc800 2020040909e800 2020040910w800

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
2020040810h800t  透明度が悪い日となった。山の端から出てきた太陽は、元気がなかった。太陽高度が十分となった午前8時過ぎでも光が弱くていつもの感覚とは全く違った。日中の最高気温は上昇したが、午後からは、時折突風のような風が吹いた。そのせいで、幼稚園にある桜の花びらが舞って、自宅のドームまで飛んできた。太陽面は、今日も黒点群が見えなかった。Hα光では、黒点群があった場所にあるプラージュから南に短いダークフィラメントが見えた。プロミネンスは、南半球の東縁に見えているが、淡い。明日も晴れの予報であるが、透明度が改善してほしい。なお、今夜も大きな月が東の空に見えていた。昨晩とほぼ同じ距離であるが、今日の方が満月に近かった。S20200408800t 2020040810h800t Img_1916mhwc800 2020040810hc800 2020040804e800 2020040801w800 Img_1923t

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1897mhw800t  予報どおり、午前中は雲に覆われてしまった。正午を回ってから急速に晴れ間が広がり、雲もほとんど無い空となった。日中の最高気温も20度近くまで上昇した。少し作業をするだけで汗が出てきた。太陽面は、無黒点となっている。Hα光では、黒点群は無いものの、プラージュが一昨日まであった黒点群とは別に、その前方で新たなプラージュが見えている。プロミネンスはほとんど見えない。ダークフィラメントも見えなくなってしまった。今日は、NHKのニュースでは、スーパームーンとのことで、夕食後、月を撮影してみた。満月ではないものの確かに大きな月であった。距離は35万キロメートルとちょっとであるが、明日も同じような距離であり、満月なので、再度撮影してみたい。S20200407800t 2020040705h800t Img_1897mhwc800 2020040705hc800 2020040708e800 2020040707w800 2020040706wn800 Img_1911rht

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1887mhw800t  今日は、朝から晴れていたが、気温は下がって少し寒さを感じた。寒気が日本付近を覆ているようで、北日本では雪がふったらしい。当地では、霜注意報がでていたようであるが、霜は観測されなかった。日中の最高気温は、昨日よりも上昇し、暖かく感じた。太陽面は、北半球に出ていた黒点群も昨日から消えたようで、見えない。Hα光では、まだまだプラージュとして見えているのが、黒点群が見えないので寂しい。ダークフィラメントは、北半球の極に近い場所で見えている。プロミネンスは、北半球の西縁で少し見えている。今日から、やっと小学校、中学校、高校と新学年度の再開がされたようで、近くの幼稚園、小学校から子供の声が久々に聞こえた。新型コロナウィルスの影響で世界中が恐怖と混乱の状況である。S20200406800t 2020040612h800t Img_1887mhwc800 2020040612hc800 2020040603e800 2020040604w800 2020040605wn800

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1883mhw800t  今日は、昨日の気温よりも随分と下がって、少し寒く感じた。日中の最高気温は昨日よりも7度も低く15度に達しなかった。太陽面は、北半球に見えていた黒点群が消滅してしまったようだ。シーイングも悪く、黒点群はより一層見えないのかもしれない。しかし、昨日にはこの黒点群付近に小さなフレアが発生したとも伝えられている。Hα光では、黒点群があった場所にプラージュが残っている。ダークフィラメントは小さなものが確認できるが、目立たない。プロミネンスも、北半球の西縁に見えるが淡い。明日は、引き続き晴れの予報となっている。S20200405800t 2020040506h800t Img_1883mhwc800 2020040506hc800 2020040508e800 2020040509w800 2020040510n800

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1872mhw800t  今日は、少し透明度が悪かったものの、ほぼ一日中晴れの天気となった。シーイングも悪くはなかった。日中の最高気温は20度を超えて、22度近くまで上昇した。夕方になって少し風が出てきたが暖かな春の日となった。太陽面は、北半球の黒点群が子午線を通過する直前となって、もう少し発達するのかと思ったが、そうでもない。Hα光では、南半球の東縁にプロミネンスが見える。プラージュは、黒点群の周りに見え、時間経過とともに変化するのが判った。明日は。あまり天気の良くないとの予報が出ており、太陽観測は無理かもしれない。S20200404800t 2020040413h800t Img_1872mhwc800 2020040413hc800 2020040404e800 2020040405w800 2020040406n800

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

我が家の遠景

我が家の遠景
Img_0063rs  3月に入って暖かな日が続いたので、近くの里山に登って我が家を見てみた。北の山へは、山も取付きまで凡そ徒歩で1時間程度であり、西の山は、10分、西の山へは20分、南の山へは25分程度である。いずれも低山で、標高は300メートルから200メートルといったところである。さすがに、近くの山からは、はっきりとドームが見えるが、遠くになるにつれて小さく、透明度の状態も悪くて見難くなってしまう。当然、北の山からは、逆光にもなってコントラストも悪い。近くの西の山からは、はっきりと見えて、小学校を目印として、小学校の北側に見える。双眼鏡で見ると、白いドームは、眩しいぐらいである。また、南の山からは、小学校の陰となって見えなくなってしまう。もう少しドームの高さを高くしたいが、振動面、資金面もあって、我慢している。とにかく、周りの建物、光害が少ない環境であれば良いのだが。とりあえず、記録としてブログに掲載する。Img_0041rs Img_9963rs Img_9950rs Img_0085rs

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1862mhw800t  日の出時には、雲が多くて太陽の光が遮られた。午前8時を過ぎて、だんだんと雲が取れて太陽の撮影ができた。太陽の撮影後は、少し雲が多くなり天気が崩れるのかと思ったが、午後からは晴れ間が広がり、夕方には完全に快晴となった。日中の最高気温も16度を超えて、風も弱まり暖かな日となった。太陽面は、北半球の高緯度に現れた黒点群がはっきりとしてきた。この黒点群は、双極性を示しており、小さいながらも白色光でも捉えることができた。Hα光では、プラージュが明るく見え、黒点群も見えた。プロミネンスは、南半球の東縁に少し大きなものが見えている。ダークフィラメントは見えない。南半球のプロミネンスの下には、黒点群が発生しているかもしれないので、明日が楽しみとなってきた。S20200402800t 2020040205h800t Img_1862mhwc800 2020040205hc800 2020040206e800 2020040215w800 2020040208en800

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »