« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2257mhw800t  今朝は、昨晩から降っていた雨が止まず、今日の太陽観測は完全に無理だろうと思っていた。しかも、地方気象台では、午前11時の当地での梅雨入りを発表したようであった。午前中には雨も上がり、南東の方向から青空が見えて来て、午後2時過ぎには、なんとか太陽の撮影を行うことができた。残念なのは、Hα光の拡大画像を始めようとしたが、再び雲に覆われ、日没までは曇ってしまった。太陽面は、北半球の東縁に白斑が見え、注意深く見てみたが、黒点群は見つからなかった。Hα光では、この部分にプラージュが見えている。プロミネンスは、南北半球の西縁、および南半球の東縁にプロミネンスが見えた。ダークフィラメントは見えない。今月の太陽観測は25日となった。S20200531800t 2020053103h800t Img_2257mhwc800 2020053103hc800

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2253mhw800t  今日は、薄曇りが出ていて透明度が悪かった。なんとか太陽の撮影はできたものの、その後は完全に曇ってしまった。太陽面は、今日も無黒点となり、ほぼ1か月も黒点群が発生していない。白色光は何の変哲もないただのコントラストの低い円盤でしかない。Hα光では、期待していたものの、プロミネンスも淡く目立たない。ダークフィラメントも見えない。南半球の東縁には、プラージュがかろうじて見えるだけである。今日、九州南部では、梅雨に入ったようである。S20200530800t 2020053007h800t Img_2253mhwc800 2020053007hc800 2020052903e800 2020052904w800

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2241mhw800t  そろそろ梅雨に入りそうである。透明度は少し悪くなっているが、朝から太陽の光が地上に届いている。太陽の高度は、午前7時前には、既に20度を超えていて、通常の太陽撮影には、この時間からでも十分となっている。しばらく太陽を眺めた後で、太陽の撮影に入った。今日も、黒点群は見えない。白色光を早めに終え、Hα光での様子を見ると、北半球の西縁には衰えたプラージュの残骸が見えるものの、遂に黒点群まで発達しなかった。プロミネンスは、南北半球の東縁に小さなものが見える。ダークフィラメントは目立たない。明日も、晴れの予報が出ているが、早めの太陽観測を行わないと、曇ってくる予報である。S20200529800t 2020052804h800t Img_2241mhwc800 2020052804hc800 2020052810e800 2020052811w800 2020052808en800 2020052809es800

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2235mhw800t  今日は、朝から良く晴れて比較的涼しく感じた。それでも、日中の最高気温は28度を超えた。早めに太陽観測が終了したため、午前中は田んぼを耕していた。太陽光は紫外線も非常に強く、お昼前にはほとんど真上から照り付けるようであった。しかし、風もあって、日陰だと気持ちが良かった。太陽面には、黒点群が今日も見えなかった。Hα光で見ても、活動領域は、北半球の西縁にプラージュの痕跡のようなものが見えるだけで、プロミネンスは目立たず、ダークフィラメントも淡いものが北半球の極に近い部分に見えるだけである。天気が良いだけに、黒点群を見たいものである。S20200528800t 2020052710h800t Img_2235mhwc800 2020052710hc800 2020052701e800 2020052702w800

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2229mhw800t  今日は天気予報がかなり外れてしまった。予報では、午前6時から一日中晴れであったが、午前9時前後に少し晴れたが、その後は薄曇りの天気で、最終的にHα光の拡大画像は、午後3時ごろとなってしまった。その後も、雲の多い天気で、夕方には青空がほとんど見えなくなってしまった。太陽面には、今日も黒点群が見えない。もうそろそろ黒点群が出ても良いのだが、無黒点となって25日が経過した。しかたなく、Hα光で見るが、大きな活動領域は見られない。南半球の東縁にプロミネンスが見えるが、小さい。ダークフィラメントは、北半球の西縁にプラージュと共に、小さなダークフィラメントが見えた。明日も、晴れの予報は出ているが、ほんとうに晴れるのだろうか。S20200527800t 2020052704h800t Img_2229mhwc800 2020052704hc800 2020052708e800 2020052707w800 2020052711wn800

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2223mhw800t  今日の午前中は、天気予報が外れ、太陽は薄雲の中で太陽の撮影はできなかった。午後になって、薄雲が薄くなって、なんとか太陽の撮影を行うことができた。太陽面は今日も黒点群が見られない。白色光では何も見えないので、Hα光で見てみると、やはり、大きなプロミネンスは見えない。プラージュも弱まって見える。ダークフィラメントは北半球の極に近い場所で淡いものが見える。明日は曇り、明後日は雨が降る予報が出ている。S20200525800t 2020052514h800t Img_2223mhwc800 2020052514hc800 2020052501e800 2020052505w800 2020052506wn800

| | コメント (0)

2020年5月24日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2217mhw800t  今朝は、久々に早朝から太陽を撮影することができた。午前7時を過ぎて太陽高度も20度を大きく上回っているため、シーイングの影響は少なく、透明度も問題無かった。それにしても、太陽面には黒点群が発生しない。プラージュも出ていて、もう少しの所で、黒点群へと発達しないものと思われる。Hα光で、プロミネンスが出ていないか見てみても、小さく淡いものばかりである。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に淡いものがみえる。プラージュは、昨日よりも輝きも大きさも小さくなった。そろそろ、黒点群にも出会いたいものである。S20200524800t 2020052405h800t Img_2217mhwc800 2020052405hc800 2020052414e800 2020052413w800 2020052412wn800

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2211mhw800t  今日も。昨日と同じように午前9時前までは、雲に覆われていた。日中は、晴れて暑くなり、日中の最高気温は28度を超えた。少し風があったため、日陰では涼しく感じたが、太陽光に当たると汗が出てくる。太陽面には、今日も黒点群は見られない。白色光の撮影を終え、Hα光の撮影した画像を見てみると、北半球のプラージュは、昨日と比べて衰えた。プロミネンスは、南半球の東縁に少し見えた。ダークフィラメントは見えない。明日も、晴れの予報であるが、透明度が悪くなりそうである。S20200523800t 2020052311h800t Img_2211mhwc800 2020052311hc800 2020052301e800 2020052302w800 2020052306es800

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2205mhw800t  午前9時になるまで、今日も太陽は雲に隠れていた。太陽面は、今日も黒点群が見られない。Hα光で見ると、プラージュが大小4個見えるが、黒点群には達していない。この中で、一番明るいプラージュは、北半球の高緯度にあって、プラス30度を少し超えている。また、子午線の手前20度近くである。昨日よりも明るく大きく見えるが、黒点群として見えないのが不思議である。プロミネンスも淡くて見難い。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に見えている。明日は、雲が多い天気予報となっている。S20200522800t 2020052206h800t Img_2205mhwc800 2020052206hc800 2020052207e800 2020052209w800 2020052215en800

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2199mhw800t  今日も早朝には雲に悩まされた。午前10時を過ぎて、やっと晴れ間が出てきた。日中の最高気温は22度を少し下回った。平年に比べてやや低い気温である。関東地方や東北の太平洋側では、オホーツク海にある高気圧から冷たい北東の風が入って気温が上がっていないようである。太陽面は、今日も無黒点であった。Hα光では、昨日まで活発の様相であった北半球のプラージュが弱まったように見える。プロミネンスも、淡く小さなものが北半球の東縁に見えるが、ダークフィラメントは目立たない。明日は、晴れの予報が出ているが、午後は雲が多くなる予報となっている。S20200521800t 2020052111h800t Img_2199mhwc800 2020052111hc800 2020052104e800 2020052106w800

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2190mhw800t  今日も雲に悩まされた。午前中は晴れず、結局、午後3時を過ぎてやっと晴れてきた。風も、昨日よりも弱まったが、西からの風が少し強かった。どうも、山陰沖にある低気圧の影響で、雲が沸いていたようである。予報では、晴れとなっていたものの、完全な曇りの状況となってしまった。太陽面には、今日も黒点群が見られなかった。Hα光では、南半球の西縁に鋭い形のプロミネンスが目立った。北半球の東縁のプロミネンスは、淡いものが見えた。プラージュは、北半球の東縁付近に昨日と同様見えている。その中には、ダークフィラメントが見えた。Hα光の拡大画像で良く判る。明日は、もう少し安定した天気になりそうである。S20200520800t 2020052004h800t Img_2190mhwc800 2020052004hc800 2020052005e800 2020052008w800 2020052010en800 2020052009ws800

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2184mhw800t  今日は、雲に悩まされた。午前9時過ぎに晴れたものの、その後は曇ってしまい、Hα光の画像は、お昼を過ぎてしまった。その時も、太陽の前だけに雲がかかって撮影が妨げられた。午前7時過ぎから午後12時30分過ぎまで5時間以上もの我慢を強いられた。その後は、晴れて太陽の光を浴びると暑かった。日中の最高気温も25度を超えて夏日となったが、西からの風が時折突風と化して履物が地上にまで吹っ飛んでしまった。さて、太陽面であるが、黒点群は発生していないようである。白色光を撮り終え、Hα光で見てみると、北半球の高緯度にプラージュが見える。大きなプラージュであるが、黒点群は見えない。プロミネンスは、北半球の東縁の高緯度に見える。ダークフィラメントは、はっきりしないが、淡いものが少し見える。S20200519800t 2020051914h800t Img_2184mhwc800 2020051914hc800 202051903e800 2020051904w800

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2178mhw800t  3日ぶりの太陽観測が行えた。昨日は、大きな雨粒の雨が降った。朝方は曇っていたものの、午前9時過ぎには西から晴れ間が出て来て、太陽を見ることができた。太陽面には、黒点群が見えないが、南半球の東縁で白斑が見えており、Hα光でもプラージュが見えた。白色光では、黒点群も見えないので、Hα光で見てみると、プラージュは見えるが、黒点群らしきものはやはり見えなかった。プロミネンスは、淡いものが北半球の東縁、および南半球の東縁にも見えた。明日は。曇りから雨の降る予報で、太陽観測は無理であろう。S20200517800t 20200517sun04h800t Img_2178mhwc800 20200517sun04hc800 20200517sun09e800 20200517sun08w800

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

本日の太陽面

Img_2172mhw800t
 昨日の黄砂は完全に収まり、眩しい太陽が地上を照らした朝となった。風もほとんど無く、日中の最高気温は27度を超えた。湿度が高くないため、比較的涼しく感じた。太陽面には、今日も黒点群が見当たらない。白色光では、全く模様も見えないため、Hα光で太陽面を見るが、プロミネンスも淡く見えずらい。プラージュやダークフィラメントは目立たない。明日からしばらく天気が悪い状態なので、太陽観測は無理である。台風が週明けから南西諸島に近づく予報であり、この季節の台風が日本付近に接近するのは珍しい。S20200514800t 2020051310h800t Img_2172mhwc800 2020051310hc800 202005132248_sun1e800 202005132249_sun2w800 202005132253_sun4es800 202005132252_sun3ws800 202005132254_sun5en800

| | コメント (0)

2020年5月13日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2166mhw800t  早朝には、少し黄砂の影響もあって透明度が悪かったが、午前8時過ぎには黄砂も少し薄くなった。日中は、黄砂の影響もなくなり、気温も上昇して最高気温は25度を超えた。太陽面には、今日も黒点群が見られなかった。南半球の東縁に黒点群があるようにも見えるが、白色光では、見えない。Hα光で太陽面を見ると、北半球の東縁と南半球の東縁、西縁にプロミネンスが見えた。ダークフィラメントやプラージュは見えない。昨日から、太陽画像のHα光での撮影に、新しいソフトに変えてみた。使い勝手は、慣れないせいもあるが、なんとか撮影は可能となった。ピント合わせに、ガンマ補正を使用していたが、変更したソフトでは、できないようである。明日も、晴れの予報であるが、黒点群の発生を期待したい。S20200513800t 202005122308_sun05h800t Img_2166mhwc800 202005122308_sun05hc800 202005122321_sun06e800 202005122322_sun07w800 202005122324_sun08en800 202005122326_sun09es800 202005122346_sun10ws800

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2160mhw800t  今朝は、雲が多くてなかなか晴れ間が出ず、午前10時過ぎになってようやく青空が出てきた。その後も、雲が多くてお昼過ぎには雲が多くなった。夕方になって晴れ間が出てきた1日となった。気温は昨日よりも低く、風もあって、日陰に入ると涼しかった。太陽面には、今日も黒点群が見られなかった。Hα光でも、まったく模様らしきものは見えず、面白くない。プロミネンスも、プラージュもダークフィラメントもほとんど見られない。S20200512800t 2020051206h800t Img_2160mhwc800 2020051206hc800 2020051202e800 2020051201w800

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2154mhw800t  今日は、暑くなった。午前中は、少し雲が出ていて太陽の光が雲で遮られていたものの、お昼前には完全に晴れてしまった。太陽面には、今日も黒点群が見られず、太陽面の白色光では、全くただの円盤でしかなかった。Hα光でも、プロミネンスやプラージュは、見えなかった。ダークフィラメントは、南半球の高緯度で少し見えることができた。日中の最高気温は30度を超えて真夏日となってしまった。しかし、風もあって太陽の光を遮ってしまうと心地よい日であった。夕方には、金星が西の空に輝いていた。S20200511800t 2020051106h800t Img_2154mhwc800 2020051106hc800 2020051110e800 2020051109w800

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2148mhw800t  今日は曇りの予報が出ていたものの、午前10時を過ぎて、少しの時間だけ太陽の光が普通に届いた。しかし、長い時間の字晴れ間は続かなかった。そのため、太陽Hα光の拡大画像は取得できなかった。太陽面は、今日も無黒点であった。Hα光では、北半球の東縁に鋭いプロミネンスが立ち昇っていた。拡大画像で撮影できなかったのが残念であるが、今日の天気予報の状態だと、観測できたのが奇跡に近い。プラージュやダークフィラメントは見えない。明日は、なんとか晴れの予報が出ており、引き続き太陽の状態を見ることができそうである。S20200510800t 2020051005h800t Img_2148mhwc800 2020051005hc800

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2144mhw800t  今朝は、太陽観測ができないものと思っていたが、午前9時前になって少し青空が広がり、薄雲の中ではあったが、なんとか太陽面の撮影ができた。しかし、Hα光の拡大画像は得られなかった。太陽面は、黒点群が今日も見られない。Hα光では、北半球の東縁にプロミネンスが見える。また、淡いが、南半球の東縁にもプロミネンスが見えた。プラージュはみえない。ダークフィラメントは南半球に2か所見えるが、少し目立たない。夕方近くになって、雨が降りだした。S20200509800t 2020050903h800t Img_2144mhwc800 2020050903hc800

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2127mhw800t  今日は、昨日と比べると透明度が悪くなった。日中は晴れて爽やかであったが、夕方近くになって雲が出て来て湿度が少し上昇したようであった。日中の最高気温は23度を少し下回って夏日にはならなかった。太陽面は、黒点群が見えない。Hα光では、南半球の東縁に淡いプロミネンスが見える。ダークフィラメントも淡いものが南半球の東に見える。プラージュは、ほとんど目立たない。明日は、曇り後雨の予報で、太陽観測はできないだろう。S20200508800t 2020050809h800t Img_2127mhwc800 2020050809hc800 2020050805e800 2020050806w800

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2121mhw800t  透明度が大変良い朝を迎えた。四方の山は新緑の季節真っ盛りで、鮮やかな緑が空の青さと相まって、目に痛いぐらいであった。太陽面は、今日も黒点群が見られない。少しは黒点群が出て欲しいものである。Hα光では、北半球の東縁の高緯度にプロミネンスが見える。その他の場所にあるプロミネンスは小さい。ダークフィラメントは南半球の東側に2か所ほど淡いものが見られる。プラージュは、小さいものがあるが、黒点群に発達しそうもない。明日も、晴れの予報であるが、夕方には崩れそうである。S20200507800t 2020050705h800t Img_2121mhwc800 2020050705hc800 2020050709e800 2020050710w800 2020050708en800

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2115mhw800t  今朝は、曇っていて太陽の光は地上に届かなかった。午前10時を過ぎて、やっと青空が出て来て太陽の撮影を行うことができた。太陽高度は十分にあるが、少し透明度が悪く、薄雲にさいなまれた。太陽面には、黒点群が見られない。今日の最高気温は27度に達して、暑かった。Hα光では、北半球の西縁に淡いが少し大きなプロミネンスが出ている。また、南半球の東縁にも淡いが、鋭いプロミネンスが見えている。さらに、昨日にはプラージュも幾つか見えていたが、今日は、目立たないダークフィラメントは、南半球の東縁に見えている。通常の細長いものではない。S20200505800t 2020050508h800t Img_2115mhwc800 2020050508hc800 2020050501e800 2020050502w800 2020050505wn800

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2109mhw800t  昨日の雨は揚がったものの、朝から曇っていて午前中は完全に雲に覆われてしまった。午後になり、明るくなって午後3時を過ぎてやっと晴れが広がった。日中の気温は上昇して25度近くまで上昇した。太陽面には黒点群が見られないが、Hα光で見ると、南半球の東で黒点群が発生したようである。まあ、白色光では、無黒点のままである。Hα光では、北半球の西縁にプロミネンスが見える。また、南半球の西縁にも見える。プラージュは、小さいものが3か所も見える。明日は黒点群となって欲しいものである。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に淡いものが見える。S20200504800t 2020050405h800t Img_2109mhwc800 2020050405hc800 2020050411e800 2020050412w800 2020050413wn800 2020050410ws800

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2102mhw800t  今日も暑くなった。日中の最高気温は28度近くまで達して、半袖のTシャツを着ていても暑いくらいであった。たいようの撮影以後、薄雲が出て来てお昼過ぎには雲に覆われた。風もほとんど無く、農作業にも汗がしたたり落ちる。太陽面は、昨日まで見えていた黒点群は、見えなくなってしまった。やはり、黒点サイクルの切り替わり時期には、黒点群の寿命が非常に短い感じがする。北半球の西縁には、黒点群の名残である白斑が見える。Hα光では、昨日まで見えていた黒点群の付近にはプラージュが見えるが、輝きはほとんど無い。プロミネンスは、南半球の東縁に小さいながらも、明るいのが見える。ダークフィラメントは目立たない。明日から、またまた無黒点が続くものと思われる。S20200502800t 2020050212h800t Img_2102mhwc800 2020050212hc800 2020050202e800 2020050201w800 2020050203ws800

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2096mhw800t  今日は、暑いぐらいの気温となって、太陽の光を浴びるととても暑かった。午前中は、晴れたが、透明度が少し悪い状態であり、シーイングも少し悪い状況であった。日中の最高気温は2度を超えて夏日となった。太陽面は、期待していた程には、黒点群の発達は無く、がっかりした。Hα光では、南半球の東縁に、明るいプロミネンスが見えた。プラージュは、昨日に比べると輝きが鈍った。そのような状況であり、黒点群も少し衰退したように見える。ダークフィラメントは見えない。明日も、なんとか晴れの予報が出ており、朝の時間帯に太陽の撮影ができることを期待している。S20200501800t 2020050105h800t Img_2096mhwc800 2020050105hc800 2020050109e800 2020050108w800

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »