« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月31日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2708mhw800t  今朝も、晴れ間が出て太陽の観測が行えた。しかし、暑い。今朝も熱帯夜となり、いいかげんに涼しくなってほしい。日中の最高気温も36度を超えて、猛暑日となった。今日で、8月も終わりというのに、台風9号が沖縄の西の海上を進んでいる。災害が出なければ良いが、最大瞬間風速が70メートル/秒と予想されており、心配である。当地では、明後日以降に雨や風が吹くとの予報が出ているが、心配である。さて、太陽面であるが、黒点群は依然として見えない。Hα光で見ると、北半球の東縁に濃いダークフィラメントが見えている。プロミネンスは目立たないが、淡いものが見えている。プラージュは見られない。明日も、なんとか晴れそうであり、9月の黒点群の発生に期待したい。S20200831800t 2020083105h800t Img_2708mhwc800 2020083105hc800 2020083107e800 2020083110w800 2020083109en800 2020083108es800

| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2703mhw800t  今朝は、東の空には雲が漂い、北東から次々と雲が出て来て、午前9時になってようやく晴れた。太陽面には、黒点群が依然として見当たらない。白色光で見ると、何も見られず、Hα光だけが楽しみである。そのHα光であるが、プロミネンスはほとんど目立たず、北半球の東縁近くのダークフィラメントだけが少し目立った。このダークフィラメントは、数日前にプロミネンスとして見られたものであるが、3か所ほど見える。明日は、8月の最終日となるが、台風9号の影響がでてきそうである。それにしても、毎日のように暑さが続き、少し雨が降って欲しいものである。S20200830800t 2020083010h800t Img_2703mhwc800 2020083010hc800 2020083001e800 2020083004w800

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2695mhw800t  今朝は、幾分気温も下がったような気がした。しかし、熱帯夜であり、最低気温は27度ちかくであった。日中の最高気温も35度を超えて、猛暑日となった。北からの風も少しあって、暑さに慣れたせいもあって、ひと頃の暑さに比べて凌ぎやすかった。太陽面は、今日も黒点群が見えない。Hα光で、黒点群が発生しないかと活動域を見てみたが、北半球の東縁付近に黒点群が発生しても良いような気がした。プロミネンスは、昨日までの北半球の東縁に見えていたものが、こちらに回ってきたようで、小さくなってしまった。拡大画像で見ると、ダークフィラメントも見えている。明日も、晴れの予報となっており、黒点群が発生してほしいものである。S20200829800t 2020082905h800t Img_2695mhwc800 2020082905hc800 2020082909e800 2020082910w800

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2689mhw800t  今日も晴れて暑い日となった。透明度は、通常に戻っているが、やはり雨が降っていないせいもあって少し遠くの景色が白く見える。午後には、南から黒い雲が出て来て雨が降るかと思ったが、雨は降らなかった。太陽面には、今日も黒点群が見えない。Hα光では、東半球にプロミネンスが3か所見える。北半球の東縁近くには、黒点群が発生するかと思うようなHα光特有の流れが見える。明日も、引き続き晴れの予報が出ている。なお、新しい台風9号がフィリピンの近くで発生したようである。S20200828800t 2020082812h800t Img_2689mhwc800 2020082812hc800 2020082805e800 2020082806w800 2020082803en800 2020082808es800

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2682mhw800t  今日も暑い日となり、午後には突然の雨が降った。台風8号の通り道には、太平洋高気圧の縁があって、ここに大量の湿った空気が入っているようで、大気が不安定となり、日中に温まった地上からの上昇気流が発生し、この雨をもたらしたもののようである。とにかく、暑くてお風呂の掃除を午前中に行い、高圧洗浄機を使って大量の水を浴びながであったため、いくらか涼しく感じた。風呂の掃除もしばらくサボっていると、だんだんと汚れが取れなくなってしまう。再度、風呂の掃除を近日中に行う予定でいる。さて、太陽面は今日も黒点群が見えず、Hα光に期待した。北半球の東縁には、プロミネンスが見えており、少し楽しかった。その他のプラージュやダークフィラメントは見えなかった。S20200827800t 2020082706h800t Img_2682mhwc800 2020082706hc800 2020082710e800 2020082711w800 2020082712en800 202008271213rc800

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2675mhw800t  今朝は、昨日よりも透明度が改善した。日の出時から太陽の輝きは強く、普通の状態に戻った。これも、台風の影響か?日中は、今日も猛暑日となってしまった。財田では、38度を超える最高気温となって、観測記録に迫る日となったようである。当地では、37度を少し超えたあたりか。白色光では、何も見えず、無黒点となった。Hα光では、北半球の東縁に少し目立つプロミネンスが見える。プラージュやダークフィラメントは見えない。台風の影響か、シーイングは良くない。この先、まだまだ猛暑が続くようで、少し雨が欲しいくらいである。S20200826800t 2020082603h800t Img_2675mhwc800 2020082603hc800 2020082605e800 2020082610w800 2020082608en800 2020082607wn800

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2669mhw800t  透明度が悪い日となり、日中も太陽の光は弱かった。それでも、気温は上昇して36度を超えた。猛暑日である。台風8号の影響もあるかもしれないが、暖かい空気が流れ込んで、透明度も悪い日となった。太陽面には、黒点群が見られず、静かな太陽面である。Hα光でも、プラージュやダークフィラメントは見られず、僅かに北半球の東縁にプロミネンスが見えた。このプロミネンスは、少し変わったプロミネンスで、途中で折れ曲がって再び外に広がっている。拡大画像で、その様子が良く判る。明日も、午前中は晴れが予想されるが、台風8号の進路によっては、曇りや雨も予想される。S20200825800t 2020082515h800t Img_2669mhwc800 2020082515hc800 2020082501e800 2020082505w800 2020082507en800 2020082508ws800

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2663mhw800t  今日も、暑さが弱まらない。しかも、夕方近くになると、完全に風は無くなり湿度も高いため、うんざりしてしまう。朝から晴れてはいるものの、透明度の悪い状態が続いている。今日も、かろうじて猛暑日とはならなかったが、ほぼ猛暑日と言っても良いかもしれない。太陽面は、無黒点である。Hα光でも、プロミネンスやプラージュ、ダークフィラメントは目立たない。明日も、晴れの予報が出ているが、台風8号の影響がでてきそうである。S20200824800t 2020082404h800t Img_2663mhwc800 2020082404hc800 2020082408e800 2020082409w800

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2653mhw800t  朝から晴れたものの、透明度は少し悪く、日中も青空というより、水色がかった空となった。昼過ぎには、南西から雲が出て来て、今にも雨が降り出しそうな空となった。夕方には、少し太陽が戻ったが、それでも、透明度は悪かった。日中の最高気温も、猛暑日とはならず、34度を少し超えたあたりの気温であった。少し、雨が降って欲しいものであるが、コンクリートやアスファルトからの熱が酷い。太陽面は、黒点群が見えない。Hα光でも、プロミネンスはほとんど目立たず、ダークフィラメントやプラージュも見えない。台風8号の動きが遅く、当地への影響は明後日以降か?S20200823800t 2020082315h800t Img_2653mhwc800 2020082315hc800 2020082306e800 2020082302w800 2020082307es800 2020082308ws800

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2648mhw800t  今日は、幾分暑さが和らいだ。最高気温は35度に僅かに達せず、猛暑日も途切れた。風も少しあり、午後には太陽が雲に隠れたため、猛暑日とならなかったようである。太陽面は、遂に無黒点となったしまった。北半球の黒点群が西没とともに、活動が弱まったようである。Hα光で見ると、黒点群がある場所では、プラージュが淡く見えている。プロミネンスは目立たない。ダークフィラメントは、北半球に南北に広がるものが見える。一方、南半球の東縁付近の高緯度に見えるプラージュが小さいものの明るい。台風8号が沖縄から九州の西部に進む予報が出ている。来週水曜日頃が少し心配である。S20200822800t 2020082205h800t Img_2648mhwc800 2020082205hc800 2020082207e800 2020082211w800 2020082212wn800

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2641mhw800t  今日も暑かった。風も弱く、透明度も悪い。日中の最高気温は透明度が悪い日となった。日中の最高気温は今日も猛暑日となり、37度近くまで上昇した。早く、涼しくなってほしいものである。太陽面は、北半球の黒点群が西縁に近づき、良く見ないと判らないほどである。新たな黒点群の発生に期待したい。白色光では、ほとんど黒点群も見えなくなったため、Hα光で見てみるが、やはり活動状況は、低調である。プロミネンスは、淡く目立たない。ダークフィラメントは、北半球の高緯度で小さなものが見える。プラージュは、南半球の東縁に小さなものがあるが、一番輝いている。S20200821800t 2020082112h800t Img_2641mhwc800 2020082112hc800 2020082104e800 2020082102w800 2020082106wn800

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2634mhw800t  透明度が悪い日となった。日中の最高気温は今日も猛暑日を記録し、36度近くまで上昇した。現在も33度を超えている。今日は、薄曇りがちの空となって、日差しはいくらか弱まった。太陽面は、北半球の黒点群が西縁に近づき、少し活動も弱まったように見える。白色光では、他に目立ったものは見えない。Hα光では、北半球の黒点群の周りがプラージュで明るい他は、目立ったダークフィラメントもプロミネンスも見えない。いいかげんに、猛暑日も終わって欲しいが、数日置きに雨が降って欲しいものである。しかし、葉物野菜が高すぎて、参ってしまう。S20200820800t 2020082006h800t Img_2634mhwc800 2020082006hc800 2020082015e800 2020082008w800 2020082014en800 2020082013wn800

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2622mhw800t  今朝は、昨日より良いが、少し透明度が落ちて太陽の光が少し弱まってしまった。日中は、相変わらず猛暑日となって、戸外に居ると辛い。最高気温は、36度を超えてはいるが、昨日や一昨日のようなことはない。しかし、暑い。太陽面は、北半球の黒点群が少し発達したようで、双極性を示している。しかも、南北にも広がりを持っている。その他の黒点群は、見えないので、Hα光で見てみた。太陽面全体に大きなプロミネンスやプラージュ、ダークフィラメントは見えない。たまには、雨も降って欲しい。S20200819800t 2020081915h800t Img_2622mhwc800 2020081915hc800 2020081901e800 2020081906w800 2020081904es800 2020081907wn800

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2615mhw800t  今朝は、少し透明度が悪い朝となった。日中の最高気温も、昨日ほど上昇せず36度台に収まった。しかし、暑い。猛暑日は連続で1週間ほど続いているが、熱帯夜の方が辛い。夜に涼しくないと、暑さで寝付けない。太陽面には、新たな黒点群が北半球の子午線を少し過ぎた場所で発生した。昨日のHα光から、黒点群になりそうな気配がしたのが的中した。しかし、今日のHα光を見てみると、活動のピークは過ぎてしまったように感じる。プロミネンスは、淡いものばかりであるが、南半球の東縁に見えるものは、明日が少し楽しみである。黒点群がある付近のプラージュは小さい。S20200818800t 2020081804h800t Img_2615mhwc800 2020081804hc800 2020081811e800 2020081812w800 2020081814es800 2020081813wn800

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2602mhw800t  今日も、暑かった。日中の最高気温は昨日以上に上昇し、38.3度となった。浜松では、41.1度と、日本の最高気温タイとなったようだ。とにかく、水分の補給と睡眠と栄養のある食事を心がけたい。私には、病気の時以外は食欲不振になったことがない。いつものように食べている。さて、太陽面であるが、黒点群が見えないのは、寂しい。白色光では何も見えないので、Hα光で見てみたが、太陽面のほぼ真ん中にプラージュが発生していた。その他のプロミネンスやプラージュは目立たない。S20200817800t 2020081712h800t Img_2602mhwc800 2020081712hc800 2020081701e800 2020081705w800 2020081706wn800

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2600mhw800t  昨日に引き続き晴れて暑くなった。建物も夜間の冷えが十分では無く、熱いままで朝まで続き、完全な熱帯夜が続いている。最低気温は28.6度、最高気温は38.1度と猛暑日にうんざりしてしまう。風は吹いているものの、熱風となって地上に降りてくる。とにかく、暑くて水分の補給を何度となく行ってはいるが、汗となって水分が体から出て行ってしまう。太陽面は、期待していた北半球の黒点群は西没し、南半球の黒点群も消滅してしまったようである。Hα光では、プロミネンス、ダークフィラメント、プラージュtもほとんど見えないくらいである。明日に期待したい。S20200816800t 2020081606h800t Img_2600mhwc800 2020081606hc800 2020081610e800 2020081611w800 2020081614es800 2020081615wn800

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2593mhw800t  今日も、良く晴れて気温はぐんぐんと上昇し、38度近くまで上昇した。現在も35度もある。とにかく暑い。今夜も、完全な熱帯夜となりそうである。朝から雲がほとんど無く、夕方には北の方向に少し雲が見える程度であった。太陽面は、昨日まで見えていた黒点群消滅してしまったようである。新たな黒点群の発生を期待したい。Hα光でも、プラージュの輝きが鈍ってしまって、黒点活動は弱まったように見える。プロミネンスも淡くなり、ダークフィラメントは見えない。プラージュも、淡くなってしまった。S20200815800t 2020081512h800t Img_2593mhwc800 2020081512hc800 2020081504e800 2020081505w800 2020081503wn800

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2587mhw800t  今日は、朝から暑くて午前8時前には30度を超えていた。日中も気温が上昇して猛暑日となった。最高気温は37度にも達し、もはや、太陽の光を浴びると火傷しそうであった。現在の気温も32度を超えており、今夜も熱帯夜となりそうだ。太陽の黒点群は、北半球の黒点群は非常に見難くなってしまった。南半球の黒点群の方がはっきりと見える。白色光でも、黒点群があまりにも小さいため、面白みに欠ける。Hα光では、黒点群がある場所は、プラージュでも見えるが、南半球の高緯度にもプラージュが見え、黒点群が発生するかもしれない。プロミネンスは、北半球の西縁の高緯度に目立つ。ダークフィラメントは小さく目立たない。S20200814800t 2020081406h800t Img_2587mhwc800 2020081406hc800 2020081414e800 2020081413w800 2020081411es800 2020081412wn800

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2578mhw800t  今朝は、午前9時過ぎまで全天が雲に覆われ絶望的な状況であった。気温も上昇していて午前8時前には気温が30度を超えていた。日中の最高気温は35度を超えて猛暑日になってしまった。最高気温は36度近くになった。今現在でも31度を超えているようである。今夜も熱帯夜で困ってしまう。太陽面は、北半球の黒点群が小さく淡くなってしまい、良く見ないとわからなくなってしまった。南半球の黒点群は、昨日よりもはっきりとして見えている。Hα光では、4か所ほどにプロミネンスが見える。プラージュは、黒点群がある場所で見えるが、北半球のプラージュは少し暗くなっている。ダークフィラメントは目立たない。S20200813800t 2020081311h800t Img_2578mhwc800 2020081311hc800 2020081301e800 2020081306w800 2020081305es800 2020081304wn800

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

本日の太陽面

  本日の太陽面
Img_2576mhw800t  今朝は、少し雲に覆われたものの、午前8時過ぎには、晴れ間が広がり太陽黒点の撮影が行えた。太陽面には、南半球の東縁に新たな黒点群が表れた。小さいので、見逃してしまうほどである。北半球の黒点群も小さくなってしまった。Hα光では、南半球の東縁、および北半球の東縁にプロミネンスが見えた。南半球のプロミネンスの方が、明るい。プラージュは、北半球の黒点群に伴う部分が明るい。南半球の東縁の黒点群に伴う部分は、そんなに明るくはない。ダークフィラメントは、北半球に見えているが、大きくはない。今日も、猛暑日となって暑かったが、風が少しあって日陰では、比較的過ごしやすかった。明日は、雲の多い天気予報となっている。S20200812800t2020081203h800t Img_2576mhwc800 2020081203hc8002020081214e800 2020081215w800 2020081213en800 2020081209wn800 2020081217es800   2020081211ws800 

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2566mhw800t  今日も、台風の影響を受けてシーイングが悪かった。午後には、雨や雷も発生し、大粒の雨が落ちてきた。太陽面の黒点群は、北半球の黒点群が活動を弱めていて、小さくなっている。Hα光では、黒点群の周りのプラージュが明るい。拡大画像では、昨日見えていたダークフィラメントが細く長く見えている。プロミネンスは、北半球の東縁に淡いものが見えている。ダークフィラメントも北半球には見える。南半球では、ほとんど活動が見られない。S20200811800t 2020081113h800t Img_2566mhwc800 2020081113hc800 2020081103e800 2020081104w800

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

本日の太陽面

Img_2562mhw800t
 今朝は、透明度は良かったものの、台風の影響もあって、シーイングは酷かった。午前9時前までは、なんとか晴れてはいたものの、その後は雲が多くなり、午後3時過ぎからは雨も降り出した。とにかく、蒸し暑くTシャツを何度も取り換えた。太陽面は、少し小さくなった北半球の黒点群も見え、もう少し大きな黒点群が欲しいものである。Hα光では、北半球の西縁近くに見えるダークフィラメントも、黒点群付近のプラージュも活動が少し弱まったように思う。プロミネンスは、南半球の西縁に見えるが淡い。台風は、日本海を北東に進んで明日には、ほとんど影響は無くなると思うが、シーイングの改善が望まれる。S20200810800t 2020081006h800t Img_2562mhwc800 2020081006hc800 2020081009e800 2020081014w800 2020081012wn800 2020081015ws800

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2557mhw800t  3日ぶりの太陽面である。梅雨明け後も、透明度が悪く雲の多い日が続いている。今朝は、なんとか透明度も普通の状態で、太陽面を観察することができた。北半球の黒点群は、今見えている黒点群の後に続く黒点群は見られない。南半球は、黒点群が全く発生していない。北半球の黒点群は、発達が止まったようで、活動域は、少し狭まっているように見える。Hα光で見ると、プロミネンスも淡い、北半球の黒点群が発生した場所では、少し活動領域が残っているように見える。少しは、大きなプロミネンスでも発生してほしいものである。S20200809800t 2020080912h800t Img_2557mhwc800 2020080912hc800 2020080903e800 2020080904w800 2020080906en800 2020080905wn800

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2551mhw800t  今朝は、透明度がだいぶ改善して、通常近くまで透明度が戻った。あるニュースによると、この透明度の悪さは小笠原諸島の西之島の噴火による噴煙が透明度を悪くしているのではないかとのこと。太平洋高気圧の縁をぐるっと回って日本列島に襲来しているのが原因かもとのこと。太陽面の活動も面白いが、小笠原諸島の西之島も興味が尽きない。やがて、この島も本州に接続してしまうかも。さて、太陽面であるが、北半球の黒点群は相変わらず見えている。その前方には、太陽活動が続いているように見えてしまう。Hα光で見ると、プラージュは2個、ダークフィラメントも見え、北半球が賑やかである。プロミネンスは見えない。S20200806800t 2020080606h800t Img_2551mhwc800 2020080606hc800 2020080607e800 2020080608w800 2020080610en800 2020080609wn800

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2538mhw800t  今朝も透明度が悪く、コントラストの冴えない画像となった。シャッタースピードも上がらず、ピントの山も掴みにくかった。太陽面には、北半球の東縁に出てきた黒点群だけが見えるが、先行して出てきた黒点群は、消滅してしまったようである。Hα光では、これらの黒点群が東西に連なってプラージュが見えている。プロミネンスは、北半球の東縁に少し大きなものが見えるが、淡い。ダークフィラメントは、昨日よりも淡くなってしまった。しかし、透明度が悪すぎる。湿度が高すぎるのか、透明度の改善を期待したい。S20200805800t 2020080509h800t Img_2538mhwc800 2020080509hc800 2020080503e800 2020080504w800 2020080505en800 2020080506wn800

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2522mhw800t  今日は、雲が多いどころか。透明度さえも悪い日であった。昨日も雲が多くて太陽観測はできない状態であった。梅雨明け後、晴れるが、透明度の悪い日が続き、遠くの山も霞んでいる。太陽面には、北半球の東縁に、新たな黒点群が出てきた。しかし、一昨日の黒点群も、姿は見えず、その前の黒点群も消え去っている。同じような経度で次々とやってくるものの、寿命は短い。しかし、黒点群が順調に発生していることは、新たな第25サイクルが本格的になったようでもある。Hα光では、その様子がプラージュとなって連なって見える。プロミネンスは、小さなものが南半球と北半球の東縁に見える。ダークフィラメントは、北半球に見えている。南半球のものは、直線的であるが、少し淡い。明日は、すっきりと晴れてもらいたい。S20200804800t 2020080403h800t Img_2522mhwc800 2020080403hc800 2020080406e800 2020080407w800

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2518mhw800t  今日も、雲の多い一日となった。午前11時前には、なんとか太陽の撮影を終えた。しかし、湿度が高く暑くなった。太陽の撮影中は、なんとか連続して晴れたが、その後は曇りがちであった。太陽面には新たな黒点群が北半球の東縁に現れた。昨日の東縁に見えていた白斑が発達したようで、第25サイクルのAR2769の黒点群となったようである。これで、太陽面には3個の黒点群が同時に見えたことになる。Hα光では、この新しい黒点群の周りが一番明るく見える。南半球の黒点群は、目立たなくなってしまった。プロミネンスは、北半球の東縁に小さなものが見える。ダークフィラメントは、北半球の東縁、南半球に見える。梅雨が明けたものの、あまり安定した天気とはなっていない。これも、梅雨前線が、北上した訳ではなく、オホーツク高気圧と小笠原高気圧が相互に勢力を伸ばしたために、梅雨前線が消滅して梅雨明けになったに過ぎない。S20200802800t 2020080208h800t Img_2518mhwc800 2020080208hc800 2020080203e800 2020080202w800

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2505mhw800t  今日は少し雲の多い一日となった。しかし、湿度が高く暑くなった。太陽の撮影中は、なんとか連続して晴れたが、その後は曇りがちであった。太陽面には黒点群が2群見えているが、南半球の黒点群は、西没が近く、斜めから見るため小さく見えた。北半球の黒点群は、後続に黒点群が発生したように見える。また、その後方には白斑が見えていて、黒点群が発生しても良いぐらいで、白斑も見える。Hα光では、プロミネンスが目立たず、ダークフィラメントが北半球の東縁に2個見えている。明日も引き続き晴れの天気が予想されているが、少し雲が多くなりそうである。S20200801800t 2020080107h800t Img_2505mhwc800 2020080107hc800 2020080110e800 2020080109w800

| | コメント (0)

昨日の太陽面

昨日の太陽面
Img_2505mhw800t  梅雨明けして朝から太陽が照り付けた。非常に蒸し暑く、少しも動かない状態でも汗が噴き出てしまう。太陽面は、南北両半球に黒点群があるので、少し楽しめる。北半球の黒点群は、小さいが、大きな白斑を伴っている。Hα光では、南半球の東縁にプロミネンスの大きなものが見えている。プラージュは、黒点群の周りに見えるが、そんなに明るくはない。S20200731800t 2020073112h800t Img_2505mhwc800 2020073112hc800 2020073101e800 2020073105w800 2020073106es800

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »