« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月29日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2877mhw800t  今日も、予報とは少し違ったが概ね晴れの天気となった。それでも、太陽の撮影が終わった時には、薄雲が広がり、その後は少し雲が出たり晴れたりした。お昼ごろは、雲が多かった。太陽面には、今日も黒点群が発生していないようである。Hα光で見ると、北半球のプラージュが子午線をまさに通過しようとしていた。東西にプラージュが分かれていて、その両端には、少し流線のようなものが見えている。プロミネンスは、小さなものが見えるが、見落としそうである。ダークフィラメントは見えない。明日は、曇り時々雨の予報が出ており太陽観測はできそうにもない。S20200929800t 2020092903h800t Img_2877mhwc800 2020092903hc800 2020092909e800 2020092908w800

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2870mhw800t  午前中の早い時間は快晴であったが、その後は雲が多く出て一時は曇りの状態があった。夕方近くになって、晴れ間が多く出てきた。太陽面には、今日も黒点群が見えなかった。数日前から現れたプラージュが発達してフレアも発生したので、黒点群に発達するかと思ったが、黒点群が発生するも、すぐに消えたようである。Hα光では、プロミネンスも小さなものが見えるが、全周に亘って静かである。プラージュは、北半球に見えるが、輝きが鈍い。ダークフィラメントは見えない。S20200928800t 2020092811h800t Img_2870mhwc800 2020092811hc800 2020092806e800 2020092805w800

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2865mhw800t  今日も、曇りがちの天気であり、最後の撮影は、午後4時過ぎになってしまった。Hα光の全体画像は、午前9時前、白色光は、午前10時過ぎであり、Hα時拡大画像を撮影し始めた途端、完全に曇ってしまった。太陽面には、黒点群があるようにも見えるが、画像として見えなかった。スペースウエザーでも黒点群は記録されていない。昨日は、フレアの発生もあって、僅かな黒点群が見えたようであった。Hα光で見ると、プラージュが見えており、黒点群があってもおかしくない状況である。プロミネンスは、小さなものが、東縁の南北半球に見える。今日の最高気温は夏日となり、27度近くまで上昇し、太陽の光が射すと少し暑かった。S20200927800t 2020092603h800t Img_2865mhwc800 2020092603hc800 2020092707e800 2020092708w800

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2860mhw800t  今日は、朝から曇っていて、夕方近くになって少し青空が見え始めたものの、絶えず雲が太陽を隠してなかなか太陽が輝かなかった。ほんの少しだけ晴れて、透明度は悪かったものの、なんとか太陽の表情を見ることができた。白色光では、黒点群は見られなかった。Hα光で見ると、北半球の東にプラージュが見えている。プロミネンスは見られず、ダークフィラメントもプラージュの北部で少し見える。撮影後も、雲に覆われ、1時間もしないうちに大粒の雨が降りだした。明日は。今日よりも晴れ間が出る可能性が高いと思われる。このプラージュが黒点群へと成長することを期待したい。S20200926800t 2020092601h800t Img_2860mhwc800 2020092601hc800

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2853mhw800t  今朝は、昨日および一昨日のような気温の朝とはならず、少し暑く感じた。日中も30度を超えて真夏日となってしまった。
太陽は、西から進んでくる雲と、東から進んでくる雲に阻まれ、なかなか晴れず、お昼前にやっと晴れてなんとか太陽面の撮影を行うことができた。太陽面には、昨日に北半球の東縁に現れた白斑が回ってきて、黒点群になるかと思われたが、依然として黒点群とはなっていない。Hα光でも、この付近に目立つプラージュが見えるが、後一歩であると思われる。プロミネンスは、北半球の東縁に角のようなものが出ている。また、南半球の東縁に淡いものが見える。ダークフィラメントは見られない。S20200923800t 2020092304h800t Img_2853mhwc800 2020092304hc800 2020092306e800 2020092310w800

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2848mhw800t  昨日と同じような気温の朝となり、最低気温は昨日と同じような18度近くであった。太陽は、午前8時前には晴れて太陽を見ることができた。それにしても、今日も黒点群が見られない。東縁には、Hα光でプラージュが見えているが、黒点群にはなっていない。白色光でも、白斑として見えており、黒点群に発達するか見守りたい。Hα光で見ると、南半球の東縁の高緯度に淡いプロミネンスが見える。また、北半球にも淡いプロミネンスが見えている。台風12号の影響で、曇ってきた。S20200922800t 2020092211h800t Img_2848mhwc800 2020092211hc800 2020092205e800 2020092207w800 2020092202es800 2020092204wn800

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2842mhw800t  今朝は、涼しいというよりも寒くなった朝である。最低気温は16度を少し上回った程度か。日中は、気温が上昇したが、真夏日とはならなかった。午前8時を過ぎて北東の方向から晴れてきた。太陽面を見るが、なんとも寂しい状況であり、黒点群は見られなかった。Hα光でも、南半球の高緯度に淡いプロミネンスが見えるだけであり、ダークフィラメントやプラージュは見られない。台風12号が発生したようで、秋雨前線が刺激されて、大雨とならなければ良いのだが。木曜日ごろに日本に接近するようである。S20200921800t 2020092105h800t Img_2842mhwc800 2020092105hc800 2020092109e800 2020092108w800 2020092107es800

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2834mhw800t  今日は、天気予報が外れて、ほとんど1日中曇りの空となってしまった。午前12時前に少し晴れたものの、その他の時間には、太陽が完全に雲に覆われた。日中の最高気温も27度を少し超えた当たりで、暑くは無かった。今朝の最低気温は20度を下回ったようで、涼しかった。近くまで下がって涼しかった。日中は気温が上昇したものの、30度には届かず28度を少し超えたあたりであった。太陽面には、今日も黒点群は見られず、ここ1か月は、完全に無黒点の状態となった。Hα光でも、南半球に見える小さなダークフィラメントと小さなプロミネンスが見えるだけで、太陽活動が活発な部分は見られなかった。第25サイクルに入り、もう少し活発な活動が見られると思ったが、まだ先になるのかもしれない。S20200920800t 2020092008h800t Img_2834mhwc800 2020092008hc800 2020092004e800 2020092002w800

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2830mhw800t  今朝の最低気温は20度近くまで下がって涼しかった。日中は気温が上昇したものの、30度には届かず28度を少し超えたあたりであった。午前中は晴れたものの午後からは薄雲が出て来て、夕方には完全に曇ってしまった。太陽面は、黒点群が今日も見えず、無黒点となった。Hα光で見ても、プロミネンスはほとんど見えず、ダークフィラメントやプラージュも見えなかった。明日も、最低気温は20度以下になりそうで、一機に秋が来たようである。明日の朝は、曇りの予報が出ているが、午後からは晴れるようである。S20200919800t 2020091905h800t Img_2830mhwc800 2020091905hc800 2020091909e800 2020091908w800 2020091910es800

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2824mhw800t  今日は、予報では曇り時々雨であったが、朝の早い時間には、薄雲の状態であったため、白色光とHα光の全体画像は撮れた。太陽面の黒点群は見られない。まあ、透明度が悪い状態での撮影のため、小さな黒点群は見逃すかもしれない。ネット上での太陽面にも、黒点群は見られない。Hα光でも、ほとんどHα光で見られるプラージュやダークフィラメントはおろか、プロミネンスもほとんど見られない。今日の最高気温は30度ではあったが、湿度が高くて少し暑く感じた。最低気温は昨日よりも少し上がって25度には達しなかったが、湿り気を帯びた朝であった。明日も、引き続き雨や曇りの予報が出ており、太陽観測はできないと思われる。S20200917800t 2020091701h800t Img_2824mhwc800 2020091701hc800

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2818mhw800t  今日も、午前中は雲が多く、午前10時過ぎに少しは青空が出たものの、薄曇りの状態で太陽の撮影は諦めた。午後になり、2時前にやっと、まともな空となった。日中の最高気温は30度に達せず、真夏日ではなくなった。今朝の最低気温も、20度を下回って、肌寒い朝となった。太陽面は、黒点群が見られなかった。Hα光では、南半球の東縁の高緯度、および北半球の西縁高緯度にプロミネンスが見えた。プラージュは、北半球の西縁に小さなものが見える。ダークフィラメントは見えない。過ごし易くなったものの、日の出の時間が遅くなり、日の入りの時間が早くなったことで、昼間の時間がずいぶんと短くなった。S20200915800t 2020091514h800t Img_2818mhwc800 2020091514hc800 2020091504e800 2020091506w800 2020091507wn800

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2803mhw800t  今日は、なかなか晴れてこなかった。しかし、朝からずっと待っていてやっと午後2時を回ってなんとか晴れ間が続き、Hα光でも撮影を行うことができた。北半球の西縁近くに黒点群が発生したようである。画像では、ほとんど見えないものの、Hα光では、プラージュとして見えている。久々の黒点群ではあるが、もうすぐ西没となってしまうのが残念である。なお、南半球のプラージュには小さなダークフィラメントを伴っているが、Hα光の拡大画像でなければ判らないほど小さい。今日の最高気温は30度に達せず、28度まで行かなかった。最低気温も21度近くまで下がった。ようやく夏が終わったように感じる。太陽の南中光度も低くなり、日の入りの時刻も早くなった。S20200914800t 2020091405h800t Img_2803mhwc800 2020091405hc800 2020091406e800 2020091407w800 2020091411wn800

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2793mhw800t  今日は、ほとんど晴れなかった。朝から粘って太陽面を見ていたが、南西から北西方向に向かって流れる雲が邪魔をした。北西方向は晴れ間が出ているが、太陽がある南東から南西の方向は、絶えず雲に覆われてしまった。しかし、日没後は、晴れてきた。今日も、黒点群は見えなかった。白色光では、白斑さえも見えない。Hα光では、南半球の西にプラージュが見えていて、黒点群が発生したかもしれない。プロミネンスは、北半球の西縁の高緯度に淡いものが見えるが、淡い。ダークフィラメントも、北半球の高緯度に小さなものが見える。今日の最高気温は30度を少し超えて真夏日となった。S20200913800t 2020091301h800t Img_2793mhwc800 2020091301hc800

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2788mhw800t  今朝は、なんとか晴れて太陽の撮影が行えた。その後は曇り、午前9時過ぎからは雨となった。お昼過ぎには雨は止んだものの、雲に覆われてしまった。今日も、黒点群は見えない。Hα光では、南半球の東縁高緯度にプロミネンスが見える。北半球の東縁にの小さなものが見える。プラージュは全然見えず、ダークフィラメントは、北半球の西縁近くに見える。黒点群が待ち遠しい。S20200912800t 2020091208h800t Img_2788mhwc800 2020091208hc800 2020091201e800 2020091203w800

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2778mhw800t  今日は、朝から曇っており、午前9時前から雨が降ったものの、その後は夕方近くまで晴れた。太陽の南中光度は低くなり、南中付近の望遠鏡は天頂近くからだいぶ南に下がった。ひところの暑さは無くなり、風が吹くと、日陰では涼しく感じた。さて、太陽面であるが今日も無黒点が続いている。Hα光で見ても、太陽面には活動域が見られない。プロミネンスは、南半球の東縁に少し目立つものが見られる。また、北半球の東縁にも小さいものが見えている。明日は、再び雨の予報であり、今日のように涼しければ良いのだが。S20200910800t 2020091005h800t Img_2778mhwc800 2020091005hc800 2020091011e800 2020091012w800 2020091010en800 2020091013es800

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

台風が去った後の虹

台風が去った後の虹
P9070223rs  台風10号が過ぎ去った朝(9月7日)には、日の出時に虹が見られた。半円に近い虹であり、西南西の空に掛かっていた。いつものように食事を済ませ、庭に出てみると、見事な虹であり、写真を撮ってみた。すぐに淡くなって見えなくなったものの、鮮やかであり、その上方には月も見えていた。また、あまり見たこともない蝶が自宅の畑で飛んでいたので、撮影して調べると、モンキアゲハと呼ばれている日本最大の蝶であった。とにかく、大きな羽をひらひらさせて、花の蜜を盛んに吸ってしばらく、漂っていた。太陽観測では、昨日で、先月9日から昨日(9月8日)まで連続して欠測日も無く行うことができた。これは、非常にまれではあると思うが、今夏の特徴的な現象でもあるのではないか。でも、太陽活動は低調である。P9070227rs Img_0164rs Img_0155rs   

| | コメント (2)

2020年9月 8日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2772mhw800t  今朝は、日の出からすっきりと晴れた。日中の気温は上昇し、今日も猛暑日には成らなかったものの真夏日となった。しかし、熱帯夜は続いているので、昨晩の夜中は暑かった。太陽面には、今日も黒点群が見えず、無黒点日となった。Hα光では、プロミネンスもほとんど目立たないというか目を凝らさなければ見えないほどである。ダークフィラメントは、北半球に見えるが、昨日よりも淡くなった。毎日の太陽観測も黒点群が見えないので、寂しい状況が続いている。S20200908800t 2020090810h800t Img_2772mhwc800 2020090810hc800 2020090803e800 2020090802w800

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2766mhw800t  台風10号は過ぎ去った。しかし、九州では、災害が発生したようである。幸いにして、当地では、風も、雨も少なくて済んだ。朝から晴れてはいたものの、南から進んでくる雲に阻まれ、午前11時前までは、雲のため太陽の撮影がなかなか進まなかった。雲が切れた後も、シーイングは台風の影響もあって酷かった。なんとか、白色光、Hα光を撮影したものの、太陽面には黒点群が見えず、面白くは無かった。白色光では、何も見えないので、Hα光を期待したが、活動的な領域は見られなかった。プロミネンスもほとんど見えず、ダークフィラメントは、昨日と同様、北半球の高緯度に見えるだけである。S20200907800t 2020090705h800t Img_2766mhwc800 2020090705hc800 2020090708e800 2020090712w800

| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2754mhw800t  今朝は、昨日とは雲の動きが違って、南東から北の方向に流れていた。その後は、西から東の雲もあって、なかなか晴れてくれなかった。それでも、午前11時前になって晴れ間が少し出て、太陽の撮影は行えた。今日の太陽面も静かで、黒点群は見えなかった。さすがに、これだけ無黒点が続くと、面白くない。Hα光では、これまたプロミネンスもほとんど見えなく、南半球の西縁に小さなものが淡く見える。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に丸く見えている。台風10号が接近中で、午後2時過ぎから南からやってきた黒い雲が雨を降らせた。今晩から明日の昼過ぎにかけて台風が最接近するようである。S20200906800t 2020090610h800t Img_2754mhwc800 2020090610hc800 2020090601e800 2020090602w800

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2749mhw800t  今朝は、南西からやってくる雲と、北東から湧いて出てくる雲に阻まれた。お昼前になって、ようやく太陽の光が通常に戻り、なんとか太陽を撮影することができた。台風10号の影響も少し出ているような気がする。午後になり、南西方向に黒い雲が発生したものの、その後は北西へと進み、昨日のような雷雨とはならなかった。夕方には、南の空に木星と土星が仲良く並んでいる様子が見えた。太陽面は、今日も黒点群が見られず、残念である。Hα光では、プロミネンスも淡くほとんど見えない。ダークフィラメントは、北半球には見られるものの、南半球には見られない。ダークフィラメントは、今日も見られない。いよいよ、明日の夕方から台風10号の風と雨が予想される。万全の対策をしなければならない。S20200905800t 2020090504h800t Img_2749mhwc800 2020090504hc800 2020090508e800 2020090511w800

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2738mhw800t  今朝は、晴れ間が少なく南東の空がトータルで30分ほどしか晴れなかった。その後は曇りとなり、午後2時過ぎには、南西から黒い雲がやってきて、雷雨となった。ほんの30分足らずの時間であったが、11ミリの雨となった。落雷も近くであり、光ったと思った瞬間に雷鳴が轟いた。太陽面は、朝の短時間で撮影できたが、黒点群は見られなかった。Hα光でも、プロミネンスはほとんど見えず、ダークフィラメントも小さいものばかりで目立たない。プラージュは当然見えなかった。いよいよ台風10号が近づいてきたが、災害が発生しなければ良いのだが。現在の中心気圧は925ヘクトパスカルである。S20200904800t 2020090412h800t Img_2738mhwc800 2020090412hc800 2020090404e800 2020090405w800 2020090403en800

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2732mhw800t  今日は、雲が南西から北東にかけてずっと流れてきて、東から南東にかけて雲が掛かっていた。午前11時前になって、ようやく太陽の光が完全に届いた。これも、台風9号の影響か?シーイングは極めて悪く、早朝では、ピントがどこで合っているのか判らない程であった。午前7時過ぎからずっと待っていて、午前11時前からなんとか雲が途切れた。北西方向や北の方向には、雲が無く、太陽の前だけ雲が覆ったようである。太陽面には、今日も黒点群が見えず、面白くない。Hα光でも、北半球に小さなダークフィラメントが4か所ほど見えるだけで、プロミネンスは目立たず、プラージュは見えない。台風9号は朝鮮半島に過ぎ去ったものの台風10号が南の方から進んできている。災害が起こらないと良いのだが。なお、今日も、最高気温は37度を超えて猛暑日となった。S20200903800t 2020090313h800t Img_2732mhwc800 2020090313hc800 2020090315e800 2020090314w800 2020090316en800

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2720mhw800t  少し雲の多い朝となったが、なんとか太陽を撮影することができた。昨日よりも、シーイングは改善した。その後、お昼前から曇ってきて、午後には雷を伴う雨が降った。夕方近くには雲が南東から北西へと流れ、台風が北西方向にあるような気がした。当地では、明日の午前中までが台風が一番接近するようで、何もなければ良いと思っている。一方、台風10号は、週末から月曜日にかけてやってきそうで、勢力が強く心配である。太陽面は、今日も無黒点であった。Hα光では、北半球にダークフィラメントが3か所見えるが、プラージュや、プロミネンスは目立たないと言うか見えない。それにしても、熱帯夜が続き、寝苦しい。S20200902800t 2020090205h800t Img_2720mhwc800 2020090205hc800 2020090211e800 2020090212w800 2020090210en800

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2714mhw800t  今朝も晴れたが、シーイングが悪い。台風9号の影響だろうが、白色光の全体画像やHα光の拡大画像も、極めて解像度が落ちてしまった。太陽面には、依然として黒点群が発生していない。白斑も何も見えない。Hα光では、昨日までダークフィラメントが目立ったが、今日は、小さくなってしまった。プロミネンスも、南半球の東縁に少し明るいが小さなものが見えるだけで、後は淡い。当然、プラージュは見えない。明日から明後日にかけて台風9号の影響で、曇りや雨が続きそうである。S20200901800t 2020090111h800t Img_2714mhwc800 2020090111hc800 2020090101e800 2020090102w800 2020090103en800

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »