« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3104mhw800t  今朝は、北東からやってくる雲が少しあったが、午前8時過ぎには東の空の雲も取れた。最低気温は、我が家では10度を大きく下回り5度を記録した。今秋一番の冷え込みとなった。日中の最高気温は20度近くまで上昇し、昼間は快適であった。しかい、夕方近くには少し風が強まり、急激に気温は下がった。太陽面は、南半球の黒点群がいよいよ西没を迎えた。他の場所には黒点群が見えない。Hα光では、プロミネンスも目立たないほど淡く小さい。プラージュは、黒点群の周りにまだ見える。ダークフィラメントは、北半球の北部に連なっているのが見えた。今日は、今月2回目の満月で、ブルームーンであるが、今年の満月では、地球から遠くて小さく見える日であった。東の空から昇ってきた月を掲載する。S20201031800t 2020103104h800t Img_3104mhwc800 2020103104hc800 2020103107e800 2020103111w800 2020103113en800 Img_3115rst

| | コメント (0)

2020年10月30日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3083mhw800t  今朝は、昨日悪かった透明度も改善して太陽が眩しかった。太陽の撮影後、少し雲が多くなったものの、雲が太陽の光を遮ることは少なかった。日中の最高気温は20度を下回ってTシャツだけだと昨日よりも少し肌寒く感じた。太陽面は、南半球の黒点群が西縁に近づいた。東縁から黒点群が出現して欲しいものである。Hα光では、プロミネンスは目立たない。黒点群の周りは、プラージュが見える。ダークフィラメントは、昨日と同様に北半球の東縁近くに見えている。明日は、10月最後の日であるが、今月2回目の満月であり、ブルームーンと呼ばれるようだ。なお昨晩は十三夜であり、火星が左横に見えていた。S20201030800t 2020103012h800t Img_3083mhwc800 2020103012hc800 2020103004e800 2020103002e800 2020103005en800 2020103006wn800

| | コメント (0)

2020年10月29日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3076mhw800t  今朝は、透明度が悪い朝となり、太陽が南東の山から出てきた時には、直接眼で見られる程であった。午前9時前になっても、通常の光の強さとはならず、周りの景色も霞んで見えた。日中の最高気温は21度を超えた。太陽面は、昨日見えた南半球の黒点群の後方の北側に新たな黒点群が発生した。この黒点群は、日本での昨晩発生したようである。仲良く並んで見えている。この黒点群も第25サイクルに属する黒点群である。Hα光では、黒点群の周りにプラージュが見える。プロミネンスは、北半球の東縁に見える。ダークフィラメントも、このプロミネンスの前方につながって見えている。S20201029800t 2020102904h800t Img_3076mhwc800 2020102904hc800 2020102909e800 2020102908w800 2020102913en800 2020102914wn800

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3066mhw800t  今日は、午前中のほんの少しの時間だけ晴れていたが、その後は雲が出て来て、昼前には完全に曇天となった。日中の最高気温も20度は超えたが、昨日よりも少し下がった。夜になって、少し晴れ間が出てきたようである。太陽面は、南半球の黒点群が、さらに発達したようである。東西の広がりは、約10度あまり。南北の広がりは3度ぐらいであろうか。久々に見る大きな黒点群であり、D型黒点群である。もう少しでE型になるかもしれない。なお、昨日見えた北半球の黒点群は消えてしまったようである。Hα光では、黒点群のある場所でプラージュが明るい。プロミネンスは、北半球の東縁に見える。ダークフィラメントは、北半球に見えるが、昨日よりもさらに淡くなった。S20201028800t 2020102811h800t Img_3066mhwc800 2020102811hc800 2020102803e800 2020102802w800 2020102804en800

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3058mhw800t  今日も、一日中良く晴れた。日差しは暖かいものの、ずいぶんと太陽の南中高度が下がっている。畑も太陽からの長い影ができて、陽の当らない場所が多くなった。湿度が低いせいもあって、爽やかな一日となった。日中の最高痕は今日も21度を少し超えた。太陽面は、新たな黒点群が北半球の高緯度に発生した。小さいが、なんとか見える。南半球の黒点群は、昨日よりも発達し、Hα光で見ると、黒点群を結ぶダークフィラメントが見える。プロミネンスは、北半球の東縁に小さいものが見える。ダークフィラメントは、北半球に見えるが、昨日よりも淡くなった。また、北半球に発生した黒点群付近には、プラージュが明るく見える。明日は曇りの予報が出ており、南半球の黒点群の動向が気になる。S20201027800t 2020102705h800t Img_3058mhwc800 2020102705hc800 2020102710e800 2020102712w800 2020102713en800 2020102711wn800

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3052mhw800t  今朝も昨朝と同じように、少し冷え込んだ。日中は、昨日よりも気温が高くなり、21度を少し超えた。日中は、半袖のTシャツで十分快適である。太陽面は、待望の黒点群が表れた。南半球の子午線付近に双極性の黒点群である。まだまだ発達する可能性がありそうである。出現位置は、マイナス20度、中心の経度は87度ぐらいである。ほぼ西没となった黒点群もかろうじて見ることができた。Hα光では、南半球の黒点群の周りにプラージュが見える。その他、北半球にもプラージュが見える。ダークフィラメントは、北半球に濃いものが見える。プロミネンスは、北半球の東縁に見える。太陽活動も少し活動的になったように感じる。S20201026800t 2020102611h800t Img_3052mhwc800 2020102611hc800 2020102601e800 2020102602w800 2020102604en800 2020102603ws800 2020102605wn800

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3050mhw800t  今朝は、少し冷え込んだようで、私のドーム内は、8度となっていた。日中は、20度を少し超えて暖かくなった。風も、昨日よりも弱くなって体感気温は昨日よりも随分と高く感じた。太陽面は、南半球の黒点群が西没間近となって、小さく見えた。Hα光では、西没近い黒点群の周りには、プラージュも消えたようである。代わって、北半球の子午線付近には、プラージュが見えている。黒点群が発生するかもしれない。ダークフィラメントは、そのプラージュの後方に見えている。プロミネンスは、北半球の東縁に小さいものが見える。ここのところ、黒点群が見えているが、新たな黒点群の発生を期待したい。S20201025800t 2020102505h800t Img_3050mhwc800 2020102505hc800 2020102509e800 2020102510w800 2020102511en800 2020102512n800

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3044mhw800t  今日は、朝から晴れていたものの、西からの風が強く、シーイングが悪かった。絶えず、西南西から西の風は、冷たい風となって、太陽の光が届かない、影では冬の到来を感じてしまった。ここの所、春や秋は非常に短いと感じている。夕方には、北からの風となり、一層気温が下がったように感じた。夜になって、南の空には木星と土星、東の空には火星が輝いていた。太陽面は、南半球の黒点群が西縁に近づき、小さく見える。Hα光では、昨日まで見えていた北半球の東縁のプロミネンスは見えなくなってしまった。プラージュもダークフィラメントも目立たない。S20201024800t 2020102413h800t Img_3044mhwc800 2020102413hc800 2020102404e800 2020102406w800 2020102408es800

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3037mhw800t  昨日は、ほとんど一日中雨となった。今朝も、雨が降っていて南西からの風も少し強く吹いていた。その後、午前10時過ぎには雨も止み、午前12時前には晴れてきた。しかし、依然として風が吹いていた。晴れれば、気温が上昇して快適な日となった。最高気温は22度近くまで上昇した。太陽面は、南半球の黒点群が西縁近くまでやってきたが、大きな変化というか活動の変化は見られなかった。Hα光では、北半球の東縁に、一昨日と同じように大きなプロミネンスが見えているが、淡い。また、北半球の東縁から少し入った場所に、プラージュが見えた。ダークフィラメントは見えない。明日も、晴れる予報となっているが、早朝は曇るようである。S20201023800t 2020102306h800t Img_3037mhwc800 2020102306hc800 2020102311e800 2020102313w800

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3022mhw800t  今朝は、最低気温が10度を下回った。最高気温は24度を少し上回って快適な一日となった。太陽は、日の出時には雲に隠れていたものの、午前8時過ぎから晴れ間が出て来て太陽の撮影を行うことができた。太陽面には、北半球の西縁に小さな黒点群が発生したものの、私の望遠鏡では、黒点群が見えなかった。南半球の黒点群は、子午線を通り過ぎ、単純なH型黒点群として見えている。Hα光では、北半球の東縁に大きなプロミネンスが見えているが、淡い。その他の部分でも、プロミネンスが見えるが、いずれも淡い。プラージュは、北半球の西縁に見えるものが輝いている。南半球の黒点群に伴うプラージュは輝きが鈍い。明日は、曇りから雨の予報となっており、太陽観測はできないと思う。S20201021800t 2020102110h800t Img_3022mhwc800 2020102110hc800 2020102105e800 2020102106w800

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_3012mhw800t  今日は、一日中、良く晴れて気持ちの良い気候となった。朝から晴れていて、太陽の光を十分に享受できた。日中の最低気温も10度を少し上回り、最高気温は20度を超えた。日差しがあると、こんなにも暖かく感じるものと再認識してしまった。太陽面には、南半球の黒点群が子午線を通過し、黒点群の活動も少し弱まわったように感じた。Hα光で見ると、北半球の東縁には、大きなプロミネンスが出ていた。ダークフィラメントは見えないが、黒点群の周りには、少しプラージュが見えている。一時の活発な活動は、潜めた。明日も、午前中は晴れる予報となっているが、夕方から夜には雨が降るようである。S20201020800t 2020102004h800t Img_3012mhwc800 2020102004hc800 2020102010e800 2020102009w800 2020102008es800

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2999mhw800t  昨日は、非常に寒い日となった。最高気温は15度を少し超えたかどうかであり、雨も一日中降って太陽の光は届かなかった。今日は、朝から曇っていたものの、お昼前に北西の方向から青空が出て来て、お昼過ぎにやっと太陽の撮影を完了することができた。日中の最高気温も20度を超えて22度近くまで上昇した。このように、前日との気温差があると望遠鏡にも露が付いてしまった。太陽面は、南半球の黒点群が進んできて、少し大きくなった。Hα光でも、東西に広がるプラージュが見えている。プロミネンスは、南半球の東縁に淡いものが見えた。ダークフィラメントは目立たない。S20201018800t 2020101811h800t Img_2999mhwc800 2020101811hc800 2020101806e800 2020101804w800 2020101802es800

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2988mhw800t  今朝は、少し気温が下がって最低気温は13度を少し超えたあたりであった。日中の最高気温も21度を少し上回った程度で、午後からの日差しもなかったため、少し寒く感じた。夕方近くになって小雨が降ってきた。太陽面は、南半球の黒点群が少し大きくなったようである。黒点群の位置は、162度、マイナス13度である。Hα光では、プロミネンスは目立たず、プラージュは、黒点群のある場所と黒点群の名残の部分に見える。ダークフィラメントは見られない。明日の天気は、ほとんど一日中雨の予報が出ている。S20201016800t 2020101606h800t Img_2988mhwc800 2020101606hc800 2020101608e800 2020101610w800 2020101609es800

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2973mhw800t  今日は、朝早くは晴れ間が出ていたものの、Hα光の全体画像や白色光の撮影は、北東から進んでくる雲によってお昼前までできなかった。なんとか、午前中に太陽の撮影を行うことができた。太陽面には、南半球の東縁に黒点群が発生した。小さな黒点群であり、明日以降が楽しみとなったが、明日以降は、天気が悪い予報が出ている。太陽面をHα光で見ると、黒点群の付近はプラージュで輝いている。今月上旬に発生した黒点群の痕跡も、西縁近くに進んでいる。ダークフィラメントは大きなものは見られない。プロミネンスもほとんど見えない。S20201015800t 2020101512h800t Img_2973mhwc800 2020101512hc800 2020101507e800 2020101508w800 2020101506es800

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2971mhw800t  今朝は、晴れていたので、午前8時過ぎには太陽の撮影を完了することができた。午前5時前には、目が覚めたので、外へ出ると、東の空には、金星と月が並んでいた。西には火星が明るく輝いており、南の空にはオリオンと大犬が見えて冬の星々が輝いていた。最低気温も、そんなには下がっていないようであったが、夜露がしっとりと降りていた。太陽面は、黒点群が見えなかった。それでも、Hα光では、西縁に近づいた黒点群の名残であるプラージュが見えており、全体画像では、見難いものの、拡大画像では、はっきりとダークフィラメントも伴っているのが見えた。プロミネンスは、小さいものばかりで目立たなかった。明日は、午前中から午後にかけて雲が広がる予報がでていて、夕方には晴れて来る予報となっている。S20201014800t 2020101404h800t Img_2971mhwc800 2020101404hc800 2020101407e800 2020101408w800 2020101409ws800

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2965mhw800t  今朝も、朝の早い時間には曇っていた。午前9時を過ぎて北の空から晴れてきた。北からの高気圧に覆われてくるとの予報であったので、この北の空から晴れてきたので安心した。太陽面には、昨日まで見えていた黒点群が見えなくなってしまった。Hα光では、プラージュは見えるが、プロミネンスもダークフィラメントも目立たなかった。東縁に昨日見えていたプラージュも目立たなくなってしまった。明日も、晴れの予報が出ているが、夕方からは曇りのようである。S20201013800t 2020101311h800t Img_2965mhwc800 2020101311hc800 2020101303e800 2020101301w800 2020101305ws800

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2946mhw800t  今朝は、雲の多い朝となり、午前9時を過ぎてから晴れてきた。しかし、お昼には全天が雲に覆われてしまった。その後は再び晴れ間が出た。夕方には晴れ間が出て、東の空には火星、南の空には木星と土星が見えていた。日中の最高気温は25度を超えて夏日となった。太陽面には、南半球の子午線付近に黒点が見えるが、あまり発達していない状況となっている。Hα光では、黒点群のある場所でのプラージュの広がりは狭くなっている。プロミネンスは、北半球の東縁に淡いものが見えている。なお、北半球の東縁にプラージュが表れた。S20201012800t 2020101206h800t Img_2946mhwc800 2020101206hc800 2020101210e800 2020101211w800 2020101209ws800

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2940mhw800t  今朝は、台風14号と秋雨前線の影響もあって、4日間の曇りや雨が続いた。日の出時には曇っていたものの、午前9時を過ぎて北の空から青空が進んできた。午前中は、青空であったが、午後からは雲が多くなり、夕方近くになって晴れ間が少し戻った。太陽面には、ネット上で黒点群が発生したのは知っていたが、私の画像では、初めて撮影ができた。この黒点群は南半球の子午線付近にあって、双極性を示す黒点群である。この黒点群よりも前にも黒点群が発生したようであったが、今は黒点群として見えない。Hα光で見ると、黒点群が見える場所では、プラージュが明るく見えている。また、北半球の東縁には小さなプロミネンスが見えている。ダークフィラメントは、北半球の高緯度に見える。Hα光の拡大画像では、プラージュの周りの磁力線に伴う模様が見えている。S20201011800t 2020101111h800t Img_2940mhwc800 2020101111hc800 2020101101e800 2020101105w800 2020101103ws800

| | コメント (0)

2020年10月 9日 (金)

自転車のタイヤ交換

自転車のタイヤ交換
Pa040242rs  もう25年近く乗った自転車のタイヤ交換を行った。前輪は簡単なのだが、後輪は自転車本体から外すのが面倒であったが、秋雨前線と台風14号のために天気が悪いので交換を行った。ついでに他の自転車2台もチューブ交換やメンテナンスを行った。この自転車は、東京への単身赴任時に東京で買ったもので、愛用している。近い場所へは徒歩になるが、ほんの数キロの距離であれば、車やバイクを使わず、自転車と決めている。後輪を外すのはチェーンを前のギアから外すことが必要で、思いのほか面倒な作業となった。後輪が外れば、タイヤ交換はチューブの空気を抜き、タイヤのビートを落として外し、新しいタイヤをリムに組み込み、チューブを入れて、後は自転車本体に組み込むだけである。もう1台は、ずいぶんと錆が出ていたので、錆取りに時間がかかってしまった。また、18段変速のフロントギアが3段、リアのギアが6段の18段変速のMTBであり、フロントのディレーラーが壊れていたので、アルミ板で型を削り出して修復してみた。本格的な修理なら、フロントディレーラーを交換するためにチェーンを切っての取り付けが必要である。さらに後輪のギアの内側にあるスポークプロテクターなるものが、割れていたので取り外した。今回は、簡易修理とした。しかし、機能的には問題が無いと思う。これからも、自転車で気ままに近所を散策しようと思っているPa040246rs Pa040243rs Pa090266rs Pa090264rs Pa090261rs Pa090259rs Pa060247rs

| | コメント (1)

2020年10月 7日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2923mhw800t  昨日よりも朝の気温は少し高かった。日中の最高気温も25度に達せず、夏日とはならなかった。午前中は晴れていたが、午後からは曇り、夕方前には雨が降り出した。明日から週末にかけては台風14号の影響で、天気が悪くなりそうである。太陽面には、今日も黒点群が見られなかった。Hα光でも、小さなプロミネンスは見えるが、ダークフィラメントやプラージュは見られない。それにしても、太陽面は静かである。S20201007800t 2020100706h800t Img_2923mhwc800 2020100706hc800 2020100711e800 2020100708w800 2020100714es800 2020100709wn800

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2917mhw800t  朝は曇っていたが、午前9時過ぎから晴れてきた。今朝の最低気温は15度を下回り、我が家の付近は、13度となった。日中も晴れたけれど最高気温は25度を少し下回って夏日とはならなかった。太陽面には、黒点群が今日も見られず黒点群の発生を期待したい。Hα光では、プロミネンスが南半球の東縁に尖った形のものが見える。ダークフィラメントやプラージュは見られない、明日も晴れる予報となっているが、夕方から曇ってくるようで、台風14号と秋雨前線の影響が出てきそうである。S20201006800t 2020100614h800t Img_2917mhwc800 2020100614hc800 2020100605e800 2020100606w800 2020100604es800 2020100603wn800

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2910mhw800t  今日の天気予報では、当初は午後から晴れるとのことであったが、その後修正されて夕方から晴れの予報に変わったようで案の定、午前中は晴れなかった。しかも、朝は雨が降っていた。昼から太陽面の撮影のために待機していたが、なんとか太陽撮影が終わったのは午後3時前になってしまった。太陽面には黒点群が見えない。Hα光で見ても、模様らしきものは見えず、僅かに小さなプロミネンスが見えたに過ぎない。台風14号が発生したようで、今後の進路が気にかかる。S20201005800t 2020100506h800t Img_2910mhwc800 2020100506hc800 2020100512e800 2020100508w800

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2906mhw800t  今日は、ほんの少しの間だけ晴れた。午前9時過ぎからは雲が広がりその後も完全な青空とはならなかった。太陽面には、今日も黒点群が見えなかった。Hα光で見ても、プロミネンスは目立たなかった。北半球のプラージュも弱まったようである。今日の最高気温は27度を超えて夏日となったが、太陽の南中光度も低くなり、夕方近くには雲もあってか弱弱しい太陽であった。明日は、曇りや雨の予報が出ている。S20201003800t 2020100311h800t Img_2906mhwc800 2020100311hc800 2020100301e800 2020100305w800 2020100306wn800

| | コメント (0)

2020年10月 2日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2900mhw800t  今朝の最低気温は16度近くまで下がって秋らしい気温となった。日中の最高気温は25度を超えて夏日となった。ほとんど一日中晴れの天気が続き、太陽の光が地上に届いて爽やかな気候となった。太陽面には、黒点群が表れず、静寂な状態となっている。Hα光では、北半球のプラージュも衰えてきた。プロミネンスは、北半球の東縁に淡いものが見えている。ダークフィラメントは、北半球の西縁に近づいたプラージュの後方に見える。他の場所のダークフィラメントは淡い。明日は、午後から曇りの予報となっており、朝いちばんでの太陽観測が必要となる。S20201002800t 2020100205h800t Img_2900mhwc800 2020100205hc800 2020100209e800 2020100210w800 2020100211wn800

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2883mhw800t  今朝は、予報どおりの天気であり、日の出時に少し晴れたがその後は雲の多い天気で、昼前になってようやく青空が広がった。太陽面は、依然として黒点群が発生していない。Hα光で、少し楽しめるかと思い眺めると、北半球のプラージュの周りにはダークフィラメントが見えていた。拡大画像で見ると、その様子が詳細に見えてくる。磁気の流線が良く見えて複雑な模様として見えるので、楽しめた。プロミネンスは小さなものが見えるが目立たない。黒点群の発生が待ち遠しい。今日は、中秋の名月であったので、早い夕食を摂り、東の山端から出てくるのを待って月を撮影してみた。明日の朝が満月となるので、少しクレータが見えた。50年以上も前の1968年10月6日の中秋の名月で満月で皆既月食があったが、その時を思い出した。S20201001800t 2020100110h800t Img_2883mhwc800 2020100110hc800 2020100101e800 2020100102w800 2020100103wn800 Img_2885rst

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »