« 本日の太陽面 | トップページ | 本日の太陽面 »

2021年8月 6日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_5075mhw800t  今日は、台風の影響か、南東から雲が流れてくる朝となった。そのため、太陽の撮影は、午前10時前になってやっと撮ることができた。風も少しあり、シーイングは良くなかった。午後からは少し風が強くなり、夕方には東に虹が見えたと思っていたら、雨が降ってきた。その後、雨は止んだ。太陽面には、北半球と南半球に1群づつ黒点群が見えた。北半球の黒点群は、子午線付近にあり、双極性のある黒点群である。南半球の黒点群は、非常に小さく淡い。Hα光で見ると、プロミネンスは、南半球の西縁に見える。プラージュは、黒点群のある場所で見えるが、北半球のプラージュが明るい。ダークフィラメントは目立たなかった。S20210806800t 2021080618h800t Img_5075mhwc800 2021080618hc800 2021080601e800 2021080603w800 2021080607es800 2021080605ws800 2021080604wn800

|

« 本日の太陽面 | トップページ | 本日の太陽面 »

コメント

新聞は、何新聞を購読していますか?
朝日新聞の8月6日28面で、「流星群観察 8年に一度の好機」で13日の流星群のことが出ています。

投稿: かめけん | 2021年8月 7日 (土) 10時48分

今年のペルセウス座流星群は、月明りもほとんど無く、空の暗い場所で見ると感動するかも知れません。しかし、天気が悪そうで
残念ですが、今から50年以上も前、学校の校庭で、一晩中見ていたことを想いだしました。大きな火球が北東方向から南西方向へと
流れ、顔が明るく照らされるような明るさで、人魂のような青白く明るく見えた流星でした。人工の光の無い暗い場所での流星群を
見てみるのも良いかも知れません。オーストラリアの空の暗さを思い出します。

投稿: 遊星人M3 | 2021年8月 7日 (土) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日の太陽面 | トップページ | 本日の太陽面 »