« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月29日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0569mhw800t  今日も、午前中は太陽が顔を出し、良い天気と思われた。午後になり、雲が多くなって午後3時過ぎには完全に曇り、突然雨が降り出した。やはり、不安定な天気が続いているようで、梅雨明けはまだのようである。太陽面は、北半球の肉眼黒点が目につく。北半球に4群、南半球に5群の黒点群が見えた。Hα光では、北半球の黒点群だけが目立ち、プラージュで明るい。プロミネンスは、小さなものばかりである。ダークフィラメントも北半球に出ているが、目立たない。S20230629800t S20230629ha800t Img_0569mhwc800 S20230629hac800 2023062910en800 2023062914wn800 2023062901e800 2023062912w800 2023062905es800 2023062908ws800 S20230629h

| | コメント (0)

2023年6月28日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0558mhw800t  朝の早い時間では、雲が多く太陽が雲の向こうに見え隠れする状況となったが、午前9時過ぎには、なんとか太陽を撮影できた。午前中は良く晴れたものの、午後になると西から黒い雲が出てきて午後2時前には雷を伴った強い雨が降った。太陽面には、北半球に昨日から急激に発達した黒点群が肉眼黒点となった。北半球に4群、南半球にも4群の黒点群が見えた。Hα光では、肉眼黒点となった黒点群の周りが拡大画像で見ると複雑で面白い。プロミネンスは小さなものばかりである。ダークフィラメントは、北半球のものが少し目立つ。S20230628800t S20230628ha800t Img_0558mhwc800 S20230628hac800 2023062806en800 2023062809wn800 2023062805e800 2023062808w800 2023062807es800 2023062810ws800 S20230628h

| | コメント (0)

2023年6月27日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0552mhw800t  今日も、予報が外れるのかと思ってしまった。朝の早い時間には霧が出ていて透明度が悪かった。午前10時を過ぎてから、次第に晴れて、太陽の撮影が行えた。太陽面には、北半球に5群、南半球に6群の黒点群が見えた。Hα光では、北半球の2つの大きな黒点群の周りがプラージュで明るい。また、ダークフィラメントが北半球で目立った。プロミネンスは、大きなものは見られない。6月も終わりそうであるのの、梅雨明けが待ち遠しい。S20230627800t S20230627ha800t Img_0552mhwc800 S20230627hac800 2023062707en800 2023062717wn800 2023062713e800 2023062716w800 2023062708es800 2023062718ws800 S20230627h

| | コメント (0)

2023年6月25日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0542mhw800t  今日も、予報が外れて、ほぼ一日中薄雲が出ていた。お昼前までは太陽の撮影ができないほどの雲で、お昼過ぎにHα光を透明度の悪い中で撮影した。その後、白色光を撮ろうと待っていたが、雲が厚くなり、中断。再び太陽の光が少し増してきたので、なんとか白色光で撮影できた。太陽面は、北半球に小さい黒点群が群がり見えている。北半球に9群、南半球は6群の黒点群が見えた。Hα光では、南半球よりも北半球の方が活動的に見える。プロミネンスは、東縁に見えるが、小さい。ダークフィラメントは、北半球の正面にあるのが目立つ。プラージュは、南半球の正面のものが明るい。S20230625800t S20230625ha800t Img_0542mhwc800 S20230625hac800 S20230625h

| | コメント (0)

2023年6月24日 (土)

昨日の太陽面

昨日の太陽面
Img_0513mhw800t  昨日は、ほとんど晴れ間が無く、夕方遅くなってなんとか晴れ間が出て、白色光だけは撮影できた。今日も、予報とは裏腹となって太陽面の撮影はできなかった。今年の梅雨は、晴れる予報があっても、曇りが続いてまともな、晴れどころか雲が流れてきて薄雲の状態も無い。太陽面には、小さな黒点群が南北両半球に見え、細かい部分が見えない。北半球に7群、南半球も7群の黒点群が見えた。S20230623800t Img_0513mhwc800 S20230623h

| | コメント (0)

2023年6月20日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0495mhw800t  今日も暑くなった。透明度は悪く、シーイングも良くない。朝の早い時間は雲が出ていて、晴れて来たのは午前11時前になってしまった。太陽高度が高く、この時間では、太陽を撮影するのが大変で、姿勢を低くほとんど真上を見るような恰好となる。太陽面には、北半球に7群、南半球に8群の黒点群が見えた。Hα光では、南北とも東側で活発な活動が見られる。プロミネンスは、東縁に少し大きなものが見える。なお、北半球の西縁で宙に浮かんだように見えるプロミネンスもあった。プラージュも南北半球で賑やかである。ダークフィラメントは、小さいものばかりである。S20230620800t S20230620ha800t Img_0495mhwc800 S20230620hac800 2023062010en800 2023062006wn800 2023062009e800 2023062005w800 2023062011es800 2023062007ws800 S20230620h

| | コメント (0)

2023年6月19日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0483mhw800t  昨日は、ほとんど曇っていて、晴れ間が出たのは午後6時過ぎとなったため、太陽の撮影はできなかった。今日は、朝から晴れてはいたものの、透明度が悪くぼやっとした日となった。しかし、暑い。最高気温は30度を超えて真夏日となった。太陽面には、北半球に3群、南半球に6群の黒点群が見えた。Hα光では、南半球の東西の縁にプロミネンスが目立った。ダークフィラメントは、小さなものが南半球の黒点群の周りで見えている。プラージュは、南半球の正面に見える黒点群の周辺が明るい。S20230619800t S20230619ha800t Img_0483mhwc800 S20230619hac800 2023061913en800 2023061916wn800 2023061918e800 2023061915w800 2023061914es800 2023061917ws800 S20230619h

| | コメント (0)

2023年6月17日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0478mhw800t  今日は、晴れて暑くなったものの、湿度は低くて家の中に居ると比較的過ごしやすかった。直射日光に当たると、流石に暑くて汗も噴き出てくる。太陽面は、北半球に4群、南半球に7群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンスは小さなものばかりである。ダークフィラメントも小さいものがほとんどであるが、南半球の中央面にある黒点群の後方に筆先のような形の濃いものが見える。プラージュは、南半球の黒点群で明るく見えている。S20230617800t S20230617ha800t Img_0478mhwc800 S20230617hac800 2023061602en800 2023061605wn800 2023061607e800 2023061610w800_20230617151501 2023061609es800 2023061606ws800 S20230617h

| | コメント (0)

2023年6月16日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0450mhw800t  今日は、晴れの予報であったが、朝の早い時間には北西から流れてくる雲に太陽が隠された。午前9時を過ぎて雲が取れたが、今度は、近くの建築現場で掘削が始まって振動に悩まされた。なんとか、撮影はできたが、昨日と同様にシーイングが悪かった。太陽面には、北半球に4群、南半球に5群の黒点群が見えた。Hα光では、北半球の東縁から出てきた黒点群の周りがプラージュで明るい。南半球の黒点群の周りのプラージュは、昨日よりも輝きが鈍った。プロミネンスも目立たない。S20230616800t S20230616ha800t Img_0450mhwc800 S20230616hac800 2023061607en800 2023061617wn800 2023061606e800 2023061610w800 2023061615es800 2023061618ws800 S20230616h

| | コメント (0)

2023年6月15日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0436mhw800t  今日も、終日曇りの予報となっていたものの、午後3時前から晴れて来た。昼前になっても雨が降っていた。吹く風が少し冷たいようで、上空に寒気があるとのことであった。シーイングは悪くて、白色光では、詳細が写らなかった。太陽面には、北半球に6群、南半球に5群の黒点群が見えた。北半球の東縁に現れた黒点群は、見落としそうである。Hα光では、北半球が西縁に近づいた黒点群の周りだけプラージュが見える。一方で、南半球には、そこそこ大きい黒点群があって、プラージュが点在している。ダークフィラメントは、小さなものが多い。プロミネンスは、南半球に集中している。S20230615800t S20230615ha800t Img_0436mhwc800 S20230615hac800 2023061508en800 2023061505wn800 2023061507e800 2023061504w800 2023061503es800 2023061506ws800 S20230615h

| | コメント (0)

2023年6月13日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0425mhw800t  今日は、終日曇りの予報となっていて、太陽観測はできないものと思っていた。朝の早い時間は、曇っていたが、午前11時前になって薄雲の中でなんとか太陽画像は取得できた。しかし、Hα光の拡大画像は撮れなかった。太陽面は、北半球に3群、南半球に4群の黒点群が見えた。Hα光では、北半球の西縁に経度で15度を超えるプロミネンスが見えた。ダークフィラメントは小さなものばかりである。プラージュは、南半球の中心経度付近13度に黒点群に伴うものが見える。明日は、曇りの予報が出ている。S20230613800t S20230613ha800t Img_0425mhwc800 S20230613hac800 S20230613h

| | コメント (0)

2023年6月 9日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0410mhw800t  今日は、晴れの予報ではあったが、薄雲が広がりお昼前の少しの時間だけなんとか太陽面の撮影ができた。しかし、透明度が悪く、解像度も低い画像しか得られなかった。Hα光の全体画像は、その後の厚い雲が行き交う中で、遂に撮影ができなかった。北半球に5群、南半球に6群の黒点群が見えた。南半球の子午線手前にある黒点群は、一昨日と同じように小さな黒点群の集まりで面白い。Hα光の拡大画像では、太陽面の東側が見ていて飽きない。しかし、朝から粘って撮影したものの、完全な撮影はできなかった。S20230609800t Img_0410mhwc800 2023060909en800 2023060906wn800 2023060901e800 2023060904w800 2023060903es800 2023060907ws800 S20230609h

| | コメント (0)

2023年6月 7日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0403mhw800t  今日は、晴れの予報で、朝早くから望遠鏡を太陽に向けていたが、薄雲と雲の襲来で午前11時過ぎに少し晴れ、その後は再び雲と薄雲で太陽は光を失った。午後2時前に少し晴れ(と言っても薄雲で透明度が悪い)て、なんとか白色光の全体画像とHα光の全体画像および拡大画像を撮ることができた。太陽面は、南半球の東(AR3327)に主黒点は持たないが、小さな黒点の多くの集まった黒点群が見られた。北半球に7群、南半球に5群の黒点群が見えた。Hα光では、北半球の東縁に少し大きなプロミネンスが見える。プラージュは、南半球の小さな黒点が集まった黒点群の周りが明るく見える。ダークフィラメントは、AR3327の南前方に濃いものが目立った。S20230607800t S20230607ha800t Img_0403mhwc800 S20230607hac800 2023060709en800 2023060723wn800 2023060707e800 2023060721w800 2023060717es800 2023060714ws800 S20230607h

| | コメント (0)

2023年6月 4日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0397mhw800t  今日は、朝の早い時間では、西からやってくる雲に覆われ太陽は見えなかった。その後、午前9時を過ぎて雲が少なくなり太陽の撮影は行えた。しかし、お昼前になり、再び曇ってしまい、夕方でも雲が空を覆っていた。太陽面は、北半球の黒点群が少なくなってしまった。北半球に3群、南半球に4群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンスは目立たない。ダークフィラメントも昨日濃く見えたものも淡くなった。プラージュは、南半球の東縁に現れた黒点群の周りが輝いている。S20230604800t S20230604ha800t Img_0397mhwc800 S20230604hac800 2023060413en800 2023060420wn800 2023060412e800 2023060415w800 2023060414es800 2023060418ws800 S20230604h

| | コメント (0)

2023年6月 3日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0375mhw800t_20230603190401  昨日は、台風2号と梅雨前線の影響で多くの雨が降り、当地でも大雨警報が出た。東海や関東では、大洪水の様子がテレビで流れていた。今日は、青空が広がり気温は上昇したものの、30度を超えなかった。太陽面は、北半球に6群、南半球は4群の黒点群が見えた。Hα光では、南半球の西縁に明るく細いプロミネンスが見えた。プラージュは、南半球の東で見える。ダークフィラメントは、南半球の子午線を越えた場所に大きなものが見える。S20230603800t S20230603ha800t Img_0375mhwc800_20230603190401 S20230603hac800 2023060302en800 2023060305wn800 2023060307e800 2023060304w800 2023060303es800 2023060306ws800 S20230603h

| | コメント (0)

2023年6月 1日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0368mhw800t  台風2号が沖縄の近海に近づき、当地では、台風の影響がまだ出ていない。梅雨前線も南へ少し下がって今朝は、晴れ間が出た。しかし、お昼前には曇ってしまい、夕方には小雨が降り始めた。まあ、今日の予報は雨時々曇りの予報であったため、早めの太陽撮影を行い、なんとか太陽観測を終えることができた。太陽面には、北半球に7群、南半球に8群の黒点群が見えた。南半球の西側にある2個の黒点群は、E型黒点群で目立った。Hα光では、プロミネンスは大きなものは見られない。ダークフィラメントは、南半球の子午線手前にあるものが目立った。プラージュは、南半球の東縁に一番明るく輝いているものが見える。S20230601800t S20230601ha800t Img_0368mhwc800 S20230601hac800 2023060114en800 2023060111wn800 2023060113e800 2023060116w800 2023060115es800 2023060118ws800 S20230601h

| | コメント (0)

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »