« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月

2023年9月30日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1230mhw800t  今日で、9月も終わりとなった。太陽の日差しは南中高度が下がっているが、暑い日となった。土曜日だというのに近くの、新築住宅の建設が始まり重機の振動が伝わってくる。音も大きく耳障りなのと相まってうるさいと思ってしまう。さらに、隣の幼稚園では、運動会の開催で人が行き交うとともに大きな声が聞こえた。そんな中、透明度は悪いし、暑いし、騒音と振動の中、なんとか太陽面を撮影できた。太陽面には、北半球に5群、南半球に4群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンス、ダークフィラメントとも大きなものは見られない。プラージュは、北半球の東縁に小さいが明るいものが見える。今月は、天気も悪い状態があり、太陽黒点観測は、20日にとどまった。S20230930800t S20230930ha800t Img_1230mhwc800 S20230930hac800 2023093010en800 2023093014wn800 2023093020e800 2023093013w800 2023093021es800 2023093018ws800 S20230930h

| | コメント (0)

2023年9月29日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1222mhw800t  今日も、昨日に引き続き暑かった。太陽面には、大きな黒点群は見られなくなり、小さな黒点群ばかりとなり、北半球に4群、南半球に6群の黒点群が見えた。Hα光では、今日もプロミネンスは、目立たない。ダークフィラメントは、小さなものばかりである。プラージュは、黒点群のある場所では輝いているが、明るく輝いている箇所は無い。しかし、暑い日が続いて明日で、9月も終わりである。S20230929800t S20230929ha800t Img_1222mhwc800 S20230929hac800 2023092908en800 2023092905wn800 2023092907e800 2023092904w800 2023092903es800 2023092906ws800 S20230929h

| | コメント (0)

2023年9月28日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1210mhw800t  今日も、暑かった。朝の早い時間から気温は30度を超え、今日も真夏日となった。とにかく暑い。太陽の撮影後は、雲が多くなって午後には太陽の光も遮られてしまった。しかし、暑さは続いてもううんざりである。太陽面には、北半球に4群、南半球にも4群の黒点群が見られた。Hα光では、依然としてプロミネンスは目立たず、寂しい。ダークフィラメント、プラージュとも目立たない。しかし、9月下旬になっても、暑い日が続くのはいささか疲れが増大してしまう。S20230928800t S20230928ha800t Img_1210mhwc800 S20230928hac800 2023092809en800 2023092812wn800 2023092808e800 2023092818w800 2023092810es800 2023092821ws800 S20230928h

| | コメント (0)

2023年9月27日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1201mhw800t  今日も、この時期としては暑い日となった。日中の気温も真夏日となり、汗を掻いてしまった。それにしても、この暑さは彼岸を過ぎても続いている。太陽面には、北半球に7群、南半球に3群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンスが、小さなものばかりである。ダークフィラメントも、小さなものばかりである。プラージュは、黒点群のある場所で輝いているが、注目するようなプラージュは見えない。S20230927800t S20230927ha800t Img_1201mhwc800 S20230927hac800 2023092702en800 2023092705wn800 2023092701e800 2023092704w800 2023092703es800 2023092706ws800 S20230927h

| | コメント (0)

2023年9月26日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1198mhw800t  今日は、昨日よりも気温は高く、日中は暑かった。今日も、薄雲に見舞われて、透明度は悪くなった。午後からは、雲も多くなっていたが、夕方近くには晴れてきて、南東の低い位置に月が見えた。太陽面は、昨日とほとんど変わらず、北半球に6群、南半球に4群の黒点群が見えた。Hα光では、南半球の東縁に少し明るいプロミネンスが見える。ダークフィラメントは、北半球に多く見えるが、大きなものは見られない。プラージュは、昨日と同様に南半球の大きな黒点群の付近に見えるが、輝きは昨日に比べて鈍った。S20230926800t S20230926ha800t Img_1198mhwc800 S20230926hac800 2023092608en800 2023092612wn800 2023092607e800 2023092611w800 2023092609es800 2023092613ws800 S20230926h

| | コメント (0)

2023年9月25日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1186mhw800t  今日は、晴れの予報となっていたが、薄雲が多くて透明度の悪い、シーイングも良くない状態であった。朝の気温も昨朝よりも高く、日中も気温は上昇して暑かった。太陽面には、北半球に7群、南半球に4群の黒点群が見えた。昨日も見えていたが、南半球の中央部に見える黒点群は、小さな黒点群が集まって大きなエリアで多数の黒点が見える。Hα光では、プロミネンスの大きなものは見られず、ダークフィラメントも小さなものばかりである。プラージュは、南半球の黒点群の小さな黒点が大きな範囲を占めている場所で広範囲に見える。S20230925800t S20230925ha800t Img_1186mhwc800 S20230925hac800 2023092502en800 2023092507wn800 2023092501e800 2023092513w800 2023092503es800 2023092508ws800 S20230925h

| | コメント (0)

2023年9月24日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1171mhw800t  しばらく、曇りの天気が続き、太陽が見られなかった。今日は、久々に朝の太陽を見ることができた。朝の最低気温は低く、気持ちの良い朝となった。日中も、最高気温が30度となり、過ごしやすかった。太陽面には、北半球に8群、南半球に5群の黒点群が見えた。特に、南半球の東にある黒点群は、半影部がある黒点群が散らばった黒点群であり、あまり見ることのできない黒点群となっており、この領域では活発な様子が見える。Hα光でも、大きくプラージュで輝いているのが見える。プロミネンスは、小さなものばかりである。ダークフィラメントは、大きなものは見られないが、北半球の正面近くに見える黒点群の付近で見える。S20230924800t S20230924ha800t Img_1171mhwc800 S20230924hac800 2023092416en800 2023092413wn800 2023092408e800 2023092418w800 2023092410es800 2023092420ws800 S20230924h

| | コメント (0)

2023年9月19日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1161mhw800t  今日は、いつものように午前中は晴れたものの午後からは雲が多くなり、夕方には南から黒い雲が伸びてきた。この暑さは一向に収まらず、しかも湿度が高く蒸し暑い。太陽面も、透明度が悪く、いつものようなシャッター速度では、ぎりぎりである。太陽面には、北半球に7群、南半球に3群の黒点群が見える。依然として北半球は黒点群が多く南半球よりも活動的である。Hα光では、プロミネンスが淡く小さなものばかりである。プラージュは、北半球の東にある黒点群の周りが明るい。ダークフィラメントは、北半球の方が多く見える。この暑さは、いつまで続くのだろうか?S20230919800t S20230919ha800t Img_1161mhwc800 S20230919hac800 2023091909en800 2023091913wn800 2023091908e800 2023091905w800 2023091903es800 2023091907ws800 S20230919h

| | コメント (0)

2023年9月18日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1156mhw800t  今日は、朝の早い時間には晴れていたものの、白色光とHα光の全体画像を撮影した後は、曇ってしまった。再び晴れたのは、午後の1時過ぎであった。今日も、暑い日となりうんざりである。太陽面には、北半球に5群、南半球に3群の黒点群が見えた。中でも、南半球の東縁に黒点らしい黒点群が出てきて、南半球もしばらく黒点群が目に付きそうである。Hα光では、依然として北半球の活動が南半球よりも活動的である。プロミネンスは、小さいが、全周に見える。ダークフィラメントは、北半球ばかりに見えるプラージュは、北半球の黒点群の周りが明るい。南半球の中央面にもプラージュが見える。S20230918800t S20230918ha800t Img_1156mhwc800 S20230918hac800 2023091814en800 2023091811wn800 2023091807e800 2023091810w800 2023091815es800 2023091812ws800 S20230918h

| | コメント (0)

2023年9月17日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1150mhw800t  今日も晴れて暑くなった。猛暑日とはならなかったものの、気温は34度ぐらいであろうか。透明度は、良くなく湿度の高い日であった。太陽面は、北半球の東縁から新たな黒点群が出てきた。北半球に6群、南半球に2群の黒点群が見えたが、南半球の黒点群は、存在が怪しいぐらい小さい。Hα光では、太陽の縁全体にプロミネンスが見えるが、淡いものがほとんどである。ダークフィラメント、プラージュとも目立たない。S20230917800t S20230917ha800t Img_1150mhwc800 S20230917hac800 2023091702en800 2023091705wn800 2023091701e800 2023091704w800 2023091703ws800 2023091706ws800 S20230917h

| | コメント (0)

2023年9月16日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1138mhw800t  今日は、昨日よりも天気が良かった。少し雲はあったものの、午前9時前には太陽の撮影が終わった。しかし、暑い。今日の最高気温は35度近くまで上昇した。太陽面は、昨日と変わらないようで、北半球に7群、南半球に2群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンスは昨日南半球の西縁で見えていたものが淡くなってしまった。プラージュは、北半球の黒点群のある場所が明るい。ダークフィラメントは、北半球の経度が223度から195度にわたり大きく濃いものが見える。S20230916800t S20230916ha800t Img_1138mhwc800 S20230916hac800 2023091615en800 2023091618wn800 2023091608e800 2023091620w800 2023091616es800 2023091613ws800 S20230916h

| | コメント (0)

2023年9月15日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1132mhw800t  天気が悪い状態である。昨日も雨は降らないまでも雲が南西からどんどんとやって来て、太陽を隠した。今日も、南東の空は、雲が進んできて、午前中は完全に撮影不能となった。午後になり、南西から西の空は少し晴れて、なんとか白色光とHα光の全体画像は撮れた。しかし、透明度が悪く、雲にも邪魔されて、Hα光の拡大画像は撮れなかった。太陽面は、北半球に黒点群が集中しているが、あまり大きなものは見られなくなった。北半球に9群、南半球に2群の黒点群が見えた。Hα光では、南半球の西縁に大きな活発したプロミネンスが枝分かれしたように見えている。ダークフィラメントは、中央面に集中している。プラージュは、北半球の中央にある黒点群の周りが明るい。S20230915800t S20230915ha800t Img_1132mhwc800 S20230915hac800 S20230915h

| | コメント (0)

2023年9月13日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1119mhw800t  今朝は、昨日よりも気温が上昇して、昨日と比べても2度ほど上昇した。午前中は晴れ間が出たものの午後になると雲が多くなり、午後4時前には雨が降り出した。太陽面には、依然として北半球に黒点群が偏っていて南半球は少し寂しい。北半球に6群、南半球に2群の黒点群が見えた。Hα光では、昨日と変わらない状況となっており、相変わらずプロミネンスの大きなものは見られず目立たない。ダークフィラメント、プラージュも北半球に偏っている。S20230913800t S20230913ha800t Img_1119mhwc800 S20230913hac800 2023091308en800 2023091305wn800 2023091307e800 2023091304w800 2023091303es800 2023091306ws800 S20230913h

| | コメント (0)

2023年9月12日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1105mhw800t_20230912192401  今朝は、涼しい朝となったものの、その後は気温が上昇して暑くなった。昨日、一昨日と曇りや雨となったが、特に昨日の午後3時ごろには、雷鳴とともに大粒の雨が降った。どうやら高気圧の縁から暖かな湿った空気が流れ込み、北の寒気が合わさったようである。午後には、昨日と同じように南の空が黒い雲に覆われたが、雨は降らなかった。太陽面には、北半球に目立つ黒点群があり、北半球に7群、南半球に5群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンスは目立たなかった。ダークフィラメントは、北半球ばかりに偏って見えている。プラージュも、北半球で目立った。S20230912800t S20230912ha800t Img_1105mhwc800_20230912192401 S20230912hac800 2023091216en800 2023091213wn800 2023091215e800 2023091212w800 2023091211es800 2023091214ws800 S20230912h

| | コメント (0)

2023年9月 9日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1087mhw800t  今日は、昨日よりも晴れ間の時間が多くなり、午前中の早い時間に太陽を撮影できた。太陽面は、北半球の活動が南半球と比べて活発な状況で、南半球では、黒点群がほとんど見られない状況となっている。北半球に5群、南半球に1群の黒点群が見えた。Hα光では、昨日とほとんど変わらず、プラージュが北半球に偏っている。プロミネンスは、大きなものは見られない。ダークフィラメントは、北半球の東に濃いものが見える。南半球の活動も活発になって欲しい。S20230909800t S20230909ha800t Img_1087mhwc800 S20230909hac800 2023090902en800 2023090905wn800 2023090909es800 2023090913ws800 2023090907e800 2023090910w800 S20230909h

| | コメント (0)

昨日の太陽面

昨日の太陽面
S20230908800t  雲の多い天気で、台風13号が東海から関東にかけて大雨となった。当地では、この台風の影響もあり、長い時間は晴れてくれなかった。太陽面には、北半球に6群、南半球は2群の黒点群である。南半球の活動が弱い。Hα光では、やはり北半球の活動が南半球よりも活発で、南半球にはプラージュが見えない。プロミネンスは大きなものは見られない。ダークフィラメントは、南半球に大きなものは出ているが、淡い。Img_1074mhw800t S20230908ha800t Img_1074mhwc800 S20230908hac800 S20230908h

| | コメント (0)

2023年9月 7日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1070mhw800t_20230907183401  今日も、晴れたが、午後からは雲が多くなり夕方には弱い雨も降った。朝の早い時間は、比較的涼しかったものの、日中は気温が上昇した。さすがに猛暑日とはならなかった。太陽面には、北半球に7群、南半球に2群の黒点群が見えた。Hα光を見ると、北半球に活動が多く見られ、南半球は、プラージュも見えない。プロミネンスは、昨日に見えていた北半球の西縁にあるものが宙に浮かんでいるのが見える。ダークフィラメントは、南半球の東に濃いものが見える。S20230907800t S20230907ha800t Img_1070mhwc800_20230907183401 S20230907hac800 2023090702en800 2023090711wn800 2023090714e800 2023090704w800 2023090709es800 2023090712ws800 S20230907h

| | コメント (0)

2023年9月 6日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1053mhw800t  今日は、朝から雨が降っていて、予報では、大雨とのことであった。しかし、予報が変わってお昼過ぎから晴れ間が出てきた。太陽の撮影を終わってしばらくすると、南の空から再び雲が出てきて、その後は完全に曇り、再び雨が降ってきた。太陽面には、北半球に6群、南半球に3群の黒点群が見えた。北半球の黒点群が発達したようで、経度が340度付近と280度付近の黒点群は大きくなった。Hα光では、北半球の西縁には、宙に浮かんだプロミネンスが見える。ダークフィラメントは、北半球の西縁と南半球の東に少し目立つ。プラージュは、黒点群のある場所で明るい。S20230906800t S20230906ha800t Img_1053mhwc800 S20230906hac800 2023090608en800 2023090611wn800 2023090607e800 2023090610w800 2023090609es800 2023090612ws800 S20230906h

| | コメント (0)

2023年9月 5日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1046mhw800t  今日は、天気予報では曇り後、雨であったが、ほぼ一日中晴れて、今日も猛暑日となった。毎日のように暑いと疲れてしまう。毎日の水分補給は炭酸水やお茶などを摂ってはいるものの、汗は出るは、喉は乾くはで、体が虐められているような気がする。太陽面は、今日も小さな黒点群ばかりで少し寂しい。北半球に6群、南半球に4群の黒点群が見えた。Hα光では、プロミネンスが今日も小さなものばかりである。ダークフィラメントも目立たない。プラージュは、北半球の東縁にある黒点群の周りが一番明るく見える。S20230905800t S20230905ha800t Img_1046mhwc800 S20230905hac800 2023090509en800 2023090512wn800 2023090508e800 2023090511w800 2023090510es800 2023090507ws800 S20230905h

| | コメント (0)

2023年9月 4日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_1038mhw800t  今月になって、やっと太陽の撮影を行うことができた。先月から台風の影響やら秋雨前線の影響で曇りの日が続いた。明日からも、台風やら秋雨前線の影響で太陽観測はできそうにも無い。しかし、気温の高い状態が続いており、ほとんど毎日のように真夏日や猛暑日である。夜は、熱帯夜から抜け出しそうであるが、まだまだ続きそうである。さて、太陽面であるが、小さな黒点群ばかりで、がっかりである。北半球に8群、南半球に4群の黒点群が見えた。しかし、黒点群は目立たない。Hα光では、太陽の縁にプロミネンスは見えるが、小さなものばかりである。ダークフィラメントは、北半球に多く見られるが小さい。プラージュも明るく大きなものは見えない。S20230904800t S20230904ha800t Img_1038mhwc800 S20230904hac800 2023090415en800 2023090412wn800 2023090414e800 2023090411w800 2023090416es800 2023090419ws800 S20230904h

| | コメント (0)

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »