カテゴリー「旅行・地域」の記事

2019年4月23日 (火)

永平寺

永平寺
Img_9476rs  先日、福井県にある曹洞宗の大本山永平寺へ行ってきた。禅寺であり、多くの僧侶がここで暮らしているようで、長さが3mを超すような大きな擂粉木があったり、浴室があったりと生活の匂いがするお寺と感じた。また、お寺の周りは大きな杉の大木が何本もあり、山が背後に迫り、大伽藍を形成していた。拝観料は、500円で、履物は、ビニール袋に入れて持ち運びとなるので、片手が塞がって写真を撮るのも不便であった。中でも、階段状の回廊は、他の寺には無い施設で、初めて見た。福井県の福井市の東に位置する永平寺は、暮れになると、除夜の鐘の一つとして「ゆく年くる年」で紹介されるが、雪が降った景色を想像すると、この場所だと認識した。福井市からの途中に山道を走ってしまったが、10年以上前のカーナビは、あてにならず、何回もできるだけUターンですを繰り返す始末で、JA永平寺があったので、道を尋ねてしまった。でも、無事に到着し、帰りは、山道を通らず帰ることができた。Img_9474rs Img_9467rs Img_9461rs Img_9460rs Img_9459rs Img_9454rs Img_9451rs Img_9450rs Img_9449rs

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

福井城址と福井駅

福井城址と福井駅
P4089722rs  先日、福井へと足を伸ばして見聞を広めた。福井駅前のホテルで1泊し、福井の城址をの堀を回った。折りしも、桜が満開で、堀に写る城壁と桜が見事であった。残念なことに、城内には、県庁と警察本部が建てられていた。まあ、昔で言うと、政治と警察の役割であった城に置くのが当たり前ではあるが、なんとも景色を台無しにしている。福井駅前には、声を放ち、動く原寸大と思われる恐竜が3体展示されており、さすが恐竜王国福井とのコピーに納得してしまう。恐竜の展示している前には、恐竜の足跡の化石のレプリカも展示されている。もちろん、恐竜も作り物であった。鯖の焼き寿司を食べたが、もちろん美味しかった。P4089734rs P4089730rs P4089729rs P4089721rs P4089718rs P4089744rs P4089743rs P4089737rs P4079716rs

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館
P4079662rs 福井県勝山市にある福井県立恐竜博物館へ行ってみた。前々から福井県には恐竜化石が出てくるとの情報を知っていて、ふらっと自家用車を駆って福井県勝山市までナビゲーションを頼りに静岡県から愛知県、岐阜県を経由して走った。目低地までの高速有料道路や有料道路を走っている時は快適であったが、岐阜県と福井県の県境からは、くねくねと曲がった道を九頭竜湖を何度も通過しながらやっと辿り着いた岐阜県からは、雪を被った白山が見え美しい眺めであった。勝山市に入っても、恐竜博物館の案内板は見られなかった。きっと、このコースで恐竜博物館へ行く者は居ないと感じた。とにかく、館内へ足を踏み入れ、地下1階から3階までのフロアがあり、恐竜の歴史や恐竜の化石、生物の進化を展示し、詳しく説明が為されていた。丁度、お昼過ぎに着いたので、カフェ&レストランで「フクイサウルス」の卵カレーを食べた。恐竜の形をしたチキンナゲットと鳥の卵がトッピングされていて、味は良かったものの熱いカレーでは無かったのが残念であった。凡そ2時間の滞在で、恐竜を堪能することができた。また、屋外にオブジェとして設置されている恐竜も記念写真を撮るのに適している。もう少し時間をかけて見てみたいものである。とにかく、福井へ行ったら恐竜博物館には足を運びたいものである。もう1回行ってみようと思っている。P4079666rsP4079671rsP4079675rsP4079677rsP4079687rsP4079688rsP4079691rsP4079694rsP4079712rs

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

蓬莱橋

蓬莱橋
Img_9273rs 静岡県の島田市には、大井川に架かる木造の橋があって、今まで数回訪れたことがある。江戸時代には、大井川を渡るには、増水になった時には、江戸から京都やお伊勢詣りなどの旅人が、足止めをくらって大井川を渡れなくなったことが「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と詠われていたようである。第15代の徳川慶喜の幕臣達が、大井川の右岸にある牧の原台地でお茶作りを始めたそうで、江戸から明治に入って、そのお茶作りのために、島田宿から舟を使って渡っていたが、行き来するのに絶えず危険が伴うことから、時の静岡県令に橋を架ける願いを出し、これが許可され1879年(明治12年)に蓬莱橋が完成したようである。木造の橋としては、世界一長い木造歩道橋としてギネスに認定されているようで、長さは897.4メートルもあるそうだ。さすがに、老朽が進んで、昭和40年には橋脚をコンクリートに変えているようである。蓬莱橋を渡るには、通行料を100円徴収されるが、午後5時以降は、通行料金を料金箱に入れるとのこと。木造の橋は、ギシギシといった音もせず、ただひたすら歩き、橋の中央付近で引き返した。訪れた日時には、西からの風が強く寒かったものの、東の方角には富士山が、雪を被って良く見えた。写真では、太陽高度も低く、日の入り時刻も迫っていたので、コントラストは良くない。このような、隠れた名所も良いものである。今度は、暖かい日に行くことにしよう。Img_9267rs
Img_9289rsImg_9296rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

松阪牛(ビーフクラブ・ノエル)

松阪牛(ビーフクラブ・ノエル)
Img_9316rhs 三重県の松阪市へ行き、松阪牛のステーキを食べた。だいぶ前になるが、津市へ行った時には松阪牛のすき焼きを食べたので、今度はステーキにした。東名高速から伊勢湾岸道路、東名阪自動車道を経由し、伊勢自動車道の松阪ICを降りてJR松阪駅の近くまで進み、松阪牛のステーキでは、美味しいとの評判がある、「ビーフクラブ・ノエル」を目指した。松阪ICから7キロの距離ではあるが、ずいぶん遠くに思えた。途中には、JA三重厚生連の松阪中央総合病院の立派な建物が見えた。慣れないこともあって、目的の場所である「ビーフクラブ・ノエル」に、やっと辿り着くことが出来たのは、午前11時25分となった。お店の概観は、昭和のイメージの少し鄙びたお店であった。お店の入り口に向かうと、お店の開店は、11時30分であったが、もう既に複数のお客が店の前に立って並んでいた。開店時間丁度に、開店となり、ランチの網焼きステーキを味わった。肉の旨みはもちろん、少し酸味のある美味しいステーキである。味付けは、塩、胡椒のみで十分美味い。最初にスープ(人参のポタージュスープ)、その後、網焼きステーキ、サラダ、ライスが出て来て、最後に飲み物(コーヒーか紅茶)で税込み3,500円であるが、満足したランチであった。ステーキを焼いていたのは、歳を召したご主人のようであるが、気配りのある方であった。食事後、階段を下りて、建物を再度眺めたが、実に昭和レトロの雰囲気であった。Img_9313rhs
Img_9314rhsImg_9319rhs


Img_9320rhs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

伊吹島

伊吹島
P2173588rs 今日、突然に仕事で観音寺市の西方10km、燧灘にある伊吹島へ行くことになった。以前にも仕事で出掛けたことがあるが、仕事以外では行ったことが無く、人生で2度目の来訪である。周囲は約5kmであるが、往時は4,000人も住んでいたそうである。今は700人足らずとのこと。いりこ(煮干いわし)で有名で、讃岐うどんの出汁には無くてはならないものである。今でも、この「いりこ」の生産が盛んである。観音寺港から小さな旅客船(ニューいぶき:134トン)で25分、そんなに遠くはないが、雨が降っていたせいもあり、観音寺港から伊吹島は見えず、また、帰りも、伊吹島から観音寺港は見ることができなかった。横溝正史の小説である「獄門島」のような雰囲気であった。伊吹島に到着後、港から急な坂が続き、狭い路地が迷路のように巡らされている。以前の記憶を辿りながら、向かったが、なんせ20年以上も前のことであり、記憶が定かでない。当全のごとく、目指す場所には到達せず、危うく迷ってしまうところであった。猫もあちこちで歩いており、人間よりも多いかも知れない。慌てて仕事を片付けてのとんぼ帰りであったので、次回はゆっくりと島を回りたいものである。迷路と坂と猫と「いりこ」の島である。P2173586rs_2
P2173594rsP2173601rsP2173606rs


P2173615rs


P2173616rs
P2173620rs


P2173634rs


P2173648rs
P2173654rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

エンジェルロード

エンジェルロード
Img_0769rs 小豆島にあるエンジェルロードへ行ってみた。土庄港から車で5分ちょっとの距離で、天気が良ければ、屋島の山並みも見えるとのことであるが、今回は、透明度が悪くて見えなかった。このエンジェルロードは、小豆島の前島から沖に浮かぶ中余島を経て大余島(総称・余島)へと続く約500mの細長い砂州の道であり、『天使の散歩道』とも呼ばれ、潮の干満により道があらわれたり海に消えたりする(トンボロ現象)。このため1日に2回干潮の時のみ渡ることができる。エンジェルロードは、干潮時に海の中から現れる砂の道であり、大切な人と手をつないで渡ると、砂州の真ん中で天使が舞い降りてきて、願いを叶えてくれると言われているロマンティックな場所である。潮が満ちている時は、人は少ないが、干潮時には、多くの人が砂洲を渡っていた。美しい風景を見るなら時間を選ぶ必要があるかも知れない。砂洲の幅が狭い時が一番美しく見えるので、今回は時間を間違えてしまった。Img_0884rs
Img_0768rsImg_0889rs


Img_0774rs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

マンダリンハウス

マンダリンハウス
Img_5470s  湯河原温泉にある、ペンション「マンダリンハウス」へ行ってきました。湯河原は、学生の時のアルバイトで何回も訪れた場所ですが、30数年ぶりに行ってみると、方向は合っていたのですが、温泉郷の山へ登って行く内に、道路が何本も分かれていたため、マンダリンハウスに着けず、何度となく道を引き返してしまいました。東名高速厚木インターを下り、小田原-厚木道路を小田原に向け車を走らせ、小田原から湯河原道路へとここまでは順調でしたが、湯河原町内へ入ると上にも書いたような状況でした。なお、湯河原道路は9月4日から無料になっていました。ここには、40分間は貸切にできる露天風呂があり、照明も凝っていて中々良い雰囲気でしたが、生憎の曇りで、星が見られず残念でした。夕食は、お刺身や肉料理が出てきて、味も値段を考えるとお得な感じでした。なぜかしら、食堂の壁にはハワイのマウナケア山で撮影された「百武彗星」の写真が飾られていました。Img_5409sImg_5414sImg_5420sImg_5436sImg_5475sImg_5441s      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

上野の杜

上野の杜
Img_1471s  次男の就職先まで、車を陸送した後、帰りは東京経由の東海道新幹線+山陽新幹線を経由し、JRで帰ってきました。そのまま帰るのは勿体無いことから、東京は上野で下車し、定番の国立科学博物館や上野動物園、不忍池を散策してきました。「かはく」にある、蒸気機関車D51も、相変わらず展示してあり、シロナガスクジラの原寸大模型もそのままでした。上野動物園の入り口には、先ごろ無くなったパンダの「リンリン」の冥福を祈ったお知らせ看板が出ており、ちょっと残念でした。不忍池では、蓮の若芽が少し出ていて、夏が近いことを知らせてくれました。不忍池にある弁天堂も、谷中七福神の一つで、日暮里の駅から歩いてきて、最後の七福神となる神様が奉られています。NHKの大河ドラマで「天璋院篤姫」に出てくる西郷さんも、上野の杜にあっていつものように見てきました。右手に犬を連れていますが、この犬については、何も書かれていませんでした。
その後、慣れた道の上野広小路を経由し、スターベース東京を横目で見ながら、PCのデータバックアップ用として秋葉原のPCショップでHDDを安く購入し、ヨドバシカメラでは、「ふじ」と「しらせ」のプラモデルを記念に買って帰りました。プラモデル専門店にも立ち寄ったのですが、旧製品の「ふじ」のプラモデルは35000円の値札が付いていました。恐ろしい値段だった!なお、ヨドバシカメラで買った「ふじ」や「しらせ」は定価よりも安く買えました。完成はいつのことか?Img_1460sImg_1492s Img_1500s  Img_1464s Img_1486s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

お茶どころ

お茶どころ
Img_1418s  皆さんは、お茶どころと言えば、どこを想像するのでしょうか。私の妻の実家が、社会の教科書に出てくる牧の原台地にあることから、ちょっと、寄り道してみました。南極観測船「ふじ」を見学した後、息子に車を陸送する休憩場所として寄ったのですが、夏も近づく八十八夜に近く、茶畑にはグリーンの絨毯が敷き詰められたような景色を堪能してきました。生憎雨が降っていたため、遠方の景色が見えないことから、近景での茶畑です。「茶の郷」に立ち寄って、出された新茶を飲んだのですが、まさに美味しいお茶の一杯でした。茶畑を降りてくる途中には、旧東海道の石畳の道が整備され、雨でぬれているので足をすべらしながら、降りてきました。途中には、カタクリの群生場所もあって、カタクリが咲いていれば良かったのではないかと思った次第です。車をホテルへ持ち込んだ後に、妻の実家の近くの駅に、大井川鉄道のC11蒸気機関車が入ってくるのが聞こえ、カメラで待ち構えました。しかし、満足な画像は得られませんでした。その後、夜は妻の家族が久々に集合し、お互いの健康状態を確かめながらも、妻の兄弟姉妹と楽しい食事(まぐろの刺身やうな重)をしました。うなぎの肝も十分に戴き、満足した1日でした。
 翌日、朝早くに出発し、途中の富士川SAに立ち寄ると、雨は降っていたものの、富士のお山を見ることが出来ました。富士の山は、やっぱり美しく、地方の人間にとっては、憧れの対象です。私は、大学時代や単身赴任中の在京時には、富士の山を何回も見ていますが、近くの富士のお山は機会が少なく、感動でした。Img_1386s Img_1363s Img_1383s Img_1422s Img_1385s

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧