カテゴリー「趣味」の記事

2017年11月19日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7156mhw800t なかなか晴れてはくれなかった。冬型の気圧配置になり、風が強く吹き荒れた。体感気温も低く感じられた。とにかく、雲が太陽の前を次々と通り過ぎて行くので、撮影を始めようとすると太陽は雲の中へ入ってしまって、撮影が出来たのは、午前10時を過ぎていた。太陽黒点は、南半球にあるが、目を凝らして見ないと判らない程になった。北半球の黒点群は、もう見えなくなった。Hα光では、東縁の両半球に大きなプロミネンスが見えている。また、ダークフィラメントが南半球の東縁に長く伸びているのが見える。プラージュは、黒点群に伴う部分が明るく輝いているが、南半球の黒点群が特に明るい。明日も、晴れの予報は出ているが、冬型の気圧配置で、早朝は難しいかもしれない。S20171119800t
2017111910h800tImg_7156mhwc800


2017111910hc800


2017111906e800
2017111907w800


2017111906ec800


2017111907wc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7147mhw800t 今朝は、昨朝よりも気温は下がって、今秋一番の最低気温を記録した。風は無いので体感気温は気温の割には寒くは無かった。透明度は悪いが、シーイングは少しまともな状態であった。しかし、日中は、太陽の光がある割には最高気温は平年よりも低く、12月上旬ごろの13度を少し超えただけであった。太陽面は、昨日見えていた黒点群が拡散されたように見えた。小さな黒点群はあるものの、本影部分が大きくないため、黒点群全体が半影部のように見えてしまう。また、北半球には、良く見ないと判らないほど小さな黒点群が見える。場所は、経度が235度、経度が11度のところである。Hα光では、北半球の子午線を少し過ぎた場所にプラージュが見える。また、南半球の黒点群の周りに見えるプラージュは、少し大きくなったようである。プロミネンスは、目立ったものは無いが、南半球の東縁に南北に広がるプロミネンスが少し明るい。ダークフィラメントは、目立ったものは無い。明日は、朝から雨のようであるが、夕方近くには晴れの予報も出ている。S20171117800t
2017111705h800tImg_7147mhwc800


2017111705hc800


2017111710e800
2017111709w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7138mhw800t 今朝は北から寒気がやって来たようで、西からの風が冷たかった。最低気温はそれほどでも無かったが、気温の上昇は、太陽からの光が注ぐ割には鈍く、最高気温は14度を少し超えただけであった。太陽面には、南半球の東縁に黒点群が久々に現れた。小さな黒点群ではあるが今月に入ってから初である。他の場所には黒点群は見えない。Hα光では、東縁に小さいがプロミネンスが数箇所見えている。ダークフィラメントも縁にあるプロミネンスから繋がっているようで、見ていると面白い。プラージュは、黒点群の周りを取り囲むように明るく輝いている。明日は、今秋一番の最低気温になりそうで、完全な冬に突入であると思われる。S20171116800t
2017111605h800tImg_7138mhwc800


2017111605hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7133mhw800t 今朝は冷え込みが厳しかった。当地では、最低気温が4度、風は無いので寒いことは無いが太陽からの光は随分と弱い。シーイングも悪く、太陽の撮影は厳しかった。太陽高度が十分では無いので、余計にシーイングの悪さが画像に表れる。太陽面は、ここ2週間ほども黒点群が見えない。Hα光でも、プロミネンスは小さなものばかりで、ダークフィラメントも小さく、活発なものは見えない。明日は、雨のち曇りの予報であり、太陽観測は出来そうもない。S20171113800t


2017111307h800tImg_7133mhwc800


2017111307hc800


2017111304e800
2017111303w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7121mhw800t 今日も、午前中は完全な曇りの天気となり、太陽の観測は午後からとなった。朝から、晴れるかと待っていたが、午前9時には、灰色の雲に覆われ、冬のような感じで、西からの風も少し吹いていた。午後になり、北東から晴れてきて、太陽高度は南中というのに低い。太陽面は、今日も無黒点の状態である。Hα光では、小さなプロミネンスとダークフィラメントが見えるだけの状態である。久しく、黒点を見ていないので、明日こそは、黒点の出現を期待したい。明日の天気は、夕方には曇りの予報が出ているが、今現在の空は曇っている。朝は晴れるかも知れない。今月に入って無黒点の状態が続いている。S20171112800t
2017111204h800tImg_7121mhwc800


2017111204hc800


2017111207e800
2017111206w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7115mhw800t 予報どおり、朝には雨が降っていた。太陽が昇る時間には雨は揚がったものの、雲が太陽の前だけ、なかなか取れなかった。しかも、面白いことに、雲が太陽の前を通り過ぎたら雲が消える状況であった。そのため、太陽の撮影は、午前11時前になり、Hα光での撮影は、お昼近くになってしまった。半日も待機が続くと参ってしまう。太陽面は、今日も無黒点であった。Hα光の撮影が出来るので、無黒点の時でも、太陽面には何らかの模様が見えるので、面白い。北半球の東縁にはプロミネンス、子午線を越えた場所にダークフィラメントが見えたので、白色光のノッペラボーだけの画像だけで無いのが良かった。今日は、風が冷たく感じた。S20171111800t
2017111112h800tImg_7115mhwc800


2017111112hc800


2017111107e800
2017111108w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7103mhw800t 今朝も晴れたが、今朝のシーイングは全くダメであった。透明度は昨日よりも改善し、ほぼ通常の透明度になったようで、カメラのシャッタースピードもいつものような状態であった。最低気温は今秋一番ではなかったが、少し冷え込んだ。太陽面は、ここの所、無黒点状態が続いており、まったく黒点群は見えない。Hα光でも、シーイングの影響で、拡大画像では、特にぼんやりとしか写ってくれなかった。東半球に、疎らにプロミネンスが見えた。ダークフィラメントは昨日と同様、北半球の子午線付近に見えている。明日は、明け方まで雨の予報となっており、その後は晴れの予報も出ているので、なんとか太陽観測は出来そうである。S20171110800t
2017111004h800tImg_7103mhwc800


2017111004hc800


2017111008e800
2017111007w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7097mhw800t 今朝の空は、透明度の悪い朝であった。季節はずれとも思える黄砂が飛来しているとも天気予報で言っていた。昨日に雨が降ったにもかかわらずである。山から出て来た太陽は眩しく無く、晴れてはいたが、いつもの時間には太陽の撮影を諦めた。太陽面は、相変わらずのノッペラボーであり、面白くない。Hα光では、ダークフィラメントだけが目立った。プロミネンス、プラージュとも淡い。明日は、晴れるような予報であるが、今朝のような透明度では、観測意欲も萎えてしまう。S20171109800t


2017110907h800tImg_7097mhwc800


2017110907hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7085mhw800t 今朝もなんとか晴れたものの、雲が南東方向に進んで行くので、太陽の撮影には手間取った。透明度、シーイングとも悪く、太陽高度の低いことが一つの原因でもある。さて、太陽面の状況であるが、黒点群は見られない。Hα光では、昨日に引き続きダークフィラメントだけが目立っている。プロミネンス、プラージュは、ほとんど見られない。明日は、午前中には雨が降るようなので、太陽観測は、欠測になりそうである。S20171107800t

2017110705h800tImg_7085mhwc800


2017110705hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

今日の太陽面

今日の太陽面
Img_7078mhw800t 今朝の最低気温は今秋一番であった。気温は、我家では4度となっていた。太陽の光も弱く、午前7時30分近くになって、やっと太陽高度が10度になる状態である。そのため、透明度は悪く、シーイングも良くない。早朝の太陽観測も、後1か月で出来なくなる。太陽面は、今日も無黒点であり、黒点群が出現するのが待ち遠しい。Hα光でも、昨日と同様に静かである。北半球の東縁にダークフィラメントと噴出型プロミネンスだけが目立った。明日は、午前中は晴れの予報であるが、果たして太陽を見ることができるか微妙である。S20171106800t

2017110604h800tImg_7078mhwc800


2017110604hc800


2017110610e800
2017110609w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧