カテゴリー「趣味」の記事

2018年7月19日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8324mhw800t 今朝も朝から暑かった。そして、昨日よりもさらに透明度が落ちてしまい、影のコントラストも低い状態で、太陽の光は、弱く感じた。しかし、日中は透明度が悪い中でも、気温は上昇し、最高気温は昨日を上回って37.1度になった。当然、朝の最低気温は熱帯夜である25度を2.5度も上回る27.5度となった。このため昨晩は、2回も暑さで目を覚ました。今晩も、熱帯夜は続くと思われる。太陽面は、今日も無黒点となった。白色光では、北半球の西縁に白斑が見えるのみである。Hα光では、プロミネンスも淡く、目立たない。プラージュ、ダークフィラメントとも小さなものは見えるが、活動的な様子は見られない。もうそろそろ雨が降ってほしいものである。S20180719800t
2018071909h800tImg_8324mhwc800


2018071909hc800


2018071904e800
2018071903w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8317mhw800t 今朝は、昨日よりも透明度が落ちてしまった。最低気温も27度を少し下回ったが、熱帯夜であった。日中の最高気温も37度近くまで上昇して猛暑日となった。岐阜県の美濃市、多治見市では最高気温が40度を超えたようで、日本列島が熱帯化となっている。今現在でも、気温は32度を超えており、今晩から明日の朝にかけても熱帯夜になるようである。太陽面には黒点群が今日もみえず、21日間、無黒点を記録した。白色光では、面白みも何も無い。Hα光では、東西の縁にプロミネンスが見えるが、東縁に西縁よりも少し大きなものが見える程度で、目立つほどではない。ダークフィラメント、プラージュともほとんで目立たない。明日も晴れる予報となっているが、透明度が日増しに悪くなっている。S20180718800t
2018071803h800tImg_8317mhwc800


2018071803hc800


2018071807e800
2018071808w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8311mhw800t 今朝も透明度が悪い朝となった。最低気温も27度近くまであり、熱帯夜が続いている。今月末まで、このような熱帯夜になるとの予報が出ており、暑さに弱い私にとっては最悪の状況となっている。最高気温も35度を超えて猛暑日となった。太陽面は、依然として黒点群が発生していない。これで、連続20日も無黒点が続いており、今年に入って107日も無黒点日となった。白色光では、何も見えず、私の望遠鏡では、Hα光だけが、なんとか太陽活動を見ることができる手段となっている。Hα光で見えるプロミネンスは、東縁に集まっている。ダークフィラメント、プラージュは見えない。太平洋高気圧が日本列島をしっかりと上空から押さえつけているようで、透明度も悪く、たまには雨が欲しい。S20180717800t
2018071709h800tImg_8311mhwc800


2018071709hc800


2018071706e800
2018071704w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8304mhw800t 透明度が悪い朝で、太陽の光は弱かった。しかし、昨晩からの気温はほとんど下がらず熱帯夜となったまま朝を迎えた。日中も気温がどんどんと上昇し、最高気温は35度を超えた。最低気温は27度であるので、朝から汗が吹き出る1日となった。太陽面には黒点群は見えず、黒点がどこかに行ってしまったようである。Hα光では、昨日と同様にプラージュが見えているが、その場所には黒点群が見られない。プロミネンスは、東西の縁に見えるが、大きなものではない。ダークフィラメントは見えない。明日からも、太平洋高気圧の勢力が強く、猛暑日が続きそうである。せめて、透明度は改善してほしいいものである。S20180716800t
2018071603h800tImg_8304mhwc800


2018071603hc800


2018071608e800
2018071609w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8299mhw800t 今朝は、少し透明度が悪いものの、雲が昨日よりも少なく、日中も晴れて暑くなった。家も熱を蓄えているため、家の中でも暑くて大変な暑さである。今日の最高気温は35度を超えて猛暑日となった。朝の最低気温も27度近くまであって、完全な熱帯夜となった。夜に気温が下がらず寝苦しい夜には、氷枕で頭を冷やすと汗もかかず快適とのこと。今年も、氷枕の出番がやってきた。太陽面は、子午線を過ぎたあたりに黒点群があるようにも思うが、はっきりしない。Hα光では、子午線付近のプラージュとともに、東縁にもプラージュが見えている。プロミネンスは、小さいが東西の縁に見えている。ダークフィラメントは、北半球の東縁から入った場所に見える。今日は、プロミネンスが見えていた場所を拡大して掲載する。S20180715800t
2018071512h800tImg_8299mhwc800


2018071512hc800


2018071503e800
2018071504w800





2018071506en800
2018071505wn8002018071507es800

2018071508ws800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8293mhw800t 今朝も、すっきりとした空にはならなかったが、お昼前から雲がほとんど無くなった。しかし、異常な暑さとなり、当地でも昨日と同じように35度を超えて猛暑日となった。太陽面には、黒点群が発生しそうで気になっているが、依然として黒点群の発生は無い。白色光では、何も見えないが、Hα光では、中央面に黒点群が発生しても良いようなプラージュが大きな面積で見えている。プロミネンスは、北半球の東縁に目立つものがある。ダークフィラメントは目立たない。Hα光の拡大像では、プラージュの先行部分から後続部分にかけてダークフィラメントが見える。それにしても、暑い・・・明日は、今日よりも天気がいっそう安定すると思われるが、もう少し風が吹いて欲しいものである。S20180714800t
2018071404h800tImg_8293mhwc800


2018071404hc800


2018071409e800
2018071407w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8287mhw800t 今朝は、雲が東の空から西に向かって流れてきたが、ゆっくりとした動きで、おおよそ1時間近く雲が切れてくるのを待っていた。しかし薄雲は取れず、Hα光の全体像は夕方になってやっと撮れた。梅雨明けが今月10日で、その後は雲が多くて、梅雨明け10日という昔からの言われは、今年に限って当てはまっていない。昼間も、雲が多く、夕方にも雲が残っており、現在は薄曇の状態である。最高気温は35度を超えて、猛暑日となった。太陽面は、黒点群が発生しそうに見えるが、無黒点が続いている。Hα光で見ると、北半球の低緯度に淡いプラージュが見える。プロミネンスは、小さなものが東西の縁に見えるが、活動的では無い。ダークフィラメントは、ほぼ中央面に見えるものが、朝では少し大きな面積で見えていたが、夕方には小さくなっていた。明日は、今日よりも良い天気になると予想され、最高気温ももう少し上昇するかもしれない。とにかく、今現在でも30度を超えているので、今晩は熱帯夜になりそうである。S20180713800t
2018071303h800tImg_8287mhwc800


2018071303hc800


2018071301e800
2018071302w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8279mhw800t 今朝は、少し雲があって太陽観測に時間がかかってしまったが、なんとか白色光とHα光での撮影ができた。朝から気温が上昇し、青空も比較的続いていたので、もしかしたらと思っていたが、お昼過ぎには当地でも梅雨が明けたとの発表があった。当地での今年の梅雨は、5月28日から7月10日までの期間となり、早く梅雨に入り、早く明けたようである。雨は十分すぎるほど降ったが、これから雨が降らなければ、渇水になるかもしれない。太陽は、相変わらず無黒点であり、太陽面は寂しい状況である。Hα光でも、昨日と同様な状況であり、北半球の東縁にプラージュが見えるほか、プロミネンスが南半球に多く見えている。ダークフィラメントは目立たない。梅雨明け10日と言われているが、これから10日間ほどは安定した夏空となり、暑い日が続くと思われる。S20180710800t
2018071004h800tImg_8279mhwc800


2018071004hc800


2018071006e800
2018071008w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8264mhw800t 今朝は、太陽が雲に隠れていて、なかなか光が地上に注がなかった。会社に着いた時には太陽からの光も射していたので、早く帰宅して太陽を撮影しようと考えていた。お昼には、太陽からの光が真上から射して、痛いほどの太陽光に汗もどんどんと噴出した。ところが、午後を少し過ぎてから、南の方から雲が出て来て、西に向かって流れるようになり、少しだけ西の空に青空があるだけで雲に覆われてしまった。急いで帰宅したものの、太陽の前には雲がゆっくりと進み、なかなか太陽が顔を出さず、太陽が見えたのは、午後6時前になってしまった。透明度、シーイングも悪い中、なんとか太陽画像を取得できた。太陽面は、黒点群が見られない。Hα光で見ると、北半球の東縁にプラージュが見えた。白色光でも、その部分に白斑が見える。プロミネンスは、昨日と同様に、西縁の南北に見えている。ダークフィラメントは見られない。今日、九州北部、中国、近畿、北陸、東海で梅雨が明けたと発表があったようである。九州南部と当地では、未だ梅雨明けの発表がない。S20180709800t
2018070903h800tImg_8264mhwc800


2018070903hc800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_8258mhw800t 先週の3日から今日まで、梅雨前線の影響で大雨が降った。西日本はもちろん、近畿や中部地方まで大変な大雨となった。当地でも、大雨による避難勧告まででてしまった。広島県、愛媛県では20名以上の方が、大雨による土砂崩れ、決壊した川からの大水により命を奪われた。金曜日からテレビでは、大雨による災害を少しでも減らすために、注意を呼びかけたり、被災状況を次々と伝えていた。ラジオでも、番組の放送を中断して被災状況を流していたが、その広域ぶりは、かつて経験したことの無いような災害に感じた。幸い、当地では大きな災害とはならずに済んだが、被災した地方の方々にお見舞いを言いたい。さて、朝方には雨が降っていたものの、午前中の早い時間から雨は止み、午後からは青空まで見え始めた。久々の太陽を見て、ほっとした。しかも、いつも以上に空の色は青く、透明度の高い空となった。太陽面は、無黒点であるが、ネット上に掲示されているニュースを見ると、東縁にフレアを捉えたそうで、黒点群が東縁から出現するかもしれない。Hα光で見ると、西縁にはプロミネンスが見えるが、東縁には小さなものしか見られない。ダークフィラメントは、南北の高緯度に小さなものが見えている。どうやら、数日中に梅雨明けがあるかもしれない。S20180708800t
2018070812h800tImg_8258mhwc800


2018070812hc800


2018070804e800
2018070803w800

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧