カテゴリー「趣味」の記事

2020年9月23日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2853mhw800t  今朝は、昨日および一昨日のような気温の朝とはならず、少し暑く感じた。日中も30度を超えて真夏日となってしまった。
太陽は、西から進んでくる雲と、東から進んでくる雲に阻まれ、なかなか晴れず、お昼前にやっと晴れてなんとか太陽面の撮影を行うことができた。太陽面には、昨日に北半球の東縁に現れた白斑が回ってきて、黒点群になるかと思われたが、依然として黒点群とはなっていない。Hα光でも、この付近に目立つプラージュが見えるが、後一歩であると思われる。プロミネンスは、北半球の東縁に角のようなものが出ている。また、南半球の東縁に淡いものが見える。ダークフィラメントは見られない。S20200923800t 2020092304h800t Img_2853mhwc800 2020092304hc800 2020092306e800 2020092310w800

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2848mhw800t  昨日と同じような気温の朝となり、最低気温は昨日と同じような18度近くであった。太陽は、午前8時前には晴れて太陽を見ることができた。それにしても、今日も黒点群が見られない。東縁には、Hα光でプラージュが見えているが、黒点群にはなっていない。白色光でも、白斑として見えており、黒点群に発達するか見守りたい。Hα光で見ると、南半球の東縁の高緯度に淡いプロミネンスが見える。また、北半球にも淡いプロミネンスが見えている。台風12号の影響で、曇ってきた。S20200922800t 2020092211h800t Img_2848mhwc800 2020092211hc800 2020092205e800 2020092207w800 2020092202es800 2020092204wn800

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2842mhw800t  今朝は、涼しいというよりも寒くなった朝である。最低気温は16度を少し上回った程度か。日中は、気温が上昇したが、真夏日とはならなかった。午前8時を過ぎて北東の方向から晴れてきた。太陽面を見るが、なんとも寂しい状況であり、黒点群は見られなかった。Hα光でも、南半球の高緯度に淡いプロミネンスが見えるだけであり、ダークフィラメントやプラージュは見られない。台風12号が発生したようで、秋雨前線が刺激されて、大雨とならなければ良いのだが。木曜日ごろに日本に接近するようである。S20200921800t 2020092105h800t Img_2842mhwc800 2020092105hc800 2020092109e800 2020092108w800 2020092107es800

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2834mhw800t  今日は、天気予報が外れて、ほとんど1日中曇りの空となってしまった。午前12時前に少し晴れたものの、その他の時間には、太陽が完全に雲に覆われた。日中の最高気温も27度を少し超えた当たりで、暑くは無かった。今朝の最低気温は20度を下回ったようで、涼しかった。近くまで下がって涼しかった。日中は気温が上昇したものの、30度には届かず28度を少し超えたあたりであった。太陽面には、今日も黒点群は見られず、ここ1か月は、完全に無黒点の状態となった。Hα光でも、南半球に見える小さなダークフィラメントと小さなプロミネンスが見えるだけで、太陽活動が活発な部分は見られなかった。第25サイクルに入り、もう少し活発な活動が見られると思ったが、まだ先になるのかもしれない。S20200920800t 2020092008h800t Img_2834mhwc800 2020092008hc800 2020092004e800 2020092002w800

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2830mhw800t  今朝の最低気温は20度近くまで下がって涼しかった。日中は気温が上昇したものの、30度には届かず28度を少し超えたあたりであった。午前中は晴れたものの午後からは薄雲が出て来て、夕方には完全に曇ってしまった。太陽面は、黒点群が今日も見えず、無黒点となった。Hα光で見ても、プロミネンスはほとんど見えず、ダークフィラメントやプラージュも見えなかった。明日も、最低気温は20度以下になりそうで、一機に秋が来たようである。明日の朝は、曇りの予報が出ているが、午後からは晴れるようである。S20200919800t 2020091905h800t Img_2830mhwc800 2020091905hc800 2020091909e800 2020091908w800 2020091910es800

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2824mhw800t  今日は、予報では曇り時々雨であったが、朝の早い時間には、薄雲の状態であったため、白色光とHα光の全体画像は撮れた。太陽面の黒点群は見られない。まあ、透明度が悪い状態での撮影のため、小さな黒点群は見逃すかもしれない。ネット上での太陽面にも、黒点群は見られない。Hα光でも、ほとんどHα光で見られるプラージュやダークフィラメントはおろか、プロミネンスもほとんど見られない。今日の最高気温は30度ではあったが、湿度が高くて少し暑く感じた。最低気温は昨日よりも少し上がって25度には達しなかったが、湿り気を帯びた朝であった。明日も、引き続き雨や曇りの予報が出ており、太陽観測はできないと思われる。S20200917800t 2020091701h800t Img_2824mhwc800 2020091701hc800

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2818mhw800t  今日も、午前中は雲が多く、午前10時過ぎに少しは青空が出たものの、薄曇りの状態で太陽の撮影は諦めた。午後になり、2時前にやっと、まともな空となった。日中の最高気温は30度に達せず、真夏日ではなくなった。今朝の最低気温も、20度を下回って、肌寒い朝となった。太陽面は、黒点群が見られなかった。Hα光では、南半球の東縁の高緯度、および北半球の西縁高緯度にプロミネンスが見えた。プラージュは、北半球の西縁に小さなものが見える。ダークフィラメントは見えない。過ごし易くなったものの、日の出の時間が遅くなり、日の入りの時間が早くなったことで、昼間の時間がずいぶんと短くなった。S20200915800t 2020091514h800t Img_2818mhwc800 2020091514hc800 2020091504e800 2020091506w800 2020091507wn800

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2803mhw800t  今日は、なかなか晴れてこなかった。しかし、朝からずっと待っていてやっと午後2時を回ってなんとか晴れ間が続き、Hα光でも撮影を行うことができた。北半球の西縁近くに黒点群が発生したようである。画像では、ほとんど見えないものの、Hα光では、プラージュとして見えている。久々の黒点群ではあるが、もうすぐ西没となってしまうのが残念である。なお、南半球のプラージュには小さなダークフィラメントを伴っているが、Hα光の拡大画像でなければ判らないほど小さい。今日の最高気温は30度に達せず、28度まで行かなかった。最低気温も21度近くまで下がった。ようやく夏が終わったように感じる。太陽の南中光度も低くなり、日の入りの時刻も早くなった。S20200914800t 2020091405h800t Img_2803mhwc800 2020091405hc800 2020091406e800 2020091407w800 2020091411wn800

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2793mhw800t  今日は、ほとんど晴れなかった。朝から粘って太陽面を見ていたが、南西から北西方向に向かって流れる雲が邪魔をした。北西方向は晴れ間が出ているが、太陽がある南東から南西の方向は、絶えず雲に覆われてしまった。しかし、日没後は、晴れてきた。今日も、黒点群は見えなかった。白色光では、白斑さえも見えない。Hα光では、南半球の西にプラージュが見えていて、黒点群が発生したかもしれない。プロミネンスは、北半球の西縁の高緯度に淡いものが見えるが、淡い。ダークフィラメントも、北半球の高緯度に小さなものが見える。今日の最高気温は30度を少し超えて真夏日となった。S20200913800t 2020091301h800t Img_2793mhwc800 2020091301hc800

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_2788mhw800t  今朝は、なんとか晴れて太陽の撮影が行えた。その後は曇り、午前9時過ぎからは雨となった。お昼過ぎには雨は止んだものの、雲に覆われてしまった。今日も、黒点群は見えない。Hα光では、南半球の東縁高緯度にプロミネンスが見える。北半球の東縁にの小さなものが見える。プラージュは全然見えず、ダークフィラメントは、北半球の西縁近くに見える。黒点群が待ち遠しい。S20200912800t 2020091208h800t Img_2788mhwc800 2020091208hc800 2020091201e800 2020091203w800

| | コメント (0)

より以前の記事一覧