カテゴリー「趣味」の記事

2019年11月12日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0978mhw800t  今日は、概ね晴れの天気となって、最高気温も21度を超えて過ごし易かった。夜には、満月がほぼ東から昇ってきて明るい。今日の太陽面は、依然として黒点群は見えず、静かな太陽面であった。Hα光では、北半球の東縁に少し大きなプロミネンスが見えている。まるで、狼煙のように棚引いていた。ダークフィラメントやプラージュは見えない。南半球の東縁に明るい突起が見えるが、プロミネンスだろうか?明日も、晴れの予報となっているが、夕方からは曇りとなって、明後日は雨が降る予報となっている。S20191112800t 2019111210h800t Img_0978mhwc800 2019111210hc800 2019111201e800 2019111202w800

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0973mhw800t  雨が降ったり晴れたりと目まぐるしい天気の移り変わりの日であった。午前7時過ぎまでは晴れていて、その後は直ぐに雨、午前9時過ぎには晴れ間が出たと思うと、午前10時過ぎには突然の雨と雷鳴であった。午後には晴れ間が出て来たが、風が強く吹いた。太陽面は、今日も無黒点となった。Hα光では、北半球の東縁にプロミネンスが見える。プラージュ、ダークフィラメントは見えない。昨日の予報では、曇りや雨の予報であったが、なんとか太陽を撮影することができた。S20191111800t 2019111103h800t Img_0973mhwc800 2019111103hc800 2019111108e800 2019111107w800

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0962mhw800t  日の出が遅くなってきている。当地では、午前7時を過ぎないと太陽が顔を出さなくなってしまった。日の出の方角も、随分と南に移動してしまい、冬至まで後6度余り南に移動するだけである。今朝の最低気温は8度を少し上回った。日中の最高気温は18度ぐらいで、20度に達しなかった。それでも、晴れ間が出て太陽の光を浴びると少し暑い。太陽面は、今日も無黒点となっている。Hα光では、北半球の東縁に少し大きなプロミネンスが出ていた。ダークフィラメント、プラージュは見えない。明日は、曇りの予報であり、2週間ほど続いた太陽観測であるが、明日は、欠測となりそうだ。S20191110800t 2019111005ht800 Img_0962mhwc800 2019111005hc800 2019111010e800 2019111009w800

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0956mhw800t  朝から良い天気に恵まれた。昨日のシーイングは酷かったので、太陽高度が高くなる時間まで待った。しかし、あまり改善せず、午前8時過ぎから太陽の撮影を行った。今朝の最低気温は8度を少し下回ったが、一昨日のような寒さでは無かった。それにしても、昨日のシーイングは、太陽高度が40度近くあったにも拘わらず、酷かった。今日も、良くはないが昨日よりもましである。太陽面は、今日も黒点群が見られない。Hα光では、プロミネンス、ダークフィラメント、プラージュとも見られない。明日も、晴れの予報が出ているが、シーイングが良くなって欲しい。S20191109800t 2019110908h800t Img_0956mhwc800 2019110908hc800 2019110904e800 2019110903w800

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0950mhw800t  今朝は、曇っていて冷え込みも一段落であり、最低気温は12度を超えていた。しかし、午前中は曇りのままで太陽の光が地上に届かず、最高気温は20度に達しなかった。お昼を過ぎて、やっと晴れ間が出て来て太陽の撮影を行うことが出来た。今日も、黒点群は見られない。Hα光でも、プロミネンスもダークフィラメントも目立たない。唯一、プラージュのような明るい部分が、中央面に僅かに見える。明日は、朝から晴れそうであるが、冷える予報である。S20191108800t 2019110805h800t Img_0950mhwc800 2019110805hc800 2019110807e800 2019110806w800

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0944mhw800t  今朝も、昨日と同様に冷え込み、最低気温はドーム内で6度であった。日中は昨日よりも少し気温は上昇したものの、雲が多く薄曇の中での撮影となった。太陽紺即の後は、全天に雲が覆い日差しは遮られた。太陽面は、今日も無黒点となった。Hα光では、プロミネンスが目立たない。ダークフィラメントは、北半球の子午線付近に淡いが大きなものが見える。プラージュは、子午線付近に僅かに見られる。とにかく、今日は、薄曇で慌てて撮影したものの、コントラストの低い画像となった。札幌では、初雪が観測されたようである。S20191107800t 2019110709h800t Img_0944mhwc800 2019110709hc800 2019110702e800 2019110701w800

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0938mhw800t  今朝は、今秋で一番の冷え込みが更新され、最低気温はドーム内で6度であった。日中は比較的暖かくなり、20度近くまで気温は上昇した。太陽面には、黒点群が見えず、いつもの無黒点となった。今日で、無黒点の状態は231日となって、2008年の極小期から11年目で2008年の無黒点よりもさらに無黒点の状態が多い年となっている。無黒点の日は、率にして75%となっている。Hα光では、南半球の東縁から少し入った所で、プラージュが見えている。黒点群としては、認識できない状態である。プロミネンスは、南半球の東縁に少しだけ明るいものが見える。ダークフィラメントは淡いものが北半球の東側に見える。明日は、少し天気が悪くなる予報であり、太陽観測ができるかどうか微妙である。S20191106800t 2019110605h800t Img_0938mhwc800 2019110605hc800 2019110610e800 2019110606w800

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0932mhw800t  今朝は、今秋で一番の冷え込みとなり、最低気温は一桁となってしまった。当地での最低気温は7度余りだろうか?自宅のドーム内で太陽観測を始めた時間では、9度となっていて、吐く息が白くなるほどであった。太陽面には、黒点群が見えない。再び無黒点の状態となった。Hα光で見ると、南半球の東縁近くに新たなプラージュが発生したようであるが、黒点群として見えない。プロミネンスは、南半球の東縁に小さなものが3個ほど見える。日中、太陽の光は射すが、最高気温はあまり上昇せず、最高気温は20度に達しない18度であった。数日前から、ドームの階段と手すり部分に錆びが酷くなったことから、錆び落しをしている。S20191105800t 2019110510h800t Img_0932mhwc800 2019110510hc800 2019110503e800 2019110504w800

| | コメント (0)

昨日の太陽面

昨日の太陽面
Img_0922mhw800t  昨日も一日中晴れて快適な1日となった。太陽面に発生していた黒点群は、消滅してしまったようである。Hα光でもプラージュが少しだけ見えているので、活動はしているものの黒点群として認識できないものだと思う。プロミネンスは、北半球の西縁の高緯度、北半球と南半球の東縁に小さなプロミネンスが見える。夕方には、気温が下がりシャツ1枚では寒く感じた。S20191104800t 2019110405h800t Img_0922mhwc800 2019110405hc800 2019110409e800 2019110408w800 2019110410s800

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

本日の太陽面

本日の太陽面
Img_0921mhw800t  早朝は晴れていたが、太陽観測を始めた時には、薄曇となってしまった。なんとか白色光とHα光の画像を取得できた。その後は、曇りとなって、夕方までは完全な曇りとなって、午後8時ころになって月がぼんやりと見えた。太陽面には、北半球の中央面に新たな黒点群が発生した。この黒点群は赤道に近く昨日発生した黒点群よりもはっきりとしている。Hα光でも、この黒点群のあたりにプラージュが明るく見える。昨日発生した黒点群に伴うプラージュは、少し淡くなってしまった。Hα光では、北半球の高緯度にプロ見えん巣が見える。プラージュは、黒点群がある2箇所の場所で輝いている。ダークフィラメントは見えない。今日は、日差しがほとんど無く、北からの風も吹いて、少し寒く感じた。S20191103800t 2019110310h800t Img_0921mhwc800 2019110310hc800 2019110306e800 2019110305w800 2019110304s800

| | コメント (0)

より以前の記事一覧